抜け毛の原因には食生活、ミネラル不足、医薬品の服用、深刻なストレス、疾患、環境汚染、遺伝などの様々な要因が含まれます。世の中の1/3の人が抜け毛の悩みを抱えており、そのうちの多くは女性です。[1] 遺伝性の抜け毛や自分ではどうすることもできない要因による抜け毛が防げるという保証はありませんが、髪を最高のコンディションに保つ努力をして不必要な抜け毛を防ぎましょう。

方法 1 の 4:
髪にダメージを与えない

  1. 1
    ヘアドライヤーの使用を控える 常に髪を熱して乾かしていると、髪がごわごわになり、切れ毛の原因になります。これは不必要な髪の損失につながります。[2] 髪は自然乾燥が最も適しています。ドライヤーの熱で髪を乾かすのはやめて、なるべく自然乾燥させましょう。
    • ホットカーラーやブラシ付きヘアドライヤー、ヘアアイロンなどの熱を使う器具も髪に同様の影響を与えます。
    • 熱を出す道具を使うときには頭皮をやけどしないように気を付けましょう。頭皮に何度もやけどを負うと、毛包の永久的な損傷につながる恐れがあります。[3]
  2. 2
    パーマを避ける パーマは毛髪内部の組織の結合をくずし、髪を直毛やカールにするために組織を再結合させます。これにより、髪はもろくなり、艶を失ったゴワゴワの髪になります。[4] これを長い間続けると、抜け毛の原因になります。
  3. 3
    薬品やカラーリング剤の使用を減らす ヘアカラーの頻繁な使用は髪に深刻なダメージを与える機会を増やします。髪を染めるのは前回のカラーリングから4-6週間過ぎてからにしましょう。[5] 白髪に関しては、白髪染めをやめて白髪のままでいたほうが、髪にはずっと優しくなります。
  4. 4
    髪をブリーチしない ブリーチは薬品を使って髪のキューティクルを開き、髪の天然色素を抜きます。これにより、髪の組織の構成が変わり、髪がダメージを受けやすくなります。ブリーチにより髪はもろくなり、そこにヘアドライヤーでのスタイリングを加えると、髪へのダメージはさらに悪化します。[6]
  5. 5
    髪をきつく結ばない 髪をゴムやクリップできつく結ぶヘアスタイルを毎日していると、髪が抜ける原因になることがあります。きつく結んだポニーテールや三つ編み、コーンロー、編み込みを日常的にしている場合は、甚だしい抜け毛を経験するかもしれません。[7] ホットローラーなどで髪をきつく巻くのも抜け毛の原因になります。[8]
    • 髪をきつく結ぶヘアスタイルによる抜け毛のことを医学的には「牽引性脱毛症」と呼びます。これは原因がはっきりしているため、完全に予防できます。[9]
    広告

