指輪のサイズがわからないと、指輪を注文する際に困ります。宝石販売店で測ってもらえば最も正確なサイズがわかりますが、予約を取るのが難しい場合もあるでしょう。幸い、かなり正確に自分で測る方法があります。柔らかいメジャーで指の太さを測り、指輪のサイズ表や定規を使ってその値を変換しましょう。指に合う指輪を持っていれば、もっと簡単です。持っている指輪と原寸大のサイズ図面と比べて、サイズを確認することができます。

方法 1 の 2:
指の太さを測る

  1. 1
    指に柔らかいメジャーを巻き付けます。指の関節にメジャーを巻きましょう。指で一番太い部分は関節で、指輪はここをすんなりと通り抜ける太さでなくてはなりません。何といっても、痛みを伴うことなく指輪を着脱できることが大切です。より正確に測るため、布や樹脂でできた柔らかいメジャーを使いましょう。金属製のメジャーを試してもかまいませんが、指に巻き付けるのが非常に難しいうえ怪我の危険もあります。
    • さらに簡単に測る方法として、印刷できるサイズ計測シートを宝石販売店のウェブサイトで探してみましょう。これをメジャーのように使うことができます。このシートには指輪のサイズのみが記されているので、値を変換する必要もありません。[1]
    • メジャーや計測シートを指にきつく巻き付けないように注意しましょう。きつくない程度に指にぴったり巻きます。
    • 同じ指でも左手と右手でサイズが異なるという興味深い事実があります。実際に指輪をつける指のサイズを測りましょう。婚約指輪の場合は、右手ではなく左手の薬指のサイズを測りましょう。
    • 奇妙なことに、指の太さは1日を通して変化する傾向があります。正確な値を得るには、1日の終わりに測るほうが良いでしょう。[2]
  2. 2
    メジャーが重なる位置の値を記録します。紙を別に用意して鉛筆で書き留めましょう。指輪を購入する予定の店にもよりますが、計測した値をインチかミリメートルで書きます。どちらの値でも対応できる店が大半ですが、ヨーロッパの店では扱う単位がミリメートルだけという場合もあるかもしれません。
    • 印刷したサイズ計測シートを使う場合は、シートが重なった部分に直接印をつけておきましょう。
  3. 3
    計測値を指輪のサイズ表で確認します。指の太さがわかったので、次は指輪のサイズを確認しましょう。指輪のサイズ表は、多くの宝石販売店のウェブサイトで見つけることができます。参照しやすいようにその表を印刷することもできますが、必ずしも必要ではありません。指輪のサイズ表は実測値を指輪のサイズに変換した表で、たとえば49.2mmは9号になります。[3]
    • 測った値が2つのサイズの間にあたる場合は、大きいほうのサイズを選びましょう。[4]
    • 印刷したサイズ計測シートを使う場合は、シートが重なった部分を見てサイズを確認します。
    広告

方法 2 の 2:
原寸大のサイズ図面を使う

  1. 1
    原寸大のサイズ図面を探して印刷します。宝石を扱うオンラインショップの多くは、指輪のサイズに応じた異なる大きさの円を表示したサイズ図面を提供しています。[5] 念のため、指輪を購入する予定の店のサイズ図面を確認しましょう。こうすると、サイズ図面と実際の商品のサイズが一致することがわかるので安心です。
    • 印刷したサイズ図面が歪んでいると正確に測れません。つまり、注文した指輪が指に合わなくなる可能性があります。プリンターの拡大縮小機能を使わずにそのまま印刷しましょう。
  2. 2
    サイズを測ろうとしている指に合う指輪を探します。きつくない程度に指にぴったりフィットする、ちょうど良いサイズの指輪を選びましょう。繰り返しますが、薬指でも左手と右手でサイズが異なるので、実際に指輪をつける指のサイズを測りましょう。
    • 指輪を持っていない場合は針金や紙を指に巻き付けて、それを指輪の代わりに使いましょう。
  3. 3
    サイズ図面の円の上に指輪を置きます。指輪の内周に一致する円が適切なサイズです。[6] 二つのサイズの間で迷ったら、大きいほうのサイズを選びましょう。
    • 大きいほうのサイズを選ぶ理由は、一日の終わりには指が太くなるからです。指輪のサイズが小さいときつくなってしまうでしょう。
    • サイズ図面の円を指輪の外周に合わせないように気を付けましょう。外周に合わせて指輪を注文すると指に入らなくなります。
    広告

ポイント

  • 指輪に使用されている金属によってはサイズを変えられないものもあり、変えられたとしても制限があります。わからないことや心配な点があれば、宝石販売店に相談しましょう。
  • 妊娠や特定の薬の服用によって指が太くなる場合もあります。指輪のサイズを測る際は、この点も考慮しておきましょう。
  • 指輪のサイズを何回変更しても、1回分の料金しか請求しない宝石販売店も多くあります。評判の良い店ではサイズ変更のたびに料金を請求しない場合もあります。
  • 結婚指輪を購入する際は、コンフォートフィットの指輪かどうかを確認しましょう。コンフォートフィットの指輪はつけ心地の良い指輪ですが、サイズが若干異なる場合もあります。コンフォートフィットの指輪を購入する際は、宝石販売店に相談しましょう。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

爪を噛むのをやめる

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は13,385回アクセスされました。
このページは 13,385 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告