PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

この記事では、iPhoneやAndroid、フィーチャーフォン(ガラパゴス携帯)のバッテリーの持続時間を延ばす様々な方法を紹介します。また、スマートフォンを使用している人は、バッテリーを最も多く消費するアプリケーションや機能が何なのかを確認する方法を学び、使用する頻度を減らすことができます。

方法 1 の 5:
充電の間隔を延ばす

  1. 1
    携帯電話の電源を切りましょう。ただし、電源を入れたり切ったりするとかえって多くの電力を消費するため、数時間切っておける時のみ行います。これは、次に充電するまでの間に消費するバッテリーを節約するのに最も効果的で簡単な方法です。就寝中や退勤後に電話を受ける予定がなければ、電源を切っておきましょう。
  2. 2
    画面の明るさと全体的な点灯時間を抑えましょう。AndroidやiPhoneは、特に画面の明るさが非常に強い場合、画面が点灯しているとより多くのバッテリーを消費します。バッテリーがあまり残っていない時は、カーナビを使用しながら画面を点灯したままにするのは止めましょう。また、動画の視聴は控え、アニメーションを多く含むゲームやアプリケーションを使用しないようにしましょう。[1] 画面を点灯させておく必要がある時は、明るさを抑えるとバッテリーの消費量を節約することができます。
    • スマートフォンの明るさを抑えるには、Androidの場合はホーム画面の上部から下にスワイプ、iPhoneの場合はコントロールセンターを開いて、画面が暗くなるまでスライドバーを左もしくは下に動かします。
    • アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)ディスプレイを使用している場合は、ダークモードに設定しましょう。AMOLEDは、画像を表示するのに必要な画素のみが発光し、画像が完全に黒い場合にはすべての画素が発光しないため、消費電力が少なくなります。
    • 携帯電話を操作せずに一定時間が経過したら、画面が消灯するように設定されていることがあります。Androidの場合は設定〉画面設定〉スリープ、iPhoneの場合は設定〉一般〉自動ロックの順に選択して画面の点灯時間を短くしましょう。
    • iPhoneを使用している場合は、「手前に傾けてスリープ解除」機能を無効にして、携帯電話を持ち上げた時に自動で画面が点灯しないようにしましょう。設定〉画面表示と明るさの順に選択すると設定画面が表示されます。
  3. 3
    BluetoothやWi-Fi、GPS機能を無効にしましょう。これらの機能を使用しないのに付けっぱなしにしていると、バッテリーを消費します。Bluetoothを有効にするとペアリングをしていなくてもバッテリーが消費され、またWi-Fiを有効にすると携帯電話が常に使用可能なアクセスポイントを探そうとしてしまいます。
    • BluetoothやWi-Fiを無効にするには、Androidの場合はホーム画面の上部から下にスワイプし、iPhoneの場合はコントロールセンターを開いて、Bluetoothアイコン(横向きの蝶ネクタイ)もしくはWi-Fiアイコン(扇型の3本の曲線)をタップします。
    • 携帯電話のGPSを無効にするには、Androidの場合は設定〉ユーザー設定〉位置情報、iPhoneの場合は設定〉プライバシー〉位置情報サービスの順に選択します。
    • フィーチャーフォンを使用している場合は、通常、設定画面からこれらの機能を無効にすることができます。
  4. 4
    安定したインターネット接続が必要ない場合は、機内モードに設定しましょう。電波が弱いか圏外の場所にいる時には、電波が良くなるまで機内モードに切り替えましょう。機内モードではモバイルデータ通信や通話は使用できませんが、Wi-Fiは使用できます。
    • 機内モードを有効にするには、Androidの場合はホーム画面の上部から下にスワイプし、iPhoneの場合はコントロールセンターを開いて、飛行機のアイコンをタップします。
  5. 5
    バッテリーがあまり残っていない時には、低電力モードもしくは省電力モードに設定しましょう。バッテリーの残量が少なくなっている時は、AndroidやiPhoneの特別な設定を有効にすると時間稼ぎをすることができます。設定方法は、この記事のAndroidで省電力モードを有効にするもしくはiPhoneで低電力モードを有効にするを参考にしましょう。
  6. 6
    バイブレーション機能を解除しましょう。可能であれば、携帯電話をサイレントモードにするか、音のみが鳴る設定にしましょう。振動は音よりも電力を消費します。
  7. 7
    カメラの使用は控えめにしましょう。すぐに携帯電話の充電をしなければいけなくなると分かっている時には、カメラの使用、特にフラッシュ撮影を控えます。フラッシュ撮影をするとバッテリーが急速に減ります。
  8. 8
    通話は短く済ませましょう。きっと、「バッテリーが切れそう」と言いながらその後も会話を数分続けたことが何回もあるでしょう。バッテリー不足を電話を切る口実にすることもありますが、本当にバッテリーを節約しなければならない場合は、通話時間を短くしましょう。
  9. 9
    バッテリーが熱くならないようにしましょう。バッテリーは室温で使用する時に最も長持ちし、また高温に長時間さらされるとバッテリーが消耗します。天気を操ることはできないため、携帯電話を暑くなった車内や直射日光の下に置くことは避けましょう。また、携帯電話をポケットに入れて持ち運ぶと体温がバッテリーの温度を上げてしまうため、止めましょう。そして、充電中にはバッテリーの温度を確認しましょう。かなり熱くなる場合は、充電器が故障している可能性があります。
  10. 10
    バッテリーは正しく充電しましょう。適切に充電をするため、携帯電話に合った充電器を使用します。充電器は粗品としてもらったものではなく、正規品を使用しましょう。
    • ニッケル・水素充電池(フィーチャーフォンによく使われる)は元々、ゆっくり充電するタイプの充電器を使わない限り、充電中にかなり温かくなります。携帯電話にニッケル・水素充電池が入っている場合は、触れないほど熱くならない限り、充電中に熱を帯びても心配する必要はありません。
    • カーチャージャーを使用する人は、車内の温度が高い時にはバッテリーを充電しないようにしましょう。車が冷えるのを持ってから充電器を差しましょう。
    広告

