PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

何が普通かは時代によって、また地域によって異なります。普通の人になるための規則が存在するわけではありません。ただ、どうしたら普通に振る舞えるかが分からない場合には、周囲に合わせるように努力すると良いでしょう。その方法はいくつかありますが、まずは自信を持つことが一番大切です。そうすれば、自然に全てが上手く行くでしょう。

パート 1
パート 1 の 4:
自信を持つ

  1. 1
    他人の意見を尊重する 他人からどう思われているかを気にかけないようにしましょう。気持ちがスッキリしてストレスを減らすこともできます。また徐々に自信もついてくるため、より「普通の人」に見えるようになります。普通の人になることに固執しないようにすれば、より自信ある人になれます(またはそういう印象を与えられます)。加えて、自分のことばかりに捉われなくなるため人を思いやる余裕が生まれます。
  2. 2
    ボディーランゲージを使って自信を表現する 内心、「恥ずかしい」「場違いな気がする」と思っていても、ボディーランゲージによって物怖じしない自信に満ちた人という印象を与えることができます。最近の研究結果では「パワーポーズ」を取ると脳内物質が変化してテストストロン(男性ホルモン)が放出され、逆にストレス時に分泌されるコルチゾールの量が減るために、自信がつき勢力的になることが分かっています。[1]
    • 自信あることを示すボディーランゲージとは、自分を「解放する」仕草を意味します。腕や脚を広げ、肩を後ろに引きましょう。猫背になったり背中を丸くしたりなど、体を閉じてしまうとストレスホルモンが増加します。そのような姿勢は避けましょう。[2]
    • 新しい職場や学校など初めて行く場所や、過去にからかわれたことのある人との交流は緊張するものですが、そういう状況におかれたら、まずは人のいない場所に行き2〜3分「パワーポーズ」をとってみましょう。[3]
    • 「ワンダーウーマン(米国のスーパーヒーローの映画)」のポーズを試しましょう。肩を後ろに引き両手を腰に添え、足を肩幅に広げ顔を高く上げましょう。
    • 自信に満ちたパワフルなポーズを取る自分を想像するだけでも違います。テーブルの上に足をのせ、両手を頭の後ろに回して椅子の背もたれに寄りかかっている自分を想像しましょう。
    • 立つ時は常に肩を後ろに引き、両手を腰に添えましょう。[4]
  3. 3
    選択を正当化する 例えば「この携帯電話用ホルスターは変だ」と思ったとしても、感情的にならずに冷静に考えてみましょう。「仕事や自分の生活のために身につけなければいけないものなら、必要悪として付けるという判断は理にかなっていそうだ。しかし、ベルトに付けて人の目に触れれば変人扱いされるだろう。だから携帯電話をポケットにしまえるものなら、そうした方が良いかもしれない」などという具合です。合理的に考えられると日々の行動が慎重になり良い習慣付けもできるようになるため自信にも繋がります。
  4. 4
    大らかな態度で対話する 人とのやり取りには慎重に行い注意を払うべきですが、あなたに変わった癖があったとしても他人はあまり気づかないものです。癖を直そうと努力している段階では、相手に色々な質問を投げかけて相手の話に耳を傾けるようにしましょう。話す時には自分にとって話しやすいトピックを持ち出しましょう。そうすれば、周囲からの注目を感じずに済むでしょう。
  5. 5
    体のケアをする 周囲に馴染むのに背が高くて痩せていることが条件ではありません。しかし、バランスの取れた食事や適度な運動は、体のキレや機能の改善に大いに役立ちます。気分が上がれば自信も自然についてくるため、素直に自分を受け入れることができ、周りにも自信に満ちた人という印象を与えられます。また運動は精神面と感情面の健康を向上させます。
    • 健康的な食事をとりましょう。毎日、たんぱく質、炭水化物、果物、野菜、脂肪の全てをバランスよく摂りましょう。健康維持のために「健康マニア」になる必要はありません。時には、アイスクリームやポテトチップを食べても問題ありません。食べ過ぎは禁物ですが、健康的な食生活を送っている自分へのご褒美として、たまにジャンクフード(高カロリー、低栄養の食べ物)を食べるのなら意味のあるものだと言えます。
    • 十分に運動しましょう。長時間テレビを見る習慣があるなら、外に出て新鮮な空気を吸いましょう。サイクリングに出かける、泳ぐ、散歩に行くなど色々な方法で運動できます。身体活動は健康維持に欠かせないだけでなく、体重増加を防ぐ効果もあります。
  6. 6
    定期的に新しいことに挑戦する 変化を好まない人はたくさんいますが、新しいことへの挑戦は視野を広げるために欠かせません。最終的に好きになるかどうかは別として、新しいことに挑めば、自分自身を深く理解できアクティビティそのものについての知識も増えます。友人と新しい趣味に挑戦しましょう。快適感が増すでしょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
周囲に合わせる

