教師としての服装選びは難しいものです。プロの教師としての姿を見せる同時に、生徒に親しみを持ってもらえるような服を選ぶ必要があります。多くの学校では、学生向けの服装規定はあっても、通常は教師向けの明確な服装規定はありません。一方で、定番のアイテム数着とおしゃれなアクセサリーを用意すれば、授業にふさわしく、自分の個性が発揮できる服装を整えることができるでしょう。

パート 1 の 3:
服装の組み合わせを考える

  1. 1
    フォーマルなシャツにズボンとジャケットを組み合わせる 特に朝の支度が忙しく、授業のために早めに学校に行く必要がある場合には、この服装が役立ちます。他のトップスやジャケットを選んでズボンに合わせることもできます。他にも、暗い色のズボンに、明るい色のジャケットやトップスを合わせてみるのもよいでしょう。[1]
    • この服装にフラットシューズやフォーマルなスニーカーを合わせると、快適で爽やかな見た目になります。
    • 教師の中には、シャツにネクタイや蝶ネクタイを合わせて、よりフォーマルな服装を好む人もいます。
  2. 2
    長めのワンピースやチュニックにレギンスを合わせる 簡単に洗える快適なボトムスが必要であれば、レギンスが適しています。レギンスの上には、半袖か長袖の上品なワンピースやチュニックを着用するようにしましょう。レギンスにシンプルなTシャツを合わせると、正装には見えない場合があります。[2]

    ポイント:ユニークな柄やデザインが施されているレギンスを着用すると、着こなしに個性が生まれるでしょう。

  3. 3
    膝丈のスカートに長袖のトップスを合わせる より統一感のある印象を与えるには、暗い色のスカートに明るい色や柄入りの長袖トップスを合わせるとよいでしょう。スカートは少なくとも膝丈のものを選び、授業にふさわしい長さであることを確認します。長袖のトップスは、丈の短いものや肌の露出が多いものは避けましょう。
  4. 4
    許可されている場合は、ジーンズとフォーマルなシャツを着用する 学校によっては、破れていたり肌の露出が多すぎない限り、青いジーンズの着用を教師に対して許可しているところもあります。勤務先の学校で、このような服装が許可されているかどうかを確認し、許可されている場合は、ジーンズにフォーマルなシャツや素敵なトップスを合わせて、この服装規定をうまく取り入れましょう。ジーンズはダークウォッシュか黒を選ぶと、より統一感のある印象になります。[3]
    • 股上の浅いジーンズや、足や腹部が露出しているジーンズは不適切な場合があるため、避けましょう。
  5. 5
    体操や体育教師の場合は、運動着を着用する 大半の学校では、生徒と一緒に体を動かして汗をかくような授業をする際には、スウェットパンツやレギンスに合わせてゆったりとしたトップスやセーターなどの着用を許可しています。その場合は、上品で清潔感のある運動着とスニーカーをおしゃれに着こなすとよいかもしれません。[4]
    • 例えば、体操の授業用には上下セットの運動着、または質のよいスウェットパンツとおしゃれなセーターを購入するとよいかもしれません。
  6. 6
    学校でのフォーマルな行事用の服装を選ぶ 学校のダンスイベントの監督をしたり、学校行事でスピーチを行う場合などは、当日の服装に特に気を遣う必要があります。フォーマルなズボンとシャツにネクタイをつけるか、オフィスカジュアルのワンピースとカーディガンを着用しましょう。
    • ヒールのある靴やローファーのような上品な靴を選んでもよいでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
適切な服装を選ぶ

  1. 1
    学校に服装規定があるかどうかを確認する 一部の学校では、教師用の服装規定があり、許可されている服装の概要が示されています。学校の校長または事務担当者に相談して、正式な服装規定を一部をもらいましょう。[5]
    • 正式な服装規定がない場合でも、教師としてふさわしい服装や不適切な服装に関する一覧があるはずです。
  2. 2
    着心地のよいフォーマルなズボンやジャケットなどの定番アイテムを購入する 黒、青、グレーなどの暗めの色のフォーマルな長ズボンを用意すれば、間違いないでしょう。半袖より少し長め、または長袖のジャケットや下襟も適しています。様々な色のズボンやジャケットを購入しておくと、学校に着ていく服選びが楽になるでしょう。[6]

    ポイント: ポップな色を着こなす場合には、紫、緑、ピンクなどの明るい色のフォーマルなパンツやジャケットを選ぶとよいでしょう。または、柄物のフォーマルなズボンやジャケットも適しています。中間色や明るい色のアイテムや、柄入りの定番アイテムをバランスよく揃えて、様々な組み合わせができるようにしましょう。

