最も妊娠しやすい日を見極める方法

2 パート:月経周期を理解する妊娠しやすい日を見極める

月経周期は妊娠のための重要な要素のひとつです。月経周期の中で一番妊娠しやすい排卵のタイミングにあわせて性交をすると、妊娠する確率が大きく上昇します。最も妊娠しやすい日を見極める前に、まずは自分の月経周期を知り、正しく記録しておく必要があります。

パート 1
月経周期を理解する

  1. 1
    月経周期の主な段階を知る 月経周期にはいくつかの段階があり、周期中はいつでも妊娠しやすいというわけではありません。周期のどの時点で性交をしても妊娠するというのは間違いで、実際には、排卵前と排卵日の最も妊娠しやすい時期にしか妊娠は成功しません。排卵とは成熟した卵子が卵巣から放出されることで、その後、卵子は精子との受精のために卵管を通ります。月経周期の段階は次のように分類されます。[1][2]
    • 月経期:生理の開始とともに月経周期が始まります。[3] 生理中は不要になった子宮内膜が膣を通って体外に排出されます。生理は3日から7日間続き、その間は出血がおこります。生理が終わると「卵胞期」が始まり、卵子を含んだ卵胞の発育が始まります。卵胞期は排卵まで続きます。卵胞期は通常13日から14日間ですが、個人差があり、人によっては11日から21日間続くこともあります。
    • 「排卵期」は黄体化ホルモンの分泌量が急上昇するときで、このホルモンの働きによって卵子が卵胞から離れ出ます。排卵期は短く、通常16時間から32時間続き、排卵とともに終わります。[4]
    • 排卵後は「黄体期」と呼ばれ、翌月の生理が始まるまで続きます。黄体期は受精に成功したときにために子宮内膜を厚くして着床に備えます。黄体期は周期のはじめからおよそ14日後に始まり、その後14日ほど続きます。[5]
  2. 2
    妊娠しやすい日に気をつける 月経周期の中で妊娠しやすい期間はおよそ6日間で、その間に性交をすれば妊娠する可能性が最も高くなります。[6]
    • 妊娠しやすい日に性交したからといって必ず妊娠するとは限りません。しかし、排卵日の5日前から排卵後24時間に性交をすれば、妊娠の可能性は大きく上昇します。若く健康で妊娠可能なカップルならば、このタイミングに性交をすれば20%から37%の確率で妊娠します。[7]
  3. 3
    月経周期が正常かどうかを確認する 女性の月経周期には個人差があり、ストレスなどの外的要因からも影響を受けます。月経周期が正常(すなわち毎月ほぼ同じ日に生理が始まる)かどうかを判断するには、毎月の生理の日数を3-4か月にわたって記録するのが最善の方法です。
    • 生理が始まった日を1日目としてカレンダーに記入し、次の生理が開始するまでの日数を数えます。平均的な周期は28日ですが、21日から35日周期の個人差がみられます。
    • 3、4か月間記録をつけて、周期が毎月同じ日数かどうかを見ます。
  4. 4
    生理不順かどうかを確認する 3、4か月間記録をつけても一定の周期が見いだせないときは生理不順かもしれません。急激な体重の減少、過度の運動、ストレスや深刻な病気などのせいで生理不順になることも少なくありません。生理不順の場合は、医師に相談して深刻な病気が関係していないかどうかを診てもらいましょう。生理不順であっても妊娠しやすい日を予測することはできますが、正常な月経周期の人と比べると時間と努力が必要になるでしょう。[8]
    • 妊娠中でなく生理が90日以上ない場合は医師に相談しましょう。正常だった月経周期が不定期になったり、生理と生理の間に出血したりする時は医師の診察を受け、ホルモン異常や生殖器官の炎症、その他の病気がないかを診てもらいましょう。[9]