  1. 1
    自分と似た人を見つける 新しい環境で生活を始める際、特に異なる文化背景を持っている場合には、支援ネットワークを作るのが難しいかもしれません。自分と似た文化的背景や価値観を持っている人を探しましょう。新しい環境に慣れる努力をする一方で、同じような価値観や社会的習慣を持つ人たちとの一緒の時間は自身にプラスに働くでしょう。また、「自分は変人ではない、標準的な人だ」という意識も強くなり、「人は理解してくれる、必要であれば誰かが助けてくれる」という安心感も芽生えるでしょう。[5]
    • インターネットで共通の興味を持つ人たちとのオフ会を探しましょう。また、地域のコミュニティセンター、地元の市民大学、商店街などで興味が持てそうなグループ活動を見つけましょう。
  2. 2
    周りの人々と同じような服装を整える 異様に目立たないようにするには、服装に気をつけるのが一番簡単な方法かもしれません。住んでいる地域に溶け込める服装をするのはもちろんですが、周りの人たちよりもカジュアル過ぎず、また凝り過ぎないように注意しましょう。職場では特に重要です。また交流の場所でも同じように服装に注意しましょう。[6]
    • 他人への同調は自尊心を高める上で役立ちます。好きな人や尊敬する人のファッションと自分を重ねたり彼らのように行動している自分を想像すると、自信が高まり不安感が減ります[7]
    • 周りに合わせた服装を整えつつ自信をつけ構えることなく冒険できるようになるまで、好きな人や尊敬する人の言動を真似ながら自分に対する肯定的宣言、いわゆるアファメーションを唱えましょう。繊細な部分が少なくなり、周りの人たちと深く関われるようになるでしょう。[8]
  3. 3
    場の雰囲気を読む 環境に適応するということはその場所の文化的習慣を学習するだけでなく、日常のあらゆる状況にも慣れなければなりません。会合などに参加したら、人の様子を観察しましょう。人々が深い感情に包まれている様子なら、その感情を逆撫でする行為は控えましょう。場にそぐわない冗談を放てば人々は動揺し憤慨もし、あなたを避けるようになるでしょう。
    • 周囲の人々のボディランゲージや表情に注意しましょう。彼らは寛いで心を開き笑顔を向けていますか。それとも体を閉じ眉をひそめていますか。リラックスしていますか。それとも体を強張らせ緊張しているでしょうか。
    • 人々は静かな口調で話していますか、それとも普通の声ですか。大声で叫んだり笑ったりしていませんか。
  4. 4
    周囲と同じような行動したり仲間と一緒に活動に従事する グループの一因だと思ってもらうには、他のみんなと同じように行動すると良いでしょう。しかし、注意しなければならないことがあります。標準的なものとして行われているアクティビティだとしても、間違った行為ではないという保証はありません。どんちゃん騒ぎ、飲酒、違法薬物の乱用などは危険を伴う、不健康で間違った行為です。そんな時は同調できないという心配は不要です。それらの行為は避けましょう。[9]
    • グループの全員がサッカーに夢中になっている場合は、興味を持って挑戦しましょう。試合に参加したりサッカーの基本を学んだりしましょう。最終的に興味が持てなければ続ける必要はありません。しかし、好きになろうと努力をすることが大切です。
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
人と上手くやっていくスキルを磨く

