礼儀正しいことは、人として立派な特質で、人生にも仕事にも役に立ちます。礼儀正しい人は、他人と意見が合わない時でも、彼らの意見を尊重しつつ聴くことができます。敬意を払って人の話を聴けば、他人からも敬意を持って接してもらえることが分かるでしょう。

方法 1 の 4:
敬意を表すことに価値観を見出す

  1. 1
    自尊心を身につける まず、自分自身を尊重しましょう。一個人としての権利を理解し、自分自身に選択の自由を許す行為を通して、自分を尊重することができます。自分を尊重するということは、自分の健康やニーズを第一に考え、それを守ることです。自分自分のこと、また、自分の行動や感情に責任を持つのは、あなた自身であり他の誰でもありません。[1]
    • 罪悪感や、自分は意地悪なのではないかという不安を覚えずに、人からの頼み事に「ノー」と言えることが大切です。
    • 人から見下されたら、若しくは、人としての存在価値を無視されたら、「私に向かって、そのような話し方をしないでください」「私に触らないでください」と言う権利があります。
  2. 2
    自分がして欲しいと思うように人に接する 人に親切に接して欲しいなら、他人にも親切に接しましょう。穏やかな口調で話して欲しいなら、人にも穏やかな態度で話をしましょう。他人の振る舞いで好きになれない所を見つけたら、自分が人に接する時には、そのような行動を取らないように注意し、自分がして欲しいと思うような話し方や接し方を実践しましょう。[2]
    • 例えば、誰かに怒鳴られたとしても、穏やかに、思いやりの気持ちを持って対応しましょう。
  3. 3
    他人の立場に立って考える 他人の身になって考えることができなければ、彼らの考え方を尊重することは難しいでしょう。人と意見が対立した時には、彼らに起こった出来事や、それによって彼らがどう感じたかを想像しましょう。彼らに起こったことが自分に起こったら、と想像すれば、彼らの考え方を少しは理解でき、より親身になって対応ができるでしょう。[3]
    • 共感は、訓練次第で高めることができるスキルです。より深く人を理解しようと努力すれば、彼らに対してより親しみを感じることができるでしょう。
    • 意見が合わない時や、相手の話が不明瞭な時には、詳しく説明してもらうか、例を挙げて話してもらいましょう。
  4. 4
    個人の存在価値を認識する 敬意を持って人に接するのに、彼らを好きになる必要はありません。ただし、彼らが誰であろうと、あなたにどう接しようと、彼らの人間としての存在価値を認識することが大切です。相手に憤慨したり怒りを感じても、敬意を持って接しなければいけません。
    • 感情を抑えるのが難しい時や、人を傷つける言葉や、意地悪な言葉を発してしまいそうな時には、深呼吸をしましょう。まず落ち着けるように、言いたいことがあっても、すぐに口に出さないようにしましょう。
    広告

方法 2 の 4:
尊敬の念を持ってコミュニケーションをとる

  1. 1
    人の気持ちに敏感になる 傷つけるつもりがなくても、自分の放った言葉で、相手が傷ついたり攻められたと感じたりすることがあります。話す時には、相手が自分の言葉をどう解釈するだろうか、と考えましょう。相手の反応が返ってきたら、気持ちを理解して受け入れるようにしましょう。繊細な問題を話す時には、細心の注意を払いましょう。言葉には強力なパワーがあります。言葉は賢く選びましょう。[4]
    • 例えば、相手が腹を立てるのが分かっているけれども、約束をキャンセルしなければいけない時には、キャンセルを告げられた時の相手の気持ちを理解した上で対処しましょう。「ごめんなさい。約束をキャンセルしなければいけなくなったの。がっかりさせてしまって本当に申し訳ないわ。でも、必ず埋め合わせをするから、今回は許してね」などと、言いましょう。
  2. 2
    人には礼儀正しく親切に接する 人には要求を突きつけるのではなく、丁寧にお願いしましょう。誰かに頼み事をする時には「ありがとう」や「お願いします」という言葉を添えるだけで、礼儀正しい、丁寧な頼み方になります。礼儀正しく振る舞うということは、相手が自分のために時間を割いて、協力してくれることに敬意を示すことです。[5]
    • 良いマナーを守る能力を磨きましょう。例えば、会話を割って話をする必要がある時には、まず、謝りましょう。会議の席でも我先に座らず、まず人に席を譲りましょう。また、自分の順番が来るまで、列に並んで待ちましょう。
  3. 3
    聴く技術を身につける 相手が話をしている時には、集中して聴きましょう。どう返答しようか、などと考えずに、相手の話に意識を向けて聴きましょう。テレビを消す、また、携帯電話をマナーモードに切り変えるなど、周囲の雑音を最小限に抑えましょう。自分自身ではなく、話している相手に集中する練習をしましょう。[6]
    • 聴いていることを示すために、「そう」「続けて」「そうなのね」などと、賛成、反対の立場を取らずに、相槌を打ちましょう。
    • 集中力が切れて、話の内容が分からなくなったら、繰り返し説明してもらいましょう。そうすれば、再び会話に集中できるでしょう。
  4. 4
    前向きな意見を言う 相手に対して、粗探しや批判をする、馬鹿にする、決めつける、若しくは、相手の面目を潰すなど、否定的な態度をとれば、相手は心を閉じてしまい、いじめられているとさえ感じるでしょう。伝えたいことがある時には、相手が気持ち良く受け取れるように話しましょう。[7]
    • 例えば、ルームメートの生活習慣が酷く、気が狂いそうになったら、相手に対して穏やかな態度で問題に目を向けさせるか、改めて欲しいことを丁寧にお願いしましょう。「君がトイレやシャワーが乱雑にしておくのが、我慢できない!」と、感情をむき出しにせず、「使った後は、綺麗にしてくれるかな」あるいは「毎日トイレやシャワーを使った後は、お互いに綺麗にしよう」と、建設的な言い方を心がけましょう。
  5. 5
    求められた時にだけ、自分の意見を述べる あなたの意見が適切なものであっても、人は、全ての事柄に対してあなたの意見が聞きたいと思っているとは限りません。求められた時にだけ、自分の意見を述べる習慣をつけましょう。つまり、意見に同意できないとしても、人には、物事を自由に選択する権利があることを認識することが大切です。[8]
    • 全ての事柄に自分の意見を述べると、意図しなくても、人の感情を傷つける場合があります。
    • 例えば、友達のパートナーが好きではないとしても、好意的に接し、自分の意見は述べないようにしましょう。ただし、友達に直接意見を求められたり、友達の安全が危ぶまれていると感じた時には、意見を述べても良いでしょう。
    広告

