最高の親友になる方法

共同執筆者 Klare Heston, LCSW

最高の親友になりたいと思っているけれど、完璧な友情を築くには何から始めたらよいのか分からないと悩んでいませんか?親友と仲たがいしてしまい、「許してくれるのであれば、自分は一緒にいる価値のある親友になれると証明したい」と感じている人もいるでしょう。最高の親友になりたいと思う理由は人それぞれですが、この記事を読み進めれば役立つヒントが得られるはずです。

パート 1 の 5:
自尊心を持つ

  1. 1
    自分らしく振る舞う 誰かにとっての良き友人になりたいなら、ありのままの自分でいることです。自分らしくいれば、友人もそのままのあなたを受け入れてくれるでしょう。自分を偽っても、しんどい思いをするだけで、親友を失うことさえあるかもしれません。ありのままのあなたを受け入れてくれる人と親友になりましょう。自分を偽ってまで誰かと友達になる価値はありません。[1]
    • 感情を溜め込んではいけません。親友に対して不快感を抱いている場合、そのことについて話しましょう。あなたの友人は問題を解決したいと思っていても、その方法が分からないだけかもしれません。そのような理由で友情が壊れてしまうのは辛いことです。2人の間に生じたわだかまりを解けば、再び友達に戻ることができるでしょう。
  2. 2
    まずは自分自身の親友になる 自分を尊重しましょう。自分を敬うことができなければ、他人を尊重することはできません。自分なりに人間関係における境界線を引き、その考えを尊重しましょう。そうすることは自分にとって健全なだけでなく、十分な実践と経験が得られるため、他人の境界線を尊重するにあたっても役に立ちます。自分にとって大切だと感じる価値観を理解し、その考えに忠実でありましょう。相手が自分と異なる価値観を持つ場合、自分が傷つくだけでなく、相手も傷つけてしまう可能性があるため、あなたの考えを尊重してくれる人と友達になりましょう。
    • 他の人とも親しくなりましょう。恋愛にせよ友情せよ、他人との関わり合いにより、自分をよく知ることができます。自分を知るのを恐れる必要はありません。自分のことを好きになれない人は、他人からも好かれにくいでしょう。
    • 自分を厳しく判断してはいけません。我々は自分の評価基準を高く設定してしまいがちですが、それを維持するのは不可能です。完璧主義者の人は、もう少し自分に寛容になってみましょう。
    • 弱い部分を見せるのは悪いことではありません。人は誰しも何かに対して弱みを持っているはずです。親友に自分の弱みを見せてもよいのです。あなたに弱い部分があったとしても、親友なら気にしないでしょう。それを気にするような人は、友人として相応しくありません。
    • 友人があなたの欠点を優しく指摘してくれたり、2人の友情関係をさらに良いものにするために、「こういうところを変えるといいと思う」などと提案してくれることもあるでしょう。そのような時に、守りの姿勢を取ったり、友人に対して反感を抱いてはいけません。友人はあなたがより素敵な人になれるよう手助けしようとしているだけであり、そのような思いやりのある友人がいるのは幸せなことです。自己改善をすれば、今後、友情関係が壊れるのを防ぐことができるでしょう。
      • しかし、あなたに欠点があることをよく思っていなかったり、欠点をからかってくるような友人に対しては、優しく自分の気持ちを伝えましょう。それでもからかうのを止めないような友人とは、これ以上一緒にいるべきではありません。
    広告

