新型コロナウイルス対策を考慮してデートする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、自分の生活は厳密にどのような影響を受けるのかを理解するのは難しいかもしれません。残念ながら、恋愛関係を始めたばかりのカップルにとっては一段と困難な状況になるでしょう。しかし、工夫を凝らし、賢く安全を考慮することさえできれば、好きな人と時間を過ごすための方法は数多く存在します。パートナーのような良き話し相手がいると、不安定な状況に置かれることによって溜まるストレスも軽減されるでしょう。

方法 1 の 3:
身の安全を第一に考えて行動する

  1. 1
    パートナーと同居している場合を除き、直接会わない 新型コロナウイルスの拡大を防ぐには、できる限り人との距離を置くことが最も重要です。お互いに風邪を引いていないと思っても、どちらかがウイルスを保有している可能性があること、そして相手に感染させてしまう恐れがあることを覚えておきましょう。たとえ自分は全く症状がないとしても、より重症化している人にウイルスをうつしてしまうことがあります。[1]
    • 付き合っている相手から会おうと誘われたら、「ごめんね。でも新型コロナウイルスのことがあるから、次の2週間は誰にも会わないようにしようと決めたの。その代わりにテレビ電話でデートしよう!」などと言うとよいでしょう。
  2. 2
    相手に会う場合は2メートルの距離を保つ 感染症が蔓延している最中ではできる限り人と会うことを避けるべきですが、1対1の恋愛関係にあり、自分もパートナーも他人とのソーシャルディスタンスを保っている場合、たとえリスクが伴うとしても会おうと決める人もいるかもしれません。しかし、ウイルスの流行が終わるまではいかなるスキンシップも制限すべきでしょう。[2]
    • 座っている時も立っている時も、相手とは最低2メートルの距離を保ち、スキンシップを取るのは控えましょう。
    • 多くの人が集まる場所に行くのは避けましょう。自分が住んでいる地域では外出禁止令や外出自粛要請が出されていないとしても、バーやレストランに行くのは非常に危険です。[3]
    • 混雑していない公園やハイキングコースを訪れるなどすれば、ウイルスに感染する心配をせずに、パートナーと一緒に外出することができるでしょう。

    ポイント:ソーシャルディスタンシングに対する取り組み方は人によって異なるでしょう。誰かに会おうと誘われたからといって、プレッシャーを感じてその人と会う必要などないのです。たとえよく知っている人でも関係ありません。不安に思ったり、不確かな場合は 会わない選択をしましょう。

  3. 3
    体調が優れない時は外出を控える 恋人の存在がどんなに恋しくても、少しでも具合が悪いのなら外出してはいけません。自分が新型コロナウイルスに感染していても比較的健康状態が良い場合、しばらく風邪の症状が続くだけで済むかもしれません。しかし、免疫不全の人や基礎疾患のある人がウイルスに感染すると重症化する恐れがあります。そのような人たちに自分がウイルスをうつしてしまう可能性があることを覚えておかなければなりません。[4]
    • 恋人には「今日は海沿いを散歩する予定だったけどさ、今朝起きたらなんだか熱っぽかったんだ。今日は家で安静にして過ごすね」などと言いましょう。
  4. 4
    オンラインで知り合う人に個人情報与えない ソーシャルディスタンシングの期間中、デートアプリやSNSを利用して新しい人に出会いたくなるのは自然なことです。独身の人や恋人募集中の人は尚更でしょう。しかし、相手と対面できないとなると、その人の真意を見出すのは困難であるため、プライバシー保護のために警戒心を持つことが極めて重要です。[5]
    • 相手の身元が明確になるまでは、住所やフルネーム、給料の額など、個人的な内容を話すのは避けましょう。
    • オンラインで知り合った人にお金を送ってはいけません。
    広告

