早く酔う方法

3 パート:お酒の種類を賢く選ぶ効率よく食べて飲む安全性を常に意識する

パーティや飲み会によっては早く酔いたい時があるでしょう。早く酔う方法はいくつかあります。強いお酒を飲んだり、飲むペースを上げることで早く酔えるでしょう。しかし、大量のお酒を短時間で飲むとアルコール中毒に繋がる恐れがあるため注意しましょう。また、早い段階で酔ってしまうと、アルコールを過度に摂取してしまうこともあります。大量の飲酒は健康に重大な悪影響を及ぼすため、自分の限界を把握しておく必要があります。飲み過ぎたと感じたり、気分が悪くなったら休憩を取ると良いでしょう。健康第一でお酒を楽しみましょう。

パート 1
お酒の種類を賢く選ぶ

  1. 1
    アルコール度数に注目しましょう。ビール、シードル、蒸留酒等、同じ種類のお酒であってもアルコール度数が異なります。早く酔いたい時はアルコール度数が高いお酒を飲むと良いでしょう。アルコール度数は瓶の表示で確認できます。度数が高いほど早く酔えるでしょう。[1]
    • アルコール度数の高いビールだと、15度から18度のものもあります。こういったビールは、大手飲料メーカーではなく、独立系の小規模の飲料メーカーが製造している場合が多い傾向があります。
    • アルコール度数が11度のビールでも酔いはよく回ります。15度から18度のビールが見つからなければ、11度のものを探してみましょう。
    • 自分自身の限界を覚えておきましょう。少量のビールでもアルコール度数が高ければべろべろに酩酊しかねません。アルコールが回ってきたと感じたら飲むペースを抑えましょう。気分が悪くなったり、クラクラし始めたら飲むのを止めましょう。お酒で具合が悪くなってしまっては元も子もありません。
  2. 2
    ダイエット系の炭酸飲料でスピリッツを割りましょう。ダイエットソーダなどの炭酸飲料でスピリッツを割ると酔いが早くなります。通常の炭酸飲料は、体が食べ物として認識するためアルコールの吸収速度が遅くなります。一方ダイエット系の炭酸飲料は、体が食べ物として認識しない場合があり、アルコールの吸収速度が早くなります。[2]
    • スピリッツをダイエット系の炭酸飲料で割った時にお酒が早く回ることに気がつかない場合があります。ダイエット系の炭酸飲料で割ったお酒を飲んでいるときは、自分が思っている以上に酔っている場合があるので注意しましょう。
  3. 3
    発泡酒を飲みましょう。発泡酒は酔いが早く回るものです。早く酔いたいときは、シャンパンなどの発泡酒やスピリッツァーなどの炭酸を使ったカクテルを飲むと良いでしょう。[3]
    • 発泡酒の例として、シャンパン、スパークリングワイン、炭酸を使ったカクテルにはスピリッツァーやトニックウォーター割りの蒸留酒などがあります。
  4. 4
    ビールよりも強い蒸留酒を選びましょう。ビールやワインに比べ、蒸留酒はアルコール度数が高いので早く酔えます。ショットで飲むとアルコールが早く体内に吸収されるので、早く酔いたいときは効果的です。特にウォッカは、酔いの回りを早める効果があることが確認されています。[4]
    • バーによって提供されるお酒の強さは異なります。シングルあるいはワンショットの分量よりもはるかに多い量のアルコールをカクテルに入れるバーテンダーもいます。
    • お酒の量を2倍(ダブル)にしてもらうこともできます。ダブルにすると一度に飲むアルコール量が2倍になります。早いペースで多くのお酒を飲みたい時は、お酒の量を2倍にすれば、より早く酔えます。
    • 蒸留酒のアルコール度数は非常に高いものです。飲みすぎると気持ちが悪くなることがあります。1杯か2杯程度で止めておくと良いでしょう。

