月経カップを使う方法

月経カップは、タンポンのように経血を吸収する代わりに、経血をカップに溜め、カップごと取り出して何度も洗って使えるもので、長ければ1つのカップで10年持つとされています。月経カップはあまり漏れることもなく、市販の使い捨ての生理用品に比べて体への負担が少なく、一般的に装着感が快適とされています。[1] 月経カップは、足を開いてスクワットの体勢を取り、カップをCフォールド、もしくはパンチダウンフォールドに折りたたみ、膣口に対して45度の角度から優しく挿入して使用します。その際、膣内でカップがポンっと開くところ、また装着感を感じなくなる位置まで挿入します。12時間程度(もしくはそれ以下)置いたら、カップの底を掴んで引っ張り出し、中身をトイレに捨てます。慣れるまで時間と練習が必要ですが、月経カップは非常に衛生的で環境にも優しい生理のケア方法です。

ステップ

  1. 1
    月経カップの取り扱い説明書を読みましょう。気持ちの準備が整うまで、パンフレットを何度も読みましょう。月経カップの選び方や洗い方、月経カップを使うべきかどうか迷っている場合は、インターネットなどで検索して情報収集してみましょう。
  2. 2
    初めて月経カップを試すときは、プライバシーのある自宅のトイレで行いましょう。最初の2~3回はコツが掴みにくいので、外出先の共用トイレよりも自宅のトイレの方が断然よいでしょう。生理でない時に試してみたいという衝動に狩られるかもしれませんが、生理の時は経血が潤滑液となり挿入しやすくなること、また生理中は普段と子宮頸部の位置も異なるため、生理でない時に試すのはやめましょう。最初に使用するときは、生理中のみにしましょう。
  3. 3
    折り方をいくつか練習しましょう。月経カップの説明書に書かれているCフォールドはあまり良い折り方ではありません。Cフォールドにすると、一番幅の広い部分が入り口にきてしまいます。他の折り方(選択肢はたくさんあります)で良く使われるのはパンチダウンフォールドです。パンチダウンフォールドは、月経カップの縁に指を置き、縁を内側に押し込む折り方です。
  4. 4
    石鹸で手を洗ってから、水でカップの埃や汚れを洗い流しましょう。初めて使用するときは月経カップを熱湯消毒しましょう。月経カップに石鹸を使ってはいけません。石鹸が月経カップに付着すると、カンジタ症などを引き起こすことがあります。[2]
  5. 5
    リラックスして、骨盤底筋に力を入れないようにしましょう。骨盤底筋に力が入ってしまうと、痛みが出たり挿入しにくくなります。骨盤底筋とは、おしっこを出したり止めたりする時に使う筋肉です。この筋肉を緩めたり締めたりする練習(ケーゲル体操)をすると、月経カップを挿入する時にリラックスすることができるでしょう。初めての挿入は一番難しいので、うまくいかなくても諦めないで頑張りましょう。しかし、うまくいかずイライラしてきたら休憩しましょう。
  6. 6
    挿入しやすい姿勢をとりましょう。挿入する姿勢として、トイレに座る、お風呂場でしゃがむ、立ちながら又は片足をトイレやバスタブに乗せる、壁にもたれかかってしゃがむ、床に寝て膝を抱えて足を開くなどがあります。やりやすい方法を試してみましょう。
  7. 7
    子宮頸部の場所を知りましょう。膣に指を挿入してみましょう。子宮頸部は鼻先のような感触で、押しつぶされたような小さなコブが真ん中にあるのが特徴です。月経カップを子宮頸部に向かって挿入するような感覚を持つと良いでしょう。そうすると、挿入時に間違えて子宮頸部を突いてしまったり、子宮頸部が月経カップの中に入ってしまうのを防げます。子宮頸部の位置がわからない場合は、子宮頸部がとても高い位置にある可能性があります。子宮頸部の位置が高くても問題にはなりません。
    • 上記の方法以外が良ければ、腰骨の方に向かってカップを挿入すると良いでしょう。
  8. 8
