人間の皮膚組織は絶えずはがれ、再生を繰り返しています。日光に過剰にさらされ皮膚が損傷すると、多くの傷ついた皮膚細胞が一度にはがれるので、皮膚が目に見えて白く変色し皮がむけます。周囲の皮膚も日焼けして水泡ができたり乾燥しているので、見た目も悪く不快な状態です。日焼け後に皮がむけるのを予防するには、効果の高い日焼け止めをたっぷり使って日焼けしないのが一番です。日焼け止めを塗り忘れたり、適切に塗らずに日焼けすると、皮膚は取り返しのつかないダメージを受けます。ただし、日焼けした部分の潤いを保ち、刺激せず、食生活に気を付けると、皮がむける痛みや不快感を緩和できます。

パート 1 の 3:
直ちに皮がむけるのを防止する

  1. 1
    水分を補給します。水をたっぷり飲んで皮膚の水分と潤いを保つと、皮膚は適切に再生します。日光にさらされると皮膚の水分が奪われ脱水状態になるので、日焼け後は、失われた水分を補給することが大切です。
    • 水を飲むのが最適ですが、糖分不使用のアイスティーを飲んでも構いません。緑茶や紅茶に含まれる抗酸化物質は、日光の活性酸素によるダメージから皮膚が再生するのに効果があります。[1]
  2. 2
    3~4時間ごとに、日焼けした箇所を20~30分冷やします。冷水で濡らした布や、氷をビニール袋に入れてタオルで包んで使います。日焼けした箇所に20~30分あてて冷やします。日焼け後数日間は、3~4時間ごとに繰り返し冷やしましょう。[2]
    • 肌を冷やし、皮膚の回復を促す効果があります。
    • 冷やすたびに、新しい清潔なタオルを使いましょう。
  3. 3
    これ以上日焼けしないように気を付けます。日焼けで傷ついた肌に日焼け止めを塗らずに屋外で過ごすと、日焼けが悪化したり皮がむけやすくなります。日焼けにより、皮膚表面の壊死した皮膚細胞保護層が損傷しているので、有害な紫外線が保護層を通り抜けてしまうからです。[3]
    • 日焼け後に屋外で過ごす際は、SPF30以上の広い範囲に効果のある日焼け止めを塗りましょう。また、日焼け防止に効果のある服を着て、サングラスや帽子を使い、肌がこれ以上ダメージを受けないようにします。[4]
  4. 4
    オートミール風呂に入ります。オートミールには肌を保湿し、鎮める成分が含まれているので、皮膚の自然な潤いを保ち、皮がむけるのを予防できます。浴槽に1~3カップのオートミールを入れ、お湯に混ぜます。15~30分ほど入浴し、きれいなお湯でオートミールを洗い流しましょう。
    • オートミール風呂に入浴した後、保湿剤を体に塗り肌の潤いを増します。
    • 就寝前に毎日この方法で入浴し、日焼けによる皮むけを予防しましょう。
  5. 5
    日焼けした肌にアロエを塗ります。アロエベラは天然のサボテンエキスで、その鎮静作用は世界中で有名です。アロエベラローションや純粋なアロエベラジェルを塗ったり、生のアロエを切って出てくる汁を、直接皮がむけている箇所に塗ります。[5] アロエベラには、皮膚の回復を促し、日焼けの痛みやを和らげ、感染症を予防する効果があります。
    • アロエベラ成分98~100%配合の、べたつかない製品を使いましょう。[6]
    • アロエベラ製品を冷蔵庫で保存すると、塗った時により冷たく感じるでしょう。[7]
    広告