方法 2 の 3:
バーチャルデートをする

  1. 1
    デートの時間と使用するアプリなどを決める バーチャルデートならば、たとえ同じ空間にいることができなくても、顔を見合わせながら時間を過ごすことができます。通常のデートを計画するのと同じ要領でバーチャルデートの計画を立てましょう。いつもと異なる点は、待ち合わせの時間や行くレストランを決める代わりに、電話をかける時間やチャットに使用するアプリなどを決めることでしょう。[6]
    • Face Time(お互いにiOS端末を利用している場合のみ)、Facebook Messenger、WhatsApp、Skypeなどは人気のあるビデオ通話アプリです。[7]
  2. 2
    いつも通りお洒落をする 恋人に特別感を味わってもらいたければ、3日間ずっと着続けている部屋着から服に着替えましょう。髪を整え、素敵なトップスを着ましょう。普段メイクをする人はいつも通りメイクするとよいでしょう。そうすれば、「計画的なデート」をしている気分を味わえるため、思い出に残るはずです。[8]
    • 3日間着続けたパジャマ姿で電話をかけてきてほしくないと相手に対して思うのであれば、前もってバーチャルデートをする日を決めておくとよいでしょう。例えば、2枚のシャツをそれぞれ着た自分の写真と共に「今夜のデートとっても楽しみにしているわ。何を着ようか迷っているんだけど、あなたはどっちのシャツが好み?」などとメッセージを送ってみましょう。
  3. 3
    ビデオ通話する場所を片付けておく デートを始める前に、ビデオ通話の際に映る自分の背景を確認し、その周辺をさっと片付けましょう。冷凍食品やポテトチップス、炭酸飲料だらけの食生活を1週間も続けているなんてことは知られたくないものです。[9]
    • ビデオ通話の際に体の向きを変えることもあるかもしれません。カメラに映る場所だけを片付けるのではなく、その部屋全体を整理整頓しておくとよいでしょう。
    • 清潔感のある空間で生活しているところを見せれば相手に好印象を与えるだけでなく、よりロマンチックな気分を味わえるかもしれません。
  4. 4
    使用する端末が充電済みであることを確認する バッテリー残量低下を示すランプの点滅ほど、バーチャルデートを台無しにするものはありません。ビデオ通話中に充電器を探す必要のないように、前もって全て準備しておきましょう。[10]
    • デートの最中に充電ケーブルをコンセントに挿し込むことができない場合は、モバイル充電器の使用を検討しましょう。
  5. 5
    デートに集中する 好きな人とのバーチャルデートが始まったら、他のことに気を取られてはいけません。相手に「自分に興味を持ってもらえていない」と思わせてしまうかもしれません。テレビを消す、周囲の邪魔が入らない時間帯をデートの時間に選ぶなど、気配りすることが大切です。[11]
    • スマートフォンから電話をかけるのであれば、メッセージ受信音、着信音、その他のチャットアプリなどの通知音はミュートに設定しておきましょう。
    • タブレットや他の端末を使用してビデオ通話をする場合は、デートが終わるまではサイレントモードに設定しましょう。
  6. 6
    食事をテイクアウトして一緒に楽しむ 新型コロナウイルスが流行しているからといって、デートプランを変更しなければならないわけではありません。相手も自分も外食をするのが好きならば、それぞれお気に入りのレストランのデリバリーやテイクアウトを利用するとよいでしょう。[12]
    • 恋人と離れたところに住んでいる場合、お互いが注文できる外食チェーン店を探してみましょう。
    • 2人で同時に料理をして、完成した料理をビデオ通話を通して一緒に楽しむこともできます。例えば、同じレシピを参考に料理したり、手元にある材料を使って創作料理を作ってみるのもよいでしょう。お洒落な盛り付けも忘れてはいけません!
  7. 7
    動画配信サービスを利用して一緒に映画を見る ソーシャルディスタンシングを実行中でも週末の映画デートを中止する必要はありません。お互いに見たいと思っていた映画を見つけましょう。DVDをレンタルすれば映画館に足を運ぶより安く済みますが、無料で映画配信を行うプラットフォームもたくさんあるので、チェックしてみましょう。[13]
    • サードパーティーアプリを使うと、自分が管理者になり、離れた人たちと同時に動画を視聴することができます。例えば、Facebookは「動画ウォッチパーティ」、Google Chromeは「Netflix Party」という機能を提供しています。[14]
  8. 8
    オンラインの運動クラスを一緒に受けてみる 自分も相手も普段はジムに通うくらい活発ならば、ストリーミング配信されるエクササイズ動画を見つけ、ビデオ通話の際に見れるよう設定し、恋人とのエクササイズを楽しみましょう! [15]
    • 2人の絆が深まるだけでなく、ストレスを緩和することもできるでしょう。
  9. 9
    一緒にオンラインゲームをプレイする 競争心がある人も、ただ一緒に時間を過ごしたいだけの人も、ビデオゲームはバーチャルデートに最適です。インターネットに接続できるゲーム機を持っているなら、恋人と一緒にできる協力型または対戦型のゲームを見つけて楽しみましょう。[16]
    • 協力型の人気のあるゲームには、ボーダーランズ2、ボーダーランズ3、マインクラフト、フォートナイト、ポータル2などがあります。[17]
    • 対戦型のゲームをしたいという人は、ロケットリーグ、モータルコンバットX、オーバーウォッチなどを試してみるとよいでしょう。[18]
    広告