    月経カップを挿入しましょう。月経カップを折って、カップのステム(尻尾の部分)を下に向けながら片手で持ちます。もう片方の手で陰唇を広げ、膣の入り口を見つけます。月経カップを恥骨に対して約45度の角度(真っすぐではなく)で押し入れます。月経カップが中で開くはずです。違和感がなくなる位置まで押し込みます。体の構造により、人それぞれ月経カップの定位置が高かったり低かったりしますが、月経カップの底(ステムは例外として)が膣外に出てはいけません。
  9. 9
    月経カップが完全に開いているか確かめましょう。ポンっという音が聞こえる、もしくは感じるはずです。この音は月経カップが開いたサインです。音を感じない場合は、膣中の月経カップの底を触ってみましょう。月経カップが開いていればの底の部分が丸くなっているか、少なくとも楕円型になっているはずです。(体の構造によって月経カップが完全には開かない場合もあるかもしれません。)もし開かないようなら、手で開くことも可能です。もしくは、ケーゲル体操、スクワット、ジャンピングジャック体操、または月経カップの底をクルクルと回しながら挿入するなど試してみると良いでしょう。他にも、指を挿入して膣壁を押すと、空気が通り月経カップがはまることもあります。月経カップの取扱説明書の図などよりも、月経カップが子宮頸部近くにある方が装着感が良いこともあります。月経カップがはまったら、優しく引いて真空状態になっているか確かめましょう。(このために空気穴があります。)真空状態になると、月経カップがしっかりはまり、中でずれたり動いたりしなくなります。
  10. 10
    最長12時間装着できます。12時間というのは最長装着可能時間なので、経血量が多い場合は、もう少し頻繁に取り出しましょう。月経カップで迎える初めての生理は、どれくらいカップを膣内に置いて置けるか、どれくらいで漏れてしまうのか確かめながら使用しましょう。万が一漏れた場合に備えて、パンティーライナー(特に再利用できる布ナプキンのライナー)を着けておくと良いでしょう。
  11. 11
    月経カップを取り出しましょう。月経カップを上から押し出すように筋肉に力を入れましょう。そうすることで月経カップが下がってきます。そのままステムに触れられるくらいまで続けましょう。ステムを掴んだら月経カップを前後に動かします。そのうち、ステムではなくカップの底を掴めるようになったら、底を掴んだまま下に引っ張り出します。月経カップの底を指で挟むと、真空状態が解除され、取り出しやすくなります。膣の入り口までカップを引っ張ってくることができたら、経血をこぼさないようにそのまま上向きで取り出します。月経カップの縁が広くて取り出しにくい場合、膣から出す前に指を使ってCフォールドまたはパンチダウン折りにします。トイレに座りながら取り出す時は、お尻側のカップの縁を傾けて重力に従う形で経血をトイレに流します。
  12. 12
    月経カップに溜まった経血をトイレかシンクに流します。月経カップを水で洗います。空気穴についた経血を洗うには、空気穴の部分を折り曲げ、そこに水流を当てながら洗います。もしくは月経カップいっぱいに水を入れ、手で蓋をしながら、水鉄砲のように空気穴から水が出るように外からカップを押して、空気穴が綺麗になるまで水を絞り出します。その後、濡れて滑ってしまうようなら乾かしてから再度挿入します。(濡れていると挿入しやすいこともあります。)
  13. 13
    月経カップを綺麗に掃除しましょう。沸騰しているお湯に入れ熱湯消毒をする、消毒効果のある錠剤を使う、消毒用アルコールで拭き取るなどの方法でお手入れしましょう。自分に合ったお掃除方法を、インターネットで検索してみるのも良いでしょう。
  14. 14
    月経カップに慣れるまではしばらくかかると覚えておきましょう。月経カップに慣れるまでだいたい3~4サイクルかかり、その後やっぱり合わないということもあるでしょう。月経カップは断念しても、再利用できる生理用品を探している場合は、布ナプキンや海綿スポンジを試してみましょう。

