ワセリンには様々な用途がありますが、服につくと厄介です。ワセリンは油性なので、何度洗っても服にシミが残るかもしれません。家庭にあるものを使って油を落とし、服のシミを取り除く方法はいくつかあります。食器用洗剤、消毒用エタノール、酢があれば、お気に入りのシャツを捨てずに済むでしょう。

方法 1 の 3:
食器用洗剤でこする

  1. 1
    先が丸いものを使って、服についたワセリンをできるだけ取り除きましょう。まず初めに、服についたワセリンをできるだけ多く取り除き、服に浸み込まないようにすることが重要です。[1] バターナイフなどを使って取り除きましょう。
    • ワセリンを広げないように注意しながら、ゆっくり取り除きましょう。
  2. 2
    食器用洗剤を服につけてこすりましょう。少量の食器用洗剤をシミにつけてこすります。服の内側と外側に両手をあて、生地を挟むようにしてこすりましょう。洗剤が生地に浸透し、シミ全体に広がるようにします。[2]
    • 繊維の奥まで洗剤を浸透させるために、毛の柔らかい歯ブラシでこすっても良いでしょう。ただし、ピマコットンのような薄い生地を歯ブラシでこするのは控えましょう。繊維が伸びたり破けたりする可能性があります。
  3. 3
    ぬるま湯か熱い湯で洗剤を落としましょう。ぬるま湯か熱い湯を蛇口から出し、洗剤をつけた部分をすすいで洗剤(願わくば油も)を洗い流します。シミが少し薄くなり、服のべたつきが少なくなるでしょう。
    • 大量のワセリンが服に浸み込んだ場合や付着してから時間が経っている場合は、何回も洗剤でこすらないと効果を実感できないかもしれません。[3]
  4. 4
    シミ取り剤を服につけて10分おきます。長期間にわたって服に浸みついた頑固な油性のシミは、シミ取り剤をつけてしばらくおくと落ちやすくなるでしょう。[4] ただし、服が変色しないように、シミ取り剤(特に漂白成分を含むもの)の使用方法を必ず確認しておきましょう。
    • シミ取り剤がなければ液体洗濯洗剤をつけるか、濡らした固形石鹸をこすりつけても良いでしょう。[5]
  5. 5
    シミ取り剤をつけてしばらく経ったら、服をシンクに置いて温水ですすぎましょう。シミ取り剤や石鹸を温水で洗い流します。シミに水をかけないように、蛇口から温水を出して温まるまでしばらく待ちましょう。油性のシミは水では落ちません。さらに、水をかけるとシミが定着する可能性もあります。[6]
    • 水で洗濯するように洗濯表示に書かれていても、シミの部分だけをぬるま湯ですすげば問題ないでしょう。
  6. 6
    できるだけ高温で洗濯しましょう。服をシンクで手洗いするか、洗濯機で洗います。服の繊維に浸み込んだ油を落とすために、必ず温水で洗いましょう。[7] 熱い湯で洗濯すると服が縮む心配があれば、ぬるま湯を使いましょう。
    • 洗濯表示を見て、高温で洗濯できるか必ず確認しましょう。高温で洗濯できない場合は、ぬるま湯で洗います。ぬるま湯を使えば、熱い湯と違って服がすぐに縮む心配がありません。[8]
    • 洗濯してもシミが残っていたら、乾燥機を使うのはやめましょう。シミが定着する恐れがあります。シミが落ちるまで、シミ抜きと洗濯を繰り返しましょう。[9]
    広告

