輝くブロンズ色の健康的な肌は、西洋文化において美しさやセクシーさのシンボルとしてもてはやされています。とはいえ日焼けは必ずしも健康的とは言えません。様々な意見があるものの、実際、適度に日を浴びることはビタミンDの生成を助け、健康に良いと言えるでしょう。しかし効率の良いタンニング方法はいくつかあり、体への害の心配なく行える方法もあります。セルフタンニングやスプレータンニングなら、皮膚ガン発症のリスクを気にすることもありません。日焼けマシーンでの照射は短い時間で褐色のツヤ肌が手に入る方法ですが、強力な紫外線を浴びることで皮膚ガン発症のリスクは著しく高まります。異なるタンニング方法をそれぞれ見ていきましょう。

方法 1 の 4:
日光浴で自然に日焼けする

  1. 1
    低いSPF値のタンニングローションやオイルを塗りましょう。ローションかオイルのSPF値が低い程、短期間で日焼けできますが、強力な日差しから肌を守ることも重要です。スプレータイプや塗るタイプのタンローション、タンオイルやミストタイプなどの選択肢があります。いずれの場合も多少のSPF効果があるものを選びましょう。
    • できれば、今の日焼けの具合によってSPF4~15の間で商品を選び分けましょう。既に多少焼けている場合は低い数値のものを使います。今夏初の日光浴なら、肌のヤケドを防ぐためにSPF15の商品を使います。
    • きれいに均一に焼くには、スプレーやオイルが向いています。ゆるく水っぽいテクスチャーなので肌にムラなく塗り伸ばしやすいのです。スプレータイプも、噴いたあとに手で塗り伸ばします。
    • コパトーン、ハワイアントロピック、オーストラリアンゴールド、バナナボート、マウイベイブなど、タンニングローションやオイルで知られるブランドはいくつもあります。ネット通販や、ドラッグストアなどで手に入ります。
    • 最低でもSPF15のリップクリームを塗りましょう。唇を焼く必要はありません。乾いてひび割れた唇は魅力的でないばかりか痛々しいものです。
  2. 2
    ベースになる日焼けをしている肌なら、自然由来のオイルをたっぷり塗って肌を焼くのも良いでしょう。既にある程度日焼けしていれば、市販のローションを購入せず、自然由来のオイルを使うこともできます。オイルが日光を集め、美しい褐色のツヤ肌に仕上がります。日を浴びる前に塗り、浴び終わったらせっけんと水で洗い落としましょう。以下のものはどれも自然由来のタンオイルとして使えます。
    • オリーブオイル
    • ココナッツオイル
    • ヘーゼルナッツオイル
    • アボカドオイル
    • 小麦胚芽油
    • ひまわり油
    • ごま油
    • 緑茶抽出物[1]
  3. 3
    頻繁に体を返しましょう。回転させながら焼くロティサリーチキンと同じように、頻繁に体の向きを変えることでムラなく日焼けすることができます。ざっくり30分ごとに体を4分の1回転させていくと上手くいくようです。始めはうつ伏せ、次は左向き、そして仰向け、最後に右向き、という具合です。腕や脚も全体が焼けるようにこまめに位置を変え、格好悪い焼け残しのないようにします。
  4. 4
    日差しを直に浴びるようにしましょう。太陽が動くのに合わせてタオルやビーチチェアーも移動させ、常に直射日光が当たるようにします。1日中寝転んでいたくないなら、外で運動などするのも良いでしょう。ただし、肌に日差しを浴びるためになるべく衣類は身につけないで過ごします。
  5. 5
    日中、午前10時から午後4時の間に外で日を浴びます。日が高いうちは直射日光を避けるようにというのが皮膚科医の声でしょう。それでも、早く濃く肌を焼くなら、最も日差しが強いときにがんがん日を浴びるのが一番です。
  6. 6
    裸になりましょう。全身焼くには素っ裸で日光を浴びるほかありません。ヌードビーチか、きちんと周りを囲われた私有地で裸になったら、あとはお日様に任せるのみです。
  7. 7
    レフ板やタオルを使って光を集めましょう。最早古典的な方法ですが、太陽光を反射させて集め、より多く光を受けられるので肌を効率よく焼くことができます。光を反射する敷きタオルやレフ板など、体に光を集めるための商品にはいくつか種類があります。スクリーン板を使う場合、腰の辺りに45度の角度で板を置き、体に太陽光が反射するよう調整します。
  8. 8
    水の上でフロートに寝そべりましょう。水は光を集め、反射するので、プールなどの水の上や近くにいると光を浴びやすくなります。浮き輪やいかだなどのフロートに乗って、水に浮かんで肌を焼きましょう。
  9. 9
    ローションやオイルは2時間ごと、もしくは水に入った後に塗りなおします。常に低SPFのローションやオイルで肌を守りながら日に当たりましょう。ウォータープルーフの商品でも塗りなおしはすべきです。
  10. 10
    アロエ由来の保湿クリームやアフタータンローションなど、日焼けの後はしっかり肌のケアをしましょう。肌の乾燥を補い、焼け色をきれいに定着させるため、日焼け後には保湿剤が欠かせません。
    広告

