既婚男性と交際している女性は、こんな経験をしているのは自分だけだと思うかもしれませんが、あなただけではありません。ここでは、既婚男性と交際している女性が受ける一般的な心理的影響について説明します。

1
罪悪感に苦しむ

  1. 不倫は、精神的に大きな負担となります。あなたは、相手に家庭があることを知っているかもしれません。不倫をする人は、誰でも葛藤に苦しむでしょう。自分の感情をすべて認めましょう。彼を愛していながらも、家庭を壊す可能性がある関係を持っていることに罪悪感を覚えるかもしれません。また、彼が奥さんと別れないことについて腹立たしさを感じる可能性があります。[1]
    • 自分を責めたくなるかもしれませんが、彼もこのような関係を望んだことを忘れないようにしましょう。あなた一人がすべての責任を負うのは不公平です。
    広告

2
怒りや恨みを感じる

  1. 特に、相手が結婚していることを隠していた場合は、怒りや恨みを感じる可能性があります。相手が独身だと思って交際を始めたものの、後になって結婚していることがわかって騙されたと思うかもしれません。また、相手に家庭があることを知っていて関係を持った場合でも、時間が経つにつれて奥さんと自分のどちらを選ぶのかをはっきりさせて欲しいという気持ちが芽生え、彼に腹立たしさを感じる可能性があります。 精神面の健康を守るためには、この関係に期限を設けると良いかもしれません。その期限までに彼との関係をはっきりしたものにするか、別れるか決めましょう。[2]
    • 相手に自分の気持ちを打ち明けて、怒りや恨みを感じたままでは関係を続けられないことを伝えましょう。今後どうするのかを決める時がきたことを彼に知らせます。

3
悲しくて落ち込む

  1. 彼との関係を隠さなければならないと、不幸を感じるかもしれません。もしくは、二人の関係が思った通りに進まなくて落ち込む可能性もあります。たとえば、彼が奥さんと別れて自分と家庭を持つことを望んでいた場合は、そうならないとがっかりするでしょう。 あなたには幸せになる権利があることを忘れないようにしましょう。心が満たされないのであれば、関係を見直す必要があるかもしれません。[3]
    • がっかりしたり悲しんだりしてもかまいません。心を癒すためには、悲しむ時間も必要です。
    • 落ち込んで将来に希望が持てなくなったり、気分をコントロールできなくなったりしたら、専門家のカウンセリングを受けましょう。有資格のカウンセラーは、感情に対処して前に進めるように導いてくれます。
    広告

4
孤独を感じる

  1. 彼との関係を友達や家族に打ち明けづらいかもしれません。ほとんどの場合、男性側が不倫相手を自分の友達や家族に紹介することはないでしょう。また、不倫に反対されることを恐れて、彼はあなたが友達に相談することを嫌がるかもしれません。このような場合は、孤独感でいっぱいになってしまってもおかしくありません。
    • 自分の生活をコントロールする術を身につけましょう。自分の予定や話をする相手について彼の言いなりになるのではなく、自分で決めるようにします。
    • 嫌でなければ、彼との関係について親友に打ち明けましょう。不倫には反対したとしても、あなたのことを支えてくれるはずです。

5
裏切られたと感じる

  1. 彼は、結婚していることを隠していたり、奥さんと別れると言いながらそうしなかったりするかもしれません。彼が独身だと思っていた場合は、自分が不倫をしているとは思っていなかったでしょう。彼が結婚していることに気づいて騙されたと感じるのは当たり前です。また、あなたをつなぎとめるために奥さんと別れるつもりだと言っていつまでもそうしない場合は、裏切られたと感じるかもしれません。 彼があなたの信頼をうまく利用していると感じる場合は、自分のために行動を起こす覚悟を決めましょう。[4]
    • 通常、不安感は、自分が置かれている状況を理解した後で増加します。彼が結婚していることや奥さんと別れる気がないことに気づいたばかりなら、今のうちに別れたほうが良いかもしれません。
    広告

6
彼に操られていると感じる

  1. 彼がすべてを決める可能性があり、自分で判断できなくなるかもしれません。「俺に任せておけばいいんだよ」と言われるかもしれませんが、これは人を意のままに操る行動です。彼は、あなたが望むべきことまで勝手に決めてしまうかもしれません。このような場合は、自分自身と自分の判断に疑問を持つようになってもおかしくないでしょう。[5]
    • この状況を改善する最善策は、自分の感情的な欲求を第一に考えて自分を優先することです。こうすると、二人の関係においてあなたがすべきことを彼が決めるのは納得できないと感じるようになるかもしれません。

7
人を信じられなくなる

  1. あなたは、彼が奥さんを裏切ったことを知っています。そのため、彼のことを心から信じられるか疑問に思ったとしてもおかしくないでしょう。また、彼以外の人との恋愛においても、相手を信じられなくなるかもしれません。不信感を払拭するには、自分に自信をつけましょう。最近自分のために時間を使っていない場合は、彼以外の人とつながりを持ちましょう。たとえば、以前に楽しんでいた趣味を再開したり、親友と遊んだりします。[6]
    • 信頼の核心はコミュニケーションにあります。不倫をしている理由について、彼とじっくり話し合いましょう。彼が包み隠さずに正直に話してくれれば、信頼できるか判断できるでしょう。彼が心を閉ざして話したがらない場合は、彼を信頼できないかもしれません。
    広告