方法 2 の 3:
消毒用エタノールを使う

  1. 1
    先が丸いものやペーパータオルを使って、服についたワセリンをできるだけ取り除きましょう。ワセリンが広がったり浸み込んだりしないように、できるだけ早く取り除くことが重要です。[10] 先の丸いナイフや乾いたペーパータオルを使って、ワセリンを慎重に取り除きましょう。
    • 服についたワセリンを早く取り除くほど、シミが落ちやすくなります。
  2. 2
    消毒用エタノールをシミにつけて軽く叩きましょう。消毒用エタノール(イソプロピルアルコール)には油を落とす作用があり、水と洗剤以上の効果があります。乾いた清潔な布かコットンパッドに消毒用エタノールを含ませ、シミにつけて小刻みにこすりましょう。消毒用エタノールが繊維の奥まで浸み込むように、時々押し付けながらこすります。
    • 生地の種類や染色剤の品質にもよりますが、消毒用エタノールをつけると服が変色することもあります。服の目立たない部分に消毒用エタノールをつけて、あらかじめ確認したほうが良いかもしれません。[11]
    • 薄い生地やデリケートな生地はやさしくこすりましょう。
  3. 3
    消毒用エタノールを乾かします。消毒用エタノールが繊維に浸透し、乾いてから洗濯しましょう。生地の厚さやシミの大きさにもよりますが、20~40分くらいで乾くでしょう。
  4. 4
    食器用液体洗剤をシミにつけてこすりましょう。食器用洗剤には油を落とす作用があり、生地に残った油を取り除くのに役立ちます。[12] 服の内側と外側に両手をあてて生地を挟み、泡立つまでしっかりこすりましょう。
    • 薄い生地はごしごしこすらないように気を付けましょう。
  5. 5
    熱い湯やぬるま湯ですすいで乾かします。蛇口から温水を出し、温まるのを待ちましょう。湯が熱くなったら、シミをすすぎます。熱い湯やぬるま湯には油性のシミを落とす効果があります。シミが定着する可能性があるので、油性のシミに水をかけないように気を付けましょう。[13]
    • 清潔なタオルでシミを軽く叩いて乾かすか、服を干して乾かしましょう。
    • シミが残っていたら、食器用洗剤かシミ取り剤をつけてこすりましょう。シミが落ちるまで繰り返します。
  6. 6
    熱い湯かぬるま湯で服を洗いましょう。服全体を手洗いするか洗濯機で洗います。服の生地からシミと油を落とすために、必ず熱い湯かぬるま湯で洗いましょう。[14] 熱い湯で服が縮むのが心配なら、ぬるま湯で洗ってもかまいません。
    • 洗濯表示を見て、高温で洗濯できるか確認しましょう。わからない場合は、ぬるま湯で洗いましょう。ぬるま湯を使えば、熱い湯と違って服がすぐに縮む心配がありません。[15]
    • どんな場合でも、シミが残った服を乾燥機で乾かすのはやめましょう。シミが定着して、ますます落ちにくくなってしまいます。
    広告

方法 3 の 3:
酢に浸ける

  1. 1
    服についたワセリンをできるだけ取り除きましょう。シミが広がらないように、できるだけ早く取り除くことが重要です。[16] 先の丸いナイフや乾いたペーパータオルを使って、できるだけ多くのワセリンを慎重に取り除きましょう。
    • 早く取り除くほどシミが落ちやすくなります。
  2. 2
    シミを酢に浸けて5~10分おきます。酢は天然の収れん剤で、油やシミ全般に効果があります。服を洗濯すれば酢のにおいはなくなるので、心配はいりません。
    • 色柄物を浸ける場合は、変色や色あせを防ぐために、同量の水で酢を薄めて使いましょう。[17]
  3. 3
    シミを酢に浸けた後、ペーパータオルでこすりましょう。繊維に酢をすり込むと、油が落ちやすくなります。繊維のすべての面から油が落ちるように、全方向へこすりましょう。シミが落ちにくい場合は、酢を足して再度こすりましょう。
    • シミがどうしても落ちない場合は、この時点で食器用液体洗剤をつけてこすり、温水ですすぎましょう。
  4. 4
    シミが落ちたら、服を乾かしましょう。残ったシミが定着しないように、干して乾かします。[18] シミが落ちたか確認するために、乾燥機で乾かしたりドライヤーをあてて乾かしたりするのは避けましょう。どちらも、残っているシミを定着させてしまいます。
    • 服が乾いてもシミが残っている場合は、別のシミ抜き方法を試しましょう。
    広告

ポイント

  • シミが付いた服を洗濯する際は、シミ抜き作用がある洗剤をたっぷり使いましょう。
  • 革、シルク、サテン、ベルベット、スエードのように扱いにくい生地のシミを落とす場合は、このような素材を専門に扱うクリーニング店に任せるのが最善です。
  • ドライマークが付いている服は、自分でシミを落とそうとせずにクリーニング店に任せましょう。

広告

注意事項

  • シミを落とす前に洗濯表示を必ず確認しましょう。
広告

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

紙に付着した染みを取り除く

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

服についたバターを取る

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

時間が経った犬のおしっこのシミを落とす

How to

汚れているCDの手入れ

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

衣服についたホワイトボードマーカーを取り除く

How to

カーペットの臭いを消す

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

ゴリラグルーを落とす

How to

カーペットについたペットの嘔吐物を掃除する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服 | 掃除
このページは 351 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告