施錠されたドアを開ける方法

2 方法:鍵を使わずに施錠されたドアを開ける詰まってしまった鍵を開ける

秘密のクローゼットの扉がある、不幸なことにトイレに閉じ込められてしまった、など鍵のかかった扉をどうしても開けなければならない事態になっても逃げ道はあります。落ち着いて下記の方法に目を通しましょう。

1
鍵を使わずに施錠されたドアを開ける

  1. 1
    ばね錠が使用されているドアをクレジットカードで開ける この方法は、デッドボルト(かんぬき)式の鍵には対応できませんが、傾斜がありドアノブと一体化しているようなタイプの鍵に対して有効です。安く、どうなっても良いようなカードを1枚用意しましょう。万が一壊れても何も困らずに済みます。曲げられる、ラミネート加工のされたカードが最適です。
    • 鍵とドア枠の間にカードを差し込みます。ドア枠を押すように差し込みましょう。次に反対側にカードをそらせ、鍵を扉の中に押し戻し、扉を開けます。
    • ドア枠と鍵の間に隙間がない場合、鍵の真上とドア枠の空間を利用します。ドアフレームに向けてカードを傾けながら、その隙間からカードを素早く鍵の方向に差し込みましょう。より分厚く頑丈なカードが役に立ちます。
  2. 2
    家の内装のドアに対しドライバー又は厚みのない工具を利用する この方法は内側からドアノブのボタンを押して施錠する「プライバシーハンドル」と呼ばれるドアに有効です。自分が締め出された場合、まずドアノブにある小さな穴を探しましょう。眼鏡のフレームの調整に使われる小さなドライバー、ハンマーで叩き平らになったペーパークリップ、または小さなバターナイフなどを穴に差し込みます。できる限り奥までまっすぐに差し込み、何度か回転させてみます。うまくいくと鍵はカチッと開きます。[1]
  3. 3
    鍵をピッキングする これは場合によっては複雑な方法となり得ます。そのため、ピッキングに特化した手順に別途目を通してもようでしょう。まず、六角レンチの短いほうの先をを鍵穴の下の端に合わせて差し込みます。軽く力を加えて、鍵で開けるときと同じ方向にレンチを少し回転させましょう。力加減はできる限り一定に保ち、そのまま、全体を伸ばして先を少し曲げたペーパークリップも鍵穴に差し込み、開錠を試みます。[2]
    • スクラビング方式:ペーパークリップを優しく鍵穴の下端に差し込み、上部へ持ち上げていきます。この動きを円を描くように繰り返し、その都度、六角レンチにかけている力を少し強めます。この動きを鍵が動くまで繰り返しましょう。鍵が動いたら、その時の力加減を維持し、最終的に開錠するまで同じ手順を続けます。
    • ピン方式:上記のスクラビング方式がうまくいかない場合、ペーパークリップを徐々に鍵穴に差し込みながら、六角レンチは軽く力を加えた状態を維持します。クリップが鍵穴のピンに触れたら、クリップの曲がった先の部分でピンを捉え、ピンがぴったりとはまるまでクリップを上に持ち上げます。鍵が動くまで他のピンでもこの手順を繰り返します。
  4. 4
    ヒンジ(蝶番)を取り外す 通常サイズのマイナスドライバーを一番下の軸とヒンジピンの間に割り込ませます。ハンマーを使い下に向かってドライバーの持ち手を軽く叩きます。十分に緩んだところでドライバーとヒンジピンの両方を取り外します。
    • この手順をすべてのヒンジで繰り返しましょう。ヒンジピンが簡単に外せない場合、プラスドライバーを用いて押し上げると、より楽になるかもしれません。
  5. 5
    ハンマーで鍵を破壊する この手段が最初に紹介されないのは、鍵の破壊は最終手段であるためです。この方法に頼るよりも、鍵屋や、消防の非緊急番号などに連絡を取ったほうが賢明でしょう。どうしても急を要するのであれば、鍵の上から下に向かって、鍵が壊れて扉から外れるまで何度も叩きましょう。