方法 3 の 4:
対立にも礼儀正しく対処する

  1. 1
    人の意見を尊重する 他の人の考え、意見、助言などには、心を開いて聴きましょう。たとえ同意できなくても、すぐにはねつけずに、最後まで聴き、理解するよう努めましょう。[9]
    • 相手や相手の話を大事だと思っていることを、態度で示しましょう。[10]相手がしまいまで終えない前に被せるように話すのではなく、意見をより良く理解するための質問をしたり、違うなと感じても、相手の意見を真剣に聴くことで、相手への尊敬の念を示すことができます。
  2. 2
    思いやりのある言葉で話す どんな場合にも、思いやりのある言い方があります。それが、相手を傷つける態度と、心得た意見の提供との違いかもしれません。意見が合わない時に、相手に対して話し方がとげとげしくなったり、怒りの感情が出る傾向があるなら、思いやりの言葉を使って話す訓練をしましょう。[11]
    • 例えば、「レストランで一緒に食事をする時には、全然払ってくれないんだね」と相手に迫るのではなく、「前回は僕が払ったから、今回は君が払ってくれるかな」と優しく言いましょう。
    • 相手に恥をかかせる、相手を見下す、侮辱する、また、悪口を言うなどの行為は避けましょう。話し合いの最中に、そのような態度に出てしまったら、敬意を持って相手に接しているとは言えないでしょう。いったん、話し合いを中止しましょう。
  3. 3
    間違いを犯したら謝る 自分の過ちは認めましょう。誰でも失敗することがあるのは当たり前です。自分の過ちを認めること、更にその過ちがどう他人に影響するかを理解することが大切です。謝る時には、過ちを犯したことを後悔している、と誠実に伝えましょう。できれば、埋め合わせをしましょう。[12]
    • 「君に声を張り上げてしまって、ごめん。下品で失礼だったと思う。次回は穏やかに話すように心がけるよ」などと、言うようにしましょう。
    広告

方法 4 の 4:
礼儀正しく振る舞う

  1. 1
    心の境界線を尊重する 人に無理を強いるのは失礼な態度です。相手が心の中で線引きをしていることが分かったら、どのくらい奥まで踏み込めるか、境界線を打破できるかなどと、企んではいけません。相手の心理的境界線を尊重して、それ以上踏み込むのは避けましょう。[13]
    • 例えば、ビーガンの人に、肉料理を勧めるべきではありません。また、宗教が異なるからといって、相手をからかったり、邪道と決めつけてはいけません。
  2. 2
    信頼できる人になる 人から信頼されたら、自分が信頼に足る人間であることを示しましょう。秘密を守って欲しいと頼まれたら、その通りにしましょう。約束したことを裏切り、他人に、特に相手が知っている人に秘密を暴露するべきではありません。
    • 何かをすると言ったら、その言葉通りに実行しましょう。周りの人は、あなたが信頼に足る人かどうかを言動で判断します。
  3. 3
    陰口や噂話は避ける 誰かの陰口を言う、噂話をするという行為は、思いやりに欠ける失礼なことです。自分たちは自由に他人を批判できても、言われた本人は自分を弁護したり、正当性を主張したりする機会が与えられません。人の話をする時には、本人に関する噂話や、本人にとって害になる情報を提供してはいけません。[14]
    • 誰かが噂話をしていたら、「彼女がいない所で彼女の話はしたくないわ。不公平なやり方だと思うから」と、きっぱり言いましょう。
  4. 4
    敬意を持って全ての人に接する 人種、宗教、社会的性、出身国や出身地に関係なく、誰に対しても平等かつ公平に接しましょう。自分とは異なる背景を持つ人に対して、公平な態度をとっていない自分に気づいたら、公正な態度で接するように改めましょう。[15]
    • 違和感を持ったとしても、相手を理解し共感できるように努力しましょう。スポーツ、読書、テレビ番組、絵画、子供、大家族で育った想い出など、自分と共通するものを見つけるようにしましょう。
    広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

泣いている人を慰める

How to

キスが上手になる

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

落ち込んでいる友達を励ます

How to

彼女との電話の会話を続ける
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は15,883回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 15,883 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告