携帯電話のIMEI(International Mobile Equipment Identity、国際移動体装置識別番号)、またはMEID(Mobile Equipment Identifier、携帯機器識別番号)は、端末固有の番号です。同じIMEIやMEIDを持った端末は存在しないため、失くしたり、盗まれてしまった携帯電話を追跡するのに非常に便利なツールです。端末によって異なるさまざまな方法で、お使いの携帯電話のIMEIやMEIDを簡単に取得して、記録しておくことができます。

方法 1 の 7:
コードを入力する

  1. 1
    待受画面で、電話をかけるように、IMEIを取得するコードを入力します。ほとんど全ての携帯電話では、共通のコードを入力すると、IMEIコードを表示できます。「*# 06#」と入力しましょう。通常は、コードを入力した直後にIMEI/MEID番号が表示されるので、通話ボタンや送信ボタンを押す必要はありません。[1]
  2. 2
    番号をメモしておきましょう。IMEI/MEIDは、携帯電話上の画面に表示されます。携帯電話の画面では、コードのコピーと貼り付けができないため、番号のメモを取っておきましょう。
    • ほとんどの携帯電話は、番号と一緒にその番号がIMEI番号なのかMEID番号なのか表示されます。表示が無い場合は、お使いの携帯電話キャリアに確認して、どちらの番号が表示されているのか確かめることができます。Docomo、SoftBankではIMEIが使用されており、auではIMEIとMEIDが使用されています。
    広告

方法 2 の 7:
iPhoneを使う

  1. 1
    iPhone 5、または初代iPhoneの背面を見てみましょう。iPhone 5、5c、5s、そして初代iPhone は、IMEIが本体背面の下の方に刻印されています。MEIDが必要な場合は、IMEIから最後の桁を除いた番号がMEIDです(IMEIは15桁、MEIDは14桁の番号です)
    • Docomo、SoftBankではIMEIが使用されており、auではIMEIとMEIDが使用されています。
    • 古いiPhoneを使用している場合は、以下の手順を参照しましょう。
  2. 2
    iPhone 3G、3GS、4、または4sのSIMカードのトレイをチェックします。IMEI/MEIDは、トレイに印刷されています。CDMAネットワークをお使いであれば、両方のコードがひとつのコードとして印刷されています。MIEDを特定したい場合は、最後の桁を無視しましょう。
  3. 3
    設定アプリを開きましょう。設定アプリは、iPhoneのホーム画面にあります。以下の手順は、iPhone、またはCellularモデルのiPadで有効です。
  4. 4
    「一般」をタップします。一般メニューの中で、「情報」をタップしましょう。
  5. 5
    「IMEI/MEID」をタップしましょう。「IMEI/MEID」をタップすると、お使いのiPhoneのIMEI/MEIDが表示されます。iPhoneのクリップボードにコピーしたい場合は、情報メニューでIMEI/MEIDボタンを数秒間、長押ししましょう。すると、番号がコピーされたというメッセージが表示されます。
  6. 6
    iTunesを使ってIMEI/MEIDを確認します。iPhoneの電源が入らない場合は、iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを使って、IMEI/MEIDを取得できます。[2]
    • iPhoneをパソコンに接続して、iTunesを開きます。
    • iTunesの右上にあるデバイスメニューからiPhoneを選択して、「概要」タブをクリックします。
    • iPhoneの画像の横にある「電話番号」をクリックします。「電話番号」をクリックすると、端末の各種IDの番号が表示されます。
    • IMEI/MEIDをコピーしましょう。番号が表示されたら、お使いの携帯電話キャリアでどちらの番号が必要なのか確認してみましょう。Docomo、SoftBankではIMEIが使用されており、auではIMEIとMEIDが使用されています。
    広告

方法 3 の 7:
Android端末を使用する

  1. 1
    Androidの設定メニューを開きます。アプリ一覧の設定アプリをタップするか、スマートフォンのメニューボタンを使って設定メニューを開くことができます。
  2. 2
    「端末情報」をタップします。設定メニューを下の方までスクロールして、「端末情報」を見つける必要があるかもしれません。
  3. 3
    「ステータス」をタップします。MEIDかIMEIの項目を見つけるまでスクロールしましょう。お使いの端末には、両方の項目があるかもしれません。お使いの携帯電話キャリアが使っている番号を調べて、どちらが必要か確認しましょう。Docomo、SoftBankではIMEIが使用されており、auではIMEIとMEIDが使用されています。
  4. 4
    番号を書き留めましょう。端末のクリップボードに番号をコピーする方法が無いため、番号のメモを取っておく必要があります。
    • Docomo、SoftBankではIMEIが使用されており、auではIMEIとMEIDが使用されています。
    広告

方法 4 の 7:
バッテリーの下を見る

  1. 1
    携帯電話の電源を切ります。バッテリーを外す前に、電源ボタンを使って、携帯電話の電源を切りましょう。電源を切っておくことで、バッテリーを外した時に、データ損失やアプリでの不具合発生を防ぎます。
  2. 2
    携帯電話の背面カバーを外します。この方法は、バッテリーの取り外しが可能な携帯電話に対してのみ有効です。iPhoneやバッテリーが貼り付けられている携帯電話には適用できません。
  3. 3
    バッテリーを取り外します。携帯電話からバッテリーをそっと外します。たいていの場合は、バッテリーを外す前に、携帯電話の底に向かってバッテリーを少し押す必要があります。
  4. 4
    IMEI/MEIDを見つけましょう。IMEI/MEIDの場所は、携帯電話によって異なりますが、たいていは、バッテリーの下に貼り付けられたステッカーに印刷されています。
    • 携帯電話にはIMEIが表示されているが、携帯電話キャリアはMEIDを使用しているという場合は、IMEIの最後の桁を無視しましょう(IMEIは15桁、MEIDは14桁です)。
    • Docomo、SoftBankではIMEIが使用されており、auではIMEIとMEIDが使用されています。
    広告

