日光から身を守る方法

共同執筆者 Laura Marusinec, MD

この記事には:日焼け止めを選ぶ日焼け止めを塗る服で覆う水分補給を怠らない賢く日光対策をする63 出典

海岸での楽しい一日には強い日差しが付き物ですが、その光は体にビタミンDを与えます。[1]しかし長時間の過剰な日光浴は、日焼けによる火傷や肌へのダメージ、肌の老化促進、皮膚ガン(最も患者数の多い癌)、白内障、シミ、そばかす、熱射病などを引き起こす可能性があります。[2] このような事態を防ぐために、正しい予防をして安全に日光浴を楽しみましょう。

パート 1
日焼け止めを選ぶ

  1. 1
    正しいSPF値を選びましょう。SPFまたは紫外線予防効果、の値は、一般的にSPFの強さを表していると思われていますが、そうではありません。理論上、SPFの値は、どのくらいの時間紫外線B波から肌が守られるかを表しています。無防備な状態の肌が日焼けをする時間とSPF値をかけた数字がその日焼け止めの持続時間となります。したがって、無防備な肌が5分で焼け始める人がSPF 30の日焼け止めをつけた場合、効果が150分持続することになります。[3][4]
    • 米国皮膚科学会はSPF30以上を推奨しています。高いSPF値を使用することは、使用者に誤った安心感を与え、多量の化学物質を摂取 することになるため、推奨されていません。実際に専門家たちは、SPF50以上の日焼け止めは、SPF50以下の日焼け止めに比べても、それ以上の効果はないと言っています。[5]
  2. 2
    紫外線A波、B波、両方を防ぐ製品を探しましょう。紫外線B波とは日焼けの原因になるものです。一方で、紫外線A波も肌の老化やシミなどの肌への影響があります。どちらの紫外線波も皮膚ガンになる危険性を高めます。[6]両方の紫外線波から肌を守る、「ブロードスペクトラム」機能がある日焼け止めを探してみましょう。[7]
    • SPF値は紫外線B波だけへの防御力を示したものです。[8]「ブロードスペクトラム」は、両方の紫外線波への防御力を示したものです。
  3. 3
    成分を見てみましょう。化学物質の中には、アレルギー物質(パラフィンなど) やホルモン異常を引き起こす成分(オキシベンゾンなど)、また不必要な物質(香料や不活性成分)があります。[9]
    • レチノイド(ビタミンA物質)は、日焼け止めによく入っている非活性物質です。カナダでの研究によると、このような添加物は紫外線の肌への影響を高めるという結果が出ています。[10]
    • オキシベンゾンはホルモン異常を引き起こす物質であると考えられています。オキシベンゾンは体内のエストロゲン(女性ホルモンの一種)に似た作用を持ち、男性の精子の生産に影響を及ぼすことが実証されていると共に、女性の子宮内膜症を引き起こす可能性も指摘されています。[11]
    • オクティノクセイトという成分もホルモン異常を引き起こす成分と考えられています。ホルモンに似た作用を持ち、生殖器系や甲状腺への影響があることが実証されています。この成分にアレルギー反応が出る人もいます。[12]
    • ホモサラートは、体内で分解されると有害物質となり、ホルモンに影響すると幅広く報告されています。[13]
    • オクトクリレンは肌のアレルギー反応が比較的多くある物質です。[14]
    • パラベンは防腐剤として日焼け止めによく使用されています。ブチル、エチル、メチル、プロピルといったパラベンはアレルギー反応やホルモン異常、身体への毒性に関連があると考えられています。[15]
    • 「PABA無使用」の日焼け止めを探しましょう。パラアミノ安息香酸、またはPABAは日焼け止めの成分として長く使用されていました。しかし、人によってはアレルギーの原因となることがあり、多量摂取時の深刻な肝臓への毒性との関連性が指摘されています。[16]
    • 虫除け成分入りの日焼け止めは避けましょう。日焼け止めに足された防虫剤成分は日焼け止めの効果を減少させ、化学物質の有毒性を高めます。このような理由から専門家たちは効果的な日焼け止めと安全な防虫剤を別々に使うことを推奨しています。[17]
  4. 4
    水泳をする場合や汗をたくさんかく人は防水効果のある日焼け止めを使いましょう。完全な防水効果のある日焼け止めはないことを念頭に置き、説明書に従って頻繁に塗り直しをしましょう。[18]
    • 最近のアメリカ食品医薬品局の規制改訂では防水効果のある日焼け止めの表記方を変更しました。新しい表記方では、40分か80分か、いずれかの防水持続時間の表記が義務付けられています。[19]
  5. 5
    自分に合った形状の日焼け止めを選びましょう。日焼け止めをつけることが、不快である必要はありません。様々なブランドの様々な種類を試して、自分にぴったりの日焼け止めを探しましょう。[20]
    • 普段使いの日焼け止めは、アウトドアスポーツ用の日焼け止めの成分ほど、臭いも強くなく、べたつきも抑えられています。
    • 日焼け止めにはスプレーやロールオン、スティックタイプ等、様々な形があります。しかしながら専門家たちは、スプレータイプやパウダータイプのものは吸い込みなどが原因で肺炎を引き起こす可能性があると警告しています。更にこれらのタイプのものは、液体タイプのものに比べて効果が弱い可能性があります。[21]
    • しかしながらスプレータイプのものは、胸や頭など毛が多く生えている部分への使用の際に便利でしょう。[22]アルコールやジェルベースの日焼け止めは脂性肌の方に効果的でしょう。[23]
    • 保湿液を普段使われている方は、保湿液の中にすでに日焼け止めが入っている場合もあります。しかしながら、両方使用されている方は、保湿液の後に日焼け止めを塗りましょう。これが吸収と保護の効果が一番高まる方法でしょう。[24]
  6. 6
    子供に適切な日焼け止めを選びましょう。亜鉛やチタンが含まれるミネラルベースの日焼け止めは、子供や肌の弱い方がアレルギー反応を起こしにくいと言われていますが、化学物質が含まれたものに比べると効能は弱いかもしれません。[25]ほとんどの日焼け止めは生後6ヶ月以上の赤ちゃんに使用ができます。[26]
    • 一般的に生後6ヶ月未満の赤ちゃんへの日焼け止めの使用は推奨されていません。専門家たちは、日陰(天然の日陰または日傘の使用)が一番の対策であると言っています。生後6ヶ月未満の赤ちゃんに日焼け止めを使用する場合は、かかりつけの小児科医に相談し、正しい使用方法を学びましょう。[27]
    • パッチテストを子供に行いましょう。子供の肌は敏感で、日焼け止めにも反応しやすいため、全身に塗る前に、必ず微量を肌に塗り、不快な反応が出ないかどうかを確認しましょう。[28]