方法 2 の 4:
髪のことを考えた行動

  1. 1
    髪に優しいシャンプーを使う 洗髪は髪と頭皮を清潔に保ち、抜け毛を防ぎます(毛穴の炎症が抜け毛の原因になることもあります)。シャンプーは髪の天然油分を奪うため、毎日洗髪をするべきではありません。多くても2日に1度にしましょう。髪に優しいシャンプーを使えば、清潔な髪は汚れた髪よりもふんわりとします。汚れた髪はきれいな髪よりもべたっとして、分け目もはっきりと見えてしまいます。[10]
  2. 2
    髪質に適したシャンプーを選ぶ 正しいシャンプーの使用は健康的な髪の維持に欠かせません。時間をかけて自分の髪質に合ったシャンプーを探しましょう。[11]自分の髪が細い髪、乾燥した髪、油分の多い髪、普通の髪などのどんな 特徴を持つのかを考慮して、いくつかのシャンプーを試しながら自分の髪に最適なものを探します。フケの多い髪やカラーリングをした髪など、それぞれの特徴にあったシャンプーを購入しましょう。[12]
    • プロテイン配合のシャンプーやコンディショナーは髪の内部の隙間を埋めて髪を一時的に滑らかで強くし、髪にボリュームを持たせますが、髪のダメージを修復することはありません。[13]
  3. 3
    シャンプーの原材料から髪に優しいシャンプーを特定する 髪に優しいシャンプーは頭皮と髪の健康を守ります。こうしたシャンプーは原材料から見分けることができます。硫酸塩やパラベン、スルホン酸塩を含むシャンプーは避け、イセチオン酸またはグルコシドが原材料の第一項目に表記されているものを選びましょう。[14]
    • 髪に優しいシャンプーに配合されている代表的な成分にはスルホコハク酸塩、スルホベタイン、アムフォジアセテートなどがあります。
    • シリコン、ポリクオタニウム、グァーはコンディショナーの優れた成分です。[15]
  4. 4
    良質なヘアブラシを使う ヘアブラシは髪の状態に多大な影響を与えます。天然繊維でできた柔らかいブラシを使いましょう。髪を梳かす時は上から下に梳かすのではなく、髪の内側から外側に向かって梳かします。[16]できる限りやさしく梳かし、絶対に髪を強く引っ張ってはいけません。
    • 濡れた髪はなるべくブラシで梳かさないようにしましょう。濡れた髪にはブラシではなくクシを使いましょう。[17]
  5. 5
    頭皮マッサージをためす 栄養成分を含んだオイル(ココナッツ、ローズマリー、ラベンダー、アーモンド等)[18] を使った頭皮マッサージは頭皮と毛包への血行を改善します。頭皮を擦ったり揉んだりすると、頭皮が温まり、血液循環がよくなるために毛包に栄養成分が行きわたります。これで髪の成長を促す効果が最大限に得られます。[19]
    • また、頭皮マッサージによるリラックス効果で身体機能の向上も期待できます。[20]
  6. 6
    心配ならば抜け毛テストを受ける 現在の状態が抜け毛に当てはまるかどうかを調べる抜け毛テストがあります。20-30本ほどの髪の毛をひとまとめにして親指と人差し指でつまみます。ゆっくりと力を入れてその髪の束を引っ張ります。同時に6本以上の髪が抜けたら、抜け毛の問題があるかもしれません。[21].
    • これは科学的に実証された検査ではありません。普通より多く髪が抜けるように感じたら、必ず医師または毛髪専門家の診察を受けましょう。ただし、毛髪は毎日かなりの量が抜けることを覚えておきましょう。
    広告

