PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

整数から分数を引く計算は、見た目ほど難しくありません。それには主に2つの方法があります。整数を分数に直す、または、整数から1を引き、その1を分数で表してから引く分数の分母に合わせて通分する、というやり方です。2つの分数の分母をそろえたら引き算ができます。どちらの方法を使っても構いません。

方法 1
方法 1 の 2:
整数を分数に直してから解く方法

  1. 1
    整数を分数に直す 整数を分子にして1を分母にします。
    • 例:
  2. 2
    分母をそろえる 引く方(2つ目の分数)の分母は、引かれる方(1つ目の分数)の分母との最小公倍数になっています。2つの分数の分母をそろえるために、引く方(2つ目の分数)の分母を、引かれる方(1つ目の分数)の分子と分母に掛けます。
  3. 3
    分子を引き算する 2つの分数の分母がそろったので、分子を普通の引き算で計算することができます。
    • =
  4. 4
    帯分数に直す(任意) 答えが仮分数になる場合は、必要に応じて帯分数に直しましょう。
    • 例:を帯分数に直す
    • 36の中に5はいくつ入るか?5×7=35なので、整数の部分は7となります。
    • 残りはいくつか?今得た整数の7は、分数で表すと、なので、残りは、 - = となります。
    • 整数と分数を組み合わせて、 = が帯分数で表した答えです。
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
別の方法

  1. 1
    整数が大きい場合に試せる別の方法 方法1では、整数を分数に直し、最後にまた帯分数に直すという作業をしなくてはなりません。方法2では、その作業をする必要がなく、分数の値が大きくなることがありません。
  2. 2
    仮分数を帯分数に直す 分数が仮分数でない場合は、この手順は省略します(仮分数とは、分子が分母よりも大きい分数のことです)。
    • 例:
  3. 3
    整数を1と残りの整数に分ける 例えば、5なら4+1に、22なら21+1に書き換えます。
  4. 4
    1を分数で表す ここでは、上記で説明した方法1を使って「1-分数」の形の計算を解きます。式の先頭の整数はそのまま残します。
  5. 5
    分数同士を通分して分母をそろえる 2つの分数の分母をそろえるために、方法1で説明した方法で、最小公倍数(この場合、2つ目の分数の分母)を、1つ目の分数の分子と分母にかけます。
  6. 6
    2つの分数をまとめる 分数が通分されたので、分子を引き算します。
    広告

必要なもの

  • 鉛筆

関連記事

直角三角形の斜辺の長さを求める直角三角形の斜辺の長さを求める
ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
確率の計算確率の計算
円の中心を求める円の中心を求める
「分」を「時間」に変換する「分」を「時間」に変換する
円の面積を求める円の面積を求める
二進法を十進法に変換する二進法を十進法に変換する
三角形の高さを求める三角形の高さを求める
増加率を計算する増加率を計算する
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
秒を時間に変換する秒を時間に変換する
2進法の数を割り算する2進法の数を割り算する
通常の五角形の面積を求める通常の五角形の面積を求める
六角形の面積を求める六角形の面積を求める
広告

このwikiHow記事について

David Jia
共著者 ::
家庭教師
この記事の共著者 : David Jia. 家庭教師のデイビッド・ジアは、カリフォルニア州ロサンゼルスの家庭教師派遣会社「LA Math Tutoring」の創業者です。教育者としてのキャリアは10年以上、科目、年齢、学年にかかわらず生徒たちを指導し、大学受験対策カウンセリング、ならびにSAT、ACT、ISEEなどの受験対策指導も行っています。さらに、Larson Texts、Big Ideas Learning、Big Ideas Mathなど、教科書会社のオンライン動画作成指導も行いました。SATで数学は満点の800点、英語690点の高得点を挙げ、マイアミ大学よりディッケンソン奨学金を獲得。同大学を卒業し、ビジネス管理学学士号を取得。 この記事は45,430回アクセスされました。
カテゴリ: 数学
このページは 45,430 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告