日焼けの手当てをする方法

この記事には:すぐに手当をする家庭でできる従来型手当家庭でできる天然療法

日焼けの手当ては予防よりも大変です。しかし18歳から29歳までのアメリカの成人の半数が年に1回以上日焼けをすると言われています。[1]どんな日焼けでも肌にとっては有害です。以下のステップに従って正しく処置をし、なるべく早く治しましょう。

パート 1
すぐに手当をする

  1. 1
    日焼けに気づいたら、すぐに日の当たらない所に移動しましょう。日光に当たり続けると日焼けがどんどんひどくなります。室内に移動するのが最適ですが、それが無理ならば近くのなるべく濃い日陰に入りましょう。
    • ビーチパラソルは非常に大きくしっかりした素材でできていない限り、紫外線をさえぎる効果はあまり期待できません。
    • 紫外線はあらゆる物の表面に反射して跳ね返り、さらに雲や葉などどんな物でも透過するので日陰にいても日焼けは起こります。[2]
  2. 2
    冷水シャワーか、水風呂に入りましょう。水で肌を冷やし、日焼けによる熱を下げます。石鹸は肌への刺激が強く、肌を乾燥させるので使わないようにしましょう。シャワーや水風呂のあとは自然に乾かしましょう。タオルを使うと不快感や擦傷を起こすことがあります。
    • タオルを使う場合は擦らずに優しく押さえるように拭きましょう。[3]
  3. 3
    アロエベラのローションやジェルを塗りましょう。日焼けをした部分に塗り広げて保湿と冷却をします。頻繁に塗って乾燥と皮むけを軽減しましょう。
    • ビタミンCやE配合のローションやジェルを使ってみましょう。肌へのダメージを減らせるかもしれません。[4]
    • 油分やアルコールを含むローションなどは避けましょう。
    • 生のアロエベラがあれば葉から直接アロエベラジェルを採ることができます。切り取った葉をナイフで縦に薄く切り、中にあるジェルを搾り出して日焼けに塗りましょう。
    • アロエベラの葉から採った天然のジェルは、非常に濃度が高く効果的です。[5]
  4. 4
    水を充分に飲みましょう。長時間日光や熱に晒されると脱水症状を起こします。日焼けもまた皮膚の表面から水分を蒸発させ、体内の水分を奪います。[6]日焼け後、数日間は水を多めに飲むようにしましょう。

パート 2
家庭でできる従来型手当

  1. 1
    日焼けした部分を冷やしましょう。角氷数個か保冷剤を湿らせた布でくるみ、患部に軽く当てて冷やします。一日に数回、15分から20分ほど行いましょう。[7]
    • 氷や保冷剤を肌に直接当てないようにしましょう。直接当てると患部が凍傷を起こして悪化することがあります。
  2. 2
    イブプロフェンなどの抗炎症薬を使ってみましょう。イブプロフェンは患部の腫れと赤みを軽減し、長期的な肌へのダメージを抑える効果も期待できます。一度服用したら48時間は続けて服用しましょう。[8]
    • アセトアミノフェンも日焼けによる痛みを緩和しますが、イブプロフェンほどの抗炎症作用はありません。
  3. 3
    ゆったりした衣服に着替えましょう。ざらざらした素材やチクチクするものは避け、たいていの場合は軽い綿素材が適しています。
  4. 4
    窓のブラインドを閉めて室温を下げましょう。エアコンがあれば使用し、エアコンがない場合でも扇風機の風を日焼けした部位に直接当てると、かなり熱を下げることができます。
    • 涼しく直射日光の当たらない地下室は、日焼けから回復する場所として最適でしょう。

パート 3
家庭でできる天然療法

  1. 1
    紅茶のティーバッグを2-3個、熱湯に浸けましょう。氷を入れるなどして紅茶を冷まします。冷めたらティーバッグを取り出し、日焼けした部分に直接当てましょう。紅茶に含まれるタンニンが炎症を抑えます。冷めた紅茶を日焼けした部分全体に塗布してもいいでしょう。
    • タンニンは天然の収斂剤で、火傷を治して感染を予防する効果があることがわかっています。[9]
  2. 2
    プレーンヨーグルト250ccをボウルに入れ、1000ccの水を加えてヨーグルト液を作ります。濡らした布をヨーグルト液に浸し、日焼けした部分に15分から20分当てます。これを2時間から4時間ごとに繰り返しましょう。[10]
    • プレーンヨーグルトには体に良い善玉菌や酵素が含まれ、日焼けした皮膚の修復を促進します。[11]
    • 味や香りつきのヨーグルトは不必要な砂糖が含まれる上に善玉菌が少ないため、プレーンヨーグルトを使いましょう。
  3. 3
    250cc以上の重曹をたっぷりと振り入れた水風呂に入りましょう。入浴後は重曹が肌に残るように洗い流さずに乾かします。重曹は痛みを和らげ、日に焼けた肌の修復を促します。[12]
    • 重曹には消毒効果と抗炎症効果があり、炎症を抑えて感染を防ぐ働きをします。[13].
  4. 4
    乾燥オートミールをざるに入れて水を通し、その水をボウルに受けます。オートミールは捨てて、ボウルに溜まった水に布を浸します。2時間から4時間ごとに布を日焼け部分に当てましょう。[14]
    • オートミールに含まれるサポニンという化学物質には殺菌効果と同時に保湿効果もあります。[15]

ポイント

  • 日焼けした後数日間は化粧や油分の多いローション、香水などの使用は避けましょう。
  • アロエベラのローションやジェルを冷蔵庫に入れて冷やすと、冷却効果がより高まります。
  • ニキビの薬は患部をさらに乾燥させて赤くするので使用を避けましょう。
  • ローションやジェルはアルコールの入っていない物を使いましょう。アルコールは肌を乾燥させます。
  • バターやワセリンなどの油性のクリームやローションなどを保湿に使わないで下さい。油分が毛穴を塞いで患部からの熱の放出を妨げ、炎症を起こすことがあります。
  • 日焼けをした後は特に、外出時にはSPF 30以上の日焼け止めを塗りましょう。帽子をかぶる、長袖の服を着るなどして直射日光を避けましょう。
  • 水ぶくれができた場合は触らずに、患部の周りを抗菌溶液で消毒しましょう。

注意事項

  • 水ぶくれが広範囲にわたる場合や感染を起こした場合は、医師の診察を受けましょう。
  • 深刻な日焼けは医師の診察が必要なことがあります。熱やインフルエンザのような症状が出た場合は日射病の可能性があり、重症化する恐れがあります。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む36人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 救急処置・緊急医療

他言語版:

English: Get Rid of Sunburn Fast, Italiano: Sbarazzarsi Velocemente delle Scottature Solari, 中文: 快速治疗晒伤, Español: eliminar rápido una quemadura de sol, Français: se débarrasser rapidement d'un coup de soleil, Deutsch: Einen Sonnenbrand schnell loswerden, Русский: быстро избавиться от солнечного ожога, Nederlands: Zonnebrand verhelpen, Português: Se Livrar de Queimadura de Sol Rápido, Bahasa Indonesia: Cepat Mengobati Sengatan Matahari, Čeština: Jak se rychle zbavit spáleniny od slunce, العربية: علاج حروق الشمس بسرعة, हिन्दी: तीव्र सनबर्न से मुक्ति पायें, ไทย: รักษาผิวไหม้จากแสงแดด, Tiếng Việt: Chữa trị Bỏng nắng, 한국어: 일광화상 빠르게 진정시키는 법, Türkçe: Güneş Yanığından Nasıl Hızlı Kurtulunur

このページは 3,164 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?