指輪を洗浄するには、使われている金属の種類を知ることが大切です。金属はそれぞれ異なる化学物質に反応するため、メッキが剥がれてしまわないように注意する必要があります。軽い汚れであれば、指や柔らかい布で擦り落としたり、濾過したお湯で洗い流したりできます。頑固な汚れは、素材に適したジュエリークリーナーを使うか、家庭で手軽に洗浄するには歯磨き粉でやさしく擦ります。金属の黒ずみは、指輪をアンモニア水に浸けて落とします。繊細で高価な指輪の場合は、宝飾店での専門家によるクリーニングを検討しましょう。

方法 1 の 3:
金属の種類を知る

  1. 1
    指輪の素材を確かめる 指輪の素材がイエローゴールド、ホワイトゴールド、シルバー、またはブラス(真鍮)であるか既に知っているかもしれません。しかし、自分で購入した指輪でない場合は、素材が何かわからないこともあります。指輪を宝飾店で鑑定してもらうと、その金属や使われている宝石の洗浄方法を教えてもらえます。
  2. 2
    素材に適した製品で洗浄する 金属によって化学物質に対する反応が異なります。指輪を長く使い続けるためには、それぞれの金属に適した手入れをすることが大切です。[1]
    • ゴールドは、柔らかい布と市販のゴールドクリーナーで洗浄します。洗剤や塩素の使用は避けましょう。[2]
    • シルバーの洗浄には、少量の水をつけた清潔な布を使います。または、シルバー用のクリーナーを使ってもよいでしょう。
    • ダイアモンドには、特別な洗浄剤が必要です。宝飾店またはインターネットで、ダイアモンド専用の洗浄剤を購入しましょう。[3]
    • ディスカウントショップなどで購入した安価な指輪は、指で擦って汚れを落としましょう。
    広告

方法 2 の 3:
歯磨き粉で洗浄する

  1. 1
    安価な歯磨き粉を使う 歯磨き粉に重曹とフッ化物が含まれているか確認しましょう。フッ化スズ(II)を多く含む歯磨き粉ほど、金属の洗浄に適しています。フッ化スズ(II)は、金属と歯のエナメル質を強化します。安価な歯磨き粉ほど、金属の洗浄には効果的です。
  2. 2
    歯ブラシに歯磨き粉と少量(2、3滴)の水をつける きれいな歯ブラシを用意します。金属の洗浄後、この歯ブラシは歯磨きには使えません。歯を磨く要領で、歯磨き粉を指輪にやさしく擦りつけます。歯磨き粉が硬くなってきたら、さらに水を加えましょう。
    • 指輪の溝や突起部も忘れずに磨きましょう。歯を磨くように、歯ブラシをやさしくしっかりと、そして全体的に動かします。
    • 使う頻度によって、指輪を数週間から数か月おきに洗浄しましょう。指輪洗浄用の歯ブラシを決めておくとよいでしょう。
  3. 3
    歯磨き粉の成分が作用するのを待つ しばらく経って歯磨き粉をすすぎ流すと、指輪は光輝いでいるはずです。オイルや抗酸化物質(クエン酸、金属変色防止剤など)を使い、金属の輝きを保つこともできます。徹底的に洗浄するには、入れ歯安定剤を歯ブラシにつけて軽く擦ると、研磨材の働きをします。
    広告

