テスト中、突然お腹が音色を奏で出してしまう、このように教室でお腹が盛大に鳴ってしまい恥ずかしい思いをすることがよくあるというあなたは、この記事を参考にしてみてください。

方法 1 の 3:
健康的な食生活を送る

  1. 1
    お腹が鳴るのは自然なこと お腹が鳴るのは、消化器系が食べ物、体液、胃液を混ぜそれらを腸管へ押しやるという、本来の働きをしているからです。腸を通るもの全てを圧縮するために消化管の壁が収縮し緩むことにより、お腹の音が鳴ります。適切な食生活を送っていてもお腹が鳴るのは仕方ないことであり、恥ずかしいと感じる必要はありません。[1]
  2. 2
    授業前に大きな食事を摂るのは避ける ご飯を食べすぎると消化器系を酷使してしまうことになります。そうなると、腸管をたくさんの物が通過するので、お腹が鳴る頻度も上がります。
  3. 3
    空腹は避ける 空腹状態が二時間続くと、お腹の音はより大きくなります。胃の中に音を吸収するものがほとんど、もしくは全くない状態になるからです。数時間何も食べずにいると、食べ物が入る場所を作るために胃の中の全ての物を片付けろ、と脳に知らせるため、体がホルモンを放出します。[2]
    • おやつをいつも持ち歩きましょう。
    • 頻繁に水分を補給しましょう(水、ジュース、お茶など)。
  4. 4
    消化の悪い食べ物は制限する 炭水化物の中には消化されにくいものがあります。炭水化物はエネルギーを供給し、消化管の健康を守る役割を果たすため、全く炭水化物を摂らないのは良くありません。胃を健康に保ちつつ、なるべくお腹が鳴らないよう、適度に炭水化物を摂取しましょう。[3]
    • 消化されにくい食べ物:調理後の冷めたジャガイモやパスタ、サワードウパン、熟していないフルーツ
    • 不溶性食物繊維を含む食べ物:全粒粉、小麦ふすま、キャベツ、レタス、ピーマン
    • 糖度の高い食べ物:りんご、ナシ、ブロッコリー
  5. 5
    自分自身の空腹状態を把握する 食事を摂った直後も、しばらく何も食べていない時も、どちらもお腹が鳴りやすくなります。食べ過ぎ、またお腹の鳴りすぎを防ぐため、自分がいつ本当に空腹なのかを知るようにしましょう。自分自身の体と食事のタイミングの関係性を掴むことで、無駄な食べ過ぎを防ぐことができます。
  6. 6
    ゆっくり、きちんと噛んで食べる 空気をたくさん吸う人は、他の人と比べてお腹が鳴りやすくなります。食べるのが早い、もしくは食べながらよく話す人は、空気をたくさん吸っています。空気の吸いすぎを防ぐためにゆっくり食べるよう心掛けましょう。[4]
    広告

方法 2 の 3:
ガス溜まりを防止する

  1. 1
    ガス溜まり解消の薬を服用する 腸にガスが溜まりすぎるとお腹の音が大きくなります。これは、市販のガス溜まり解消の薬を服用することで簡単に防ぐことができます。食事のたびに薬を服用する必要はありませんが、ガスを発生させやすい食べ物を食べる際には覚えておくようにしましょう。
  2. 2
    ガスを発生させやすい食べ物を避ける 分解が複雑な食べ物はガスを発生させやすいとされています。このような食べ物の摂り過ぎを避けることで、お腹が鳴るのを防止できます。
    • チーズ
    • 牛乳
    • アーティチョーク
    • ナシ
    • ブロッコリー
    • 豆類
    • ファーストフード
    • 炭酸飲料
  3. 3
    散歩をする 食後に散歩をしましょう。800m程度の散歩で構いません。歩くことで消化が促進され、腸を健康的な働きができる状態に保ちます。[5]
    広告

方法 3 の 3:
健康障害に対処する

  1. 1
    日常的に運動する 座ってばかりの生活は、胃の不調を引き起こしがちです。それによりお腹大きく鳴ってしまうのです。運動をしないと体重に悪影響が及ぶ他、特定の食品に対する耐性が弱まり、膨満感やガス溜まりを引き起こしてお腹が大きな音を立てることになります。[6]
  2. 2
    自分に神経症があるかを知っておく 常に何かしらの不安や緊張を抱えている人は、神経が胃に信号を送っています。この信号がお腹の音を引き起こすのです。食生活や生活習慣を改善しても一日中お腹がグルグルと鳴っているようであれば、神経症の可能性があります。その場合は病院で診断してもらうと良いでしょう。[7]
  3. 3
    食物不耐症について理解する 食べ物によっては、胃の不調やお腹の音の原因となるアレルギー反応を引き起こすものもあります。ある特定の種類の食べ物を食べた後にしばしば胃の不快を感じるようであれば、その食べ物はなるべく避けるようにしましょう。食物不耐性とは、ほとんどの場合が乳糖不耐症です。乳製品により強い胃の刺激を感じるという症状です。
  4. 4
    消化不良症について理解する 上腹部が痛む、げっぷが多く出る、吐き気がする、少しの食事ですぐ満腹になる、お腹が張っている、これらは全て深刻な消化不良症の症状です。これらを日常的に感じるようであれば、医師の診察を受けるのが良いでしょう。 消化不良症は命にかかわるような病気ではありませんが、対処しておくべき症状です。[8]
    広告

ポイント

  • 1日に6、7時間の睡眠をとると、消化不良症に効果的です。
  • 日中水分をよく摂るようにしましょう。ただし、大量の一気飲みは禁物です。一度にたくさん飲むとお腹がグルグルと鳴ることがあります。
  • 空腹時は少なめに食べましょう。朝食時以外はこのルールに従います。(朝食は多めに食べても構いません。その後に食べるものを制限します。)ジャンクフードはなるべく避け、ヘルシーな食事を心掛けましょう。

広告

関連記事

How to

紙についたインクを消す

How to

学校を楽しむ

How to

宿題がしたくなる

How to

宿題に集中する

How to

いじめを止める

How to

仮病を使って学校を休む

How to

学校を休む

How to

クラスで一番良い生徒になる

How to

クラスに自己紹介をする

How to

優秀な生徒になる

How to

学習計画を立てる

How to

学校のストレスに対処する

How to

生理中でも学校で快適に過ごす

How to

勉強に対する姿勢を改善する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む78人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,125回アクセスされました。
カテゴリ: 社交 | 学校・大学
このページは 4,125 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告