方法 3 の 4:
健康な髪のための正しい食生活

  1. 1
    健康的でバランスのよい食事 抜け毛を防ぐための栄養面でのアプローチは身体と髪と頭皮の健康を保つという常識的な方法です。不健康な体よりも、体全般が健康であるほうが、健やかな髪が育ちます。したがって、野菜や果物を多く含む体によい食事をとることで、抜け毛のスピードを遅らせることができるかもしれません。[22] 健康的な髪の育成と抜け毛防止に特に効果があるビタミンやミネラルを以下に挙げました。
  2. 2
    鉄分を十分に摂取する 鉄分には、動物性食品に含まれるヘム鉄と植物性食品に含まれる非ヘム鉄があります。鉄分が不足すると貧血になり、毛包への栄養供給が十分に行われなくなるために、抜け毛を増長する可能性があります。[23] それを避けるために、普段の食事に鉄分を多く含む食品を加えましょう。
    • 赤身肉、鶏肉、魚は鉄分を多く含んだ食品です。
    • ブロッコリー、ホウレンソウ、ケールなどの緑黄色野菜も優れた鉄分供給源です。
  3. 3
    たんぱく質を十分に摂取する 堅強な髪にたんぱく質は欠かせません。たんぱく質不足は髪が乾燥してもろくなる原因になり、最終的には抜け毛につながります。[24] 十分な量のたんぱく質は、強い髪を作るアミノ酸を体に供給します。たんぱく質(プロテイン)はシャンプーの成分に含まれていることもありますが、実際に髪質を改善して抜け毛を防ぐのは食事から摂るたんぱく質で、大量に摂取する必要があります。
    • たんぱく質は魚介類、鶏肉、牛乳、チーズ、ヨーグルト、、豆類、豚ヒレ肉、大豆、脂肪分の少ない牛肉、プロテインバーなどから摂取しましょう。[25]
    • ビーガン(完全菜食主義者)や乳製品を摂取しない人などは非動物性たんぱく質をテンペ、豆腐、全粒粉のパン、ピーナッツバター、玄米、レンズ豆、キヌア、ナッツ類、グルテンミート、豆類、ブロッコリーなどから摂取することができます。[26]
  4. 4
    ビタミンCを摂取する ビタミンCを豊富に含む食品は鉄分の吸収を助けます。鉄分の多い食品とビタミンCを含む食品を合わせて摂取して、鉄分の吸収を高めましょう。ビタミンCには体内でのコラーゲンの生成を促す作用もあり、髪に栄養分を送る毛細血管を強化します。[27] ビタミンCを多く含む食品を以下に挙げました。
    • 柑橘系の果物、ケール、ブロッコリー、芽キャベツ、じゃがいも、トマト[28]
    • ブルーベリー、ブラックベリー、いちご
  5. 5
    オメガ3脂肪酸を十分に摂取する こうした脂肪は髪を健やかに保ち、髪の乾燥や硬化を防ぐ役割を担っています。[29] この脂肪は頭皮の下の細胞に貯えられ、髪と頭皮に水分を与えます。オメガ3脂肪酸は体内で生成されない重要な脂肪分で、食事から摂取する必要があります。[30]
    • まぐろ、鮭、さばなどのオメガ3脂肪酸を含む海水魚を積極的に食事に取り入れましょう。
    • オメガ3脂肪酸はフラックスシード(亜麻の種)、かぼちゃの種、クルミなどの種子類やナッツ類からも摂取できます。
  6. 6
    ビオチンを含む食品を摂取する ビオチンはビタミンBの一種で、水溶性ビタミンです。髪には特に重要であり、不足すると髪がゴワゴワに硬くなり、抜け毛のスピードを速めます。[31] ビオチンは全粒穀物、レバー、卵白、大豆の粉、クルミ、イースト菌などに多く含まれています。
    • 全粒穀物には亜鉛も豊富に含まれています。亜鉛が不足すると、頭皮の乾燥やかゆみ、抜け毛の原因になります。[32]
  7. 7
    サプリメントの摂取を検討する まずはかかりつけの医師に相談するべきですが、抜け毛予防にサプリメントの摂取を考慮してもよいでしょう。抜け毛予防の効果が期待できるサプリメントの種類にはビオチン、イノシトール、鉄分、ビタミンC、ノコギリヤシなどがあります。[33] これらのサプリメントは抜け毛予防の効果が実証されているわけではありませんが、効果を示唆する利用者の経験談があります。
  8. 8
    摂取を避けるべき食品を知る 積極的に摂取するべき食品を知るのと同様に、避けるべき食品を知ることも大切です。健康的でバランスのよい食事は必須条件ですが、中には抜け毛を助長する食品もあります。人工甘味料のアスパルテームが薄毛や抜け毛の原因になると記した文献があります。また、食品添加物も悪影響を及ぼします。[34]
    • 生の卵白にはビオチンと結合する物質が含まれており、ビオチンの吸収を妨げます。[35]
  9. 9
    カロリーを十分に摂取する 低カロリーダイエットを続けると、一時的な抜け毛を経験することがあります。髪の育成と健康維持には上記のビタミンやミネラルの摂取が不可欠です。食事量を減らすと、こうした大事な栄養素を十分に摂取できなくなります。また、カロリー摂取を大幅に減らすとストレスが増え、髪の育成が止まる、あるいは休憩、休眠モードに入ります。[36][37]絶食ダイエットは避けましょう。そうしないと、体重と共に髪の毛まで減ることになります。
    広告