方法 2 の 5:
Androidでバッテリーの使用状況を確認する

  1. 1
    まず、Androidの設定画面
    Android7settings.pngというタイトルの画像
    を開きましょう。
    ホーム画面の上部から通知バーを下にスワイプし、右上に現れる歯車のアイコンをタップすると簡単に開くことができます。
    • この方法でどのアプリケーションが多くバッテリーを消費するのか確認しましょう。どのアプリケーションが最も電力を消費するのかが分かれば、そのアプリケーションを開く回数を減らそうと意識することができます(あるいは、完全にアンインストールしましょう)。
    • Androidの機種は全て仕様が異なるため、ここに表示しているメニューの名称とは少し異なる可能性があります。
  2. 2
    次に、画面を下にスクロールして、電池をタップします。すると、現在の充電残量が表示されます(充電完了までの時間も表示されます)。[2]
  3. 3
    アイコンをタップします。画面右上に表示される縦の三点リーダーです。
  4. 4
    電池使用量をタップします。このボタンが表示されない場合は、電池のアイコンをタップしましょう。
  5. 5
    どのアプリケーションが最もバッテリーを消費しているのか確認しましょう。Android上のアプリケーション一覧と、前回のフル充電以降のバッテリー消費量を確認できます。
    • アプリケーションをタップすると、そのアプリケーションによってバッテリーがどのように消費しているのかを詳しく確認できます。アプリケーションによっては、バックグラウンドでの使用の制限を有効にできるボタンが表示される場合があります。これを有効にすると、画面上でアプリケーションを開かない限りバッテリーを消費しなくなります。
    • Android本体の機能についても確認したい場合は、もう一度縦の三点リーダーをタップし、アプリの使用状況を表示を選択します。
    広告

