既婚男性と恋愛する方法

この記事には:なぜ既婚男性に惹かれるのか人には言えない恋愛関係を持つ

既婚男性との恋愛。それは、文字にするといたってシンプルな表現ですが、その実情はとても複雑です。この記事に書かれていることは不可能だと言う人もいるでしょう。既婚男性との恋愛に対して賛成派か反対派かにかかわらず、それが物議を醸す、モラルに関わるテーマだという点にはきっと誰もが同意するはずです。恋におちるきっかけは?手が触れ合った時、下心のないちょっとした会話、それとも目が合った瞬間でしょうか?この記事は、既婚男性を相手に恋愛する女性が必要とする前向きなアドバイスと、様々な問題を乗り越えるためのサポートを提供するために書かれたものです。

パート 1
なぜ既婚男性に惹かれるのか

  1. 1
    恋愛におけるバランスについて考える すべての恋愛関係は、次のようなプロセスを通して生まれます。
    • 欲求:相手の見た目や行動に気づき、興味を抱く段階です。
    • 好意:相手のイメージ以上のものに惹かれ、感情的な繋がりを感じる段階です。
    • 愛情:相手を欲し、相手に惹かれる感情が一定のレベルに達し、それが深い愛情へと変化する段階です。
  2. 2
    恋愛によって、欲求・好意・愛情の深さは異なる 恋愛によっては、極端に強い結びつきや、長続きする関係を築けることがあるのはこれが理由です。結婚は、一般的には恋愛の究極のゴールと見なされています。それは、相手を生涯変わらず無条件に愛し続けるということを意味します。結婚という制度の解釈としては決して間違っていませんが、真の意味でその価値を理解するためには、それなりの覚悟が必要です。先に述べた恋愛の要素が表面的なものである場合、生涯続くような深い関係になる可能性は薄いでしょう。
    • 妻と交わした結婚の誓いを破り、他の女性と感情的つながり、体の関係、その他の恋愛関係を持つ男性は、気持ちの面で言えば実際には結婚していないも同然です。
    • 結婚とは、神の掟に従い、互いへの愛と献身を2人の人間が宣言する「聖なる誓い」です(感情的要素)。
    • 結婚式(物理的要素)は、家族や友人達の前で互いへの愛と献身を誓う儀式です。
    • 夫である男性がその誓いを破った時点で(感情的要素)、その男性の立場は結婚式(物理的要素)のただの参列者にすぎないと言ってよいでしょう。
  3. 3
    相手と自分自身がそれぞれ一夫一婦制についてどう考えているかを明確にする 男性・女性にかかわらず、複数の相手と同時進行で深い恋愛関係になることは十分に可能です。その恋愛関係に関わるすべてのメンバーが、このような割り切った考えに対し、柔軟に、誠実に対応できる場合にのみ実現可能な恋愛の形です。
  4. 4
    困難な道になることを覚悟する 実は、あまり褒められない目的を理由に、恋愛において面倒や問題を起こしたり、恋人を意味もなく傷つけたりするのは独身男性の方が多いのです。何ヶ月も、時には何年も、きちんとした関係を約束せずに、体の関係だけを求めて電話をかけてきたり、「都合の良い」友達関係を求める。そんな男性に女性は困惑し、思い悩みます。誰のことだか分かるはずです。あなたの周りにもこういった遊び人がいるでしょう。一方、相手が既婚男性の場合はどうでしょうか。一度はきちんとした一夫一婦制の関係を真剣に構築しようとしたことがある。おそらく良き父、良き扶養者である。そして、ベッドでも女性を楽しませることのできる。そういう男性であることが想像できます。このすべての要素を、女性は密かに男性に対して求めているのです。