方法 4 の 4:
抜け毛の医療処置

  1. 1
    医師の診察を受けるタイミングを見極める 抜け毛が深刻な疾患の症状であるかどうかを見極めることはとても重要です。その場合、すぐに医師の診察を受ける必要があります。いつもとは違う髪の抜け方に気づいたり、10代、20代のうちから急速に髪が抜けるような場合は、医師に相談しましょう。[38] 以下の症状にも注意しましょう。
    • 抜け毛に痛みやかゆみが伴う、または頭皮が赤くなり皮膚が剥げる
    • ひげや眉毛に禿げた部分がある
    • 女性が男性のような抜け毛を経験する、または月経異常がある
    • 体重増加、疲れ、筋肉の弱さ、寒さに弱くなるなどの症状がある[39]
  2. 2
    診察前の準備 医師の診察を受ける前に抜け毛の症状を確認して、医師に正しく伝えられるようにしましょう。抜け毛が始まった時期や、一時的な抜け毛か継続した抜け毛かなどを確認します。[40] 次の点も考慮しましょう。
  3. 3
    男性用の治療 抜け毛の最も一般的な原因は遺伝です。これは、男性の場合、髪の生え際がM字型に後退していく特徴があります。このタイプの抜け毛は病気ではなく、遺伝子によるものですが、医師が処方する治療薬もあります。[42] 以下の薬が最も一般的に使用されています。
    • ミノキシジル(リアップ)は頭皮に塗って毛包を刺激する溶剤です。
    • フィナステリド(プロペシア)は内服用の錠剤で、抜け毛との関連があるとされるある種のテストステロンを阻害する働きがあります。[43]
  4. 4
    女性用の治療 女性の1/3が何らかの抜け毛の症状を経験しています。そのうち、更年期を迎えた女性の2/3は薄毛や部分的な抜け毛を経験します。女性は生え際の後退に悩むことは滅多にありません。その代り、頭頂部の髪の分け目が次第に薄くなっていきます。[44]女性の抜け毛に対処する一般的な医薬品は次の通りです。
    • ミノキシジル(リアップ)は外用薬で、これで頭皮をマッサージします。
    • 抗アンドロゲン剤は受容体をブロックする薬ですが、処方されることは滅多にありません。
    • 女性には鉄分のサプリメントが処方されることがあります。特にベジタリアンや貧血症状のある人、月経過多を患う人などがその対象になります。[45]
    広告

ポイント

  • 髪を日光に当てすぎないようにしましょう。
  • 熱を使うヘアスタイリングの道具を使わないようにしましょう。髪にダメージを与え、枝毛や切れ毛の原因になります。
  • スタイリング用のジェルや同様の製品の使用を避けましょう。こうした製品は抜け毛や切れ毛、日常的な摩耗を助長します。
  • 就寝時には髪を下ろしたままでなく、三つ編みにしましょう。そのほうが、寝返りを打ってもそれほど髪を引っ張らずに済みます。
  • 髪と地肌に優しいシャンプーとコンディショナーは髪への刺激が少なく、全体的な髪の状態を良好に保ちます。デオドラント効果のある石鹸などは頭皮を傷める可能性があるため、使用は避けましょう。
  • セリアック病には抜け毛の症状が伴います。心配な方は医師に相談しましょう。
  • 人間は一日に約100本の毛髪を失います。[46] その多くはシャワーや入浴中に抜けます。通常より多く毛髪が抜ける場合は、たとえ禿げた部分がなくても悩みの種になります。
  • 疾患(甲状腺疾患など)と抗生物質の服用が抜け毛を引き起こすことがあります。健康な体作りを怠らないことが抜け毛予防になります。
  • 妊娠中の女性は産褥性脱毛症を経験しても慌てる必要はありません。妊娠が原因で起こる抜け毛は不安なものですが、これはホルモンバランスの変化により起こる自然な現象で、髪質や髪の量にも影響を与えます。抜け毛はホルモンバランスが正常に戻ろうとしている証です。[47] 産褥性脱毛症で抜けた髪は通常は数か月で生えかわります。[48]

広告

注意事項

  • 抜け毛は病気や健康上の問題の兆候である場合があります。栄養の偏った食事や免疫機能障害、体調不良などの懸念がある人はかかりつけの医師の診察を受けましょう。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