方法 3 の 5:
iPhoneでバッテリーの使用状況を確認する

  1. 1
    まず、iPhoneの設定画面
    Iphonesettingsappicon.pngというタイトルの画像
    を開きましょう。
    このアイコンは、ホーム画面またはフォルダの中にあります。
    • この方法でどのアプリケーションが多くバッテリーを消費するのか確認しましょう。どのアプリケーションが最も電力を消費するのかが分かれば、そのアプリケーションを開く回数を減らそうと意識することができます(あるいは、完全にアンインストールしましょう)。
    • また、この方法でバッテリーの全体的な健康状態も確認することができます(iPhone 6やSE以降)。
  2. 2
    次に画面を下にスクロールして、バッテリーをタップします。設定画面の項目の3番目に表示されます。
  3. 3
    下にスクロールしてバッテリーの消費量を確認します。ここでは、過去24時間のバッテリー消費量を示すグラフが表示されます。より長い期間の情報を確認するには、10日以内のボタンをタップしましょう。
  4. 4
    さらに下にスクロールして、アプリケーション毎のバッテリー消費量を確認しましょう。「アプリ毎のバッテリー使用状況」という文字の下に、アプリケーションのリストと対応する割合が表示されます。この割合はそのアプリケーションが過去24時間(上記の手順で表示を切り替えた場合は過去10日間)に消費したバッテリーの量を表しています。
    • 割合が表示されている欄の上にあるアクティビティを表示をタップすると、選択した期間内にアプリケーションがバッテリーを消費した時間を確認することができます。各数字は、画面が点灯している場合と消灯している(バックグラウンド)時間のそれぞれの消費量を表します。
  5. 5
    バッテリーの状態をタップしてバッテリーの状態を確認しましょう。iPhone 6やSE、それ以降の機種を使用している場合は、グラフの上(低電力モードボタンの下)にこのボタンが表示されます。
    • バッテリーの寿命を調べるには、「最大容量」を確認しましょう。この値はiPhoneが新品の場合は100%と表示されますが、時間の経過にしたがって減っていきます。また、この最大容量が減るにつれて、頻繁に充電をしなければならなくなります。バッテリー容量がかなり減ると、画面にバッテリーを交換するように警告するメッセージが表示されます。[3]
    • 「ピークパフォーマンス性能」の欄を見て、最大容量が少なくなっていることが原因で性能が低下していないかどうかを確認しましょう。バッテリーが寿命に近づくと、iPhoneは自動的に動作速度を落としてできるだけ長く寿命を延ばします。
    広告

方法 4 の 5:
Androidで省電力モードを有効にする

  1. 1
    まず、Androidの設定画面
    Android7settings.pngというタイトルの画像
    を開きましょう。
    ホーム画面の上部から通知バーを下にスワイプし、右上に現れる歯車のアイコンをタップすると簡単に開くことができます。
    • 充電するまでの時間稼ぎをする必要がある時には、この方法を用いましょう。
  2. 2
    次に、画面を下にスクロールして、電池をタップします。
  3. 3
    バッテリーセーバーをタップします。通常、「バックグラウンドインテリジェントパワーセーブ」ボタンの下にあります。
  4. 4
    ONにするをタップしましょう。これはメニューの一番下に表示され、タップすることで省電力モードが有効になります。Androidは残りのバッテリーを節約するためにいくつかの機能を制限しながら動作します。影響を受ける機能には次のようなものがあります。[4]
    • バイブレーションやその他の触覚フィードバックは無効になります。
    • 位置情報サービスや、バックグラウンドで動作するアプリケーションおよび機能は停止します。メールやソーシャルアプリケーションなどのバックグラウンドで同期するアプリケーションは、開くまで更新されません。
    • 省電力モード中は処理能力が低下するため、通常より動作が遅くなります。
    広告

