時計バンドを調整する方法

この記事には:時計のサイズを合わせるベルトからコマを取外す9 出典

大半の腕時計に付いているベルトはレザー製かゴム製のもので、穴が開いているためにサイズの調整が簡単にできます。しかしデザイナーズブランド製の時計や金属製の時計ベルトとなると、金属製のコマを取外してからサイズ調整をしなければいけません。一見難しいように思えますが、単純な工具をいくつか使用するだけで、自宅での調整が可能です。宝飾店や修理専門店に持っていく必要がなくなるため、お金の節約にもなるでしょう。

パート 1
時計のサイズを合わせる

  1. 1
    調整しない状態で時計を付けてみる 時計がどれほど大きいかを確認しましょう。[1]
    • 時計を付けた際に非常に緩く感じる場合には、コマをたくさん取外す必要があります。
    • 時計がそれほど緩くなく、滑り落ちる恐れが無いようであれば、邪魔に感じることが無い限りそのままにしておいてもよいでしょう。
    • 時計がきつすぎるような場合にはベルトを延長します。メーカーからコマを別途購入する必要があるかもしれません。
  2. 2
    留め具を見つける 留め具部分から均一にベルトをつまみ上げて適切な長さを見つけましょう。[2]
    • 留め具部分の両側から取外すコマの数が同一であるように注意します。
    • こうすれば時計本体がベルトの中央に位置するようになります。
    • 留め具部分の両側から取除くコマの数を書き留めておきましょう。
  3. 3
    工具を準備する 時計ベルトを調整する上でいくつかの物が必要です。[3]
    • 1~2本の押しピンが必要になります。コマを固定しているピンを穴から押し出す際に使用します。
    • ピンを取外すためにラジオペンチを1つ準備します。
    • 小型のハンマーが必要です。
    • 光が十分に当たる平らな場所で作業しましょう。ベルトから取外したピンは全て回収する必要があります。

パート 2
ベルトからコマを取外す

  1. 1
    平面上で時計を横向きに置く 取外し可能なコマの各々と平面との間に0.5cm程の隙間があるように注意しましょう。 [4]
    • 取外すコマの数を数えます。
    • 最後のコマを固定しているピンを見つけます。
    • その箇所でコマを取外します。
  2. 2
    押しピンを使用する 1本の押しピンを使って、ベルトを所定位置に固定しているピンを押し出してみましょう。[5]
    • 押しピンの先端をコマ部分のピンの頭部に押し当てます。
    • うまくいかない場合には、小型のハンマーを使って押しピンの頭部をコマのピン部分の穴に押し込みます。
    • こうすることでコマの反対側から押しピンがわずかに飛び出します。
    • ハンマーを使って押しピンをさらに押し込むことで、コマ部分のピンがさらに飛び出します。
  3. 3
    ピンをペンチで抜き取る 力を入れてピンを抜き取りましょう。[6]
    • ベルトの反対側の穴から、ペンチで掴むのに十分な量だけコマ部分のピンが出た後に、ペンチを使って抜き出します。
    • ラジオペンチを使ってピンの端部をしっかりと掴みましょう。
    • 引抜きます。
    • 取外そうとしているコマが、留め具の一方の側から外れるでしょう。
    • ベルトの反対側においても同じ作業を繰り返します。
  4. 4
    取外したコマの一部から留め具を外す こうすることでベルトに再度繋げることが可能です。[7]
    • コマの時と同じ方法で着脱します。
    • 留め具とコマを固定しているピンがあります。ハンマーや押しピン、またペンチを使って取外しましょう。
    • このようにして留め具をベルトに再度繋げることが可能です。
  5. 5
    留め具をベルトに再度取付ける 留め具が付いたコマとベルトの一方の側における最後のコマを並べます。[8]
    • 留め具を固定するためのピンが挿入される空いた穴が見えるはずです。
    • 取外したピンを1本取り、この穴の中に挿入します。
    • 大抵の場合、末端の手前部分までスムーズに挿入できるでしょう。
    • ハンマーを使ってピンを優しく穴の中にたたき込みます。
    • 留め具の反対側に関しても同じ作業を繰り返します。
    • こうして時計ベルトの調整と組み立てが完了です。
  6. 6
    時計を試しに付けてみる これで大きすぎず、小さすぎない状態で腕にフィットするはずです。[9]
    • 調整し過ぎてしまった場合には、時計ベルトの各側にコマを足してみましょう。
    • まだ緩く感じるようであれば、時計が快適にフィットするために、あといくつのコマを取外す必要があるかを再確認します。
    • 数日間時計を着用してみて、付け心地を確認してみましょう。

ポイント

  • この処理は硬めの平面上で行いましょう。こうして調整中に時計がなるべく動かないようにします。
  • 時計ベルトが緩すぎるために捨てようとしているのであれば、売ってみるという選択肢もあります。新しい時計を購入する資金の足しになるかもしれません。

必要なもの

  • 押しピン
  • ハンマー
  • ラジオペンチ
  • 調整可能なベルト付き時計

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む18人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: ファッション

他言語版:

English: Adjust a Watch Band, Español: ajustar la pulsera de un reloj, Deutsch: Ein Uhrenarmband einstellen, Português: Ajustar uma Pulseira de Relógio, Italiano: Regolare il Cinturino di un Orologio, Bahasa Indonesia: Menyesuaikan Ukuran Tali Jam Tangan, العربية: تعديل مقاس ساعتك, Français: ajuster le bracelet d’une montre, Tiếng Việt: Điều chỉnh dây đồng hồ, 中文: 调整表带大小, Nederlands: Een horlogebandje verstellen

このページは 133 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?