恋人との別れは辛い経験であり、特に昔の恋人のことが頭から離れないようなら尚更です。別れたばかりの人も、悲しみを乗り越えようと数ヶ月間苦しんでいる人も、昔の恋人のことを思い出してばかりで前に進めないと感じていることでしょう。幸運なことに、別れを受け入れ、ひいては昔の恋人に思いを巡らすのを止めるための方法があります。

パート 1 の 3:
痛みを克服する

  1. 1
    深く悲しみましょう。恋人と別れるときは、愛する人を失くしたときのような気分になります。この喪失感を嘆くことは問題ありません。[1]
    • 辛い気持ちは簡単にはごまかせません。感情を抱えている自分を非難せずに、真っ正面から感情に向き合えば、痛みをやり過ごすのがもっと簡単なことなのだということに気付くでしょう。[2]
    • 思念を抑えようとすれば、余計に強くなるだけです。自分の思念や感情を抑圧すれば、夢に昔の恋人が出てくるようになってしまうかもしれません。[3]
    • 泣きたいときは泣きましょう。永遠に自分の中に感情を閉じ込めておくよりも、外に出す方がスッキリするでしょう。
  2. 2
    信頼できる人に話しましょう。助言をくれる人よりも、話を聞いてくれる人が必要なときもあります。別れの理由を理解できなくても、それを他人に話すことで別れを受け入れられるようになります。[4]
    • 親しい大切な人達に自分の別れ話をしたくない場合は、セラピストやインターネット上の支援団体を探してみましょう。
    • 自分の鬱積した不満の全てについて、昔の恋人と想像の会話をするのも良いかもしれません。こうすれば実際に昔の恋人に接触することなく、感情の全てを吐き出すことができ、気持ちの整理ができるでしょう。[5]
  3. 3
    怒りを手放しましょう。昔の恋人からされたひどいことばかりを考えてしまうのなら、絶対に先には進めません!どんなに怒っていても、こうした否定的な考えに思いを巡らすのを止めることが重要です。[6]
    • 繰り返し起こる考えに対処する際は、真正面から立ち向かいましょう。どうしてそんな考えを持つのか、その考えはどう歪められていて、どう正しくないのか、そして、今その考えが自分にどのような悪影響を及ぼしているかを考えましょう。自分のくどくどとした思考を認めれば、そうした思考を手放しやすくなります。[7]
  4. 4
    自分自身に正直でいましょう。別れの後、人は交際の内容や別れの原因について、自分自身に嘘をついてしまうことがあります。恋人関係にあったとき自分がどれだけ幸せだったか、どうして別れに至ったのかを注意してよく考えるのは大切なことです。こうすれば、そもそもそんなに素晴らしいものでもなかった関係を、下手に理想化せずに済みます。[8]
    • 別れに至った自分側の原因について自問すれば、怒りをいくらか手放すことができるでしょう。
  5. 5
    必要な助けを得ましょう。恋人との別れは心身の健康に深刻な悪影響を与えます。数ヶ月もくよくよとそのことを考えているのなら尚更です。別れは免疫系を弱め、病気にかかるリスクを増加させます。16週間経っても別れの辛さを乗り越えられない人は脳に身体的な変化が生じ、やる気や集中力が低下し感情が薄くなる可能性さえあります。身体の健康を崩す前に医療の専門家に助けを求めることが重要です。[9]
    • セラピストは話を聞き、感情に向き合うよう励ましてくれます。さらに、辛い気持ちに対処する新しい方法を教えてくれるでしょう。
  6. 6
    執拗な思念を手放すよう自分に言い聞かせましょう。昔の恋人のことを執拗に考えるのを止めるために、さまざまな行動を利用することも可能です。こうした方法を実践する上では、昔の恋人への思念が心に浮かぶ時を認識し、その思念が再び起きないようにするための特定の行動をとる必要があります。また、こうした方法は執拗な思念に対処する場合にのみ用いるべきであるということを覚えておきましょう!未だ感情に向き合い、深く悲しむ時間をとっていないなら、思念を抑えようとするべきではありません。
    • 手首にゴムバンドを付け、昔の恋人のことを考える度に弾くようにします。
    • 昔の恋人について考えることを紙に書き出し、その後に捨てましょう。
    • 昔の恋人への思念が起こる度に特定の映像を心に思い描くようにする、視覚化エクササイズに挑戦してみましょう。例えば、恋人のことを考えるのを止める必要があることを思い出すために、停止標識を思い浮かべるのも良いでしょう。継続的にこのエクササイズを行えば、自動的に映像が浮かぶようになります。
    広告