方法 2 の 4:
セルフタンニングローションを使う

  1. 1
    セルフタンニングは日に当たらずに肌の色を濃くする方法です。セルフタンニングローションには、アメリカ食品医薬品局によって肌への使用を認められた、ジヒドロキシアセトン(DHA)が使われています。DHAは炭素数3の単糖で、これが肌の角質層でタンパク質内のアミノ酸と反応して色が褐色に変化するというのがセルフタンニングの仕組みです。この色の変化はメイラード反応と呼ばれ、パンを焼いて褐色になる反応や砂糖を焼いてカラメル化する反応と似たものです。[2]
  2. 2
    セルフタンニング剤を選びましょう。ローション、クリーム、ジェル、フォーム、スプレー、オイルなど、様々なテクスチャーの商品があります。ニュートロジーナ、ロレアル、ジャーゲンズ、アヴィーノ、バス&ボディワークス、バナナボート、クラランス、ロラックなどは皆、販売したセルフタンニング商品が美容雑誌やウェブサイトで高評価を受けた実績のあるブランドです。[3]
    • ローションでもスプレーでも、商品の説明書きに従い、適当な量を全身にまんべんなく塗りましょう。
    • 毛穴を詰まらせないよう、ノンコメドジェニック処方のものを選びます。
  3. 3
    手袋を着けて塗りましょう。手を使って全身に塗り伸ばすため、掌だけが大量にローションやオイルと触れることになります。セルフタンニング剤を塗るときは使い捨ての医療手袋を着用して、手だけが濃い色になるのを防ぎます。
    • 塗り終わったら手袋は捨て、毎回新しいものを使いましょう。
    • 体に塗り終わったら手袋を外して、忘れず手にもタンニング剤を塗りましょう。体より濃い色は困りますが、手だけまったく色付いていないのもおかしなことになります。
  4. 4
    ムラなく伸ばしましょう。セルフタンニングの使用において最も難しいのが全身均一に塗り伸ばすことです。背中の中央などの届きにくい箇所は友達に手伝ってもらうなどして、塗り残しが斑にならないようにします。
    • 直線的な塗り方はムラになりやすくなります。円を描くように手を動かして塗りましょう。
    • 落ち着いて作業します。セルフタンニングは時間をかけ、確実に全身隈なく塗りましょう。急いで塗ると塗り残しやムラができやすくなります。
    • 脇の下など、普段あまり露出しない箇所も忘れずに塗りましょう。
  5. 5
    理想の色の濃さになりまで毎日塗ります。朝に一度塗れば十分色付いてきますが、より着色のペースを速めるには夜にも塗ると良いでしょう。セルフタンニング剤は服や寝具に移って汚れやすいことに留意します。
    広告

方法 3 の 4:
スプレータンニングを受ける

  1. 1
    スプレータンニングという方法もあります。セルフタンニングローションと似て、炭素数3単糖のジヒドロキシアセトン(DHA)が肌のアミノ酸と反応して色の変化が起きるという仕組みです。ただしセルフタンニングと比べ、一般的にタンニングスプレーの方が成分が濃縮されています。そのため、1~3層重ねるだけで十分に色付きます。
  2. 2
    スプレーを選びましょう。DHA含有率が低めのものを選ぶと、少しづつ色をつけられるため失敗が少ないでしょう。スプレーを重ねれば肌色は濃くなりますが、一度スプレーしたら色を戻すことはできません。
    • エリトルロース含有の商品を選ぶと良いでしょう。エリトルロースは天然ではラズベリーなどに含まれる糖の一種です。タンニングの色持ちを良くし、健康的なツヤ肌に見せる効果があります。
    • 可能であれば、緑色の色素が少量含まれている商品を選びましょう。緑色が含まれていることで、スプレータンによるオレンジ色を自然に調整する効果があります。[4]
  3. 3
    スプレーを何層重ねるか決めましょう。とても明るい色白肌では、一度のスプレータンで十分美しいツヤ肌になるでしょう。もともと褐色の色黒肌の場合は数度スプレーを重ねる必要があるかもしれません。色を見ながら慎重にスプレーを重ねましょう。最も重要なことはやりすぎないことです。色をつけすぎていかにも不自然な、オレンジ色の肌は魅力的とは言えません。
  4. 4
    スプレータンニングの前に肌の角質ケアをしましょう。肌表面のざらつく古い角質をきちんと落としてスプレーに臨みます。角質を除去して肌をなめらかにするため、マイクロビーズなどつぶつぶの粒子が入ったオイルフリーのスクラブを選びます。シャワー中にルーファースポンジやボディタオルで全身の角質ケアをしましょう。[5]
  5. 5
    スプレータンニングサロンを利用しましょう。セルフタンニングと異なり、スプレータンニングはプロの施行が必要です。スプレータンに対応したサロンを利用しましょう。プロを自宅に呼んでシャワールームでスプレーしてもらうこともできますが、サロンを利用する方がずっと安上がりです。
  6. 6
    スプレータンは1、2週間ごとにメンテナンスが必要です。スプレータンの色は、元の肌の色やスプレーの程度にもより、およそ5~10日間持ちます。長持ちさせるためにもローションで毎日保湿します。色が落ちてきたらタッチアップを受け、輝く肌をキープしましょう。[6]
    広告