パート 2
妊娠しやすい日を見極める

  1. 1
    月経周期を考慮して妊娠しやすい日を見出す 生理が正常ならば、生理の平均的な日数によって妊娠しやすい日を割り出すことができます。妊娠しやすい日は排卵日までの6日間ですが、最も妊娠の可能性が高くなるのは排卵日前の3日間です。[10] 月経周期の終わりから14日前が最も妊娠しやすい日であるため、自分の月経周期にその日数を当てはめて計算します。[11]
    • 28日周期の場合: 生理が平均して28日周期なら、生理開始後14日目が排卵日で、最も妊娠しやすいのは12、13、14日目です。
    • 35日周期の場合:周期が長めの人は生理開始後21日目が排卵日で、最も妊娠しやすいのは19、20、21日目です。
    • 21日周期の場合:周期が短めの人は生理開始後7日目が排卵日で、最も妊娠しやすいのは5、6、7日目です。
    • 月経周期が正常であっても上記の周期にあてはまらない場合は、妊娠しやすい日を計算で割り出せるインターネット上のサイトを利用することもできます。最終生理開始日を入力するだけで妊娠しやすい日が割り出せます。[12]
  2. 2
    体温を測るか生理不順ならば排卵検査薬を使う 生理不順気味ならば、他の方法で排卵日を予測することもできます。[13]
    • 基礎体温の記録: 排卵時には体温が上昇します。毎朝同じ時間に体温を測り、体温の変化を見ましょう。排卵後24から48時間の間に体温が0.3度ほど上がるのが普通です。体温は市販の体温計もしくは基礎体温計で測定できます。
    • 排卵検査薬の利用: 薬局で排卵検査薬を購入します。基礎体温を測る方法よりも費用はかかりますが、排卵日の把握には一番確実な方法です。排卵検査薬は尿中の黄体化ホルモン(LH)の濃度を測ります。尿を検査薬にかけてLH濃度が上昇しているかどうかを調べます。LH濃度の上昇は卵子が卵巣から離れようとしている排卵の直前であることを示しています。
    • おりものの変化: 排卵前までは水のように薄い透明なおりものがたくさん出ます。おりものには精子が卵子まで行き届く道のりをなめらかにする役割があります。排卵直前にはおりものの量が増えて、透明で粘り気がある生の卵白のような感触に変わります。清潔な指やティッシュで膣を優しく拭いておりものを確認できます。同じ日に数回試してもおりものを確認できないようならば、妊娠しやすい時期ではないでしょう。
  3. 3
    妊娠しやすい日に性交をする 医師からは、排卵日の5日前から排卵日の翌日まで毎日もしくは1日おきに性交をするように助言されることが多いでしょう。精子は女性の体内で5日間生存できるのに対し、卵子の寿命は12~24時間であるため、排卵日前、排卵日そして排卵日の翌日に性交を行うと妊娠の可能性が最も高くなります。[14]
    • 妊娠しやすい期間に、または排卵日の3日から5日前に性交をするように心がけましょう。排卵が始まってから性交をしても、精子が卵子までたどり着けない可能性があります。
    • 35歳以下で1年間、35歳以上なら半年間、妊娠しやすい日に性交していても妊娠に至らない場合は、医師の診察を受けましょう。パートナーと一緒に検査を受け、妊娠に至らない理由を調べましょう。

必要なもの

  • カレンダー
  • 体温計
  • 排卵検査薬

記事の情報

カテゴリ: 人生計画・ライフスタイル

他言語版:

English: Determine Your Most Fertile Day to Conceive, Português: Determinar o seu Dia Mais Fértil para Concepção, Italiano: Determinare il Giorno più Fertile Per Concepire, 中文: 确定最佳受孕日, Русский: определить самые благоприятные дни для зачатия, Deutsch: Wie man seine fruchtbarsten Tage feststellt, Español: saber tus días fértiles para quedar embarazada, Français: déterminer vos jours de fécondité, Bahasa Indonesia: Menentukan Masa Subur untuk Mengandung, Tiếng Việt: Xác định Ngày dễ Thụ thai nhất, العربية: تحديد أكثر أيامك خصوبة للحمل, Nederlands: Je meest vruchtbare dag bepalen om zwanger te worden, Čeština: Jak určit nejplodnější dny k početí, ไทย: ระบุวันที่มีโอกาสจะตั้งครรภ์มากที่สุด

このページは 2,415 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?