2
詰まってしまった鍵を開ける

  1. 1
    鍵を回しながらドアを押したり引いたりしてみる 古いドアの多くは、鍵で開けようとする際に力を加える必要があります。古く歪みの生じたドアは、鍵を不自然な角度に曲げてしまっているためです。上下、手前、奥、すべての方向に力を入れてみましょう。ドアが突然開いた勢いで体勢がくずれてしまわないように注意しながら、できる限り力を込めてみましょう。
    • 友人の鍵を使用している場合などは、持ち主に聞いてみると良いでしょう。特徴やコツなどを教えてもらえるかもしれません。
  2. 2
    鍵を左右両方向に回してみる 鍵を開ける際、鍵を回す方向に決まりなどはありません。どの方向に回せば開錠されるのかを把握しているドアの場合でも、施錠する方向に鍵を回し続けると故障や詰まりが直ることもあります。もし、鍵が完全に施錠された状態よりもさらに少し奥に回せるようであれば、そこから逆方向に素早く、滑らかな動きで鍵を戻してみましょう。問題が解消されている可能性があります。
  3. 3
    潤滑剤を差す 鍵全体の取り換えを考えていない限り、油分の含まれていない潤滑材を使用しましょう。黒鉛配合のものなどが良いでしょう。油は乾いた際に鍵穴の詰まりを悪化させてしまいます。さっとスプレーをひと吹きするか、簡単に直接鍵穴の中に塗る程度で十分でしょう。潤滑剤の使い過ぎは逆効果になることもあります。
    • 部屋に閉じ込められてしまっている場合、使えそうな油分を何でも良いので使いましょう。あるいは鉛筆の先で鍵穴の中をこすりましょう。
  4. 4
    鍵の状態を調べる 鍵自体が曲がっている、あるいは、歯の部分が著しく損傷しているといったことが問題の原因かもしれません。鉗子を持ち合わせているのであれば曲がっている部分を元に戻してみると、応急処置としてうまくいく場合があります。鍵屋さんでできる限り早く鍵を取り替えるようにしましょう。
  5. 5
    どんな時に力を使うべきなのかを知っておく 鍵を回しながらにカチッという音が聞こえたら、ドアはおそらく開錠していますが、詰まっています。ドアを数回叩くと開くかもしれません。鍵が詰まっている場合、潤滑剤をつけたあとに鍵を数回叩いてみると、べたついた鍵の筒内部が動き、開けることができるかもしれません。
  6. 6
    その他の方法を試してみる 鍵で開けようとせずに前のセクションで説明されているピッキングの方法を試してみても良いでしょう。それでも開けることができないのであれば、専門のサービスに連絡をし助けてもらいましょう。

ポイント

  • もし自分で玄関のドアを鍵を使わずに開錠できるのであれば、強盗犯も同じことができるということです。すでに備え付けられているのであればデッドボルト式の鍵を併用しましょう。又は、より防犯性の高い鍵と取り替えましょう。
  • 鍵が開く音が聞こえたり、開いた感触があるにもかかわらずドアが開かない場合、ドアの反対側からデッドボルト式の鍵、あるいはハンドルロックがかかっていることが考えられます。

注意事項

  • 鍵を開けようとしている行動は、怪しく映ります。尋問されても大丈夫なよう準備をしておき、言うまでもなく、友人の家の扉を開けようとしているのであれば、持ち主の許可を得ておきましょう。

必要なもの

鍵のつまり

  • 油分を含まない潤滑剤、あるいは鉛筆

鍵をつかわず開錠する

  • (穴あきの)マイナスドライバー、あるいはバターナイフ
  • クレジットカード(あるいは類似したプラスチック製のカード)
  • 六角レンチ
  • ペーパークリップ
  • ハンマー
  • プラスドライバー

記事の情報

カテゴリ: 住宅メンテナンス

他言語版:

English: Unlock a Door, Français: ouvrir une porte fermée à clef, Italiano: Forzare una Porta Chiusa, Русский: открыть дверь, Español: abrir una puerta, Deutsch: Eine Tür aufbekommen, Português: Destrancar uma Porta, 中文: 开门锁, Tiếng Việt: Mở ổ khóa cửa, Bahasa Indonesia: Membuka Kunci Pintu, Nederlands: Een deur open krijgen, العربية: فتح باب عالق, ไทย: ปลดล็อคประตู, Türkçe: Kilitli Kapı Nasıl Açılır

このページは 374 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?