PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

流しや浴槽に水がかなり溜まるということは、排水口が詰まっている証拠です。水が溜まっていると虫が寄ってきて日常生活に支障をきたします。しかし、排水口を綺麗にする方法はいくつかあります。昔から使われているラバーカップや、自宅にあるものを使って排水口を手早く掃除しましょう。

方法 1
方法 1 の 2:
ラバーカップを使う

  1. 1
    排水口を詰まらせているものを全て取り除きましょう。ゴム手袋を着用し、排水口を詰まらせている障害物を取り除きます。たいていの場合、髪や石鹸のかす、その他の洗面用品などが詰まっています。これらの障害物を取り除くことによって、排水口の詰まりはすぐに解消されるでしょう。これでも水が流れなければ、さらに他の対策を講じる必要があります。[1]
  2. 2
    流しや浴槽に溜まっている水を全て取り除きましょう。作業を続ける前に、排水口の作業ができるよう溜まった水を全て取り除く必要があります。バケツで水をすくって外に出すか、詰まっていない他の排水口に流しましょう。[2]
  3. 3
    オーバーフロー穴がある場合は、綺麗にした後、使い古しの布で塞ぎましょう。オーバーフロー穴は通常蛇口の下にあり、水位が上がった時に排水口からの排水を手助けします。掃除をする際には、ゴム手袋を着用しましょう。[3]
    • オーバーフロー穴が詰まっていると水が溜まる原因となることがあります。
    • 全ての排水口にオーバーフロー穴があるわけではありません。オーバーフロー穴がない場合は、この手順を省きましょう。
  4. 4
    ラバーカップを上下させて排水口に空気を送りましょう。まず、ラバーカップを排水口全体が覆われるように置きます。ゴムでできたカップは空気が抜けるのを防ぐ役割をします。そして、持ち手を上下に動かし続けます。こうすることで、詰まりが取れます。排水管の中に何もない状態になり始めたら音が聞こえるため、綺麗になったことが分かるはずです。[4]
    • ラバーカップを使う際には、根気強く作業することが重要です。ラバーカップで素早く処理できることはほとんどありませんが、効果的な方法です。
  5. 5
    5〜10分間、排水口にお湯を流し、排水口に残った障害物を洗い流しましょう。排水口が綺麗になった音が聞こえたら、ラバーカップを取ります。そして5〜10分間、排水口にお湯を流しましょう。これにより、残りの障害物を取り除くことができます。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
重曹と酢を使う

  1. 1
    排水口に詰まっているものを取り除きましょう。髪や洗面用品、その他のごみなどが詰まりの最初の原因となります。ゴム手袋を着用して、排水口に詰まったものを取り除きましょう。これで詰まりが解消されたら、この先の手順である化学洗浄を行う必要はありません。[5]
  2. 2
    流しや浴槽から水を完全に抜きましょう。水が溜まっていると排水口の化学洗浄を行うことはできません。バケツやコップを使って浴槽や流しに溜まった水を取り除きましょう。[6]
  3. 3
    重曹180gと酢240mlを準備しましょう。市販の化学洗剤を使わなくても、台所にあるもので排水口を掃除することができます。まず重曹180gと酢240mlを準備しましょう。どんな酢でも効果がありますが、酢の酸性度が高いほど効果があります。
  4. 4
    排水口に半量の重曹(90g)を振りかけましょう。詰まりを解消したい排水口で化学反応を起こします。まず、半量の重曹を排水口に振りかけます。この時、排水口の穴がほとんど覆われるようにしましょう。そして、長い棒を使って重曹をできるだけ排水口の奥まで押し込みます。[7]
  5. 5
    排水口に半量の酢(120ml)を注ぎ、使い古しの布で覆いましょう。排水管の内側が重曹で覆われたら、半量の酢をゆっくりと排水口に注ぎます。この時、シュワシュワと泡が立つ音が聞こえるはずです。この音が聞こえたら、排水口を布で覆います。[8]
  6. 6
    重曹と酢を注ぐ作業をもう一度繰り返しましょう。泡の音をよく聞いて、音がしなくなったら布を取り、残りの重曹を振りかけます。また、同様に残りの酢も注ぎます。そして布で排水口を覆い、この作業を繰り返しましょう。[9]
  7. 7
    30分後、排水口に熱湯を流しましょう。2回目の重曹と酢を注いだ後、30分間待ちます。そしてやかん1杯分の水を沸かし、熱湯をゆっくりと排水口に注ぎます。こうすることによって排水口に残っている汚れや化学物質を洗い流します。[10]
    広告

必要なもの

ラバーカップを使う

  • ゴム手袋
  • ラバーカップ

重曹と酢を使う

  • ゴム手袋
  • 重曹180g
  • 酢240ml
  • 使い古しの布
  • 熱湯

関連記事

銅製品の汚れを落とす
紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
キャンドルの蝋を落とす
嘔吐物で汚れたソファを消臭する嘔吐物で汚れたソファを消臭する
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
濡れたカーペットを乾かす
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
ソファに付着した尿をきれいにするソファに付着した尿をきれいにする
時間が経った犬のおしっこのシミを落とす時間が経った犬のおしっこのシミを落とす
服についたワセリンを落とす服についたワセリンを落とす
ステンレス冷蔵庫のへこみを直すステンレス冷蔵庫のへこみを直す
ゴムを洗うゴムを洗う
タワーファンを掃除するタワーファンを掃除する
プラスチックに付いた塗料を落とすプラスチックに付いた塗料を落とす
広告

このwikiHow記事について

David Balkan
共著者 ::
配管業者、CEO
この記事の共著者 : David Balkan. 配管工事士のデイビッド・バルカンは、「Balkan Sewer and Water Main Service」CEOで「Balkan Sewer and Drain Cleaning」社長です。2つの会社を経営しながら自らも現場に出て40年、水道管、下水管、排水管のトラブルに精通しています。配管職人協会の議長で、30年に渡りニューヨーク地下配管工協会の執行委員を担当。その配管に対する深い知識とトラブル解決策のおかげで、Balkan Sewer and Water Main Serviceはニューヨーク市で最大手、最も信頼の厚い配管業者となり、2017年アンジーズ・リストのスーパーサービス賞を受賞しました。
カテゴリ: 掃除
このページは 417 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告