別れたばかりであっても、まだやり直すチャンスがあると信じているなら、元恋人を取り戻すために、接触禁止ルールを利用してみましょう。接触禁止ルールとは、別れた後、一時的に元恋人と話さないようにすることで、相手があなたを恋しがり、よりを戻したいと思うように仕向ける作戦のことです。また、元恋人と距離を置くことであなた自身の気持ちを癒すことにもつながるので、試してみて損はないでしょう。元恋人を取り戻すための接触禁止ルールを利用する具体的な方法を学んでいきましょう。

方法 1
方法 1 の 3:
接触禁止期間に入る

  1. 1
    元恋人にしばらく連絡を取らないと伝えましょう。接触禁止ルールを発動する際には、相手に何も知らせずに連絡を絶つのではなく、大人として相手の気持ちも考えた態度をとりましょう。[1] 別れた数日後に、元恋人に電話かメッセージで、当分連絡しないことを伝えます。
    • 元恋人に「しばらくは話さない方がいいと思う」「1人になる時間が欲しい」と連絡しましょう。
    • 連絡を取らない状態がいつまで続くのかについては、曖昧にしておきます。期限を明確に決めないことで、2人の関係を変えたくないと思っているかどうか、元恋人の中ではっきりさせるきっかけを作りましょう。
    • 元恋人には接触禁止ルールについては伝えないようにしましょう。この方法は、相手が一時的なものであることを知らないほうが、効果があります。
  2. 2
    接触禁止期間の長さを決めましょう。連絡を絶つ期間にゴールを設けることで、耐えられないと感じたときでも、接触禁止ルールを守り続けることができます。元恋人が別れを考え直す場合、気持ちを変えるまでには、一般に4週間あれば十分と言われています。[2] ただ、長くても短くても、あなたが適切だと感じる長さに設定して構いません。
    • 終了日を明確に設定するかどうかは自由ですが、いつまでもダラダラ待つことにならないよう、大体の時期を決めておくとよいでしょう。
    • 期間の長さについても、元恋人から連絡があったり、自分の気分が変わったりした場合には自由に変更して構いません。
  3. 3
    直接会うことが避けられない場合は、接触制限ルールに切り替えます。職場や学校が一緒の場合など、接触禁止ルールを守ることが物理的に不可能なパターンもあるでしょう。こうした場合は、仕事や学校を変えるよりも、接触制限ルールに切り替えたほうが現実的です。[3] 接触制限ルールを発動する際は以下の点に注意しましょう。
    • 元恋人と会話をするきっかけを作らないようにします。相手のほうから話しかけてきた場合でも、簡潔かつ丁寧な返事を心がけましょう。
    • 例えば、元恋人から「元気?」と聞かれたら、「元気だよ、ありがとう。また会えてうれしいよ!」などと答えるようにします。
    • あなたが怒ったり冷たくしたりすると、相手は「別れてよかった」思い、よりを戻そうとは考えなくなるでしょう。
    • 連絡を取らないようにしているときでも、公共の場で元恋人に出くわしてしまった場合は、これらのルールに従って対応しましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
接触禁止期間中の過ごし方

  1. 1
    元恋人と連絡を取らないようにします。自分で設定した接触禁止期間中は、元恋人に連絡しないように努力しましょう。元恋人のほうから連絡があった場合、返事をするかどうかは、あなた自身の気持ちと接触禁止ルールの目的によって変わってきます。あなたが復縁を望んでいる場合、よりを戻したいという連絡でない限り、返事をしないようにしましょう。[4]
    • 元恋人からの電話やメッセージについては、2人の関係について真剣に話し合う場合を除き、極力返事をしないようにします。
    • すぐに返信してしまうと、「付き合っていなくてもずっと一緒にいられる」と思われる危険があります。
  2. 2
    自分自身の人生を生きましょう。恋愛によって、あなたの生き方も変わったかもしれません。過去の日々を懐かしんで過ごすよりも、距離を置いている時間を休息の時間と捉え、自分に必要な「私」の時間を持つよい機会にしましょう。[5]
    • 友人や家族と過ごしたり、趣味や仕事に打ち込んだり、新たに自分のための個人的な目標を設定したりしてみましょう。
    • 接触禁止ルールは、元恋人が復縁を望んでいない場合に、あなたの心を回復させるためのものでもあるのです。
    • 別れた後の悲観的な気持ちを紛らわし、自信を取り戻しましょう。
  3. 3
    元恋人に忘れられないよう、SNSや共通の友人を利用しましょう。連絡を絶っている間に、元恋人に忘れられてしまうのが心配な人もいるかもしれません。その場合は、元恋人のSNSのフィードに表示されるようにSNSを更新する、共通の友人に話題にしてもらうなどして、常にあなたのことを思い出してもらえるようにしましょう。[6]
    • 元恋人があなたと過ごした楽しい日々を恋しく思うように、あなたが楽しいことをしている様子をSNSに投稿しましょう。
    • 共通の友人たちとは連絡を取り続け、彼らの口から元恋人にあなたの様子が伝わるようにします。
  4. 4
    元恋人の悪口を言わないようにしましょう。別れた元恋人のことがどれだけ嫌いか、友人たちに対してや、インターネット上で愚痴を言いたくなるかもしれません。ただし、そうした内容は、元恋人にも伝わる危険性があることを忘れないようにしましょう。あなたが陰でひどいことを言っていると知ったら、相手はよりを戻したいとは思わなくなるかもしれません。[7]
    • 元恋人を褒める必要もありません。ただ相手に対して、中立的あるいは前向きな気持ちでいるようにしましょう。
    • 誰かから、元恋人とまだ仲良くしているかと聞かれたら、「今はあまり話していないけど、そのうちにまた仲良くなるよ!」と答えておきましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
接触禁止期間を終える