方法 5 の 7:
MotorolaのiDenでIMEIを探す(日本国外向け)

  1. 1
    携帯電話の電源を入れます。待ち受け画面を開き、「# 」キー、「*」キー、メニューキー、右矢印キーを押します。間を空けずにキーを押しましょう。間を空けてしまった場合は、最初からやり直さなくてはなりません。iDenのサービスは日本国内で提供されていないため、日本国内で使用されている携帯電話にこの方法は適用できません。
  2. 2
    IMEIを探しましょう。SIMカードが記載されている端末では、「IMEI/SIM ID」という表示が見つかるまでスクロールして、Enterキーを押します。この端末ではIMEIやSIMを確認することができ、MSN(ISDN接続の識別番号)を確認できる端末もあります。最初の14桁が表示され、15桁目は常に「0」です。
    • SIMカードが搭載されていない古い端末の場合は、画面に IMEI [0] と表示されるまで、右矢印キーを押し続けましょう。まず、最初の7桁が表示されます。一度に7桁ずつしか表示されないため、表示された数字を書き留めておきましょう。
    • メニューキーを押してから、「次へ」ボタンを押し、次の7桁を表示させます。15桁目の数字はほとんどの場合「0」です。[3]
    広告

方法 6 の 7:
携帯電話の箱を確認する

  1. 1
    お使いの携帯端末が梱包されていた箱を探しましょう。説明書などは必要ありません。箱だけ見つけましょう。
  2. 2
    箱に貼り付けられたバーコードを探しましょう。箱の封として、開封口の上に貼られていた可能性があります。
  3. 3
    IMEI/MEIDを探しましょう。通常は、バーコードやシリアル番号と一緒に、はっきりと表示されているはずです。
    広告

方法 7 の 7:
AT&Tのアカウントサービスを利用する(米国向け)

  1. 1
    AT&Tのサイトで、AT&Tのアカウントにログインします。この方法は、米国でAT&Tを利用している場合のみ有効です。
  2. 2
    プロフィールリンクにカーソルを合わせて、「Update My Profile(プロフィールの更新)」をクリックします。
  3. 3
    「User Information(ユーザー情報)」というタブを選択します。アカウントに複数の端末が紐づけられている場合は、タブをクリックした後で、操作する電話番号を切り替えるオプションが表示されます。
  4. 4
    わずかに下の方へスクロールして、「Customer Service Summary & Contract(カスタマーサービスとお問い合わせ)」というリンクをクリックします。
  5. 5
    ウィンドウがポップアップで表示されたら、「Wireless Customer Agreement(携帯電話使用許諾契約書)」をクリックします。クリックすると、PDFがダウンロードされます。
  6. 6
    PDFを開きます。お使いの携帯電話を購入した際に、この書類を確認したはずです。PDFを一番下までスクロールすると、IMEIが見つかるでしょう。
    広告

ポイント

  • お使いの携帯電話を失くしたり、盗まれてしまう前に、IMEIを書き留めておきましょう。
  • 携帯電話が盗まれてしまった場合は、お使いの携帯電話キャリアの最寄りの店舗に行くか、電話をして、スタッフにIMEIを伝え、携帯電話をブロックしてもらいましょう。
  • 南アフリカにお住まいであれば、携帯電話を盗まれた場合、地元警察に報告することが法律で義務付けられています。警察に報告すると、犯罪行為に使用できないように、全てのネットワークでブラックリストにIMEI/MEIDが登録されます。携帯電話を取り戻した場合、携帯電話の所有者であることを証明できれば、ブラックリストから削除することが可能です。
  • アメリカ国内で使用されるほとんどのプリベイド式携帯電話や契約不要の携帯電話には、IMEIがありません。ヨーロッパ、アジア、アフリカでも同様に、使い捨ての携帯電話にはIMEIがありません。

広告

注意事項

  • 盗まれたり、失くした携帯電話をIMEIを使ってブロックすると、携帯電話と携帯電話キャリア間のすべての通信が切断され、追跡によって携帯電話を取り戻すことが不可能になります。携帯電話に機密情報が含まれている場合の最後の手段としてのみ行うようにしましょう。
  • 盗んだ携帯電話のIMEIを、他の端末のIMEIと置き換える犯罪者もいます。あまり信用できない人や店から携帯電話を購入した場合、IMEIが実際にその携帯電話のモデルに対応したものであるかどうか、調べてみましょう。
広告

関連記事

How to

XMLファイルを開く

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

EMLファイルを開く

How to

ワイヤレスマウスを接続する

How to

キズの付いたCDを修復する

How to

VCFファイルを開く

How to

特定のウェブサイトにアクセスできない問題を解決する

How to

DLLファイルを開く

How to

コマンドプロンプトでファイルをコピーする

How to

大容量の動画ファイルをメールで送る

How to

Chromeでタブを切り替える

How to

winmail.datを開く

How to

AndroidでSMSを別の端末に移行する

How to

2台のパソコンを接続する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む113人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は13,693回アクセスされました。
このページは 13,693 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告