PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ハードウェアの故障ではなくソフトウェアの障害が原因でパソコンが故障してしまった場合、そのパソコンのファイルにはアクセスできませんが、ハードディスクにはそのまま残っています。この記事では、故障したノートパソコンのハードディスクからデータを復旧する方法を紹介します。データは正常に動作するパソコンまたは外付けハードディスクに転送しましょう。

方法 1 の 3:
古いハードディスクを外付けハードディスクとして使用する(Windows、Mac、Linux)

  1. 1
    ディスクエンクロージャを購入する ディスクエンクロージャは、パソコンのハードディスクを収納し、他のパソコンにUSB経由で接続して動作させるための周辺機器で、基本的にノートパソコンのハードディスクを外付けハードディスクにするためのものです。ただし、パソコンによって使用するハードディスクの機種が異なるので、故障したノートパソコンの仕様を確認してから購入しましょう。例えば、ノートパソコンに2.5インチ(6.35センチメートル)SATAハードディスクが搭載されている場合は、2.5インチSATAハードディスク対応の外付けディスクエンクロージャが必要になります。
    • なお、ディスクエンクロージャは大型店にはあまり置いておらず、インターネットで購入するのが一般的です。

    ポイント: SATAハードディスク以外の場合は、必ずノートパソコンに合わせてディスクエンクロージャを購入しましょう。SATAハードディスク対応のディスクエンクロージャでなければ、デスクトップパソコンとノートパソコンの両方のハードディスクに対応できません。

  2. 2
    古いパソコンと同じOSを搭載した新しいパソコンを借りるか購入する 古いパソコンがWindowsで動作していた場合は、新しいWindowsパソコンを借りるか購入しましょう。また、古いノートパソコンがMacBookだった場合は、macOSが正常に動作するパソコンを借りるか購入する必要があります。このとき、正常に動作するパソコンのハードディスクに、故障したノートパソコンから復旧したいファイルを保存できるだけの十分な空き容量があるか確認しましょう。
    • また、別の外付けハードディスクを正常に動作するパソコンに接続し、そのパソコンで古いハードディスクから新しいハードディスクにファイルを転送することも可能です。
    • LinuxパソコンでもWindowsパソコンのハードディスクからファイルを読み取ることはできますが(その逆はできません)、Windowsパソコンのハードディスクの復旧は両方のシステムを理解していない限りWindowsパソコンで行ったほうがよいでしょう。
    • また、MacパソコンでもWindowsパソコン標準のNTFS形式でフォーマットされたハードディスクを読み取ることはできますが、NTFS形式でフォーマットされたハードディスクにファイルを書き込んだり転送したりすることはできません。なお、MacのHFS形式でフォーマットされたハードディスクは、他のMacパソコンでのみ読み取ることができます。
  3. 3
    故障したノートパソコンからハードディスクを取り出す ノートパソコンの電源が入っていないこと、バッテリーが外れていることを確認したら、ノートパソコンの底面パネルを取り外し、パソコン内部のハードディスクを慎重に取り取り出しましょう。ただし、ノートパソコンの底面パネルを取り外し、ハードディスクを取り出すには、おそらくドライバーが必要になります。ハードディスクの位置はノートパソコンの機種によって異なるので、ハードディスクの位置がわからない場合は、取扱説明書またはメーカーのWebサイトを参照してください。
    • ノートパソコンの機種によっては、ハードディスクを開けたり取り出したりするのに特殊工具が必要になるかもしれません。ノートパソコンの底面に貼られているシールで、ノートパソコンの正確なメーカー名と型番を確認し、「[メーカー名]+[型番]+ノートパソコンからハードディスクを取り外す方法」で検索してみましょう。公式の取扱説明書やYouTube動画で、使用しているパソコンの開け方が紹介されていることがあります。ただし、場合によっては専門業者に依頼する必要があるかもしれません。[1]
  4. 4
    古いハードディスクをディスクエンクロージャに収納する ハードディスクのコネクタピンの位置を確認し、ディスクエンクロージャのピンに接続しましょう。この方法は機種によって異なるので、詳しい手順については、ディスクエンクロージャに付属の取扱説明書を確認しましょう。
    • IDEハードディスクの場合は、ハードディスク本体に取り外し可能なアダプタが付いているので注意しましょう。このアダプタを引き抜けば、ハードディスクがディスクエンクロージャのコネクタプレートに正しく接続されます。
  5. 5
    ディスクエンクロージャを正常に動作するパソコンに接続する ハードディスクをディスクエンクロージャに収納すると、外付けハードディスクとして使用できるようになります。そうしたら、ディスクエンクロージャを正常に動作するパソコンにUSBケーブルで接続しましょう。
  6. 6
    別の外付けハードディスクを正常に動作するパソコンに接続する(任意) 別の外付けハードディスクを使用する場合は、正常に動作するパソコンにUSBケーブルで接続しましょう。ハードディスクが接続されると、デスクトップにアイコンが表示されるか(Mac)、通知がポップアップ表示されます(Windows)。また、ハードディスクのドライブが自動的に開く場合もあります。
    • ハードディスクのドライブが自動的に開かない場合は、エクスプローラー(Windows)またはFinder(Mac)を起動し、古いハードディスクのドライブをクリックしましょう。エクスプローラーは画面下のタスクバーにある青いクリップの付いたフォルダの形をしたアイコン、Finderは画面下のDockにある青と白のスマイリーフェイスのようなアイコンのことです。
    • ハードディスクが認識されない場合は、一度ハードディスクを取り出してから、再び差し込んでみましょう。
    • それでもハードディスクが認識されない場合は、(パソコンのソフトウェアではなく)ハードディスク自体が故障している可能性があります。この場合、ハードディスクの復旧作業を続けるには専門業者のサポートが必要です。ただし、非常に高額な費用がかかる可能性があるので注意しましょう。
  7. 7
    古いパソコンのファイルを正常に動作するパソコンまたは外付けハードディスクに転送する コピー&ペーストまたはドラッグ&ドロップして、正常に動作するパソコンまたは別の外付けハードディスクに転送します。ただし、大容量ファイル(曲や動画など)がたくさんある場合は、転送に何時間もかかる可能性があるので注意しましょう。
  8. 8
    エクスプローラー(Windows)またはFinder(Mac)を終了する ファイルの転送が完了したら、×アイコンをクリックしてエクスプローラー(Windows)またはFinder(Mac)を終了します。幸いなことに、故障したパソコンはまだ物理的には無傷であり、OSを再インストールしたり、故障した部品を交換したりすれば、正常に動作するでしょう。
  9. 9
    ハードディスクのドライブを右クリックし、「取り出し」を選択する これで、古いハードディスクを取り出すことができます。
    広告

