抗生剤による腹痛を防ぐ方法

共同執筆者 Luba Lee, FNP-BC

この記事には:賢く抗生剤を服用する腹痛に対処する10 出典

抗生剤は細菌性感染症にとても効果がありますが、同時に消化器系の生産性効果を低下させる作用もあります。抗生剤は消化管内の常在菌を殺してしまうため、副作用として腹痛が起きることがあります。[1]この記事では、抗生剤服用時に起きる腹痛を減らす方法を紹介します。

1
賢く抗生剤を服用する

  1. 1
    医師の指示に正しく従う 医師は抗生剤を処方する際、服用方法ついて具体的に説明します。医師の指示に正しく従えば腹痛の発生を減らすことができます。通常、こうした不快な副作用を避ける方法について医師から説明があります。
    • 抗生剤の説明書には、消化管への影響が最小限に抑えられるよう服用時間が書かれています。
    • 保管条件について特別に表示されていない場合は、乾燥した暗い場所に保管します。
    • 冷蔵庫での保管が必要な抗生剤もあります。その場合は、生鮮食品を保存する場所で保管します。ただし、抗生剤は凍らせてはいけません。
  2. 2
    食物と一緒に服用するかどうかを確認する 食物と一緒に服用する抗生剤もあります。こうした抗生剤を服用する場合、食物が消化管の不快症状から胃腸を守り、中和剤または抗生剤に対する保護剤として作用するためです。抗生剤の説明書に食物と一緒に服用することと書かれている場合は、必ず食物と一緒に服用しましょう。食物を摂取せずに服用した場合、胃腸の調子が悪くなることがあります。[2]
    • 空腹時に服用する抗生剤もあります。空腹時に服用する抗生剤にはアンピシリンやテトラサイクリンなどがあります。こうした抗生剤を服用する際は、食物摂取によって抗生剤が体に作用する速度に影響が出るため食物を摂取してはいけません。
    • 空腹時に抗生剤を服用する場合は、朝食の前に服用するとよいでしょう。服用するのを忘れないように目覚まし時計をセットします。
    • 特定の食物を摂取すると腹痛を起こす抗生剤もあります。例えば、テトラサイクリンを乳製品と一緒に摂取すると腹痛が起きることがあります。テトラサイクリン(またはその同系薬、ドキシサイクリン、ミノサイクリン)服用による腹痛を予防するには、服用中は乳製品の摂取を避けます。
  3. 3
    毎日正しい量を服用をする 抗生剤を服用する際は、正しい量を服用しましょう。過少服用、過剰服用、2倍量の服用を行ってはいけません。過少服用では、退治したい細菌に対する効果が弱くなります。過剰服用では薬の効力が増強してしまい、その結果、胃腸の調子が悪くなる確率が高まります。[3]
    • 服用したことを忘れないよう、服用したら壁がけのカレンダーに印をつけましょう。その日の分の抗生剤を服用したら、ペンで日付に斜線を引きます。こうすれば、誤って2回服用することはなくなります。
    • 処方箋には、抗生剤の細菌に対する作用時間が書かれています。処方通りに服用しなかった場合、生き残った細菌によって感染が起きる可能性があります。また、次に服用する際に十分な効果が現れなくなってしまうことがあります。
  4. 4
    良い細菌を体内に増やす 抗生剤は体内で悪い細菌を撃退するだけではなく、体内の良い細菌をも攻撃することがあります。良い細菌が攻撃されると腹痛が起こることがあります。健康的な量の良い細菌を取り戻し、腹痛を抑えましょう。[4]
    • 甘くないプレーンヨーグルトは、プロバイオティクス(体に良い影響を与える細菌やそれが含まれた食品)や良い細菌が豊富に含まれています。通常、1日に1人分のヨーグルトを摂取すればヨーグルトの効力が得られますが、抗生剤を服用している間は良い細菌を補給するため1日に3~5人分のヨーグルトを摂取します。十分な効力が得られるよう、生きた菌が入ったヨーグルトを摂りましょう。
    • ニンニクからプレバイオティクス(腸内の良い細菌の活動や増殖を促進する食品成分)が補給できます。プレバイオティクスはプロバイオティクスの栄養源です(例えば、ヨーグルトやザワークラウトに含まれています)。大きめのニンニク片を1日に3つ摂取すると良い細菌を健康的な量に保つことができます(ただし口臭に注意しましょう)。
    • このほか味噌、ザワークラウト、紅茶キノコ、ケフィアなどから良い細菌を補給することができます。[5]
    • 抗生剤の服用中は砂糖の摂取量を減らしましょう。砂糖を摂取すると細菌が過剰に増殖することがあります。
    • 抗生剤の服用中はチキンスープが役立ちます。
  5. 5
    抗生剤の服用時に起こった症状を医師に話す 抗生剤の服用により腹痛が起こったことがある場合は、医師に相談しなければいけません。医師は、代わりの薬を処方します。[6]
    • または、腹痛が起こらないよう服用量を調整したり、吐き気や嘔吐などの消化管症状を抑えるために吐き気止めを処方してもらえたりすることもあります。
    • 特定の抗生剤によってアレルギー反応が起きることもあります。新しく抗生剤を服用した際に、発疹やかゆみなどの症状が現れた場合は、すぐに医師に相談しましょう。