パート 2
日焼け止めを塗る

  1. 1
    消費期限を確認しましょう。アメリカでは、日焼け止めは製造後最低3年間は効能が持続しなければなりません。しかしながら、最善の保護効果を得るためには、使用期限を確認し、それに従うべきでしょう。[29]
    • 購入した日焼け止めに使用期限表記がない場合は、ラベルに購入日を書いておきましょう。このようにすれば、いつ新しい日焼け止めを買うべきかわかりやすいでしょう。
  2. 2
    外に出る前に日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めの化学物質が肌になじみ、保護効果を発揮するまでには、塗ってから約30分かかります。日光に当たる約30分前には、日焼け止めを塗っておきましょう。[30]
    • 唇をわすれないようにしましょう。SPF表記のあるリップクリームを外に出る45分から60分前に塗りましょう。[31]
  3. 3
    たっぷりと日焼け止めを塗りましょう。クリーム状の日焼け止めを使っている方は、ゴルフボールほどの約30ml(ショットグラス満杯くらい)を使いましょう。[32]
    • 予想必要量以上に多く使用しましょう。海岸で長時間を過ごす際には、240mlの4分の1から半分を使うと考えておきましょう。[33]
    • 顔全体(特に鼻や耳の先端)やおでこ、頭皮、首の裏、膝の裏、手、腕といった特に日焼けを起こしやすい部分に、日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう。サンダルを履いている場合は足の甲の塗り忘れにも気をつけましょう。足の日焼けは痛みます。日光にさらされる全ての箇所に日焼け止めを塗りましょう。
    • ただ塗るだけでは不十分です。少し塗って擦り込むようにします。日焼け止めが肌に深く浸透するまでそれを繰り返しましょう。これを正しくすることによって、不快感もなく、日光から守られるでしょう。
    • 背中や肩などの手の届きにくい場所は、友人の助けを借りて塗ってもらいましょう。
  4. 4
    日焼け止めを頻繁に塗りなおしましょう。汗をかいたり、水泳をする場合は、水分が日焼け止めを落としてしまうので、通常はラベルに表示されたSPF値の推奨時間より早く、推奨量より多い日焼け止めを塗る必要があります。[34]