  1. 1
    接触禁止期間が終了したら元恋人に連絡しましょう。4週間(またはあなたが決めた期間)が経過し、元恋人のほうからは連絡がなかった場合、自分から連絡を取ってみます。よりを戻したいと思っていることを悟られないよう、何かのきっかけで昔の友達を思い出して連絡をとってみたときのイメージで、話すようにしましょう。[8]
    • まず、「全然連絡しなくてごめんね。ちょっと1人になる時間が必要だったんだ」などと、連絡をとっていなかったことについて言及します。
    • 次に、「この前、2人でよく行ってたレストランに行ったんだ」「一緒に観始めたドラマを観終えたよ」など、2人の思い出に関する話題を持ち出しましょう。
    • その後、「あなたのことを考えていたよ。元気?」などの軽めのやり取りをしていきます。
  2. 2
    直接会って2人の別れについて話し合いましょう。元恋人と連絡が取れるようになったら、触れづらいことにも向き合わなくてはいけません。この話し合いは面と向かってするのがよいでしょう。電話で別れを切り出されるのが嫌なように、電話で別れについて話すのも嫌なものです。[9]
    • 「また話せて本当にうれしいよ。コーヒーか食事でも一緒にどう?」などと切り出します。
    • 実際に会って少し空気がほどけてきたら、「2人の関係はどこでおかしくなったと思う?」と別れについての話を持ち出しましょう。
    • 元恋人の意見にきちんと耳を傾け、返事をするようにします。これ以上言い争ったところで、2人の関係が元に戻ることはありません!
    • 例えば、元恋人から「もっと支えてほしかった」と言われたら、「ごめんね。支えになれるように、本気で努力しているところなんだ」などと返すようにします。
  3. 3
    2人の明るい未来について話しましょう。過去の2人の関係についての話が終わったら、次は未来に目を向けていきます。あなたがもう一度やり直したいと思っているのなら、今度は違う結果になるはずだと元恋人に伝えましょう。[10]
    • 復縁の話を切り出すときは、慎重に話を進めるようにします。元恋人には断る権利があることも忘れないようにしましょう。
    • 元恋人のほうから復縁の話をさせたい場合は、相手のペースに委ねる覚悟が必要です。
    • よりを戻すということは、新しい関係が始まることを意味します。別れの原因となった問題が、2度と起こらないようにしましょう!
    広告

関連記事

「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる
嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す嘘をついて失った彼女の信頼を取り戻す
女性を甘やかす女性を甘やかす方法14選—愛されていることを実感してもらうために
女性に愛撫する女性に愛撫する
女の子が自分に気があるかどうかを見極める女の子が自分に気があるかどうかを見極める
キスを嫌がる彼女に対処する恋人がキスを嫌がる10の理由とその解決法
男性が自分への興味を失ったことを見分ける男性が自分への興味を失ったことを見分ける
彼女が激怒した時に許してもらう彼女が激怒した時に許してもらう
彼女との電話の会話を続ける彼女との電話の会話を続ける
彼が本当に愛してくれているか知る彼が本当に愛してくれているか知る
山羊座の男性を夢中にさせる山羊座の男性を夢中にさせる
彼氏を信頼する彼氏を信頼する
彼氏の気を引く彼氏の気を引く
彼が体目当てで付き合っているかを判断する彼が体目当てで付き合っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 恋愛関係維持 | | 独身生活
このページは 363 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告