8
二人の将来について複雑な感情を抱く

  1. 二人の関係はしだいに変わり、さらに複雑になるかもしれません。彼への思いが強くなるかもしれませんが、反対に二人の関係に疑問を感じ始める可能性もあります。自分にとって最善な判断をするために、彼と少し距離を取ったほうが良いかもしれません。[7]
    • 二人の関係が進展することを期待している場合は、あなたが望む関係について話し合う必要があります。彼とあなたが求めているものは全く異なる可能性があり、どちらかが我慢しないと関係を続けられないことに気づくかもしれません。

9
彼の理想の女を演じて疲れる

  1. 彼は、奥さんにはない魅力を感じてあなたと交際しています。彼にとって、不倫は奥さんとの関係に欠けているものを満たす手段であり、それがあなたと交際している理由でしょう。最終的には、彼に求められる女であろうとするプレッシャーが過度になり、精神的にも感情的にも疲れてしまうかもしれません。[8]
    • たとえば、彼に嫌われるのを恐れて、ありのままの自分を出せないかもしれません。
    • 自分を大切にしましょう。あなたの役割は、他人を幸せにすることではありません。彼の求めるものと自分の求めるものが合致しているか考えてみましょう。合致していないのであれば彼に伝え、関係を続けるかどうか判断します。
    広告

10
ストレスやプレッシャーを感じる

  1. 研究では、既婚男性と交際している女性は不安を感じていることが明らかになっています。具体的には、二人の関係が将来どうなるかを心配して漠然とした不安を感じる可能性があります。また、批判や反対を恐れて対人関係でも不安を感じるかもしれません。
    • 不安感をコントロールするには、この関係が不安を抱えながら続ける価値があるものなのか考えてみましょう。別れたほうが楽になることに気づくかもしれません。同時に、日記をつける、絵を描く、瞑想するなどの心が落ち着くことをしましょう。

11
二人の関係が終わった時に、支えてくれる人がいないと感じる

  1. 彼が奥さんの元に戻って関係が終わる可能性があります。このような場合、彼と奥さんは結婚生活を修復するためにカウンセリングを受けるのが一般的です。 しかし、驚くべきことに既婚男性と交際した女性の90%はカウンセリングを受けません。そのため、既婚男性と交際した女性は、見捨てられたと感じる可能性があります。自分を支えてくれる人を求めましょう。
    • セラピストやカウンセラーに相談して、自分の気持ちに対処しましょう。信頼できる友達に相談してもかまいません。気持ちを癒して前に進むためには、支えてくれる人を見つけることが重要です。
    広告

関連記事

げっぷするげっぷする
壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
他者に依存しない他者に依存しない
愛着スタイルが拒絶回避型のパートナーに対処する愛着スタイルが拒絶回避型のパートナーに対処する
既読無視をする人の心理は?返信が来ないときの対処既読無視をする人の心理とは?返信が来ないときの対処法
打ちのめされる前に敵を見分ける打ちのめされる前に敵を見分ける方法
復讐する復讐する
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
遠距離恋愛中の彼を元気づける遠距離恋愛中の彼を元気づける方法 
海外でのパイナップルの絵文字の意味を知る日本と違う!海外でのパイナップルの絵文字の意味と使い方
キスマークを見分けるキスマークを見分ける方法8選
見下した態度を取る人に対処する人を見下す態度とは?見下す人の特徴と心理、対処法
広告

このwikiHow記事について

Kelli Miller, LCSW, MSW
共著者 ::
心理療法士
この記事の共著者 : Kelli Miller, LCSW, MSW. ケリ・ミラーはカリフォルニア州ロサンゼルス在住の心理療法士、著者、テレビ・ラジオ番組司会です。 家族・夫婦関係、鬱病、不安症、性別の在り方、育児に関する個人カウンセリングを専門に行うかたわら、ヴィラ治療センターにてアルコール・薬物依存症およびアンガーマネジメントのグループカウンセリングを開催しています。「ケリ教授が教える夫の探し方」の著書でもあり、多動性障害をとりあつかった本「多動性障害ともに育つ—子供用問題集」は新世代インディー本賞を獲得しました。 LA Talk Radio放送の「The Examiner」では人間関係を専門とするの司会者としても活躍し、世界に向けメッセージを発信。YouTubeチャンネル<https://www.youtube.com/user/kellibmiller>や、Instagram-アカウント名@kellimillertherapyにこれまでの業績を投稿しています。フロリダ大学にて社会学・健康学の学士号を、ペンシルバニア大学にて社会福祉学の修士号を取得。
カテゴリ: 家族 | 人間関係
このページは 949 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告