ポイント

  • 月経カップのステムが気になったり触れて不快な場合は、部分的または全部切ってしまっても大丈夫です。その場合、切り口が尖って肌に刺さらないように角を落としておきましょう。しかし、ステムを切り落としてしまうと、取り出すときに取っ掛かりがないので、月経カップの底を掴んでひっぱり出すしかないと覚えておきましょう。
  • 月経カップの装着感はとても快適で、水泳やヨガなどの運動時も生理感を感じることがありません。運動時は、月経カップが肌にしっかり密着していることを確認し、運動前に月経カップを空にすると良いでしょう。水泳の後は、月経カップの中に少し水が混入していることがありますが問題はありません。
  • 月経カップは通常2つのサイズがあります。小さいサイズは30歳以下の女性に、大きいサイズは30歳以上、または自然分娩をした女性に適しています。しかし、あるブランドの大きいサイズが他ブランドの小さいサイズと同じ大きさなこともあります。そのため、まず自分の経血量、体の構造などを考慮して、その後にガイドラインに従うことが大事です。月経カップのサイズや種類について、インターネットで検索してみると良いでしょう。
  • 月経カップを洗い流す時は、シンクのある個室の共用トイレが最適です。シンクがないトイレの場合、デリケートゾーン用のウェットティッシュと月経カップをすすぐ分だけの少量の水を持ち歩くか、トイレットペーパーで月経カップを拭き取りましょう。もしくは、中身だけトイレに捨ててそのまま再度挿入しても大丈夫です。
  • 処女の場合、月経カップの挿入は難しいことがあるので、タンポンや布ナプキンから始めると良いでしょう。それでも月経カップを使いたい場合は、女友達や家族(女性)にアドバイスを求めてみましょう。
  • 最近の研究では、月経カップを使用中に経血が漏れる量は、タンポン使用時の半分ほどであることがわかりました。漏れるという理由で、月経カップの使用をためらうことはありません。[3]月経カップから経血が漏れるようであれば、以下の方法を参考にしてみましょう。
    • 月経カップが溢れてしまう。これは、一番簡単に解決できる問題です。月経カップから経血が漏れ、取り出したときにほぼ満杯だった場合は、カップの容量いっぱい、ここまで使ってくれてありがとう状態です。その場合は、もっと頻繁にカップを取り出しましょう。とはいえ、頻繁に取り出しすぎだなと感じる場合は、もっと容量のある月経カップを購入すると良いでしょう。
    • 月経カップが開ききっていない。月経カップが体内でしっかり開ききっていないと、経血が大量に漏れてしまうことがあります。膣内に指を挿入し、月経カップの底を触ってみましょう。正しく開いていたら、底が丸い、少なくとも楕円形になっているはずです。(体の構造によって、月経カップが完全に開かないこともあります。)もし開いてないようであれば、手で開くこともできます。もしくは、ケーゲル体操をするか月経カップの底をクルクルと回転させながら動かしてみましょう。または、指で膣壁を押し広げ、空気が通るようにすればカップがはまりやすくなります。違う折り方を試してみることも大切です。
    • 子宮頸部が月経カップの中に入ってしまっている。これは、月経カップの半分しか経血が溜まっていないのに、経血が漏れてしまう場合に起こります。説明すると、子宮頸部がぶら下がったまま月経カップの中に入り込み場所を取ってしまっているため、経血が半分しか溜まらない状態になっています。この問題を解決するには、月経カップをできるだけ低い位置に置くようにしてみましょう。それでも解決しない場合は、月経カップが長すぎるので、もっと短くずんぐりとした形の容量のある月経カップを購入すると良いでしょう。
    • 子宮頸部から外れた角度で月経カップを挿入している。この問題を解決するために、子宮頸部の位置を知りましょう。この場合、おそらく子宮頸部ではなく膣壁に向かって月経カップを挿入していると思われます。子宮頸部の位置に注意して、月経カップの挿入角度を決めましょう。

注意事項

  • 月経カップを体内から取り出す時は、経血をこぼさないようにまっすぐ上向きの状態で取り出しましょう。
  • 経血量の多い日は、月経カップから経血が漏れることがあります。万が一の時のために、パッドと併用し、取り出す回数を増やすと良いでしょう。
  • 友達が月経カップに嫌悪感を示しても気にしないようにしましょう。月経カップに対してオープンな人もいれば、そうでない人もいます。当たり障りのない話し方として、「月経カップって聞いたことある?」と会話を始めてみると良いでしょう。この質問に対する最初の反応を見て、月経カップを勧めたり、自分の体験を話すべきかどうか決めると良いでしょう。
  • 月経カップは避妊具ではないので、性行時には外します。使い捨てのソフトカップ(2018年現在日本では未発売)は他の避妊具と併用することが可能です。
  • 月経カップを装着していることを忘れないようにしましょう。最長でも12時間ごとに取り出しましょう。12時間以上入れてしまった場合は、感染症に注意しましょう。月経カップによるトキシックショック症候群(TSS)の例は報告されていませんが、TSSのような症状があった場合は医師にすぐにかかりましょう。
  • 月経カップの位置が取扱説明書の図と同じかどうか心配なくても大丈夫です。大切なことは、経血がもれず、月経カップの装着感や違和感を感じないことです。膣の形や子宮頸部の位置によって、月経カップの定位置が高かったり低かったりします。一度挿入してしまえば、大抵の場合、重量が働き月経カップが正しい位置に収まるはずです。

記事の情報

カテゴリ: 個人衛生

他言語版:

English: Use a Menstrual Cup, Français: mettre une coupe menstruelle, Italiano: Usare la Coppetta Mestruale, Español: usar una copa menstrual, Deutsch: Eine Menstruationstasse verwenden, Português: Usar um Coletor Menstrual, Русский: пользоваться менструальной чашей, 中文: 使用月经杯, Bahasa Indonesia: Memakai Cangkir Menstruasi, Nederlands: Een menstruatiecup gebruiken, Čeština: Jak použít menstruační kalíšek, 한국어: 생리컵 사용하는 법, العربية: استخدام كأس الحيض, Tiếng Việt: Sử dụng cốc nguyệt san, हिन्दी: मेन्स्ट्रूअल कप का प्रयोग करें

このページは 171 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?