2
腹痛に対処する

  1. 1
    カモミールティーを飲む カモミールは、抗炎症作用のある穏やかなハーブ療法として使われます。抗生剤の服用によって体内細菌のバランスが崩れ、胃壁が荒れしまった時は、その回復にカモミールが役立ちます。[7]
    • お湯を沸かし、カモミールのティーバッグに注ぎます。
    • ティーカップまたはポットに蓋をして15~20分ほど浸します。浸す時間が長いほど、お茶は濃くなります。
    • お好みで小さじ1杯の蜂蜜や甘味料を加えてもよいですが、お茶が独自に持つ甘味があるため加えなくても楽しむことができます。
  2. 2
    腹部に「ホットパック」をあてる 湯たんぽや電気アンカーなどを腹部にあてると弛緩作用により症状が和らぎます。抗生剤によってけいれん痛が起きた場合は、肌に温感を与えると弛緩作用により症状が和らぎます。[8]
    • 上記のような温める道具がない場合は、清潔な布製の袋(靴下が便利です)に乾燥したインゲンマメや米を詰めたもので代用してみましょう。袋をしっかりと閉じ(閉じ口を結ぶか、洗濯バサミを使います)、電子レンジで30秒(または中の材料が温かくなるまで)加熱します。
    • ホットパックは熱くしすぎないよう注意しましょう。温かく感じる程度にしましょう。
    • ホットパックが腹部に安定して収まり、心地よく感じる部分を見つけて、そこに置きます。ホットパックを少なくとも15分腹部にあてます。必要に応じて繰り返します。
  3. 3
    重湯を飲む 重湯はお粥を作った時にできる上澄み液です。重湯を飲むと、胃腸壁を覆っている膜の一種の回復に役立ちます。[9]
    • カップ1/2杯の米(精白米が適しています)を炊飯時の2倍の水量で調理すると重湯を作ることができます。カップ1/2杯の米を使う場合、カップ2杯の水で調理します。鍋に米と水を加えて火にかけ、沸騰したら火を弱め20分ほど煮込みます。
    • 米をザルで濾します。残った米は薄味の病人食として取っておきます。ザルの下にボウルか鍋を置いて重湯を濾します。
    • カップに重湯を注ぎ、温かいうちに飲みましょう。お好みで小さじ1杯の蜂蜜を加えます。
  4. 4
    生のショウガを使ったジンジャーティーを飲む ショウガは、消化管の内側を覆う筋肉を弛緩させる作用があり、胃けいれんの療法に使われることが知られています。このほか、ショウガは優れた吐き気の抑制作用があります。温かいジンジャーティーは、抗生剤による腹痛を和らげる作用があります。[10]
    • 2.5~5cmのショウガを洗い、皮をむき、粗く刻みます。カップ1~2杯の水を沸騰させ、ショウガを加えます。加える水の量が多いほど、お茶は薄くなりますが、浸しておけばお茶は濃くなります。
    • 3~5分ほど煮出したら、その後3~5分ほど浸します。
    • 鍋をコンロから外し、ショウガを濾してジンジャーティーをカップやティーポットに注ぎます。
    • お好みでスプーン1杯の蜂蜜や甘味料を加えます。温かいジンジャーティーにレモンの薄切りを加える人もいます。これも腹痛の緩和に役立ちます。

ポイント

  • 必要のない時は抗生剤の服用は避けましょう。抗生剤は実際に細菌感染を起こしたときにだけ服用する薬です。必要のない時にまで服用していると、抗生剤は体に良い細菌を攻撃し、別の問題が起きてしまいます。さらに、細菌が突然変異し、抗生剤に対する耐性が生じる可能性があります。本当に抗生剤が必要な時は医師が服用量を増やす時もあります。
  • 抗生剤ではウイルスを殺すことができないことを覚えておきましょう。風邪をひいたりウイルスに感染したりした場合は抗生剤を求めてはいけません。

注意事項

  • 抗生剤を他人にあげたり、他人からもらったりしてはいけません。自分に処方されたものだけを服用しましょう。
  • 腹痛を和らげる薬を服用したいと考えている場合は、服用する前に医師に相談しましょう。抗生剤との相互作用がある鎮痛剤もあるため、効力に影響が及ぶ場合もあります。

記事の情報

この記事はLuba Lee, FNP-BCが共著しています。 ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Avoid Stomach Pain when Taking Antibiotics, Español: evitar el dolor de estómago al tomar antibióticos, Français: éviter d'avoir des douleurs stomacales en prenant des antibiotiques, Bahasa Indonesia: Menghindari Sakit Perut saat Meminum Antibiotik, Italiano: Evitare il Mal di Stomaco quando si Assumono gli Antibiotici, Русский: избежать боли в животе при приеме антибиотиков, Português: Evitar Dor Estomacal ao Tomar Antibióticos, Deutsch: Durch Antibiotika verursachte Magenschmerzen verhindern, Nederlands: Buikpijn door antibiotica vermijden, العربية: تجنب ألم المعدة عند تعاطي المضادات الحيوية, Tiếng Việt: Tránh đau dạ dày khi dùng thuốc kháng sinh, 中文: 避免服用抗生素后胃痛, ไทย: กินยาปฏิชีวนะยังไงไม่ให้ปวดท้อง

このページは 69 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?