パート 2 の 3:
昔の恋人を思い出すものを消去する

  1. 1
    昔の恋人との接触を避けましょう。たとえ昔の恋人と友達になりたいと思っても、相手と一定の期間距離を置くことが重要です。再び昔の恋人と時間を過ごすようになるまでには、十分に傷を癒しておかねばなりません。[10]
    • 傷を癒す時間を全く持てなければ、昔の恋人を、まだ今も恋人であるかのように考えてしまいます。これは恋人同士としての絆を未だ自分の中で断ち切れていないからです。
    • どうして友達になりたいのか、時間をとって考えましょう。昔の恋人がいない生活を送るのが怖いという理由なら、友達になることで別れの悲しみから目を逸らそうとしているのかもしれません。
    • 大抵の場合、結局昔の恋人とは友達になりません。納得いかないと気を悪くしてはいけません。深く悲しむ時間を取った後でさえ、結局は友達にはならない場合が多いのです。
  2. 2
    共有の持ち物を処分しましょう。クリスマスプレゼントにもらった時計や、一緒に買ったDVDの数々を見る度に昔の恋人を思い出すようなら、これらを処分しましょう。[11]
    • 物を捨てたくない場合は、慈善活動への寄付を検討しましょう。
    • 自宅から昔の恋人の写真を取り去りましょう。
    • 同棲をしていたため、共有の持ち物全てを処分できない場合は、壁の色を塗り変えたり家具の配置を変えたりして新しいエネルギーを吹き込み、自分の居住空間を再生しましょう。こうすれば、部屋を昔の恋人と共有していた場所ではなく、自分自身の居場所として感じられるようになるでしょう。
    専門家からの回答
    Q

    「昔の恋人を思い出すものは処分したほうがいいでしょうか?」

    Elvina Lui, MFT

    Elvina Lui, MFT

    リレーションシップエキスパート
    マリッジ・ファミリーセラピストのエルヴィナ・ルイは、サンフランシスコベイエリアを拠点とし、リレーションシップカウンセリングを専門的に行っています。2007年にウェスタン神学大学にてカウンセリングの修士号を取得後、サンフランシスコのメンタルクリニック「Asian Family Institute」、およびサンタクルーズの依存症治療センター「 New Life Community Services」にて研修を受けました。ハーム・リダクション方式の依存症治療研修を積み、カウンセリング経験は13年以上になります。
    Elvina Lui, MFT
    専門家からのアドバイス

    マリッジ・ファミリーセラピストのエルヴィナ・ルイさんの回答です。「この質問を自問自答しているということは、まだ悲しみの段階を過ぎていないということです。そこを通り過ぎていれば、すでに思い出の品をまとめるか、捨てるかしてしまっているでしょう。私はこの段階を急ぐべきではないと思うし、急げるものでもないと思います。心の準備ができていないのに、思い出の品を無理やり処分するメリットがあるでしょうか?自分を無理に急かしては余計につらくなるだけです」

  3. 3
    昔の恋人のことを調べてはいけません。SNSで昔の恋人の現状が更新されるのを絶えず確認しているようなら、いつまでたっても相手のことが頭を離れません。敵意を持って別れたのではない場合でも、SNS上では昔の恋人を友人リストから外しましょう。同様に通勤途中に昔の恋人の家の前を通ったり、共通の友達に相手の現状を聞いたりするのも止めましょう。[12]
  4. 4
    日常の習慣を変えましょう。人はしばしば自分にとって大切な人と共通の習慣を生み出すものですが、恋人と別れた後もその習慣に従っていると孤独感が強調され、つい相手のことを考えてしまいます。自分自身のための新しい習慣を作りましょう。土曜日の朝はいつものお得意の朝食を作る代わりに、散歩がてら新しいカフェを発掘してみるのも良いかもしれません。
    広告

