贈り物や飾り、そして千羽鶴を作る第一段階として折り鶴は最適です。折り鶴は、繊細ながらも驚くほど簡単に作ることができますので、 心配せずに気軽にお試し下さい。以下の方法で折り鶴を作りましょう。

ステップ

  1. 1
    無地の正方形の紙をご用意ください。正方形の折り紙をお持ちの方は、それをご使用ください。一般的なコピー用紙しかない方は、コピー用紙の上の角の一方を反対側の下の角に合わせて三角形を作るように半分に折り、余分な長方形の部分を切り取ると正方形が出来上がります。
  2. 2
    まず折り紙を半分に折り、長方形を作ります。
  3. 3
    折り紙の上部を紙の下部に真っすぐ合わせて、折り目をつけるように折ります。紙を開いて最初の状態に戻します。
  4. 4
    反対側も、同じように半分に折ります。
  5. 5
    右から左へ垂直に折ります。
  6. 6
    折り目を付けてから元に戻します。交差した折り目がついた状態です。
  7. 7
    右上の角を左下の角に合わせて折ります。
  8. 8
    折り目を付けたら元に戻します。
  9. 9
    左上の角を右下の角に合わせて折ります。
  10. 10
    折り目を付けてから元の状態に戻します。この時点で、折り紙にはアスタリスクマークのような折り線が入っています。
  11. 11
    半分に折りながら、右側の開いた部分の先端を真ん中の折り線に合わせて折りこみます。左側も同じように行うと、凧のような形になります。
  12. 12
    右角を真ん中の折り線に向って折り、右横の線と真ん中の折り目を揃えます。
  13. 13
    前の段階で作った折り目部分と平行になるように、上部を折り曲げて折り目をつけます。
  14. 14
    ここまでの手順のうち、最後の3段階で折った3つの折り目部分を元に戻します。下部が開いている正方形に戻ります。
  15. 15
    前段階でつけた、平行の折り目に向って下部を折ります。
  16. 16
    事前につけた自然な折り目に沿わせて上部を反対側に折ったら、元の状態に戻します。
  17. 17
    折り紙の外側の角を真ん中に持ってきて、袋を広げてつぶすように折ります。右側と左側にそれぞれの角が飛び出した、ダイアモンドの形に仕上がります。
  18. 18
    折り紙をひっくり返したら、6から9までの手順で反対側も折りましょう。
  19. 19
    ダイアモンドの外側の角を、真ん中の折り目に合わせて折ります。.
  20. 20
    右角を本のページをめくるように左側に向って折ります。
  21. 21
    折り紙をひっくり返します。こちら側も同じ作業を行います。その後、右側の角を左側に向って中割り折りをします。
  22. 22
    折り目にそって、谷折りになるように下部を上に折ります。ひっくり返したら反対側も同じように行います。
  23. 23
    右部分を左側に向って中割り折りします。 繰り返しになりますが、本のページをめくるように行うときれいに仕上がります。
  24. 24
    ひっくり返したら、反対側も同じように繰り返します。この時点で、折り鶴の頭と尾になる部分は、羽根になる部分の間にあります。
  25. 25
    羽根を折り下げます。 羽根が体、頭、尾と垂直になります。
  26. 26
    頭になる部分を下に向ってを折ります。
  27. 27
    折り鶴の外側の端をそれぞれ持ち、頭と尾を引っぱりながら広げると、鶴の体のそれぞれの外角、頭、尾がきれいな一直線を描きます。
  28. 28
    3Dの立体折り鶴を作りましょう。 折り鶴を3Dに、つまり立体的にする場合は、体の部分の底とは反対側の角である鶴の体の一番上部をギュッと押し、理想の形になるまで形を整えます。また、折り鶴の底にある穴に息を吹き込んで膨らまします。
  29. 29
    折り鶴を活用して下さい。贈り物として、またどこかに吊るしたり、そのままで素敵な飾りとして様々な場面で活躍します。
    広告