パート 3
服で覆う

  1. 1
    服で覆いましょう。軽く織りの細かい素材の服が最適です。[35]キャミソールかタンクトップを着た上に、明るい色の長袖のシャツのボタンを開けて着てみましょう。長ズボンは、半ズボンよりも保護力に優れています。コットンなどの自然素材が一番快適です。
    • 暗い色の服の方が明るい色の服よりも熱を吸収しますが、日光からの保護力は優れています。[36]
    • 薄い真っ白なTシャツなどは、それほど日光からの保護力はありません。明るい粗い織り目の服を着ている場合は、服の下に日焼け止めを塗りましょう。[37]
    • 水泳をする場合は、長袖の水着やラッシュガードを着るのもいいでしょう。その結果、水中にいる間も日焼けを防ぐことができます。
  2. 2
    紫外線保護機能のある服を選びましょう。多くの服、特にアウトドア用品店に売っている服は紫外線保護の表示があります。[38]
  3. 3
    正しい帽子をかぶりましょう。全体のつばの広さが8㎝以上ある帽子を選びましょう。[39][40]
    • 野球帽は耳と首が露出するので、最善の日焼け対策ではありません。
    • 帽子は目を日差しからも守ります。
    • 顔と首を日差しから守る帽子を子供にも被らせましょう。[41]
  4. 4
    サングラスを着けましょう。紫外線を横からも遮断するサングラスを選びましょう。目を紫外線に晒し続けると、白内障になる危険性が増し、瞼を紫外線照射に晒すことになります。サングラスと帽子を組み合わせ、目を最大限に保護しましょう。[42]
    • お持ちのサングラスに紫外線防御機能があるかどうかが確かではない場合は、眼科にて検査してもらいましょう。

パート 4
水分補給を怠らない

  1. 1
    水分補給をしましょう。暑い日の脱水対策としては、水を飲むのが一番の対策です。(寒い日もです。)男性は1日にコップ13杯(3リットル)、女性は1日にコップ9杯(2.2リットル)の水分摂取を専門家は勧めています。[43]
    • 炎天下で適度な運動をしている場合、15分から20分ごとに、コップ一杯の水を飲むように専門家は勧めています。[44]
    • スポーツ飲料に含まれる電解質の効果がもてはやされていますが、専門家は水の方が脱水対策には優れていると忠告しています。スポーツ飲料には糖分や塩分が多く含まれていることがその理由です。スポーツドリンクに電解質は含まれていますが、砂糖には大量のカロリーが含まれており、塩が脱水を助長します。[45]電解質値が気になる方は、プレッツェルやナッツ類などを手のひらいっぱい程度摂取することで、体内の電解質を修復できます。[46]
  2. 2
    カフェインやアルコールは避けましょう。どちらも脱水の大敵であることから、避けるのが賢明です。時々の炭酸飲料の摂取で脱水症状を引き起こすことはまずありません。[47]しかし、水を飲むことが一番の対策です。[48]
    • その上、アルコールには判断能力の低下と反応時間を遅らせる作用があります。成人や未成年者の水辺での死亡事故はその約70%がアルコール摂取が原因で起きています。[49]夏にビールなどを飲む機会がある時は、最低2倍の水を飲むようにしましょう。
  3. 3
    喉が渇いていなくても、水を飲みましょう。喉が渇いたと感じた時には、人間の体内では既に脱水が進んでいるため、1日を通して定期的に水分補給することが大事です。[50]
  4. 4
    赤ちゃんにも脱水症状は起こります。赤ちゃんと外出する際は、脱水しないように、母乳や粉ミルクを一定量飲ませましょう。[51]母乳や粉ミルクに加えて、赤ちゃんがいつ頃から少量の水やジュース、乳児用電解質飲料を飲めるのかを医師に確認しましょう。
    • 赤ちゃんは大人と同じように汗をかかないので、外出時は熱くなりすぎたり、脱水状態になる危険性が高まります。子供が安全で快適な状態にあるかどうかに、最善の注意を払う必要があります。[52]

