日焼けした肌の見た目が好きな場合でも、天気が良い日に屋外でのんびりするのが好きな場合でも、肌の安全を考慮することが非常に重要です。早く日焼けする方法を知れば、日光浴の時間を最小限に抑えて有害な紫外線を浴びる時間を減らすことができるでしょう。ここでは、日焼けするために必要な日光浴の時間の長さについて説明します。

Question 1
Question 1 の 8:
30分間の日光浴で日焼けする?

  1. 1
    肌が白ければ30分で日焼けします。色白の人や比較的色白の人は、10~30分間の日光浴で十分日焼けするでしょう。日光浴の時間がこれより長いと、肌が炎症を起こしてひりひりするかもしれません。[1]
  2. 2
    肌が薄い茶色やこげ茶色の人は、30分間の日光浴で日焼けすることはありません。肌がオリーブ色やこげ茶色の人が日焼けするには、40~60分間日光浴をする必要があるでしょう。ただし、日光浴の時間が40~60分を超えると、肌が炎症を起こしてひりひりするかもしれません。[2]
    • 肌がこげ茶色や黒色の人は、日焼けしても肌の色の変化に気づかないかもしれません。しかし、日光浴の時間が40~60分を超えると肌が炎症を起こす可能性があります。
    広告

Question 2
Question 2 の 8:
日焼けするためには直射日光を浴びる必要がある?

  1. 1
    直射日光は必要ありません。日陰にいても日焼けします。日陰でくつろいでいても、地面に反射した紫外線を浴びるかもしれません。少し時間がかかるかもしれませんが、日陰にいても日焼けするため、肌を守るために日焼け止めを塗ることが重要です[3]
    • 曇りの日にも日焼けする可能性があるので注意が必要です。太陽が見えないからといって、光を発していないわけではありません。

Question 3
Question 3 の 8:
1日で日焼けできる?

Question 4
Question 4 の 8:
プールに入ったり寝そべったりすると早く日焼けする?

  1. 1
    プールの水面に浮いていると、早く日焼けするかもしれません。日光は水面に反射して肌に届きます。つまり、プールで浮いていると日光曝露量が増えます。水の中にいると早く日焼けするので、こまめに休憩して早めに日焼け止めを塗る必要があるかもしれません。[5]

Question 5
Question 5 の 8:
日焼けは安全?

  1. 1
    少しの間肌を焼くだけなら問題ありませんが、「健康的に」日焼けする方法はありません。皮膚科医は、どのような日焼けでも皮膚にダメージを与えると警告しています。ちょっとした日焼けも例外ではありません。日焼けするたびに、皮膚が少しずつ傷つきます。そのため、紫外線を防ぐ効果がある日焼け止めを塗り、できるだけ日光を浴びないようにすることが重要です。[6]
    • 頻繁に日焼けしたり長時間肌を焼いたりすると、肌ががさがさになり、シワやシミができるかもしれません。また、日焼けしすぎると、皮膚がんのリスクが高まります。[7]
    広告

Question 6
Question 6 の 8:
安全に日焼けする方法は?

  1. 1
    SPF15~30、広域スペクトラム対応の日焼け止めを塗りましょう。広域スペクトラム対応の日焼け止めは、紫外線A波と紫外線B波から肌を守るので、日光を浴びる際にはこのような日焼け止めを塗ることが重要です。通常は2、3時間ごとに、泳ぐ場合はもっと頻繁に日焼け止めを塗りなおしましょう。[8] [9]
    • 日焼け止めには、物理的な日焼け止めと化学的な日焼け止めの2種類があります。物理的な日焼け止めには亜鉛やチタンが含まれており、塗るとすぐに効果を発揮します。化学的な日焼け止めは肌に浸み込むのに20分かかるので、即効性はありません。[10]
  2. 2
    日差しが強い時間帯には日光を避けましょう。日差しが強い時間帯は、午前10時~午後3時です。この時間帯には日焼けしやすいので、手遅れになるまで焼けていることに気づかないかもしれません。[11]
  3. 3
    日光浴をせずに肌を小麦色にするには、セルフタンニングローションを試しましょう。小麦色の肌が好きでも有害な紫外線を浴びたくなければ、セルフタンニングローションが最適です。セルフタンニングローションは肌の色を一時的に褐色に変えるため、日焼けしたように見えます。ただし、セルフタンニングローションに日焼け止め効果はないので、外に出る際は日焼け止めを塗る必要があります。[12]
    広告

Question 7
Question 7 の 8:
日焼け後のスキンケア方法は?

Question 8
Question 8 の 8:
屋外で日焼けするより日焼けマシーンを使うほうが安全?

  1. 1
    日焼けマシーンによる日焼けは、屋外での日焼けよりもはるかに危険です。日焼けマシーンは、日光と同じかそれ以上の強さの紫外線を照射します。研究では、定期的に日焼けマシーンを使うと、皮膚がんのリスクが大幅に高まることが示されています。[14]
    広告

注意事項

  • 日光を浴びると皮膚がんのリスクが高まります。新しいほくろや皮膚の損傷に気づいたら、直ちに病院で診察を受けましょう。 [15]
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
自家製シュガーワックスを作る
タトゥーシールをはがす
ジーンズについた血液のシミを落とす
眼鏡のレンズについた傷を消す
革に付いた油染みを落とす
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーパンをショートパンツにリメイクする
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
皮膚に付いた食品着色料を落とす
全身をマッサージする
広告

このwikiHow記事について

Margareth Pierre-Louis, MD
共著者 ::
認定皮膚科医
この記事の共著者 : Margareth Pierre-Louis, MD. 認定皮膚科医、皮膚病理医、医師起業家のマーガレス・ピエール・ルイスはミネソタ州のミネアポリスにある「Twin Cities Dermatology Center」と「Equation Skin Care」の設立者です。 総合皮膚科クリニックの「Twin Cities Dermatology Center」ではあらゆる年齢層の患者を対象に皮膚科疾患治療、美容皮膚科治療、遠隔医療を、また「Equation Skin Care」では研究に基づいたスキンケア製品の提供を行っています。マーガレス・ピエール・ルイスはデューク大学にて生物学学士号と経営学修士号を、ノースカロライナ大学チャペルヒル校にて医学博士号を取得。ミネソタ大学にて皮膚科学の臨床研修を、ワシントン大学セントルイス校にて皮膚病理学のフェロー課程を修了。米国皮膚科・病理学会より皮膚科医、皮膚外科医、そして皮膚病理医の認定を受けています。
このページは 79 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告