一日の始めに、爽やかに自信を持って外出できていますか?普段の日のメイクは、やりすぎたり手を加えすぎたりすることなく、シミを隠し、骨格や目を強調することが大切です。ファンデーションとパウダーを塗り、軽いアイメイクをして、自然な色の口紅を塗ったら、ナチュラルで洗練されたメイクの完成です。

パート 1 の 3:
下地を作る

  1. 1
    顔を洗う 朝はメイクをする前に顔を洗って、まっさらな土台を作ることから始めましょう。洗顔料を使うか、ぬるま湯を数回顔にかけて顔の汚れを洗い流しましょう。柔らかいタオルでやさしく抑えて、水分を取り除きましょう。
    • 熱いお湯で洗顔するのは避けましょう。肌が乾燥し、炎症が起こりやすくなります。洗顔にはぬるま湯が最適です。
    • 顔の水分を取り除くときは、擦らないようにしましょう。顔の皮膚は繊細なので、擦るとたるんでしまいます。
  2. 2
    角質を除去する 角質除去は毎日行う必要はありませんが、数日に一度行うと清潔感のある肌が保てます。乾燥して粉がふいたの肌にメイクをしても、きれいな仕上がりは期待できません。小さい洗顔ブラシや角質除去用のスクラブ、またはその他の顔用角質除去用品を使用しましょう。乾きやすく粉がふきやすい部分を中心に除去しましょう。
    • 時々フェイスマスクを使っても良いでしょう。肌のコンディションを保つことができます。泥マスクを使うと、洗い流す際に毛穴を洗浄し乾いた肌を除去することができます。
  3. 3
    保湿剤を塗る メイク前の最後のステップとして、保湿剤を塗りましょう。メイクを乗せやすくなり、仕上がりも良くなります。また、肌質にあった保湿剤を選ぶことも大切です。保湿剤は、顔全体にやさしくマッサージをするように塗ります。まぶた、唇、鼻も忘れずに塗りましょう。
    • メイクをする前に、数分待つと保湿剤が肌に浸透します。顔が湿っているまたはベタベタしている状態でメイクをしても、きれいな仕上がりは期待できません。
    広告

パート 2 の 3:
ファンデーションとパウダーを塗る

  1. 1
    肌のトーンに合ったファンデーションを塗る 肌質と肌の色に合ったファンデーションを選びましょう。リキッドファンデーションは多くの肌質に適します。色付きの保湿剤やBBクリームを使っても良いでしょう。油脂肌の場合は、プレストまたはパウダータイプのファンデーションが良いでしょう。店頭でファンデーションを試す際は、顎に少量を乗せ色が合うか確かめましょう。手の甲と顔の色は違うので、手の甲に乗せて色を試すのは避けましょう
    • ファンデーションブラシ、スポンジ、または指でファンデーションを均一に伸ばしましょう。厚塗りやムラにならないように注意しましょう。
    • シミにファンデーションを重ね塗りをして隠すのは避けましょう。逆にシミが目立ってしまいます。
    • あご先など、輪郭にもファンデーションをなじませましょう。
    専門家情報
    Luca Buzas

    Luca Buzas

    メイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト
    ルカ・ブザスはメイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト、そしてクリエイティブコーディネーターとしてロサンゼルスを拠点に活躍しています。写真撮影、映画、コマーシャル、ウェブコンテンツ関係の仕事を中心に7年以上の経験があり、Champion、Gillete、The North Faceなどのブランドの仕事でマジック・ジョンソン、ジュリア・マイケルズ、クリス・ヘムズワーズなどを担当しました。モダール・インターナショナル学院ハンガリー校にてワードローブスタイリングの学士号を取得しています。
    Luca Buzas
    Luca Buzas
    メイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト

    よりキラキラ感を出したい場合は、ファンデーションを塗ってから、頬骨の上にハイライターを塗りましょう。

  2. 2
    コンシーラーを塗る 肌の色に合ったコンシーラーを選びましょう。クマをカバーする場合は、肌の色より1トーン明るい色を選びます。コンシーラーブラシか指で少量のコンシーラーをクマに乗せやさしくなじませると、眠たげな表情を明るく見せることができます。
    • メイクの手順を簡略化したい場合は、コンシーラーを省いても良いでしょう。何に手をかけて、手を抜くのかは自分次第です。
    • 必要な場合は、シミにコンシーラーを少量重ねても良いでしょう。この場合は、肌の色に合ったコンシーラーを使います。
    専門家情報
    Luca Buzas

    Luca Buzas

    メイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト
    ルカ・ブザスはメイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト、そしてクリエイティブコーディネーターとしてロサンゼルスを拠点に活躍しています。写真撮影、映画、コマーシャル、ウェブコンテンツ関係の仕事を中心に7年以上の経験があり、Champion、Gillete、The North Faceなどのブランドの仕事でマジック・ジョンソン、ジュリア・マイケルズ、クリス・ヘムズワーズなどを担当しました。モダール・インターナショナル学院ハンガリー校にてワードローブスタイリングの学士号を取得しています。
    Luca Buzas
    Luca Buzas
    メイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト

    コンシーラーを長持ちさせるには、先に下地を塗りましょう。それから、コンシーラーでクマや目の下にあるシミなどを隠します。

  3. 3
    パウダーを塗る 肌の色に合ったパウダーを選びましょう。大きくて柔らかいパウダーブラシを使うと均一に塗ることができます。肌に乗せる際は、円を描くようにして乗せましょう。自然な仕上がりになり、ファンデーションがセットされて一日中崩れません。
    • メイクに時間を割ける日には、ブロンザーやハイライトを乗せて顔にめりはりを出しても良いでしょう。ブロンザーはきれいな影を作り、ハイライトは際立たせたい部分を強調します。
  4. 4
    チークを塗る ピンクがかったチークを使うと、自然な顔色を引き出すことができます。チークブラシに色を取り、笑ったときに一番高くなる頬の位置に円を描くようにして色を乗せましょう。
    広告

パート 3 の 3:
アイメイクとリップメイクをする

  1. 1
    アイシャドウを塗る 普段の日のシンプルメイクには、ナチュラルな色のアイシャドウパレットを使いましょう。目の色やカラーコンタクトの色に合わせて、ブラウン、ゴールド、グレーまたはブルーから選びましょう。スモーキーアイ用のパレット、鮮やかな色、宝石のような派手な色は、日中用のメイクには適さないので避けましょう。自然できれいな仕上がりになるアイシャドウの乗せ方は以下の通りです。
    • 肌の色に近い色のベースカラーから乗せましょう。指かアイシャドウブラシでまぶたから眉下まで色を乗せます。
    • 次に、まつ毛の際からまぶたのくぼみにかけて中間色を乗せましょう。
    • 柔らかいブラシでまぶたのくぼみのアイシャドウの色をなじませ、色の境目がはっきりと出ないようにしましょう。
  2. 2
    アイライナーを引く 日中用のメイクには、チャコール(黒と灰色の中間色)、ネイビーまたはブラウンのアイライナーが良いでしょう。黒のアイライナーは夜に外出する際のメイクに適します。まつ毛の生え際に沿って、滑らかでまっすぐな線を引くようにします。アイシャドウブラシでアイラインの線を軽くなじませると、滑らかな仕上がりになります。
    • 日中用のメイクに使うアイライナーはペンシルタイプでもリキッドタイプでも良いでしょう。より自然に仕上げるには、暗い色のアイシャドウを使ってもよいでしょう。
    • アイラインが滲んだら、綿棒でやさしく拭き取り再度ラインを引きましょう。
    • 普段の日のメイクには、下まぶたにラインは引かないのが無難です。
  3. 3
    マスカラを塗る 上下のまつ毛にマスカラを一度塗りましょう。まつ毛の根元にマスカラのブラシをあて、毛先に向かって動かします。片目に塗り終わったらブラシをマスカラの容器に一度挿入して、マスカラ液をブラシにつけてからもう片方の目のまつ毛に塗りましょう。普段の日のメイクには、黒かブラウンのマスカラが良いでしょう。
    • マスカラを塗らない場合は、ビューラーでまつ毛をカールさせると、自然できれいな仕上がりになります。
  4. 4
    リップカラーを塗る ピンクか自然な色の口紅またはリップグロスを塗って、普段日のメイクは完成です。日中用のメイクをする際は、リップライナーを引きすぎたり、鮮やかで大胆な色を使ったりするのは避けましょう。塗りすぎた口紅やグロスは唇にティッシュを軽く乗せて取り除きましょう。
    • 鮮やかな色の口紅を使う場合は、日中用のメイク向けに色を抑える方法があります。まず、下唇にのみ色を乗せてから、上下の唇をすり合わせ上唇にも色を移します。最後に無色のグロスを重ねましょう。
  5. 5
    完成です
    広告

必要なもの

  • 保湿剤
  • ファンデーション
  • パウダー
  • チーク
  • ハイライトとブロンザー(お好みで)
  • アイシャドウ
  • アイライナー
  • マスカラ
  • 口紅またはリップグロス
  • ブラシまたはスポンジ

注意事項

  • メイクの厚塗りをすると、洗練された仕上がりは期待できません。
広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

速くヒゲを生やす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

防犯タグを外す

How to

そばかすを消す

How to

お酒の臭いを消す

How to

えくぼを自然に作る

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

タトゥーシールをはがす
広告

このwikiHow記事について

Luca Buzas
共著者 ::
メイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト
この記事の共著者 : Luca Buzas. ルカ・ブザスはメイクアップアーティスト、クローゼットスタイリスト、そしてクリエイティブコーディネーターとしてロサンゼルスを拠点に活躍しています。写真撮影、映画、コマーシャル、ウェブコンテンツ関係の仕事を中心に7年以上の経験があり、Champion、Gillete、The North Faceなどのブランドの仕事でマジック・ジョンソン、ジュリア・マイケルズ、クリス・ヘムズワーズなどを担当しました。モダール・インターナショナル学院ハンガリー校にてワードローブスタイリングの学士号を取得しています。 この記事は1,082回アクセスされました。
このページは 1,082 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告