方法 5 の 5:
iPhoneで低電力モードを有効にする

  1. 1
    まず、iPhoneの設定画面
    Iphonesettingsappicon.pngというタイトルの画像
    を開きましょう。
    このアイコンは、ホーム画面またはフォルダの中にあります。
    • 充電するまでの時間稼ぎをする必要がある時には、この方法を用いましょう。
    • 低電力モードでは、画面の上部にあるバッテリーアイコンが黄色に変わります。
  2. 2
    次に画面を下にスクロールして、バッテリーをタップします。設定画面の項目の3番目に表示されます。
  3. 3
    「低電力モード」のボタンを右
    Iphoneswitchonicon1.pngというタイトルの画像
    に動かします。
    このボタンが緑色になっている間は、iPhoneは残りのバッテリーを節約するためにいくつかの機能を制限しながら動作します。影響を受ける機能には次のようなものがあります。[5]
    • 自動ロック機能は30秒に短縮されます。
    • メールやソーシャルアプリケーションなど、バックグラウンドで更新や同期をするアプリケーションは、開くまで新しい情報を取得しなくなります。
    • 一部のアニメーション効果は無効になります。
    • 「Hey Siri」は使用できなくなります。
  4. 4
    低電力モードをコントロールセンターに追加しましょう(任意)。今後、低電力モードを素早く切り替えたい場合には、下記のコントロールセンター(ホーム画面の下部から上にスワイプすると表示されるメニュー)に追加する方法を参考にしましょう。
    • まず、設定画面を開きます。
    • 画面を下にスクロールしてコントロールセンターをタップします(設定画面の項目の3番目に表示されます)。
    • コントロールをカスタマイズをタップします。
    • 画面を下にスクロールして低電力モードの隣にあるをタップします。これでコントロールセンターを開くとバッテリーのアイコンが下段に表示されるようになり、タップすると低電力モードを切り替えることができます。
    広告

ポイント

  • 充電する際、携帯電話の電源を切る必要はありません。ほとんどの充電器は、充電と同時に携帯電話が動作するのに十分な電流を供給します。しかし、だからといって充電時間が長くなることはありません。
  • どんなにバッテリーを大切に扱っても、最終的には寿命がきます。バッテリーの寿命がきた際には、メーカーに送るか、携帯ショップに持っていくとバッテリーの交換が可能なことがあります。交換できない場合や新しい携帯電話に替える場合は、メーカーや携帯ショップに持っていくか、リサイクルセンターに持ち込んでバッテリーを必ずリサイクルしましょう。ほとんどの大手家電量販店には使用済み携帯電話用の回収ボックスが設置されています。
  • mAhとはミリアンペアアワー(ミリアンペア時)の略で、電荷の単位のことです。バッテリーの電圧が同じ場合、この値が大きいほどバッテリーの容量が大きく、充電をせずに携帯電話を使用できる時間が長いということを表します。
  • 通話をした後にはできるだけすぐに携帯電話の画面を消しましょう。
  • 携帯電話を日光にさらすのは止めましょう。携帯電話が長時間直射日光を浴びると、バッテリーの性能に影響を及ぼすことがあります。そのため、携帯電話は直射日光の当たらない所に置いておきましょう。
広告

関連記事

AndroidでSmart Viewを使うAndroidでSmart Viewを使う
Androidでダウンロードマネージャーを開くAndroidでダウンロードマネージャーを開く
Androidの緊急通報ボタンを消去するAndroidの緊急通報ボタンを消去する
Androidでアプリの自動起動を防ぐAndroidでアプリの自動起動を防ぐ
Androidのマイク音量を上げるAndroidのマイク音量を上げる
Androidでダウンロードファイルを削除するAndroidでダウンロードファイルを削除する
Googleフォトで重複した写真を削除するGoogleフォトで重複した写真を削除する
Discordサーバーから脱退するDiscordサーバーから脱退する
Samsung Galaxyの端末画面をミラーリングするSamsung Galaxyの端末画面をミラーリングする
AndroidでRAMを確認するAndroidでRAMを確認する
Androidで別のAndroidを遠隔操作するAndroidで別のAndroidを遠隔操作する
Androidで隠しアプリを見つけるAndroidで隠しアプリを見つける
GoogleドライブからAndroid端末にフォルダをダウンロードするGoogleドライブからAndroid端末にフォルダをダウンロードする
AndroidのDiscordでメッセージを削除するAndroidのDiscordでメッセージを削除する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 423 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告