パート 3 の 3:
他のことに集中する

  1. 1
    社交的になりましょう。友人や大切な人たちと共に過ごすことで、人生のあらゆる肯定的な側面に心を向け続けられるようになり、昔の恋人のことを考えないで済むようになります。また、趣味や楽しめる活動に真剣に取り組むのも重要です。特に、昔の恋人から反対されていたことに挑戦してみましょう。[13]
    • 昔の恋人を中心とする社会生活を送っていた場合は、そこを抜け出して新しい友人を作りましょう。新しい人々に会うために、新しいサークルやボランティア活動に参加してみましょう。
    • 昔の恋人を心の支えにしていた場合は、親友や兄弟のような、恋愛関係にない人物にその役割を担ってもらいましょう。きっと、たくさんの支援を得られることに驚くはずです![14]
    • 忙しくしていると早く前に進むことができます。家に一人でいると昔の恋人のことばかりを考えてしまうようなら、何かすべきことを見つけたり、友人と夕食を食べましょう。また、一人で美術館に行ったり、散歩するのも良いでしょう。[15]
  2. 2
    将来のことを考えます。昔の恋人ありきで将来の計画を立てていたのなら、今、とても心もとない思いをしているのも無理はありません。将来、自分自身で達成できる、あるいは達成する予定の素晴らしい計画を全て思い出し、肯定的な側面に集中するよう努めましょう。[16]
    • 現状を楽しもうとする姿勢も大切です。恋人が欲しいと思うかもしれませんが、独り身でいることのメリットは沢山あります。独り身が続く限り、現状を楽しんでみましょう。
  3. 3
    しっかりと自分自身のケアをしましょう。明るい気持ちでいるためには、健康的な習慣を実践することが大切です。定期的に運動をし、よく寝ましょう。健康的な生活習慣をきちんと実践すれば、気分が良くなるだけでなく、昔の恋人のことを考えないように気持ちを切り替えることもできます。[17]
    • 瞑想をすると肯定的な気持ちを取り戻すことができ、別れにまつわるストレスを手放すのに役立ちます。
  4. 4
    準備ができたら新しい恋を始めましょう。前の恋人と別れた後、いつ新しい恋人を探し始めれば良いかという決まりはありません。よって、いつでも自分が良いと思えるタイミングで始めましょう。一人でいたくないというだけの理由で、焦って次の交際に飛び込むのは避けたいところですが、怖がって尻込みしてもいけません![18]
    • 新しく健全な交際が始まっても、尚、昔の恋人のことが頭から離れないといって苦しんでいる人もいます。もしこれに当てはまるなら、その思念を単に抑え込もうとするのは良くありません。代わりに、その思念を、現在の恋人に深い愛を感じたときの記憶で、積極的に置き換えましょう。愛は力強い感情であり、昔の恋人と接触したいという誘惑を断ち切る助けになります。[19]
    広告

ポイント

  • 別れの傷を癒すには時間がかかるため、忍耐が必要です。

広告

注意事項

  • 別れの直後は強い感情が起きますが、言葉や身体で相手を脅してはいけません。また相手に罪悪感を感じさせる目的で、自分自身に危害を加えるのもやめましょう。
  • 別れた後、辛さや怒りに心が支配されてしまい、自殺が頭をよぎった場合は、「すぐに」カウンセラーやセラピストに助けを求めましょう。また、自殺予防電話相談も24時間受け付けています。[20]
広告

関連記事

このwikiHow記事について

Elvina Lui, MFT
共著者
リレーションシップエキスパート
この記事の共著者 Elvina Lui, MFT. マリッジ・ファミリーセラピストのエルヴィナ・ルイは、サンフランシスコベイエリアを拠点とし、リレーションシップカウンセリングを専門的に行っています。2007年にウェスタン神学大学にてカウンセリングの修士号を取得後、サンフランシスコのメンタルクリニック「Asian Family Institute」、およびサンタクルーズの依存症治療センター「 New Life Community Services」にて研修を受けました。ハーム・リダクション方式の依存症治療研修を積み、カウンセリング経験は13年以上になります。 この記事は1,219回アクセスされました。
このページは 1,219 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告