方法 3 の 3:
感情面でお互いを支え合う

  1. 1
    どれくらいの頻度で会話すべきか決める 新型コロナウイルスの発生といった、前例のない状況下においては、相手に求めることなどをパートナーと正直に話し合うことが大切です。どのくらいの頻度で連絡を取り合いたいか相手に尋ね、自分のニーズも伝えましょう。[19]
    • 例えば、「この状況だから仕方ないけど、あなたに会えないのは辛い。毎晩寝る前に電話で話すっていうのはどう?メッセージもいつでも大歓迎だけど」などと言ってみましょう。
  2. 2
    テキストメッセージだけでなくビデオ通話や電話も利用する 好きな人と連絡を取り合うのにテキストメッセージは便利な方法ですが、少し味気ない感じもするでしょう。人との繋がりを持つことで、新型コロナウイルスの発生により引き起こされた孤立感や不安が緩和されるかもしれません。毎日、電話やビデオ通話を通して短い時間でもよいので会話するようにしましょう。[20]
    • テキストメッセージでのやり取りよりも、顔を見て声を聞きながら会話するほうが遥かに感情が伝わります。そのため、安心感を与える会話やロマンチックな会話をするなら電話やビデオ通話が効果的です。
  3. 3
    相手の話をしっかり聞く 好きな人と会話をする時は、自分のことについてだけ話すのではなく、相手の心を開いて感情を打ち明けてもらえるよう、オープンエンドの質問をしてみましょう。家にこもる生活が続いている場合は特に、相手は自分の話をする機会があることを嬉しく思うはずです。[21]
    • 例えば、「普通の生活に戻ったら、まず一番に行きたいところはどこ?」などと聞いてみましょう。
  4. 4
    気持ちを高め、前向きな姿勢を保つ ストレスが溜まる状況の中、明るく振舞うのは簡単なことではありませんが、周囲も同じ状況であることを忘れてはいけません。パートナーにポジティブなエネルギーを与えることができれば、相手はあなたの存在に感謝するようになり、2人の絆は深まるでしょう。[22]
    • 悩みや恐怖心、上手くいかない状況について話すのが悪いわけではありません。ただし、そのような話題が会話の中心にならないように心がけましょう。
  5. 5
    一緒に今後の計画を立てる 新型コロナウイルスが終息した後は世界がどのような状況になるのか、想像するのは難しいでしょう。だからといって、何かを計画するのを断念する必要などないのです。やがて普通の生活に戻れる時が訪れるでしょう。パートナーと一緒にしたいことを考えて、楽しい空想にふけるとよいでしょう。[23]
    • 例えば、一緒に食べに行きたい場所、挑戦してみたいアクティビティ、相手に対する愛しい感情などについて話すとよいでしょう。
    広告

ポイント

  • 会話をしている相手もストレスが溜まっていることを忘れてはいけません。相手がイライラしているように見えたり、ぼんやりしていても広い心で接しましょう。ただし、相手に大切に扱われていないと感じる場合は、自分の存在を大切に想ってくれる人に注意を向けるようにしましょう。

広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
このページは 420 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告