ワインやシャンパンのボトルを開けようとしてコルクが折れてしまっても、少しの工夫と努力でコルクを抜くことができます。ねじやナイフを使用したり、コルクを押し込む、力をかけて飛び出させる等、様々な方法で折れたコルクを取り出しましょう。

方法 1 の 4:
コルクを押し出す

  1. 1
    底が硬い靴かタオルを用意する この方法は、ボトルを壁や木等の硬い面にボトルをぶつける方法なので、最終手段として使用した方が良いでしょう。[1]
    • 乾式壁や弱い建造物でこの方法を試してはいけません。衝撃で壁や家具が壊れたり傷が付いたりすることがあります。
    • この方法はボトルが簡単に割れることがあり、ガラスが飛び散って非常に危険です。ガラスで重傷を負うこともあります。最新の注意を払って行いましょう。
  2. 2
    ボトルの底をぶつける ボトルの底をタオルで包むか、底の硬い靴の中に入れます。そして、ボトルの底を硬い面に慎重にぶつけましょう。[2]
    • 靴はかかと部が固くて平らなもの、革靴のような頑丈なものが良いでしょう。
    • タオルが手元にあるなら、均一に巻いてボトルの面にぶつける箇所をできるだけ平らにしましょう。
    • ボトルを硬い面にゆっくりと一定のリズムで打ち付けます。打ち付ける力と液体の動きで、コルクがゆっくりとボトルから押し出されます。
  3. 3
    出てきたコルクをひねって抜く ボトルからコルクが押し出されてきたら、指で掴んで引き抜きましょう。
    • コルクがつまめる程度に出てきたら、ぶつけるのを止めましょう。ぶつけてコルクが外れたら、中の液体が噴き出します。
    • コルクを引き抜く場合でも、数分待ってワインやシャンパンを落ち着かせてから抜きましょう。コルクが外れたときに中身が噴き出すことがあります。
  4. 4
    ワインやシャンパンを楽しむ ようやくコルクが外れたら、ゆっくりと腰かけて、苦労して手に入れたドリンクを楽しみましょう。
    • このコルクを飛び出させる方法は、最終手段にしましょう。この方法を試みる前に、コルクをボトルの中に押し出す方法を試すと良いでしょう。
    広告

方法 2 の 4:
ねじでコルクを抜く

  1. 1
    長めの木ねじを用意する タッピングネジを使用しても良いでしょう。また、ハンマーやドライバーも用意しましょう。 [3]
    • この方法には、コルクスクリューとしての機能を果たせるような長くて頑丈なねじが必要です。
    • コルクスクリューはボトルのコルクを抜くための道具で、手元にあるなら使用するのが一番です。ここでは、手元にないと仮定します。
  2. 2
    折れたコルクにねじをねじ込む 優しく、しっかりとねじを回転させながらコルクに差し込みます。 [4]
    • ドライバーを使用すると、コルクをこれ以上下に押すことなくねじを差し込むことができて便利でしょう。
    • コルクが下へと押されていくのに気付いたら手を止めて、ねじが入りやすくなるように、ナイフの先で小さな穴を開けましょう。
    • ねじが飛び出してこないようにコルクにしっかりと差し込みます。ただし、ねじの頭をハンマーのくぎ抜き部で引っかけられるように、間を開けておきましょう。出来るだけねじはコルクに入れ込まない方が良いでしょう。コルクがボトルから抜けにくくなります。
  3. 3
    ハンマーのくぎ抜き部をねじに引っかける ねじをコルクに10mmほど差し込んだら、抜く作業にかかります。
    • 真上に引き抜くのではなく、てこの原理でハンマーに力を加えます。コルクスクリューのように、ハンマーの持ち手に下方向の力を加えてねじとコルクを持ち上げましょう。
  4. 4
    コルクを抜く ハンマーの持ち手を下に押して、てこの原理でねじを上方向に引っ張りコルクを抜きましょう。
    • ハンマーにてこの原理を利用しても効果がなく、コルクが割れそうな場合は、真上に引っ張りましょう。
    • 状況次第で、指でねじの頭つまんで、力を入れて引っ張りましょう。
    • 時間をかけてゆっくりと動かしましょう。コルクが割れて弱くなります。
    広告