方法 2 の 3:
古いハードディスクをデスクトップパソコンに接続する(Windows、Linux)

  1. 1
    ノートパソコン用ハードディスク変換アダプタキットを購入する これで、ノートパソコンのハードディスクを互換性のあるデスクトップパソコンに直接接続することができます。ただし、パソコンによって使用するハードディスクの機種が異なるので、故障したノートパソコンの仕様を確認してから購入しましょう。例えば、ノートパソコンに2.5 インチ(6.35センチメートル)SATAハードディスクが搭載されている場合は、2.5インチSATAハードディスク変換アダプタが必要になります。
  2. 2
    古いパソコンと同じOSを搭載した新しいパソコンを借りるか購入する 古いパソコンがWindowsで動作していた場合は、新しいWindowsパソコンを借りるか購入しましょう。また、古いノートパソコンがMacBookだった場合は、macOSが正常に動作するパソコンを借りるか購入する必要があります。このとき、正常に動作するパソコンのハードディスクに、故障したノートパソコンから復旧したいファイルを保存できるだけの十分な空き容量があるか確認しましょう。
    • LinuxパソコンでもWindowsパソコンのハードディスクからファイルを読み取ることはできますが(その逆はできません)、Windowsパソコンのハードディスクの復旧は両方のシステムを理解していない限りWindowsパソコンで行ったほうがよいでしょう。
  3. 3
    故障したノートパソコンからハードディスクを取り出す 電源ケーブルを抜いてバッテリーを外し、ノートパソコンのハードディスクが収納されているパネルを取り外したら、ハードディスクカバーのネジを外して、ハードディスクを取り出しましょう。機種によっては上に飛び出すもの、外側にスライドするものなどがあります。
    • ハードディスクの位置はノートパソコンの機種によって異なります。ハードディスクの位置がわからない場合は、取扱説明書またはメーカーのWebサイトを参照してください。
    • ノートパソコンにIDEハードディスクが搭載されている場合は、ハードディスク本体に取り外し可能なアダプタが付いているので注意しましょう。このアダプタを引き抜くと、後でハードディスク本体に触れられるようになります。
    • ノートパソコンの機種によっては、ハードディスクを開けたり取り出したりするのに特殊工具が必要になるかもしれません。ノートパソコンの底面に貼られているシールで、ノートパソコンの正確なメーカー名と型番を確認し、「[メーカー名]+[型番]+ノートパソコンからハードディスクを取り外す方法」で検索してみましょう。取扱説明書やひょっとするとノートパソコンを分解する方法を順を追って説明したYouTube動画が見つかるはずです。ただし、場合によっては専門業者に依頼する必要があるかもしれません。[2]
    専門家情報
    Luigi Oppido

