PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

見苦しい土方焼けをしてしまった、あるいは「健康的な小麦色の肌」を目指していたのが予想していなかった事態になったなど、理由は何であれできる限り早く日焼けをなくしたいと考えいませんか?早く、そして安全に紫外線の影響に抗うのは簡単ではないものの、いくつか試すことのできる方法があります。

方法 1 の 3:
日常的に用いるアイテムでこんがり焼けた肌を明るくする

  1. 1
    乳製品を肌につける 乳酸は色素沈着に対する効果があるだけでなく、コラーゲンの生成を刺激して肌のハリを改善し、しわやほうれい線を和らげる働きもします。例えば手を直接、牛乳や乳製品の中に浸したり、乳酸を含むスキンケア用品を用いても良いでしょう。
    • 乳脂肪無調整のギリシャヨーグルトもまた人気のある方法です。こんがり焼けた肌にヨーグルトをすりこみ、20分ほどそのまま待機してから、ぬるま湯で洗い流しましょう。この手順を毎日行います。脂肪分による保湿効果も期待することができます。[1]
    • 乳酸ピーリングという選択肢もありますが、これは主に不規則に点在する肌の色素沈着に対する方法で、継続的に行う必要があり、肌がこの処置に慣れて許容できるようになるまで時間を要します。そのため、日焼けの対応策としては適しません。
  2. 2
    レモンとアロエ果汁を混ぜ合わせる レモン果汁を用いると肌が乾燥しますが、同時に肌を明るくする成分も含まれています。アロエ果汁を混ぜることで保湿成分が加わるので、非常に相性の良い組み合わせとなります。[2]
    • 割合はあまりこだわる必要はありません。同量程度のレモン果汁とアロエ果汁を混ぜ合わせ、肌にすりこみ、20~30分ほど待ってから洗い流しましょう。
    • レモン果汁を用いている時は、肌が紫外線に対してかなり敏感になっているため、日光をできる限り避けましょう。[3]
  3. 3
    バターミルクとトマトジュースを混ぜ合わせる トマトは天然の漂白成分で、乳製品の効果は前述の通りです。バターミルク(日本では粉末状の製品が販売されています)とトマトジュースを2:1で混ぜ合わせ、コットンボールを使って日に焼けて黒くなっている箇所につけましょう。そのまま30分待ってから洗い流します。[4]
  4. 4
    フェイクタンにはベビーオイルを用いる スプレータンニングが施されている場合は特に、ベビーオイルが効果的で、色の最も上の層がはがれやすくなります。ここで肝心なのは角質を除去することなので(つまり肌細胞を除去することを目的としているので)、ベビーオイルを塗って30~40分が経過したら入浴し、適切にスクラブを行いましょう。[5]
    広告

方法 2 の 3:
今以上に日焼けをしないようにする

  1. 1
    日焼け止めを塗る できる限り日焼けを避けたいという人は、日焼け止めはいくら塗っても塗り過ぎたということはありません。例えば米国皮膚科学会(AAD)は、SPF30を基準として推奨していますが、さらに高めても害はありません。[6]
    • 多くの人が、日常生活の中のちょっとした露出を忘れがちになります。日焼けを防ぎたいのであれば、日焼け止めを毎日塗るようにしましょう。郵便受けを確認しに行く時でも、浜辺を散歩している時の様に肌は紫外線に晒されています。
  2. 2
    曇っていても肌を覆う 暑い日は長そでが煩わしく感じられるかもしれませんが、外出時は、できる限り肌を覆う必要があります。曇っていても紫外線のわずか2割しか遮られないので、太陽の影響は晴れの日とあまり変わりません。[7]
    • これまでスキー場で日焼けの心配をしていなかった人は今一度よく考えてみましょう。雪は紫外線の8割を跳ね返し露出を高めます。つまり、何らかの理由で上半身裸でスキーをしようとしていた人は、考え直した方が良いでしょう。
  3. 3
    傘を用いる 慣れるまでばかばかしく感じるかもしれませんが、外を歩く時は傘が紫外線を遮る最も確実な方法です。日傘があれば、よりお洒落に見えるでしょう。
    • ただし、浜辺では日傘の効果を過信しないようにしましょう。ゲレンデと同様に砂浜でも紫外線が地表面で反射されます。雪ほどではないものの(17%のみ)、肌に影響を及ぼすだけの威力はあるでしょう。[8]
  4. 4
    屋内で過ごす いざとなれば屋内で過ごすのが最も確実です。ただし、誰もが世捨て人のように生活することができるわけではないので、前述の対処法を実践することができるのであれば閉じこもる必要はありません。
    • また、人間の体はビタミンDを必要としています。栄養ガイドラインに含まれている600 IUという摂取量の目安(1~70歳の場合)は、ある程度日光に当たるということを前提に設定されています。[9] 脂肪分の高い魚、牛レバー、卵、チーズ、マッシュルームからも多少摂取することができます。またビタミンDが強化されている牛乳も販売されています。
    広告

方法 3 の 3:
スクラブで日焼けをこすり落とす

  1. 1
    赤くひりひりしている日焼けは絶対にこすらない 日に焼けて赤くなっていると、余計に日焼けの進行を止めたいと思うかもしれませんが、この方法は小麦色の日焼けにのみ用いることができます。赤くひりひりとした状態の肌にスクラブを用いると、効果がないだけでなく、かなりの痛みを伴います。
    • こうした場合は、アロエベラで痛みを和らげ、水分をたっぷりと与えましょう。
    • 赤みや痛みがひいてから、ここで紹介されている方法を試しましょう。
  2. 2
    適切な角質除去剤を用いる スクラブは粗ければ良いというわけではないものの、スクラブ剤を用いる目的は、肌細胞が剥がれ落ちる過程を促すことにあります。つまり、良質なスクラブ剤が必要です。
    • この場合の良質なスクラブ剤とは、レチノイドやアルファヒドロキシ酸を含んだ製品を指します。こうした成分には肌細胞のターンオーバーを助ける働きがあるので、表面の色がより早く薄れていくでしょう。[10]
  3. 3
    ボディスポンジではなくヘチマを使う ここで言うヘチマとは、皮と種を取り除き乾燥させた筒状のヘチマスポンジを意味しています。他方のボディスポンジは合成繊維で作られていて、ボディソープを泡立てる機能を重視した柔らかいスポンジです。日焼けを落としたいのであれば、こうした柔らかいスポンジでは不十分なので、より強いヘチマを用いましょう。
  4. 4
    肌を湿らせる シャワーを浴びてタオルでポンポンと軽くたたくように水気を(ざっと)拭き取るか、濡らしたタオルを肌に当てて湿らせましょう。
  5. 5
    スクラブ剤をヘチマスポンジにつけて円を描くように肌をこする スクラブ剤とヘチマを組み合わせることで充分な粗さが加わるので、必要以上にゴシゴシとこする必要はありません。小さく円を描くようにこすり、冷水で洗い流しましょう。毎日繰り返します。[11]
    広告

ポイント

  • フェイクタンを取り除くための製品も販売されています。ただし、こうした製品は実際に取り除く2~3時間前に肌につけておく必要があります。
  • この記事の主旨から外れてしまうものの、土方焼けはフェイクタンやセルフタナーで補正する方法が最適である場合もあります。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
軽石を活用する軽石を活用する
タトゥーシールをはがす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ワンピースのウエストを詰める
生理を早める生理を早める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む17人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,121回アクセスされました。
このページは 1,121 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告