パート 5
賢く日光対策をする

  1. 1
    紫外線値を確認しましょう。アメリカ国立気象局は、天気予報の情報を元に、毎日の紫外線の肌などへの影響力を調べています。その日の予報を前もって調べておけば、日焼け対策にも繋がるでしょう。[53]
  2. 2
    日差しを避けましょう。特に午前10時から午後2時までの太陽がちょうど頭上に来る時間帯には、紫外線値も一番高くなるので、気をつけましょう。[54]この時間帯に屋外にいる場合は、日陰で過ごしましょう。日陰でも(曇りの日でも)多少の日焼けはしますが、日差しから守られることは確かです。[55]
    • 日陰を自分で作りましょう。帽子の着用や、日傘やパラソルの携帯などをして自ら日陰を作るのは、とても効果的です。
    • 屋外で激しく体を動かす活動をする場合は、日差しの強い真昼ではなく、朝や夕方に活動をするといいでしょう。真昼の活動がやむを得ない場合は、休憩を頻繁に取り、15分から20分ごとにコップ一杯の水を飲みましょう。[56]
    • 赤ちゃんや子供と外出する際は、1日で一番涼しい時間帯を選びましょう。ベビーカーの日除けを使い、服や帽子、サングラス、日焼け止めで、子供を炎天下の日差しから守りましょう。
  3. 3
    自分の影を見ましょう。紫外線の強さは、自分が立つ地球上の位置と太陽の角度によって変化します。影が短い時は、日陰に隠れたほうがいいでしょう。[57]
  4. 4
    熱くなりすぎたと感じたら休憩をしましょう。日差しの下で長時間過ごしていると、日焼けの他に熱中症を引き起こします。タオルを冷たい水で濡らし、おでこや首に当て、体温を下げましょう。
    • 泳ぎましょう。冷たい水中では体温が下がりますが、下がりすぎに注意しましょう。水中での体温は、冷たい空気に晒されている時の25倍の速さで下がります。体温が35℃を下回ると、低体温症になる可能性があります。[58]水温と気温を前もって知っておくことで、急激な体温変化を避けましょう。
  5. 5
    運転中の日差しに注意しましょう。窓から腕を出して運転するよりも、窓を閉め、エアコンをつけながら運転しましょう。窓ガラスは紫外線をある程度遮断しますが、日焼け止めは塗ったほうがいいでしょう。[59]
    • .オープンカーに乗れるような幸運な人も、運転する時は帽子と日焼け止めを忘れないようにしましょう。
  6. 6
    熱中症や熱射病の兆候と症状を知りましょう。下記のような症状が出た場合は、すぐに日向から避難し(どこか涼しい場所へ)、水分補給をしましょう。[60]
    • 肌を触った時に暑い
    • 過剰な発汗
    • めまいや混乱
    • 激しい疲労感
    • 吐き気、嘔吐
    • 早い心拍数
    • 濃い尿や少ない尿
    • これらの症状が30分経っても治らない場合は、すぐに医師の診断を受けましょう。