パート 2 の 5:
信頼と絆を築く

  1. 1
    お互いに信頼し合う 親友を喜ばせ続けるのは難しく、不可能なことなのではないかと思うかもしれませんが、良き親友でいるのはそれほど難しいことではありません。大切な事柄に関して、お互いに信頼し合えることさえできればよいのです。親友を騙したり、利用するようなことはせず、「この人なら信用しても大丈夫だ」と思ってもらえるようになりましょう。[2]
    • あなたの親友であっても、その人には他にも友達がいることを理解しましょう。その人にとってあなたは大切な存在なのだと信じ、あなた以外の人とも社会的な付き合いがあることを受け入れましょう。友人に対して愛情があるのなら、決して嫉妬してはいけません。
      • 孤独にならずに済むよう、小さな友達の輪を築いておくとよいでしょう。そうすれば、ある友達に会えない時や、ある友達が実は自分の敵であったなどという場合でも、あなたを支えてくれる友達が他にもいることになります。できるだけ多くの人と知り合いになるのは良いことですが、秘密を打ち明けるのはほんの数人の親しい友人に留めておきましょう。そうすることで、あなたの秘密が漏れてしまう可能性が低くなります。
    • 隠し事をしてはいけません。自分の日常についてや、他の人について耳にすることをオープンに話しましょう。話したくないことがあるのなら、初めからその話題を持ち出してはいけません。友達に話してほしいとせがまれても、話したくない場合は「君は僕の親友だよ。誰かに言うとすれば、その相手は君だ。だけど今はまだ誰にも言いたくないんだ。僕の心の準備ができたら必ず君に最初に伝えると約束する」などと言いましょう。
    • 時には辛い思いをする場合もあることを頭に入れておきましょう。友人が物事をじっくりと考えられるよう、時には一人の時間を与えてあげることも大切です。友人と少し距離を置き、自分だけの時間を持つことも大切だと理解できる人こそ、最高の親友だと言えるでしょう。
  2. 2
    信頼される人になる 友人から秘密を打ち明けられたら、その秘密を口外しないようにしましょう。友人に秘密にしてほしいとお願いされたのなら絶対に他人に言ってはいけません。「この人なら信用できるから言っても大丈夫だろう」と思っても、友人の秘密を漏らすのはやめましょう。秘密は秘密ですから守り抜かなくてはなりません。
    • 危険を伴う秘密とそうでないものの違いを理解しましょう。危険な秘密はあなたの友人の人生を脅かすだけでなく、あなたにも危害を加える可能性があります。友人は他人に秘密を知られたくないと思っているかもしれませんが、あなたの両親や他の信頼できる大人に伝えるのが賢明であると言えます。もしかしたら、友人は一人で秘密を抱え込むことに疲れてしまい、密かに助けを求めているのかもしれません。
    • 自分が言ったことは守りましょう。「言うは易く行うは難し」ということわざがあります。何かをする約束をしたのなら、最後までその約束をしっかりと守りましょう。あなたは自分が言ったことはしっかり守る人であると友達に分かってもらいましょう。
    • 親友の噂話をしてはいけません。噂話になりそうなことは何も言わないようにしましょう。例えば、友人が誰かに片思いをしていることをあなたが他の人に話したら、友人は恥ずかしい思いをしてしまいます。誰かに話すのであれば、友達の承諾を得てからにしましょう。これらのことを守るのは時に困難な場合もありますが、確固たる友情を築きたいのなら、注意しなくてはならない点です。
  3. 3
    誠実でいる 友人があなたの支えを必要としている時は救いの手を差し伸べてあげ、自分自身を擁護していたら、それを尊重しましょう。友人を信頼し、自分の弱い部分を見せましょう。良いことや悪いこと、対立などがあろうとも、それを乗り越え、真の友情を育んでいくのです。
    • 友達であっても必要ならば「ちがうよ」と言いましょう。誠実でいてこそ価値のある友達と言えます。相手が間違っていると思ったら、敬意を持ってそう言いましょう。人生とは間違いから学ぶものであり、常に正しくなければいけないわけではないのです。
    • 時には友人を否定することも必要だと理解しなければ、友情は改善されるどころか、もろいものになってしまうでしょう。友人はあなたに依存するようになり、あなたは不快感や苛立ちを感じ始めるかもしれません。
  4. 4
    口論になっても仲直りする 面と向かって、またはショートメッセージなどを通して友人に意地悪なことを言ってはいけません。謝ったとしても、元の状態に戻るまでに時間がかかるかもしれないということを理解しましょう。まずは相手に落ち着く時間を与え、相手があなたと話をする心の準備ができたら話し合うとよいでしょう。
    • 絶対に問題を放ったままにしてはいけません。まるで何事もなかったかのように振る舞っても問題が消えてなくなるわけではありませんし、後々その問題が再び浮上することもあり得ます。問題は大きくなればなるほど辛い状況に追い込まれるため、小さいうちに解決してしまいましょう。
    • 問題を解決するにあたって周囲の手助けが必要であれば、両親や信頼できる大人に助けを求めましょう。
  5. 5
    肝心な場面で活躍する 友人が何かを成し遂げなければならない時や、友人に何かを頼まれた時は、そばにいて力になってあげましょう。大いに感謝されるはずです。あなたも、岩の間に挟まれて誰か(そんな時、持つべきものは親友でしょう)に救い出してもらわなくてはならない時がくるかもしれません。
  6. 6
    友人の味方をして助ける 友人がいじめられたり、からかわれているのをただ座って見ているだけでは何の助けにもなりません!友人がいじめられていて、仲裁すれば自分が危険な目に遭うと思ったら、先生や両親に助けを求めましょう。自分には危害が加えられることなく友人を助けることができるのであれば、そうしましょう。自分がいじめられていたとして、友人がいじめっ子を追い払ってくれたらどんな気持ちになるか、想像してみましょう。
    • あなたやあなたの友人と、他の人との間に絶えず問題が生じても、幼稚な態度を取ってはいけません。相手に嫌がらせをしたり、恥をかかせるようなことをすれば、事態は悪化するだけです。周囲の大人に状況を説明するか、相手を無視しましょう。人は無視されることを嫌うため、その相手もあなたに構ってこなくなるはずです。
    広告