  1. 1
    行事や会合に参加する 奇妙に聞こえるかもしれませんが、行事ごとへの参加を避け続けると目立ってしまいます。誘いを受けるたびに断っていれば友達を失ったり同僚を遠ざけてしまうでしょう。行事ごとは腰が引けてしまうこともあります。特によく知らない人が集まる会合などは気乗りがしないでしょう。誘われる会合が常に行きたいと思うような理想的なものではないかもしれません。しかし何にでも積極的に参加すると、普通の人、近づきやすい人という印象を持ってもらえます。
  2. 2
    社会生活を活発に送る あらゆる場所で誰とでも友達になれると社会生活が活発に送れます。派閥がないか、誰が自分の好みかなどと考えたり悩んだりする必要はありません。人と意気投合し仲良くなれれば、自然に友情が育まれます。友達がたくさんいれば、より親しみやすい人、近づきやすい人という印象を与えられます。
  3. 3
    親切で礼儀をわきまえた人になる 人は一緒にいて楽しい人を高く評価します。いつも一緒にいる友達に礼儀正しく振る舞うことはないかもしれませんが、良い印象を与えたいと思っているなら、親切で礼儀をわきまえた接し方をしましょう。
  4. 4
    最初からあまりにも多くを他人に伝えない 新しい人との出会いはワクワクするものですが、いきなり馴れ馴れしく接するのは避けましょう。互いが打ち解け合える機会が自然に訪れるものです。それを待ってから色々な会話を楽しみましょう。相手をよく知るまでは健康問題、性的嗜好、過去のトラウマといった個人的な話題は避けましょう。新しい友達を探している間は言葉遣いや話題に気をつけて相手を遠ざけないようにしましょう。
  5. 5
    感情を抑える 強い感情が起こるのは普通にあることで、理想的なことでもあります。しかし、荒々しく怒ったり深く嘆いたりなど、感情を露わにすると人は不快感を覚えます。些細なことにいちいち反応せず感情をコントロールすることを覚え、建設的に気持ちを表現するようにしましょう。叫んだり、物を投げたり、ののしったり、暴力を振ったりしてはいけません。不快感は出来るだけ抑え、静かに常識的に表現しましょう。
    • すぐに怒りがこみ上げてくる、またはうつ状態ではないかを思う場合には、躊躇せずに精神科のセラピストやカウンセラーに相談しましょう。専門家に相談に行くからといって「狂人」ということにはなりません。専門家は患者が辛い経験をしている時にアドバイスを提供し手助けをしてくれます。それ以上にもっと大きな役割を果たしてくれることもあります。
  6. 6
    強い意見を控える 政治問題など特定の事柄に関して強い意見を持つのは普通のことです。色々な問題について人と理に叶った方法で深く議論することは問題ありません。しかし、自分の意見と異なるという理由で相手を頻繁に嘲笑したり攻撃したりしていれば、自然に人から相手にされなくなるでしょう。人の意見に耳を傾け広い心を持つように心がけましょう。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
清潔さを保ち整理整頓を心掛ける

  1. 1
    家の中を清潔に保ち整理整頓を心掛ける 埃が溜まっていたりキャンディーの包み紙などが散らかっていると訪問者に悪い印象を与えます。装飾を施したきれいな家を人に披露することを誇りに思う人がたくさんいます。基本的な家事がきちんとできることを招待客や訪問者に示しましょう。
  2. 2
    ほどほどに清潔さを保つよう努力する だらしないかどうかは家の中を見るまでもなく一目で分かります。とは言え、潔癖症になる必要はありません。神経質な人いう印象になります。何事もバランスが大切です。潔癖症とその真逆の中間を目指しましょう。[10]
  3. 3
    身だしなみと衛生管理に時間をかける 私たち人間が衛生管理を日課にするようになったのは不思議ではありません。定期的な衛生管理や身だしなみは外見だけでなく、心と体の健康にも大切なことです。衛生管理を日課にしていれば常に清潔な体を維持でき、周囲からも高く評価されるでしょう。
    • 歯を磨きフロスもかけましょう。毎日の歯磨きにデンタルフロスでのケアを加えれば、歯を常に最高の状態に保つことができます。
    • 外出前には体臭防止剤をつけましょう。悪臭は即悪い印象に繋がります。体臭がひどい場合は医師に相談して体臭防止剤を処方してもらいましょう。[11]
    • 髪を長くしていても定期的にカットに行きましょう。頻繁にカットする必要はありませんが、手入れの行き届いた髪は周囲に好印象を与えます。
    広告

ポイント

  • セラピストや信頼できる友人に自分が考える標準的な人とはどんな人かを伝え、自分が標準的な人間かどうかを話し合いましょう。特定の状況においてどうすべきかなどのアドバイスをしてもらえるでしょう。
広告

注意事項

  • 行事ごとに参加することと、仲間からのプレッシャーに屈することは異なります。危険な行為に走ったりそれを人に強制したりするグループとの交流や外出は避けましょう。真の友達であれば人が不快に思うことを強制しません。
  • 人に強制されてあるがままの自分を変えてはいけません。ただし、人からのアドバイスを聞き同意できる点があるなら、生活習慣や態度を変えましょう。
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

William Gardner, PsyD
共著者 ::
臨床心理学者
この記事の共著者 : William Gardner, PsyD. スタンフォード大学を卒業している臨床心理学者のウィリアム・ガードナー医師は、サンフランシスコの金融街にて成人クライアントを対象としたカウンセリングを行い、10年以上の臨床経験があります。認知行動療法を用い、各個人の環境や症状に適した治療を行うテーラーメイド心理療法を通じて、精神症状の軽減や、心身状態の改善を促すサポートを行っています。2009年、スタンフォード大学にて博士号(根拠に基づく臨床診療専攻)を取得。その後、カイザー・パーマネンテ病院にて研修を修了。 この記事は1,384回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 1,384 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告