方法 4 の 4:
日焼けマシーンを利用する

  1. 1
    日焼けマシーンの仕組みを理解しましょう。日焼けマシーンは、ベッド型の台に付いた紫外線(UV)ランプがUV放射線を肌に照射することで日光浴と同様の効果があるというものです。[7] このようなマシーンを使用することで皮膚ガンの発症リスクが高まることが知られており、皮膚科医は使用を避けるよう強く提言しています。ただ、すぐに日焼けした肌を手に入れたい場合、日焼けマシーンはもっとも早く、効果的な方法ではあります。
  2. 2
    ゴーグルを着用しましょう。日焼けマシーンでの照射には専用のゴーグルの着用が必須です。日焼けサロンで購入やレンタルができます。
  3. 3
    チロシンを使った日焼け促進剤の服用は避けましょう。チロシンは体内でメラニンの生成に使われるアミノ酸で、肌を褐色にする働きがある物質です。しかしアメリカ食品医薬品局はチロシンを有効成分として使用を認めておらず、作用について確実な根拠も挙がっていません。
  4. 4
    照射時間を決めます。初めて日焼けマシーンを利用するなら、8分間程度の比較的短い照射時間から始めましょう。一般的に照射時間は8~20分、中央値は12分程度です。明るい色白肌の場合、色黒肌に比べ照射時間を短くすると、ベースになる日焼けがきれいに仕上がります。
    • 裸で日焼けマシーンに入りましょう。ベッドの上蓋を二枚貝を閉めるように被せ、照射ランプの起動ボタンを操作します。
    • 照射ランプは、照射時間が終わればタイマー通り自動的に消えます。タイマーがスタートしたらすぐにベッドに上りましょう。
    広告

ポイント

  • 肌にうるおいを保ちましょう。日焼け後には保湿剤を使い、たっぷり水を飲んで水分補給します。
  • タンニングローションを出す量は控えめにしましょう。少量で良く伸びるはずです。
  • 何事もほどほどに留めましょう。日焼けのしすぎはヤケドを起こします。赤く炎症を起こした肌、日焼けして剥けている肌は魅力的とは言えません。
  • 手のひらを異様なオレンジ色や褐色に染めたいという特異な場合を除き、セルフタンニング剤の塗布は必ず手袋をつけて行いましょう。
  • 1日中外で日を浴びたり、肌を焼いたあとは必ずヤケドを起こしていないか肌の様子を見ましょう。肌の色が明るいうちは日に当たる時間を短めにします。肌が褐色になるにつれ、日に当たる時間を長くしていくことができます。ヤケドが起きていればアロエを塗って肌を落ち着け、赤く炎症になるのを防ぎましょう。
  • 日焼けマシーンでは専用ゴーグルを着用しましょう。スプレータンニングの際もゴーグルを着けて目を守るようにします。また、外で肌を焼くときにも帽子やサングラスを着用して顔の繊細な肌を守ります。
  • セルフタンニング剤を上手く選んで使えば、肌にダメージを与える恐れなく肌の色を変えることができます。
  • タンニングの危険性を知っておきましょう。どの方法でのタンニングにもリスクはあります。皮膚ガン発症のリスク、化学反応の肌への影響など、様々な可能性があります。日焼けマシーンで長時間の照射は避けましょう。
  • 元々とても色白の肌には必ずSPF15程度の日焼け止めを塗ってヤケドを防ぎます。また、敏感肌には更にSPF値の高い商品を選ぶと良いでしょう。肌の色を変えるには時間がかかるかもしれませんが、SPF20~30程度で肌を守りながら焼くのが良いでしょう。
  • 日焼けマシーンの長期間に渡る使用は皮膚ガンの発症リスクを高めます。特に家系的に皮膚ガンの発症が多いなら、日焼けのリスクについて医師と相談しましょう。
  • 紫外線レベルを調べて日差しの強いときを把握します。

広告

注意事項

  • 日焼けマシーンは皮膚ガンの発症リスクを高めます。可能な限り紫外線の照射は避けるべきでしょう。
  • タンニングはほどほどを心がけましょう。濃い肌色を追い求めた結果、いかにも不自然な、とんでもないオレンジ色の肌になることのないよう注意します。
  • スプレータンニングは毛穴を詰まらせ、肌に皺ができる恐れもあります。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

デリケートゾーンの匂いを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む45人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,155回アクセスされました。
このページは 3,155 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告