パート 3 の 5:
共に時間を過ごす

  1. 1
    友人と一緒に時間を過ごす 週末に一緒に出かけたり、時々何かを一緒にする計画を立てましょう。一緒に宿題をしたり、学校の休み時間に会話をするのもよいでしょう。四六時中一緒にいる必要はありませんが、友情を育み、絆を深めるためにも、質の高い時間を一緒に過ごすようにしましょう。[3]
    • 最高の親友になるためには、自分の時間を犠牲にしたり、努力をしなければならないということを理解しましょう。たとえ大変な時でも、「友人のためならそうしたい」と思うはずです。
    • 他の人たちも付き合いに誘いましょう。誰かの親友であるからといって、その相手としか付き合えない訳ではありません。時には一人になるのも良いことであり、友達と一緒ではなくても楽しい時間を過ごせるでしょう。そして、時には他の人を自分たちの仲間に入れることで、楽しさは倍増します。
  2. 2
    笑いを共有する 笑いや笑顔ほど人々を結び付けるものはありません。友達同士ならば、どんなに馬鹿げていて変わったことや、些細なことにも笑い合えるでしょう。生活の中にある面白いこと見つけ、友達と笑い合う時間を大切にしましょう。[4]
  3. 3
    話を聞く 自分ばかり話し続けて人の話を全く聞かない人など、親友として好かれません。自分はお喋りだという人は、しっかりと話を聞く技術を学びましょう。親友が話している時は、注意深く話を聞いて言葉をかけましょう。ただ「うん」などと言って次の話題に移ってはいけません。友人があなたに話している時は、話を遮ったり、そわそわした態度を取るのはやめましょう。何かアドバイスを求められたら、しっかりと話に耳を傾け、できるだけ的確なアドバイスをしてあげましょう。そうすれば、友人はあなたを尊敬するようになり、もっとあなたと一緒にいたいと思うはずです。[5]
    • 熱心に話を聞きましょう。相手の真意を読み取りましょう。熱心に話を聞けば、相手が知るよりも先にあなたが相手の気持ちや考えを読み取ったり、相手の好きな人を知ることができるかもしれません。
    • 話すべきでない時を察しましょう。 「賢者は聞き、愚者は語る」ということわざがあります。やや大袈裟な表現ではありますが、的を得ている部分もあります。沈黙が起こらないようにひたすら話し続けるのではなく、親友とただ一緒にいることが心地良いと感じられるようになりましょう。
    広告

パート 4 の 5:
お互いを思いやる

  1. 1
    親友を思いやる 親友がイライラしていたら、理由を聞きましょう。すぐには訳を言ってくれなくても、そのうち話してくれるはずです。たとえ話してくれなくても、怒ってはいけません。人には言いたくないこともあって当たり前だと理解しましょう。逆の立場だったら、友人もきっと同じように対応してくれるはずです。
    • 友人が好きな相手に傷つけられた時は、「私がそばにいるから心配ないよ」と言ってあげましょう。また、「他にも恋愛対象となる素敵な人は相手はたくさんいるよ」や「ありのままのあなたを好きになってくれる人が現れるはず」などという言葉をかけて安心させてあげるとよいでしょう。
    • 親友に手を貸すことで、あなたが失うものは何もありません。常に親友を慰めたり、アドバイスをするのは簡単なことではないかもしれません。しかし、親友を助ければ、あなたが助けを必要とする時にはきっと同じように力になってくれるでしょう。
    • 友人が故郷を離れて暮らしているならば、カードを送ったり、贈り物をするなどしてその友人を大切に思っていることを伝えましょう。友人が病気の時は、電話をかけて具合はどうか尋ねましょう。友人の存在をありがたく思っていることを伝えるのです。手紙でその気持ちを伝え、相手の近況を尋ねてみましょう。時間が許すのであれば、自分のことも話しましょう。
  2. 2
    友人の家族と知り合いになる 家族というのは、たとえ時にうっとおしく感じることがあっても、非常に大切な存在です。親友の家族と親しくなろうとすれば、親友の生い立ちや、親友にとって大切な人たちにも関心を示していることが伝わります。
    広告