ポイント

  • 折り鶴をどこかに持ち運ぶ予定のある方は、仕上げる手前の状態で折り鶴をリュックサック、ポケット、カバンなどに入れて持ち運び、目的地に到着してから最後の仕上げを行って下さい。平らな状態の鶴の方が持ち運びに便利ですし、ぐちゃぐちゃにつぶれてしまう心配がありません。
  • 鶴を吊るす時は、鶴の体の底にある穴から折り目がすべて交差する中心点に向って糸を通すのが最適な方法です。
  • 折り鶴は人気の折り紙デザインです。今回ご紹介した折り方の中に、どうしても難しい箇所がある方は、検索エンジンで「折り鶴」をネット検索をして下さい。別の観点から説明されている折り方を見るだけで、難しいと思っていた折り方の問題が解決することもあります。
  • 薄い紙や折り紙専用の紙が折り鶴には最適です。ティッシュペーパーほどの薄さの紙は折るのが非常に難しいですが、半透明の美しい鶴が出来上がります。
  • 環境保護のためにも、リサイクル紙の使用をご検討ください。
  • アルミホイルで作ると、金属製のような仕上がりの折り鶴になります。
  • 色々な紙質や型を試して下さい。手芸店のスクラップブックコーナーには、様々な用途に合わせた紙が販売されています。 その他の紙を取り扱っている店舗というと、新聞販売店、文房具店、100円ショップそしておもちゃ屋です。
  • 折り鶴に糸を通せば、応接間向けの素敵な飾りになります。
  • 折り鶴は贈り物に最適です。
  • 破れた紙の使用はお控え下さい!上品で美しい鶴を正しく折るためにも、必ず縁が真っすぐの紙を使いましょう。
  • スターバースト(キャンディ)の包み紙を、折る、破るなどして正方形にしてから鶴を折ると、友人達を感動させるお洒落な隠し芸になります。
  • 折り鶴を折っている時にストレスを感じたら、柔らな曲調の音楽を流しながら休憩をとって下さい。

広告

必要なもの

  • 正方形の紙
  • 平らな表面
  • 折り目を付けるための定規かペーパーナイフ(選択自由)

関連記事

How to

自分で身長を測定する

How to

プラスチックレンズの眼鏡の傷を取り除く

How to

プラスチックに塗装する

How to

風船ガムを膨らませる

How to

六角形を描く

How to

息を長く止める

How to

革を染める

How to

貝殻の汚れや付着物を落としてつやを出す

How to

シャンプーと歯磨き粉だけでスライムを作る

How to

勝手に沈むオフィスチェアを修理する

How to

リボンのほつれを防ぐ

How to

硬貨を洗う

How to

ウォータースライダーを手作りする

How to

重曹でスライムを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む82人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,090回アクセスされました。
カテゴリ: 趣味・DIY
記事のサマリーX

折り紙で鶴を折るには、まず正方形の折り紙を縦半分に折って元に戻し、横半分に折って元に戻し、斜めに半分に折って元に戻します。上の角と下の角を合わせて折り、横の部分を内側に押し込んで、小さな正方形を作ります。次に右の角を真ん中の線に合わせて折ります。左側も同じように折ります。この時にできた二つの長い三角形の上の辺に沿って上の角を折り曲げます。上部と2つの三角形を折り戻し、正方形の状態に戻します。下の角の上層部を上まで上げると、左右を簡単につぶすように折ることができ、細長いひし形になります。そっと折り目を付け、平らにします。裏返して同じように細長いダイヤモンドを作ります。この段階で、下が2本に分かれた細長いひし形ができているはずです。右側の上層部分をつまみ、真ん中の線に合わせて内側に折ります。左側も同じように折ります。右側全体を本のページをめくるように左側に向かって折ります。この時点で左側が3枚、右側は1枚になっているはずです。裏返して同じ手順を繰り返します。2枚になっている下の角の、上の一枚だけをつまみ、先端部分が上のとんがっている部分に合うように折ります。右側を左側に向かって折ります。反対側も同じように折ります。羽を折り下げると体の部分が見えます。最後に頭になる部分を下向きに折り、そっと羽を広げたら完成です。 他にも、鶴を大きく見せたり立体的にしたければ、この記事を読み進めましょう!

このページは 6,090 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告