パート 2
効率よく食べて飲む

  1. 1
    リラックスした状態で飲みましょう。ストレスレベルが高いと酔いにくくなります。ストレスを感じながら飲んだり、飲み会の場に行くこと自体を苦痛に感じているときは、酔いが回る速度に影響をもたらします。[5]
    • 飲み会に行く前はできるだけ気分を落ち着かせましょう。飲みに行く前に好きなテレビ番組を見たり、本を読むなど、気分を落ち着かせる行動をとりましょう。大きく深呼吸するのも良いでしょう。
    • ストレスになる友達とではなく、ストレスが軽減する友達と飲みに行きましょう。ストレスを感じる友達と一緒に飲んでいるときは酔いにくいでしょう。
  2. 2
    飲む前に軽く食事をしましょう。空腹時の飲酒はとても危険です。空腹の状態でお酒を飲んではいけません。しかし、食べ過ぎてもいけません。食べた物がアルコールの吸収速度を遅くするため、お腹いっぱいに食べた後は酔うのに時間がかかるでしょう。[6]
    • 飲む数時間前に軽い食事をしましょう。チキンサラダや軽いサンドイッチ、魚料理または少量のパスタなどが良いでしょう。
    • 空腹のままお酒を飲んではいけません。空腹時の飲酒は確実に早く酔えますが、気分が悪くなる確率も高いのです。空腹時の飲酒はとても危険です。健康を害する恐れがあります。
  3. 3
    グループで飲みましょう。友達と一緒に飲むと飲む量も増えるでしょう。飲み会のグループの人数が増えるほどお酒を飲む速度が早くなります。お酒を早く飲むほど酔いやすくなり、一晩に摂取するアルコール量も増えます。これらは全て早く酔うためのコツです。[7]
    • 自分の飲んだ量を記憶しておきましょう。グループで飲んでいるとすぐに飲み過ぎることがあります。特にお酒が強い人と飲んでいると、飲んだ量を忘れてしまいがちです。自分自身の気分や体調に注意して飲みましょう。友達にいくらお酒をすすめられても気分が悪いと感じたらそこで飲むのは止めましょう。
  4. 4
    湾曲したグラスを選びましょう。通常のビールグラスだと酔いたいという気持ちが失せてしまう可能性があります。真っ直ぐなグラスに比べて湾曲しているグラスや角ばったグラスは中間時点がわかりにくいため、飲んだ量が正確につかめず、飲むペースが早くなります。[8]
    • バーによってはビールまたはシャンパンを湾曲したグラスで提供する所もあるでしょう。
    • 家飲みの場合は、湾曲した安いグラスを地元のスーパーやデパートで購入すると良いでしょう。

パート 3
安全性を常に意識する

  1. 1
    限界を把握しましょう。早く酔いたければ自身の限界も知る必要があります。気持ちが悪くなってしまわないように、自分の飲める量を意識して、体調を確認しながら飲みましょう。[9]
    • 自身の限界は過去に飲んだ経験からわかるかもしれません。例えば、4杯目くらいから気持ちが悪くなったり記憶を無くしたなど、過去に飲んだときの事を思い返してみましょう。
    • お酒を飲み始めてしばらくは自分の限界がわからないことがあります。自身の気分や状態に注意して飲むようにしましょう。気持ちが悪くなったり、クラクラし始めたら飲むのを止めましょう。一緒に飲みに行っている友達に、抑えが効かなくなったら注意してくれるよう事前に声をかけておくのも良いでしょう。
    • 酔っていると難しいものですが、お酒は飲んでも我を忘れないようにしましょう。
    • 非常に酩酊してしまった場合は休憩を取りましょう。酔うために夜通し飲み続ける必要はありません。酔ってきたと思った時点で止めましょう。
  2. 2
    完全に空腹状態での飲酒はいけません。早く酔うために食事を取らない人も多くいますが、これは良くありません。飲む前には少量でも良いので何かしら食べるようにしましょう。また、飲んでいる間もおつまみなどを口にすると良いでしょう。ナッツやチーズなど、たんぱく質を多く含むものをつまみましょう。[10]
  3. 3
    お酒はほどほどにしましょう。特に友達同士の飲み会など、たまに酔うのは楽しいことです。しかし長期的に見ると、過度のアルコール摂取は全般的に健康を害する可能性があります。飲み会では大抵1杯や2杯ほどに抑えて飲めば、安全な上、健康を害することはありません。[11]
  4. 4
    飲む前に常用薬を確認しましょう。薬を服用している場合、アルコールが何らかの作用を及ぼす可能性があります。酔うのを前提にお酒を飲む場合、服用薬のラベルを確認して、アルコールとの相互作用がないか確認しましょう。[12]
    • 飲んだ後に痛み止めを服用するのは避けましょう。体内でアルコールとの相互作用が起こり、肝臓等の器官に悪影響を及ぼす恐れがあります。アセトアミノフェンを配合した痛み止めが特に危険です。[13]

ポイント

  • 酔うまでのアルコール量は、体重や飲む前の食事の量、どれくらいお酒に強いのかで変わってきます。これらを常に念頭に置き、友達と競い合ったり、友達のペースに合わせたりしないようにしましょう。友達の方がお酒に強い場合があります。
  • カクテルのお酒の強さはバーテンダーによって異なります。バーテンダーによっては薄めに作る人もいるでしょう。
  • 「早く酔う」というのは「すぐに酔っ払う」という意味ではありません。2杯程飲み終わった時点で、次の1杯を飲む前に30分ほど休憩をすると良いでしょう。休憩を取ることでアルコールが代謝されます。

注意事項

  • 空腹時の飲酒はとても危険です。空腹時の飲酒はやめましょう。飲む数時間前に食事を済ませておくと、丁度良くお腹が満たされます。
  • 常に節度ある飲み方を心がけましょう。妊娠中の飲酒は控えましょう。また、飲酒後の運転や未成年による飲酒は禁じられています。

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Get Drunk Fast, Português: Ficar Bêbado Rápido, Italiano: Ubriacarsi in Fretta, Deutsch: Schnell betrunken werden, Español: emborracharse rápido, Русский: быстро опьянеть, Français: s'enivrer rapidement, 中文: 醉得更快, Nederlands: Snel dronken worden, Bahasa Indonesia: Mabuk Cepat, Čeština: Jak se rychle opít, Tiếng Việt: Say nhanh, 한국어: 빨리 취하는 법, ไทย: ทำให้เมาไวขึ้น

このページは 1,696 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?