ポイント

  • 外出する際は、水を持ち歩きましょう。
  • 多くの人が日焼け止めによく使用されているオキシベンゾンの身体への有害性を懸念していますが、アメリカ疾病予防管理センターや他団体の研究では、身体への影響は報告されていません。[61]
  • スキーやスノーボードをすると、多くの人が日焼けをします。山で過ごす場合はどんな季節でも日焼け止めを塗りましょう!
  • 服を着ていても日焼けをします。衣類はSPF3から10の効果があります。濡れている衣類の場合、SPF値は少し低下します。念のため、服を着ていても日焼け止めを使用しましょう。または洗濯時に使うと、その後20回洗濯するまで持続するUPF(紫外線遮蔽率)効果を衣類に与える製品の使用も考えましょう。
  • 日焼け止めは目に激しく負担をかけることがあります。目の付近への日焼け止めの使用は避けましょう。万が一、日焼け止めが目に入ってしまった場合は、すぐに水で洗い流しましょう。

注意事項

  • 日焼け止めをつけた時に、涙が出る、皮膚が赤くなるなどの身体の異常が出た場合はアレルギー反応である可能性があります。敏感肌用の日焼け止めに変えるなどするか、医師に相談しましょう。
  • 曇りの日でも日焼けをする可能性はあり、曇りが晴れに変わることもあります。曇りの日や涼しい日でも、外出時は日差し対策をしましょう。
  • 可能であれば、パラベンが入っていない日焼け止めを買いましょう。防腐剤として様々な製品に使用されているパラベンですが、乳がん発症への関連があるとされており、肌が弱い方などは皮膚病を発症する危険性があります。[62] パラベンは美容業界で安全な添加物として認知されていますが、パラベンについての研究は今も続いています。
  • 日焼けをする「安全」な方法はありません。小麦色の肌を手に入れたければ、日光浴ではなく、タンニングローションなどの使用を考えましょう。タンニングローションにはジヒドロキシアセトン(DHA)という成分が含まれていて、人工的に一時的に肌色を暗くします。ある研究者は、タンニングローションのようなスプレー型のDHA商品を使用する際に、ガスの吸い込みが原因で肺への影響や肺がんになる可能性があると警告しています。[63]

必要なもの

  • 適切な日焼け止め(SPF 30+が好ましい)
  • 服、帽子、サングラス
  • 日陰
  • 脱水対策 (水を持ち歩きましょう)
  • サングラス
  • 日傘

出典

  1. http://www.who.int/uv/health/en/
  2. http://www2.epa.gov/sunwise/health-effects-uv-radiation
  3. http://news.psu.edu/story/141338/2010/06/01/research/probing-question-what-does-spf-rating-sunscreen-mean
  4. http://www.melanomafoundation.org/prevention/facts.htm
  5. http://www.skincancer.org/skin-cancer-information/ask-the-experts/does-a-higher-spf-sunscreen-always-protect-your-skin-better
  6. http://www.skincancer.org/prevention/uva-and-uvb/understanding-uva-and-uvb
  7. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20535128
  8. http://www.melanomafoundation.org/prevention/facts.htm
  9. http://www.ewg.org/2015sunscreen/report/the-trouble-with-sunscreen-chemicals/
続きを 表示する… (54)

記事の情報

この記事はLaura Marusinec, MDが共著しています。 マルシネック医師はウィスコンシン在住の小児科医です。1995年にウィスコンシン医科大学医学部から医学博士号を授与されています。

カテゴリ: 全般的健康

他言語版:

Español: mantenerse seguro bajo el sol, Português: Se Proteger Contra o Sol, Italiano: Esporsi al Sole in Sicurezza, Русский: защититься от вредного воздействия солнца, Deutsch: Richtig vor der Sonne schützen, Français: se protéger du soleil, Bahasa Indonesia: Tetap Aman di Bawah Sinar Matahari, العربية: الحفاظ على نفسك آمنًا تحت أشعة الشمس, 中文: 保护自己不晒伤, Čeština: Jak zůstat v bezpečí na slunci, 한국어: 안전하게 태양광을 즐기는 법, Tiếng Việt: An toàn dưới nắng mặt trời, ไทย: อยู่กลางแสงแดดอย่างปลอดภัย

このページは 733 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?