デリケートゾーンの匂いを消す
広告

出典

  1. Andrew Jose, Love Your Hair, p. 120, (2002), ISBN 0-00-711900-3
  2. Dr Margaret Stearn, Embarrassing medical problems, p. 23, (2001), ISBN 1-57826-067-1
  3. Dr Margaret Stearn, Embarrassing medical problems, p. 23, (2001), ISBN 1-57826-067-1
  4. http://www.webmd.com/beauty/hair-repair/8-ways-youre-damaging-your-hair?page=2
  5. http://www.hairfoundation.org/hair-care/hair-care-color-dye.htm
  6. http://www.webmd.com/beauty/hair-repair/8-ways-youre-damaging-your-hair?page=2
  7. Dr Margaret Stearn, Embarrassing medical problems, p. 23, (2001), ISBN 1-57826-067-1
  8. Dr Margaret Stearn, Embarrassing medical problems, p. 23, (2001), ISBN 1-57826-067-1
  9. Andrew Jose, Love Your Hair, p. 122, (2002), ISBN 0-00-711900-3
  1. Dr Margaret Stearn, Embarrassing medical problems, p. 25, (2001), ISBN 1-57826-067-1
  2. http://www.webmd.com/skin-problems-and-treatments/hair-loss/understanding-hair-loss-prevention
  3. http://www.thehealthsite.com/beauty/revealed-the-art-and-science-of-choosing-the-right-shampoo/
  4. Dr Margaret Stearn, Embarrassing medical problems, p. 23, (2001), ISBN 1-57826-067-1
  5. http://thebeautybrains.com/2014/09/how-to-pick-a-mild-shampoo/
  6. http://thebeautybrains.com/2014/09/how-to-pick-a-mild-shampoo/
  7. http://www.webmd.com/beauty/advances-skin-care-9/thinning-hair-shampoo
  8. http://www.webmd.com/skin-problems-and-treatments/hair-loss/understanding-hair-loss-prevention
  9. http://www.medic8.com/healthguide/hair-loss/treatments/scalp-massage.html
  10. http://www.medic8.com/healthguide/hair-loss/treatments/scalp-massage.html
  11. http://www.pacificcollege.edu/acupuncture-massage-news/articles/1000-the-benefits-of-scalp-massage-for-hair-loss.html
  12. Dr Margaret Stearn, Embarrassing medical problems, p. 22, (2001), ISBN 1-57826-067-1
  13. Winnie Yu, What to eat for what ails you, p. 159, (2007), ISBN 978-1-59233-236-6
  14. http://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/what-eat-healthy-hair
  15. http://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/what-eat-healthy-hair
  16. http://www.webmd.com/fitness-exercise/guide/good-protein-sources
  17. http://www.vrg.org/nutrition/protein.htm
  18. http://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/what-eat-healthy-hair
  19. http://www.wikihow.com/Eat-More-Vitamin-C
  20. Winnie Yu, What to eat for what ails you, p. 159, (2007), ISBN 978-1-59233-236-6
  21. http://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/what-eat-healthy-hair
  22. Winnie Yu, What to eat for what ails you, p. 159, (2007), ISBN 978-1-59233-236-6
  23. http://www.bbcgoodfood.com/howto/guide/what-eat-healthy-hair
  24. Winnie Yu, What to eat for what ails you, p. 160, (2007), ISBN 978-1-59233-236-6
  25. http://www.belgraviacentre.com/blog/foods-that-can-lead-to-hair-loss-104/
  26. Winnie Yu, What to eat for what ails you, p. 159, (2007), ISBN 978-1-59233-236-6
  27. https://proteinpower.com/drmike/2007/11/02/hair-loss-and-kimkins/
  28. http://www.aocd.org/?page=TelogenEffluviumHa
  29. http://umm.edu/health/medical/ency/articles/hair-loss
  30. http://umm.edu/health/medical/ency/articles/hair-loss
  31. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/hair-loss/basics/preparing-for-your-appointment/con-20027666
  32. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/hair-loss/basics/preparing-for-your-appointment/con-20027666
  33. http://www.health.harvard.edu/diseases-and-conditions/hereditary-patterned-baldness
  34. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001177.htm
  35. http://www.health.harvard.edu/staying-healthy/treating-female-pattern-hair-loss
  36. http://www.health.harvard.edu/staying-healthy/treating-female-pattern-hair-loss
  37. http://www.aocd.org/?page=TelogenEffluviumHa
  38. Winnie Yu, What to eat for what ails you, p. 160, (2007), ISBN 978-1-59233-236-6
  39. Andrew Jose, Love Your Hair, p. 122, (2002), ISBN 0-00-711900-3

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む118人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は11,774回アクセスされました。
このページは 11,774 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告