  3. 3
    通気性のよい素材のシャツやトップスを選ぶ 綿、麻、レーヨン、デニム素材のシャツやトップスは、締め付け感がなく肌触りもよいため、授業用の服として適しています。また、洗濯もしやすく、手入れも比較的簡単です。このような素材の襟付きシャツ、ブラウス、Tシャツなどを探してみましょう。[7]
    • トップスを4~5枚購入して手持ちの服に加えれば、ズボンやジャケットと組み合わせて着回すことができます。
  4. 4
    汚れが落ちやすく、洗濯が楽な服を選ぶ 教師という職業柄、衣類をドライクリーニングに出したり、手洗いするほどの時間や十分な収入がない場合があります。洗濯機や乾燥機の使用が可能な服、または物干しで乾燥させて翌日には着られるような服を選ぶようにします。また、「ドライクリーンのみ」または「手洗いのみ」という洗濯表示のある服や、耐久性のない繊細な生地の服は避けましょう。[8]
    • 低学年の生徒を教えたり、クラスで図工の授業がある場合は、洗濯しやすい服が必ず必要になります。多少汚れたり駄目になってもよい服を用意しておけば、洗濯するときに心配する必要もありません。
  5. 5
    ローカットの服や肌を露出した服を避ける 肌をあまり露出せずに、体型に合った服を選ぶことで、学生にプロとしての態度を示しましょう。トップスに関しては、襟ぐりが狭く、胸元が隠れるものを選ぶようにします。ボトムスは丁度膝上か膝下で、股上の深いものや腰回りが隠れるものを選びましょう。[9]
  6. 6
    サンダル以外のしっかりと足をサポートする靴を選ぶ 教師は教室で立ちっぱなしになることが多く、数時間立ったままになる場合もあります。ほとんどの学校では、ビーチサンダルやつま先や足が出る靴を履かないことを推奨しています。上品なスニーカーやフラットシューズなどのつま先の隠れた靴が適しています。[10]
    • 靴底のサポート付きの足先が隠れる靴や、クッション性があり通気性のよい中底の靴を探しましょう。また、足をサポートする中敷きを靴に入れると、より快適に過ごせます。
    • 授業中にヒールを履くのは避けましょう。数時間経つと足が痛くなったり、1日の終わりに痛みを感じる場合があります。
    広告

パート 3 の 3:
服装にアクセサリーを合わせる

  1. 1
    ステートメントジュエリー(おおぶりのアクセサリー)を身につけて、服装に個性を出す おしゃれなトップスにおおぶりのネックレスを合わせたり、ワンピースにおおぶりのイヤリングを合わせたりして、服装にちょっとした流行アイテムを付け足しましょう。ブレスレットや指輪を身につけることもできます。服装ごとにおおぶりのアイテムを1つだけ身につけると、上品で統一感のある印象になります。[11]
    • 眼鏡をかけている場合はフレームを交換して、個性を出すのもよいでしょう。
    • おしゃれな時計は実用的で、服装に合わせる定番アイテムにもなります。頻繁に時計を確認するのであれば、文字盤が大きく時刻が読みやすいものを選ぶとよいでしょう。
  2. 2
    維持しやすい髪型にする 生徒にプロとしての印象を与えるには、清潔で上品な髪を保つようにしましょう。ロングヘアであれば、編みこみ高めのお団子ヘアポニーテールなどを試してみます。ショートヘアであれば、髪にブラシをかけてからスタイリングジェルを使うと、きれいにまとまります[12]
    • また、日々の支度を楽にするには、お団子ヘアや三つ編みなど、整えやすい髪型を決めておくとよいかもしれません。
  3. 3
    最小限のシンプルなメイクをする ファンデーション、チーク、マスカラなどのシンプルなメイクであれば、学校に出勤する前に素早く簡単に準備ができます。また、アイシャドウや口紅を薄く塗るのもよいでしょう。[13]

    注意事項: 濃いアイメイクをして授業を行うと、生徒の気が散る可能性があるため、避けたほうがよいでしょう。授業には、清潔感のあるシンプルなメイクが最適です。

    広告

関連記事

ファイバーグラスによるかゆみを鎮めるファイバーグラスによるかゆみを鎮める
鼻カニューレを装着する鼻カニューレを装着する
標準作業手順書(SOP)の作成標準作業手順書(SOP)の作成
仕事を早く見つける仕事を早く見つける
図書館で働く図書館で働く
演技経験ゼロから女優になる演技経験ゼロから女優になる
面接で自己紹介をする面接で自己紹介をする
モデルになるモデルになる
働かずにお金を得る働かずにお金を得る
歌手になる歌手になる
プロのカメラマンになるプロのカメラマンになる
仕事の報告書を書く仕事の報告書を書く
訪問報告書を作成する訪問報告書を作成する
優れた司会者になる優れた司会者になる
広告

このwikiHow記事について

Soren Rosier, PhD
共著者 ::
教育学博士候補生
この記事の共著者 : Soren Rosier, PhD. ソレン・ロージアはスタンフォード教育大学院の博士候補生で、ピアティーチング(生徒たちがお互いに教え合う教育方法)とピアティーチャー(教える側に立つ生徒)の効果的な指導方法について研究しています。2010年にハーバード大学にて学士号を取得後、博士課程を始める以前はカリフォルニア州オークランド市にて中学校教師を務めるかたわら、SRI International(千件以上の特許を所有している非営利科学研究機関)にて研究職に就いていました。
カテゴリ: 仕事・職業
このページは 242 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告