パート 2 の 3:
別の方法で皮がむけるのを防止する

  1. 1
    保湿剤を塗ります。日焼けした箇所に保湿剤を塗りましょう。日焼けした肌専用の保湿剤があり、ドラッグストアなどで取り扱っています。アルコール、石油、ベンゾカイン、リドカイン、レチノール、AHA(アルファヒドロキシ酸)を含む保湿剤は、乾燥を促し、敏感肌に刺激が強いので避けましょう。[8]
    • できれば1日を通して保湿剤を塗ります。また、入浴直後は保湿剤が浸透しやすいので必ず塗りましょう。[9]
    • 日焼けした肌にベビーオイル、ココナッツオイル、ワセリン、グリセリンベースの保湿剤を使わないようにします。これらの製品は、通常は肌に保護層を作る効果がありますが、日焼けした肌に使うと熱を皮膚内に閉じ込めるので、肌の状態の悪化につながります。
  2. 2
    日焼けした肌に緑茶や紅茶を使います。お茶に含まれるタンニン酸は、日焼けで傷ついた肌に効果があります。ポットに紅茶を淹れ冷蔵庫で冷やします。タオルをお茶に浸して肌にあてたり、スプレーボトルに入れて肌に塗りましょう。
    • お茶には、炎症や赤味を緩和したり、皮膚の回復を促す効果があります。
    • お茶を浸したタオルやスプレーボトルを使わずに、ティーバッグを直接肌にあてる方法もあります。
  3. 3
    重曹風呂に入ります。重曹風呂には、肌のpH(水素イオン指数)バランスを整え、日焼けの痛みを和らげる効果があります。重曹¾ カップを浴槽に入れ15~20分入浴します。その後、きれいな湯で洗い流しましょう。[10]
    • 大さじに山盛りの重曹と冷水をボウルに入れて混ぜ、手ぬぐいを浸し絞って、日焼け後のヒリヒリした肌にあてる方法もあります。[11]
    • 適切に水分を摂っていると、尿は白っぽい黄色になります。[12]
  4. 4
    日焼けした肌に酢を塗ります。ホワイトビネガーやリンゴ酢をスプレーボトルに入れ、日焼けした部分にかけましょう。酢の成分が、見苦しい水泡や皮むけを防ぎます。
    • 酢のにおいがきつければ、酢と水を1対1の割合で混ぜて使うこともできます。
  5. 5
    日焼けした肌に牛乳を塗ります。手拭いを冷たい牛乳に浸して絞ります。日焼けした部分に10分ほどあてておきます。その後、水できれいに洗い流します。肌が日焼けから完全に回復するまで、毎日2~3回繰り返しましょう。
    • 牛乳に含まれるたんぱく質には鎮静効果があり、乳酸が肌のヒリヒリした痛みやかゆみを緩和するので、大変効果的です。
  6. 6
    日焼けした肌にミントの葉を使います。ミントの葉が、皮がむけるのを防ぎ、なめらかで健康な肌への再生を促します。生のミントの葉をボウルの中ですりつぶし、汁を抽出します。その汁を直接皮がむけている顔の皮膚に塗ります。[13]
  7. 7
    バランスの良い食生活を心がけましょう。水分、果物、野菜、脂肪の少ない肉が豊富な、栄養のあるバランスのとれた食事で、肌を健康に保ち、皮むけなど日焼けの悪影響を軽減します。
    • タンパク質、鉄、ビタミンA、C、Eを豊富に含む食品を摂りましょう。これらの栄養素は、肌の回復を促します。
    広告

パート 3 の 3:
皮がむけるような行動を避ける

  1. 1
    肌を掻くのはやめましょう。日焼けで肌がかゆくなることもありますが、掻いたり皮をはがしたりすると、皮膚組織が傷つき、皮がむけたり感染症の恐れもあります。[14]
    • どうしても肌を掻きたくなったら、タオルに包んだ氷や濡らしたペーパータオルをあて、小さな円を描くようにこすって、かゆみを一時的に緩和しましょう。
    • むけた皮を取り除く際は、誘惑に負けて皮を引きはがさないように気を付けましょう。注意しながら、はがれた皮を小さなハサミで切り取りましょう。[15]
  2. 2
    入浴の際は、熱い湯や刺激の強い石鹸を使わないようにします。入浴やシャワーは、熱い湯ではなくぬるま湯や水を使いましょう。熱い湯で肌が乾燥し、皮がむけることがあります。水やぬるま湯は肌にやさしく、皮がむけにくいでしょう。できれば香料不使用の低刺激性石鹸を使います。刺激の強い石鹸や香料で肌がヒリヒリすることがあります。[16]
    • 入浴後は、体をこすって拭くのはやめましょう。日焼けした皮膚の一番外側がこすれて皮がむけることがあります。
  3. 3
    刺激の強い洗顔剤や角質落としは避けましょう。肌をできるだけ保湿して、皮膚の回復を促し、皮がむけるのを防止します。石鹸で肌が乾燥するので、使用は最小限に控え、特に日焼けした部分には使うのは控えます。
    • 石鹸を使う場合でも、スポンジやあかすりに石鹸を付けて使うのはやめましょう。これらの製品は表面が粗いので、肌がヒリヒリしたり、皮がむけやすくなります。
    • ダヴ、カウブランド、キュレルなど低刺激の石鹸で、顔、わきの下、足、鼠径部を洗います。その他の部分は、お湯で洗うだけにします。
    • かみそりやワックスで除毛するのはやめましょう。除毛が必要な場合は、保湿効果の高いクリームやジェル、ローションを塗ってからかみそりを使います。[17]
    広告

注意事項

  • 頻繁に日焼けを繰り返すと、がん、早期老化、水泡などを起こす恐れがあります。万難を排して、無防備に日にあたらないように気を付けましょう。外出の際は、必ずSPF30以上の日焼け止めを使用して、特に濡れた場合は頻繁に塗りなおします。
  • 日焼けが原因ではなく、過剰に皮がむける場合は医療機関で診察を受けましょう。皮がむける症状が出る疾患もあります。
広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

静電気を取り除く

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

自然に体重を落とす

How to

肌を厚くする

How to

白い肌を手に入れる

How to

アニメ中毒を克服する

How to

自傷跡を隠す

How to

顔の角質を除去する

How to

1ヶ月で痩せる

How to

脚のマッサージをする

How to

自傷行為による傷跡を消す
広告

このwikiHow記事について

Luba Lee, FNP-BC, MS
共著者 ::
治験審査委員
この記事の共著者 : Luba Lee, FNP-BC, MS. ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 441 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告