方法 3 の 3:
その他の洗浄方法

  1. 1
    指輪を水で洗浄する 指輪が埃、手垢、血液、ローション、食べ物などで汚れている場合は、強力な洗浄剤を使う前に水で洗ってみましょう。ボウルに濾過した清潔な水を入れ、指輪を水に浸けて指でやさしく擦ります。そして、日光に当てて乾かしましょう。
    • タオルやテーブルナプキンで拭くと、指輪の表面や宝石を傷つけることがあるため、使ってはいけません。また、コットン100%の布で拭くのも禁物です。
    • この方法では、十分に濾過した水を使うことが重要です。指輪を水で洗う前に、目の細かいザルに磁石を入れて水道水を通します。こうすると、シルバーやゴールドなどの貴金属を傷つける磁性体金属を除去できます。
    • 指輪の汚れが特に頑固な場合は、水に数滴の食器用洗剤を加えて洗浄してもよいでしょう。[4]
  2. 2
    綿棒を使う 指輪の汚れがそれほどひどくない場合は、綿棒で拭き取る方法もあります。指輪をぬるま湯に浸し、汚れた部分を綿棒で擦ります。この際、強く擦って指輪を傷つけないように注意しましょう。[5]
  3. 3
    貴金属専用の洗浄剤を使う 指輪の素材に適した洗浄剤を購入しましょう。販売店ですぐに見つかるはずです。洗浄に使う専用の布がついている製品を購入しましょう。家庭用の洗浄剤を指輪に使ってはいけません。特に貴金属の指輪には禁物です。ここでは、研磨が目的の研磨剤ではなく、洗浄剤を使いましょう。[6]
  4. 4
    指輪をアンモニア水に浸ける こびりついた汚れを落とすには、お湯1カップとアンモニア1/4カップを混ぜ合わせ、指輪を20分ほど浸します。[7]
    • 指輪を洗剤液ですすぎます。
    • 汚れを擦り落とします。
    • お湯ですすぎ、自然乾燥させます。
  5. 5
    次の手順に従って、指輪の黒ずみを落とす[8]
    • ボウルの内側にアルミホイルを敷きます。
    • お湯カップ1杯と重曹大さじ1杯をボウルに入れて混ぜ合わせます。
    • 重曹溶液に指輪を入れます。この際、指輪がアルミホイルに触れることが重要です。
    • 黒ずみが消えるまで指輪を10~30分溶液に浸します。
  6. 6
    ゴールドやシルバーの指輪にマニキュアを塗る 透明なマニキュアを指輪に塗り、ゴールドやシルバーのメッキが剥がれたり、錆が生じたりするのを防ぎます。指輪をはめると指に緑色などの染みがつく場合は、指輪の内側にマニキュアを薄く塗るとよいでしょう。
  7. 7
    指輪の洗浄を宝飾店に依頼する 大切な指輪(結婚指輪や卒業記念リングなど)であれば、専門家による洗浄を検討しましょう。指輪を購入した店舗であれば、無料で洗浄または洗浄剤や布を提供してくれるかもしれません。[9]
    • 宝飾店に指輪の素材と品質の鑑定を依頼してもよいでしょう。そうすると、素材に適した洗浄剤を選ぶことができます。
    • 特に刻印のある指輪は、専門家に依頼するとよいでしょう。家庭で洗浄すると、文字やデザインが消えてしまう可能性があります。指輪に大切な刻印が施されている場合は、専門家に任せましょう。
  8. 8
    アルコールを浸した綿棒で拭く 指輪を強く擦らないように注意しましょう。アルコールで拭いても汚れが落ちない場合は、さらに強力な洗浄剤が必要かもしれません。
  9. 9
    超音波洗浄機を使う 超音波洗浄機は、高周波を使って指輪を数分で洗浄します。様々なタイプや価格の洗浄機が販売されています。超音波洗浄機を使うと、家庭で簡単にジュエリーの洗浄ができます。ただし、超音波洗浄機で傷がつくジュエリーもあるため注意が必要です。[10]
    • 宝飾店のスタッフであれば、指輪に超音波洗浄機を使えるかどうか、また適したタイプを教えてくれるでしょう。
    広告

注意事項

  • 指輪を洗浄する際、力を入れすぎないように注意しましょう。また、指輪の素材に適した洗浄剤かが不確かな場合は、研磨作用のある製品の使用は避けましょう。
  • 刻印の入った指輪の取り扱いには注意しましょう。洗浄することで、文字やデザインが消えてしまう恐れがあります。
  • 指輪が錆びる恐れがあるため、推奨された時間より長く水に浸してはいけません。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
タトゥーシールをはがす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
生理を早める生理を早める
ワンピースのウエストを詰める
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズについた血液のシミを落とす
防犯タグを外す防犯タグを外す
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
皮膚に付いた食品着色料を落とす
縮んだ服を伸ばす
布地からマニキュアを落とす
革に付いた油染みを落とす
ジーパンをショートパンツにリメイクする
広告

出典

  1. Kennon Young. 認定宝石商. 専門家インタビュー. 2019年9月13日.
  2. https://info.jewelersmutual.com/the-jewelry-box/how-to-clean-gold-jewelry-the-right-way
  3. https://www.gia.edu/gia-news-research-secrets-keep-diamond-sparkling
  4. Kennon Young. 認定宝石商. 専門家インタビュー. 2019年9月13日.
  5. https://lavalier.com/what-can-i-use-to-clean-my-jewelry/
  6. Kennon Young. 認定宝石商. 専門家インタビュー. 2019年9月13日.
  7. https://www.racked.com/2015/5/8/8539887/how-to-clean-jewelry
  8. https://www.onecklace.com/tips/how-to-clean-silver-jewelry-10-diy-methods/
  9. Kennon Young. 認定宝石商. 専門家インタビュー. 2019年9月13日.

このwikiHow記事について

Kennon Young
共著者 ::
熟練宝石鑑定士
この記事の共著者 : Kennon Young. ケノン・ヤングは米国宝石学会(GIA)認定の宝石鑑定士、米国鑑定士協会(ASA)認定の熟練宝石鑑定士、そして米国ジュエリー専門家協会認定のベンチジュエラー技術士です。2016年に宝石鑑定業界にて最も権威のある認証、「ASA Master Gemologist Appraiser」の資格を授与されています。
このページは 172 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告