方法 3 の 4:
ナイフでコルクを抜く

  1. 1
    ナイフを用意する 切れ味が良くて、ボトルの口に余裕で入る細さのナイフを使用します。 [5]
    • この方法は、鋸歯状のナイフではなく、平刃のナイフを使用した方がうまくいくでしょう。鋸歯状だと抵抗がかかりますが、平刃はコルクにスムーズに入っていきます。
  2. 2
    ナイフをコルクの縁辺り、ボトルの首近くに刺す ナイフを25mmほどコルクに差し込みましょう。 [6]
    • コルクの真ん中にナイフを押し込んではいけません。ナイフを回転させるときに、大きく回転できるように縁近くに刺しましょう。コルクとナイフを一緒に回転させて外すのではありません。この動きは、ボトルのキャップを回転させて外すというよりは、ドアノブをひねる感覚に似ているでしょう。
  3. 3
    ナイフを回す ナイフを引き抜きながら回転させます。ここでは、刃の平たい部分を掴まなければならないため、十分に気を付けましょう。
    • 手袋を着用して、指を保護しましょう。
    • ボトルの口に沿ってゆっくりとナイフを回転させ始めます。ナイフは45度くらいに角度をつけると、力が入りやすいでしょう。
    • コルクの抜け具合い次第で、ボトルとコルクの間にナイフの刃を割り込ませたりしてみましょう。
  4. 4
    コルクをひねって抜く 指で掴めるくらいにコルクが出てきたら、ナイフを抜きましょう。
    • ナイフを差し込んでコルクを引き上げる必要がなくなったら、ナイフは置いて残りは指で引き抜きます。そして、ワインやシャンパンを楽しみましょう。
    広告

方法 4 の 4:
ボトルにコルクを押し込む

  1. 1
    コルクの破片を取り除く 中の飲み物を取り出すには、ボトルの中にコルクを押し込むのが一番簡単ですが、周りを汚してしまうことがあります。コルクが折れて、どんな方法でも抜けない場合は、押し込みましょう。
    • ボトルにコルクを押し込む前に、コルクの破片を取り除きます。完全には取り切れないかもしれませんが、後の工程を楽にするためにも、できるだけ取り除きましょう。
    • この作業は、ワインやシャンパンが噴き出しても問題ない場所で行いましょう。また、お気に入りの服を着て行ってはいけません。ボトルの中にコルクを押し込んだ圧が解放されるときに、液体が噴き出すことがあります。
  2. 2
    コルクをボトルの中に押し込む 指でコルクを押してボトルの中に落としましょう。
    • これで、やっと飲めますが、ワインやシャンパンの中にはコルクの破片が入っています。すぐに濾しましょう。
  3. 3
    コーヒーフィルターや濾し器でワインを濾す コルクがボトルに入ったら、コーヒーフィルターでコルクの破片を濾しましょう。
    • ケメックスのコーヒーメーカーのようなガラス製のポットにフィルターを付けて、ボトルのワインを濾すと良いでしょう。
    • フィルターがコルクの破片を取り除き、液体だけを通します。
    • 容器と紙のフィルターはどんなものでも構いません。
    専門家情報
    Murphy Perng

    Murphy Perng

    認定ワインコンサルタント
    マーフィー・パーングはカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点にチーム育成、交流会などのワイン啓発イベントを制作している会社「 Matter of Wine」の設立者兼ワインコンサルタントです。現在までEquinox、Buzzfeed、WeWork、そしてStage & Table他、多数の企業のイベント制作を手掛けてきました。ワイン&スピリッツ・エデュケーション・トラストによるWSETレベル3アドバンスコース認定資格を取得。
    Murphy Perng
    Murphy Perng
    認定ワインコンサルタント

    専門家からも一言:ボトルの口でコルクが割れてしまった場合は、そのまま奥に押しこんでしまってからコーヒーフィルターで濾し、破片を取り除きます。多少ワインの質が変わってしまうかもしれませんが、支障なく飲むことができます。

  4. 4
    ワインを新しい容器に移す 元のボトルをすすいで、じょうごでワインを元に戻しても良いでしょう。もしくは、別の容器を使用しても構いません。ボトルの中にコルクの大部分が残っている場合は、デキャンタにワインを移して楽しんでも良いでしょう。
    • ボトルの中にコルクを押し込んだら、簡単には取り出せません。ボトルの中身は新しいボトルに移して保存するのが一番でしょう。
    広告

ポイント

  • 折れたコルクを抜くときは、そうじがしやすくて、液体が家具にかかる心配のない場所を選びましょう。
  • 折れたコルクは時間をかけて抜きましょう。抜くのが難しいケースもあります。
  • こういった方法に頼る前に、スイスアーミーナイフやコルクスクリューを探しましょう。
  • コルクが圧力で外れるときに、中の液体が噴き出ることがあるため、汚れても良い服を着て行いましょう。

広告

必要なもの

  • ねじ
  • ハンマー
  • ドライバー
  • 平刃のナイフ
  • 中の液体を入れる容器
  • コーヒーフィルター
  • 靴もしくはタオル

関連記事

How to

ワインオープナーを使わずにワインを開ける

How to

栓抜きを使わずにボトルを開ける

How to

牛乳を冷凍保存する

How to

腐った牛乳を見分ける

How to

牛乳を温める

How to

ビールを一気飲みする

How to

ミルクシェイクを作る

How to

アマルーラリキュールを楽しむ

How to

透明な氷を作る

How to

自家製ビールを作る

How to

シャンパンに再度栓をする

How to

長期的に水を保管する

How to

ネスプレッソ・コーヒーメーカーのお手入れ

How to

スイカウォッカを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,242回アクセスされました。
カテゴリ: 飲み物
このページは 2,242 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告