    Luigi Oppido

    パソコン・ITスペシャリスト
    ルイージ・オピドはカリフォルニア州サンタクルーズ市のパソコン修理専門店「Pleasure Point Computers」経営者です。25年以上にわたりパソコン修理全般、データ復元、ウイルス除去、アップグレードなどのサービスを請け負っています。また、カリフォルニア中部でKSCOにて放送中の番組、「Computer Man Show! 」の司会者も務めています。
    Luigi Oppido
    Luigi Oppido
    パソコン・ITスペシャリスト

    ハードディスクは正常に動作すれば、別のパソコンに移すことができる 故障したノートパソコンのハードディスクが物理的に動作する場合は、取り出して独自OSを搭載した正常に動作する別のパソコンに移すことができます。もし起動しない場合は、ファイルだけをコピーしてみましょう。また、ブートセクタが破損している場合は、ハードディスクを再構築してみるとよいでしょう。

  4. 4
    デスクトップパソコンの電源を切り、電源ケーブルを抜いて、タワーを開ける アダプタキットを使用して古いハードディスクをマザーボードに直接接続します。

    注意:パソコン内部の作業をする際には、必ず金属製のものに触れてアース(接地)を取るか、帯電防止用リストストラップを装着しましょう。静電気が発生すると、パソコンが完全に壊れてしまう可能性があります。また、パソコンの部品はすべてカーペットから離しておきましょう。

  5. 5
    ハードディスク変換アダプタを使用して故障したハードディスクを正常に動作するパソコンに接続する この方法は、ハードディスクやアダプタの種類によって異なるので、キットに付属の取扱説明書を確認しましょう。
    • IDEハードディスクが搭載されている場合は、「スレーブ」モードに設定してからIDEケーブルに接続しましょう。設定方法は、ハードディスク本体に記載されており、プラスチック製のキャップをハードディスク本体にある特定のピン(別名「ジャンパーピン」)に移します。スレーブモードに設定すれば、起動時にノートパソコンのハードディスクがデスクトップの「マスター」ハードディスクと競合することはありません。
  6. 6
    デスクトップパソコンで新しいハードディスクが認識されるように設定する デスクトップパソコンを元に戻して電源を入れ、BIOSを起動しましょうStandard CMOS Features(標準CMOS機能)またはIDE Configuration(IDE構成)に進むと、マスター・スレーブの設定を含む4つの設定項目があります。この4つの設定項目をすべて自動検出に変更しましょう。
    • BIOS設定やメニューは、使用しているパソコンの機種によって異なる場合があります。
  7. 7
    BIOSを終了し、再起動する これで、デスクトップパソコンで新しいハードウェアが自動的に検出されるはずです。
  8. 8
    新しいハードディスクのドライブにアクセスする Windowsの場合は、「エクスプローラー」を起動し、新しいハードディスクのドライブを探しましょう。「エクスプローラー」は、タスクバーにある青いクリップの付いたフォルダの形をしたアイコンのことです。Linuxの場合は、devディレクトリに新しいドライブが表示されます。
    • ハードディスクが認識されない場合は、(パソコンのソフトウェアではなく)ハードディスク自体が故障している可能性があります。この場合、ハードディスクの復旧作業を続けるには専門業者のサポートが必要です。ただし、非常に高額な費用がかかる可能性があるので注意しましょう。
  9. 9
    正常に動作するパソコンにファイルを転送する 「エクスプローラー」で、コピー&ペーストまたはドラッグ&ドロップなどをして、古いパソコンのファイルを正常に動作するパソコンまたは外付けハードディスクに転送します。ただし、大容量ファイル(曲や動画など)がたくさんある場合は、転送に何時間もかかる可能性があるので注意しましょう。
  10. 10
    デスクトップパソコンの電源を切り、電源ケーブルを抜いて、ハードディスクを取り出す(必要な場合) ハードディスクは物理的に無傷なので、OSを再インストールしたり、故障した部品を交換したりすれば、古いノートパソコンでも正常に動作するでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
古いパソコンのファイルに別のパソコンからアクセスする(Macのみ)

  1. 1
    FireWireケーブルを購入する 価格は500円から2,000円程度です。
  2. 2
    正常に動作するMacを借りるか購入する 故障したノートパソコンから復旧したいファイルを保存できるだけの十分な空き容量があるか確認しましょう。