パート 5 の 5:
お互いに現実性を持つ

  1. 1
    相手に期待しない 「親友ならこうあるべきだ」というような考えを持っていると、失望したり、不満を抱くことになるかもしれません。親友はかけがえのない存在ではありますが、あなたの人生の全ての面において常に手助けをすることはできません。常に自分のそばにいてくれるのが当たり前と思ったり、自分が聞きたい言葉をかけてくれることを期待するのはやめましょう。親友に対して強い期待を持っても、がっかりすることになるだけです。
    • 自分のことは自分でしましょう。自分自身の親友になり、自分の面倒は自分で見るのが賢明です。そうすれば、友人を頼らなければならない状況を作り出すことはないでしょう。すなわち、あなたが失望するようなことはないはずです。
    • 完璧な人などいないということを理解しましょう。あなたの親友にも言えることです。誰にでも克服すべき欠点はあります。友人に至らないところがあるからといって不親切にするのではなく、それを友人が克服できるよう手助けしてあげましょう。同時に、あなたも自分の欠点を克服できるよう手助けしてほしいと頼んでみるとよいでしょう。ただ、友人の欠点について話す際には、優しく伝えるだけでなく、相手にも感情があることを理解する必要があります。2人の友情関係を脅かすような欠点にのみ、焦点を当てましょう。わざわざ克服する必要のないものと、克服すべきものの違いを見極めることが大切です。
      • 友人に頼まれない限り、あなたは介入せずに自分で欠点を克服させたほうがよい場合もあります。自分の欠点をしつこく指摘されては友人も苛立ちが募り、ストレスが溜まるでしょう。プレッシャーを与えてしまうと、友情を改善する気はなくなってしまうかもしれません。
  2. 2
    親友との間にも溝ができることはあると理解する 人と相性が合わなくなってしまうこともありますが、これはごく自然なことです。どんな理由にせよ、友人との間に溝ができてしまった場合は、良い思い出を大切にし、その友人のような素晴らしい人と人生の一部を共に過ごせたことをありがたく思いましょう。
    • お互いに会う時間を設ける努力をしなかったり、訳もなく喧嘩をしてしまうようであれば、あなたとその人はきっと親友になる運命ではなかったのでしょう。誰のせいでもないのです。恐らくお互いに似すぎていたのかもしれません。数週間距離を置けば、友人との仲が元に戻る可能性もなくはないでしょう。
    • たとえ溝ができても、常に友人を尊重しましょう。怒ってはいけません。怒りの感情を抱き続けるのは何の価値もないことです。友情関係が崩れてしまっても、礼儀正しく、優しさと尊重心を持って相手に接しましょう。いつか、その友人との関係性が変わることもあり得ます。
  3. 3
    他の友人との付き合いを許容する あなたの他にも親しい友人がいるようならば、あなたもその友人と仲良くなってみるとよいでしょう。親しい仲間になれるかもしれません!誰しもが常に新しい友人を作りたいと思っています。ただ、長い付き合いの友人を置き去りにするようなことをしてはいけません。その友人は日々あなたの誠実さを求め、頼りにしているのです。
    広告

ポイント

  • 約束したことはできる限り守りましょう。緊急事態や避けられない事態が起きた場合を除き、自分が言ったことは守るべきです。
  • 友人が話しやすいと感じる話題について話しましょう。時折質問を投げかけて、しっかりと話を聞いていることを示します。詮索するのはよくありませんが、友人の言っていることに関心を持ちましょう!
  • 友人の気を引きたいからといって、嫉妬させるようなことをしてはいけません。故意に嫉妬心を抱かせようとすると、友情に亀裂が入ってしまう可能性があります。
  • 友人があなたの助けを必要としていたけれど、助けてあげることができなかった場合、できるだけ早くその理由を説明しましょう。
  • 友人が暴力を振るわれていたり、いじめられていたり、傷ついていたら、先生や信頼できる大人に伝えましょう。
  • 親友であれ、時にはイライラさせられることもあるでしょう。そのような時は、その人とは親友であることを忘れずに、冷静さを保つことが大切です。必要であれば、一旦その友人から離れるとよいでしょう。しかし、友人に当たり散らすようなことをしてはいけません。
  • 友人が引越してしまったら、メールやショートメッセージ、SNS、電話やビデオ通話などを利用して連絡を取り合いましょう。手紙のやり取りをするのもよいでしょう!会う約束をするのも忘れてはいけません。
  • 自分と共通点が多い人と友達になれば、話題が尽きることはないでしょう。一方で、自分とは異なる関心事を持っている人とも積極的に友達になってみるとよいでしょう!
  • 親友と意見が一致しなくても、恥ずかしがる必要はありません。意見の不一致が原因で友情に亀裂が入るようなことはないでしょう。
  • 時々冗談を言うのは構いませんが、節度を守ることが大切です。たとえ故意ではなかったとしても、あなたの冗談で友人が傷ついたと察したら、話をして謝りましょう。時には友人に不満などを吐き出す機会を与えましょう。友人が真剣に話をしようとしているのにもかかわらず、いつまでも冗談を言い続けて友人が抱える問題を無視してはいけません。

広告

このwikiHow記事について

医療ソーシャルワーカー
この記事はKlare Heston, LCSWが共著しています。 クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 友情
このページは 154 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告