パート 2
人には言えない恋愛関係を持つ

  1. 1
    まず何よりも、慎重に行動する 既婚男性と恋愛関係になることは、誰から見ても避けるべきことであるのは明白です。率直に言えば、既婚男性との恋愛とはすなわち、あなた自身を含め、関わる人々の生活を容易に崩壊し得るものです。ただし、もうすでに恋に落ちてしまったあなたにできることは、自分自身、相手の男性、その男性の家族が受けるダメージを最小限にとどめることです。このための最良の方法は、まず第一に2人の恋愛関係がバレないように対策を練ることです。以下は、秘密の恋愛を隠し通すためのいくつかの方法です。
    • 安全なコミュニケーション方法のみを使い(秘密の携帯電話を持つのが便利です)、相手が1人でいることを確認してから連絡を取りましょう。
    • 決して他人に相手との関係を自慢してはいけません。友人を含め、誰にも相手との関係を教えるべきではありません。彼との恋愛関係について何かをほのめかしたり、遠回しに話したりすることも避けましょう。
    • 公の場で相手と会うのは避けましょう。どこで誰が見ているか分かりません。
  2. 2
    つきあい始めから、2人の間の決まりごとをハッキリさせておく 無意味に傷つくのを避けるためにも(どれだけ上手く彼との関係を隠し通したとしても、結果として誰かが傷ついてしまう可能性は十分にあります)、できるだけ早く相手と話し合って、どこで線を引くのかをきちんと確認しておきましょう。例えば、次のようなルールを設定するのは1つの手段です。
    • 自分との恋愛関係を理由に、実際(表向き)のパートナーとの関係を断つことを相手に要求しない。
    • 今以上に真剣な恋愛関係になることを決して互いに望まない。
    • どちらかが望めば、いつでも恋愛関係を終わらせることができる。
  3. 3
    嫉妬の感情に翻弄されない 不倫関係において、嫉妬の感情は時に修羅場を生みます。既婚男性の不倫相手という立場のあなたは、彼が妻や家族と多くの時間を過ごすことに気を揉んではいけません。「もう1人の女性」という立場に満足できないのなら、あなたに不倫は向いていません。嫉妬の感情に翻弄されることは全力で避けましょう。嫉妬に身を任せてしまうと、自分自身、相手、そして相手の家族の全員にとって最悪の結末を招くような行動を取ってしまう可能性があります。
    • 怒りや嫉妬に身を任せて何か極端な行動に出てしまいそうな時は、実際にそうする前に一日待ってみましょう。極端な行動に出る前に、一度頭を冷やして行動がどんな結末を引き起こすか考える必要があります。
  4. 4
    人の家庭を壊さない これは、既婚男性と不倫する女性への、昔からの基本的なアドバイスです。妻を持つ男性との不倫はすでに褒められたことではありません。その上、人の家庭まで壊してしまうのはとても罪深いことです。愛人という存在は、相手の家、家族、特に子供達に決して近づいてはいけないのです。相手の家族に連絡を取ったり、相手と家族の間に取り入ったりすることを自身に許してはいけません。
    • このアドバイスは、相手の男性だけでなく、あなた自身を守るために非常に重要なものです。相手の家族に介入するということは、妻かあなたを選ぶことを彼に強要しているのと同じことです。そのような行動は、あなたにとって最悪の結末を生み出しかねません。まして、相手の家族が受けるダメージは計り知れないものです。

ポイント

  • 彼のことばかりを考えて毎日を過ごすのはやめましょう。外に出かけ、他の人との出会いやお酒の場を楽しみ、彼はあなたにとって必要な存在ではないことを示しましょう。既婚男性は自分の言うことを聞いてくれる女性に慣れています。だからこそ、彼は結婚生活を続けているのです。あなたは、彼の妻とは対局の存在でいなければなりません。なぜなら、妻の行動や性格の何かが、今の彼を婚外恋愛へと突き動かしているからです。男性である彼を立てつつも、彼はあなたにとってただのお気に入りの男性の1人だと伝えましょう。そうすれば、あなたは彼にとって非常に魅力的な存在になるはずです。
  • あなたは心が満たされるような恋愛関係を持つにふさわしい人です。誠実にあなたを愛してくれる男性を探し続けましょう。
  • 「もう1人の女性」で居続けることの苦しみを味わう覚悟がないのであれば、既婚男性との恋愛はあなたに向いていないと言えます。そういった覚悟を持つためには、まずは事実を受け入れて自分の立場を理解しましょう。
  • 相手の男性の都合に合わせ、ぞんざいな扱いをされないためにも、自分の価値をきちんと知り、自分自身のことを大切にしましょう。彼にとってのあなたの優先順位はどうしても低くなってしまうかもしれません。ですが、恋愛関係にある限り、彼はあなたのために努力を重ねるべきなのです。もし彼にそれができないのであれば、もっとあなたを大切にしてくれる代わりの男性を遠慮なく探しましょう。
  • 自分の感情をコントロールできなくなったり、前に進めないと感じる場合は専門家の力を借りましょう。あなたを苦しませたり、痛めつけたりするような彼との関係に甘んじることは健全ではありません。

