最初のデートが近づいてきました。予約はすべて完璧です。さて、相手に会うときに花束を持って行くべきでしょうか?このデートを特別なものにしたいのは当然ですが、間違って相手を圧倒しないように気をつけないといけません。しかし、心配無用です。この記事ではあなたの質問に答えるだけでなく、デート相手のハートを射止めるためのヒントをたくさん紹介します。最初のデートに花束を持って行くべきか否かについて、知っておくべきことが全部ここにあります。

方法 1
方法 1 の 2:
最初のデートで花束を渡すべきか?

  1. 1
    止めましょう、かっこよくありません。20年前ならいざ知らず、いまどき、花束を差し出すのは自分が期待する以上に昔風に見える可能性があります。堅苦しい人だと思われないために、花束は家に置いていきましょう。[1]
  2. 2
    力み過ぎだと思われるかもしれません。特別な思いがこもっていない贈り物(花束など)を持って現れると、意図したわけではないのに、「あなたに何をあげたらいいかわからなかったけど、自分を好きになって欲しいと心から思っている」というメッセージだと解釈されるかもしれません。もちろん、好きになって欲しいでしょう。しかし、デートの相手を魅了するにはもっと効果的な方法があります。繰り返しますが、花束は家に置いていきましょう。[2]
  3. 3
    あなたが恋愛を強要しているように思われるかもしれません。最初のデートでは、まず相手と親しくなって関係を築くことを意識しましょう。あなたが花束を持って現れると、あなたにそのつもりはなくても、すでに何かを期待されているようなプレッシャーを相手に与えるかもしれません。2人がときめきを感じるチャンスを作るため、花束は家に置いていきましょう。                         [3]
  4. 4
    性急な感じがするかもしれません。恋の進展が早すぎると、デートの相手は圧倒されるかもしれません。お互いよく知り合う前にあなたが出過ぎた振る舞いをすると、相手を混乱させたり、うんざりさせたりする可能性があります。相手の関心を繋ぎ止めてあなたのことを知りたいと思わせるためには、花束は止しましょう。[4]
  5. 5
    相手は人目を気にするかもしれません。あなたがデイジーの花束を持ってレストランに現れたら、デートの相手はいたたまれないと感じるかもしれません。相手は、「嫌だ、ここにいる全員が注目しているんじゃない?これが初めてのデートだって、みんなにバレてるかな」などと思うかもしれません。デートの相手にはあなたを知ることに集中して欲しいので、きまり悪くさせないために、花束は家に置いていきましょう。[5]
  6. 6
    行動が制限されて不便です。ボタンの花束を持ち歩かなければならないとしたら、デートコースが大きく変わってきます。デートの行き先を柔軟にするために、花束は家に置いていきましょう。花束を持っていると、踊って飲んだり、公園まで競争したり、テーブルの少ない混みあったバーで楽しんだりといった活動を一緒に楽しむのが難しくなります。[6]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
花束の代わりに、最初のデートでは以下を試す

  1. 1
    一風変わっていて気の利いた安価な贈り物を持って行きます。プレゼントで相手に特別感を与えることは可能ですが、必ず適切な物を贈りましょう。相手を笑わせ、かつあなたが話をしっかり聞いていることを示すプレゼントを持って行きましょう。[7] あなたの計画性と創造性とを印象付けるようにし、時代遅れの物や高価すぎる物をプレゼントして相手から距離を置かれないようにします。[8]
    • 同じような趣味があれば書き留めて、贈り物のヒントに使いましょう。同じアニメが好きなら、そのキャラクターのマスコットを持って行くことができます。
    • または、内輪ネタをヒントに使います。最初のデートの日にいつも髪型が決まらないという内容のメッセージを交わしたことがあれば、デート当日櫛をプレゼントして相手を笑わせましょう。
    • 何にすべきか迷う場合は、気の利いた、ただしあまり特定の意味はないプレゼントを持って行きましょう。例えば、本好きの相手にはしおりを、甘いもの好きには小さなチョコレートを贈ります。
    • 下着や宝飾品など、露骨に性的な物や高価な贈り物は避けましょう。
  2. 2
    自信があるように見せます。このためには衣服やジェスチャー、言語によるサインが重要になります。特に最初のデートでは、自分に自信のある人物が好意を持たれやすいものです。[9]
    • 自分がとびきり素敵だと思える衣服を着ましょう。身なりに構わないよりも、おしゃれしているほうが好感を持たれます。
    • 相手と目を合わせます。[10] 背筋をまっすぐ伸ばして立ちます。できればモジモジしないで、話すときは手振りを加えましょう。
    • ゆっくりはっきりと話します。会話が滞るかもしれませんが、よくあることなので、ストレスを感じる必要はありません。間が空いたら、気の利いた質問をしましょう。
  3. 3
    デートの相手と本物の絆を築きましょう。花束をプレゼントすると、性急に親しくなることをあなたが強要していると相手に感じさせるかもしれません。そうではなく、相手を本当に知ることに心を注ぎます。[11] 気の利いた質問をし、積極的に話を聴き、相手と過ごす一瞬一瞬に意識を向けるようにします。[12]
    • 2人が結びつく助けになる質問をしましょう。「今年、すごく習ってみたいことや上達したいことはある?」
    • 相手が打ち解けて話しやすいように、アクティブリスニング(積極的傾聴)のサインを見せましょう。具体的には、相手の話に合わせてうなずく、確認のための質問をする、相手の気持ちを認めるなどをします。
    • 「今ここ」に集中するようにします。2人が知り合っていく過程を楽しみましょう。ストレスになる考えが浮かんだ場合は、深呼吸してから再び集中しましょう。
    • デート相手に心地よく感じてもらうことを最優先します。これが、素晴らしい関係を作り出すための最善策です。
    広告
  1. Lisa Shield. デートコーチ. 専門家インタビュー. 13 December 2018.
  2. https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-attraction-doctor/201108/how-connect-date-or-mate
  3. Lisa Shield. デートコーチ. 専門家インタビュー. 13 December 2018.

このwikiHow記事について

Lisa Shield
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : Lisa Shield. リサ・シールドはロサンゼルスに拠点を置く恋愛関係コーチングのエキスパートです。スピリチュアル心理学の修士号とライフ・リレーションシップコーチの資格を持ち、17年以上の経験を有します。The Huffintin Post、Buzzfeed、LATimes、Cosmopolitanなどのメディアにも登場しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 67 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告