    注:別の外付けハードディスクを正常に動作するMacに接続すれば、そのMacで古いハードディスクから新しいハードディスクにファイルを転送できます。

  3. 3
    故障したMacと正常に動作するMacをFireWireケーブルで接続する 正常に動作するMacの電源が切れていることを確認してから行いましょう。
  4. 4
    正常に動作するMacをターゲットディスクモードで起動する macOSのバージョンが古い場合は、正常に動作するMacを起動し、起動時にTキーを押しましょう。その他、macOS 10.4以降のMacをターゲットディスクモードで起動するには、以下の操作を行います。
    • 通常通りパソコンの電源を入れます。
    • 画面上部のメニューバーにあるAppleアイコンをクリックします。
    • システム環境設定をクリックします。
    • 起動ディスクをクリックします。
    • ターゲット・ディスク・モード...をクリックします。
    • パソコンを再起動し、ターゲットディスクモードで起動します。
  5. 5
    Macのデスクトップで、古いパソコンのハードディスクのドライブを探して開く 古いパソコンのハードディスクのドライブがデスクトップに表示されない場合、古いパソコンの故障は物理的なものである可能性が高く、ハードディスクの復旧作業を続けるには専門業者のサポートが必要です。ただし、非常に高額な費用がかかる可能性があるので注意しましょう。
  6. 6
    古いハードディスクのファイルを転送する コピー&ペーストまたはドラッグ&ドロップして、正常に動作するMacまたは外付けハードディスクに転送します。ただし、大容量ファイル(曲や動画など)がたくさんある場合は、転送に何時間もかかる可能性があるので注意しましょう。
  7. 7
    転送が完了したら、ハードディスクのドライブのウィンドウを閉じる 幸いなことに、故障したパソコンはまだ物理的には無傷であり、OSを再インストールしたり、故障した部品を交換したりすれば、正常に動作するでしょう。
  8. 8
    古いパソコンのハードディスクのドライブを右クリックし、「取り出し」を選択する これで、故障したパソコンを切断することができます。
    広告

ポイント

  • 古いノートパソコンがウイルスに感染して故障したと思われる場合は、必ずウイルス対策ソフトウェアで古いハードディスクをスキャンしてから、ファイルを正常に動作するパソコンに移しましょう。
  • ノートパソコンのハードディスクを古いノートパソコンに戻さない場合は、外付けハードディスクやデスクトップパソコンのスレーブドライブとして残しておくことができます。
広告

注意事項

  • Linuxの場合は、必ずファイルシステムを読み取り専用でマウントしてから行いましょう。ファイルシステムがNTFS形式のものは、追加のパッケージをインストールしなければ、デフォルトでは読み取り専用モードでしか開くことができません。
広告

必要なもの

  • 小型ドライバー数本
  • 互換性のあるパソコン
  • ディスクエンクロージャ(方法1)
  • ノートパソコン用ハードディスク変換アダプタキット(方法2)
  • FireWireケーブル(方法3)

関連記事

シュレッダーの紙詰まりを解消するシュレッダーの紙詰まりを解消する
パソコンの電源をチェックするパソコンの電源をチェックする
DNSサーバーが応答しない問題を解決するDNSサーバーが応答しない問題を解決する
ノートパソコンが充電できなくなったときの対処ノートパソコンが充電できなくなったときの対処
電源が入らないXbox 360を修理する電源が入らないXbox 360を修理する
家庭用品を使ってノートパソコンの画面を掃除する家庭用品を使ってノートパソコンの画面を掃除する
Windowsで画面が映らなくなったWebカメラを修理するWindowsで画面が映らなくなったWebカメラを修理する
Macを強制終了するMacを強制終了する
PCモニター・液晶ディスプレイを掃除するPCモニター・液晶ディスプレイを掃除する
ノートパソコンのキーを修理するノートパソコンのキーを修理する
静電気によるパソコン損傷を避けるためにアースをとる静電気によるパソコン損傷を避けるためにアースをとる
高いCPU使用率を修正する高いCPU使用率を修正する
インターネット回線速度を最大限にするインターネット回線速度を最大限にする
不調なイヤホンを修理する
広告

このwikiHow記事について

Luigi Oppido
共著者 ::
パソコン・ITスペシャリスト
この記事の共著者 : Luigi Oppido. ルイージ・オピドはカリフォルニア州サンタクルーズ市のパソコン修理専門店「Pleasure Point Computers」経営者です。25年以上にわたりパソコン修理全般、データ復元、ウイルス除去、アップグレードなどのサービスを請け負っています。また、カリフォルニア中部でKSCOにて放送中の番組、「Computer Man Show! 」の司会者も務めています。 この記事は10,154回アクセスされました。
このページは 10,154 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告