注意事項

  • どんな女性にも愛される価値があります。また、誰にでも自分の直感に従う権利があります。求愛してくる既婚男性に対して、あなたは何らかの直感を得るかもしれません。そんな時は直感を信じましょう。それはまったく自然なことです。
  • 妻や子供、仕事や健康に関する問題を解決する必要がある時、彼はあなたへの連絡を怠るかもしれません。毎日連絡していた相手の声を聞けなくなるほど辛いことはありません。ですが、彼があなたを好きでいる理由はそこにあるのです。何らかの報復を受けることなく、あなたの元に戻ることができるからです。
  • 相手の妻と常に比べられているように感じるあなたは、できる限り彼を喜ばせようとするでしょう。冷静になりましょう。これは競争ではないのです。自分の考えに自信を持ち、自分なりに状況を分析しましょう。慎重になることが大事です。彼との関係を誰にも明かしてはいけません。この恋愛では、すべての決断と行動を自分の心の内にしまっておく必要があるのです。周りからのサポートは得られないこと、他人から白い目で見られる可能性があることを理解しておきましょう。そうなってしまった場合には、あなたはさらに落ち込み、必要のない「感情の重荷」を抱えて彼との関係を疑うようになるでしょう。
  • この記事は、既婚男性との恋愛を積極的に促すものではありません。すでに既婚男性との恋愛関係にあり、何らかのアドバイスを必要としている女性に向けて特別に書かれたものです。「〜はすべきではない」というようなアドバイスをすべて鵜呑みにする前に、とりあえず彼のことを信じてみましょう。彼に敬意を持って接し、抵抗心やご都合主義は手放して、後悔のないように過ごしましょう。こういった努力を怠ると、自分が痛い目を見るだけです。これは、臆病な女性には向かないタイプの恋愛です。
  • 結婚しているという事実のみに基づいて、彼に関するマイナスのイメージを作り出したり、想像したり、決めつけたりするのは止めましょう。自分の直感を信じるのが一番です。後になってから自己批判をしてはいけません。彼との関係が健全でなく、相手が女たらしだったり、暴力をふるったり、浮気者だと気づいた時には、できるだけ早く彼のもとを去りましょう。あなた自身、そして彼の妻や家族の品位を下げてしまうような、身体だけの関係やモラルのない行動に身を投じてはいけません。しかし、恋愛相手の男性のことを盲目的に信じて相手に安心感を与えたがるのは女性の持つ自然な感情であり、難しいところです。
  • 私達は皆、波動によって存在しています。あなたの人生に関わるすべての人々は、何が起きているかを波動レベルで知っています。彼の妻も、あなたと彼の関係を分かっていて、それに同意しているのです。でなければ、この関係性は現実のものにならなかったはずです。あなたが罪悪感を感じる必要はありません。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む46人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ:

他言語版:

English: Love a Married Man, Español: amar a un hombre casado, Italiano: Amare un Uomo Sposato, Português: Amar Um Homem Casado, Deutsch: Einen verheirateten Mann lieben, Русский: любить женатого мужчину, Français: aimer un homme marié, Bahasa Indonesia: Mencintai Pria yang Sudah Menikah, العربية: التعامل مع مشاعر الحب تجاه رجل متزوج, ไทย: รักผู้ชายที่แต่งงานแล้ว, 中文: 爱一个已婚男人, Nederlands: Verliefd zijn op een getrouwde man, Tiếng Việt: Yêu một người đàn ông đã có vợ, 한국어: 기혼 남성과 연애하는 법

このページは 187 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?