工作や日曜大工はそれだけでも散らかるのに、塗料を使うとさらに汚れます。こうした作業をする時に、古い服を着れば汚れても気にせずに済みますが、つい忘れて、お気に入りのTシャツやジーンズに塗料を付けてしまうものです。ありがたいことに、生地に付いた塗料の多くは、家庭にある洗剤を使って少し擦るだけで落とすことができます。

方法 1 の 3:
ラテックス塗料を落とす

  1. 1
    ラテックス塗料の汚れか、確認する ラテックス塗料は昨今の室内装飾に最もよく使用され、手作り品の塗料としても価格が手ごろで人気です。アクリル、またはアクリルラテックスとも呼ばれています。
    • 塗料の缶やチューブのラベルに「ラテックス」または「アクリルラテックス」の表記があるか確認します。あれば、次の手順で汚れを落としましょう。
    • 塗料の缶がなければ、過去の作業を思い返しましょう。ブラシを水で洗いましたか? それともペイントうすめ液で洗いましたか? 水で洗えたのであれば、おそらくラテックス塗料なので、次の手順に進みましょう。
  2. 2
    服に付いた余分な塗料を落とす 塗料が付いたらすぐにバターナイフ、スプーンの端、または類似の物を使って、塗料をできるだけ剥がし取ります。時間が経って塗料が乾くほど、落としにくくなります。
    • 塗料がすでに乾いてしまった、以前に付けた古い染みを落としたい、という場合でも、水や液体洗剤で洗う前に、できるだけ塗料を剥がし取りましょう。
    • 乾いた塗料が重なって服に付着している場合は、テープを使うとかなり落とすことができます。粘着力が強くて丈夫なダクトテープ、ガッファーテープ、オートボデーリペアテープなどを塗料の表面に張り、素早く剥がします。乾いた塗料が一緒に剥がれます。[1]
    • 余った塗料は容器に表示されている廃棄方法に従い、正しく廃棄しましょう。
  3. 3
    お湯を流しながら汚れを洗う ラテックス塗料は水とアクリルの混合なので、付いたばかりの汚れであれば、水で洗い流せることもよくあります。生地の裏側から洗い始め、揉んだり擦ったりして塗料を浮き上がらせて水で洗い流します。
  4. 4
    洗剤で汚れを落とす 界面活性剤は塗料を分解して汚れを落とします。ウルトラアタックネオのような市販の洗剤も使えますし、家庭にある物で洗剤を作ることもできます。
    • ハンドソープと食器用洗剤を混ぜると、特に、付いたばかりの塗料によく効く洗剤になります。ハンドソープと食器用洗剤を1:1の割合で小さなボウルに入れ、混ぜあわせます。スポンジで洗剤を染みに塗り、1分間ほど軽く叩いてからお湯で洗い流します。染みが消えるか、ほとんど目立たなくなるまで、必要に応じて繰り返します。
    • 乾いた染みには、ヘアースプレー、またはイソプロピルアルコールを使ってみましょう。[2] ヘアースプレーかイソプロピルアルコールで汚れを1分間ほど揉み、お湯で洗い流します。染みが消えるか、ほとんど見えなくなるまで、必要に応じて繰り返します。
  5. 5
    普段通りに洗濯をする 洗剤をきれいに洗い流したら、服の洗濯表示に従って洗濯をします。洗濯によって残っていた汚れも落ちますが、服を乾かす前に、染みが完全に取れたか確認しましょう。汚れが残っているまま乾かしてしまうと、汚れを落とすのがいっそう難しくなります。
    広告

方法 2 の 3:
油性塗料を落とす

  1. 1
    油性塗料の染みかを確認する 強力な油性塗料は、かつてはあらゆる種類の作業に使われていましたが、現在では主に、油絵か特殊な工作に使用されます。油性塗料の方がラテックスに比べて厚みと光沢があり、乾くのにかなり時間がかかります。
    • 扱っているのが油性塗料の染みかどうかがはっきりしない場合は、缶やチューブに「油性」や「油性塗料」の表記がないか確認しましょう。 
    • 塗料の缶やチューブが手元にない場合は、前回利用した後に、ブラシなどの道具を何で洗ったかを思い出しましょう。水ですか? それともテレピン油のようなうすめ液の使用が必要でしたか? テレピン油、ベンジンのようなペンキの希薄剤を使用したのであれば、油性塗料を使っている可能性が高いので、次の手順に進みましょう。  
  2. 2
    塗料をできるだけ取り除く 塗料がまだ乾いていなければ、ナイフやスプーンの端を使って余分な塗料を剥がし取り、白い布で染みを拭きます。塗料が乾燥している場合は、ナイフか固い毛のブラシで擦ります。
    • 水で濡らしたり、洗い流そうとしたりしてはいけません。汚れがいっそう落としにくくなります。
  3. 3
    使用する油性塗料溶剤、または薄め液を決める 油性塗料を落とすには、塗料用の化学溶剤が必要です。様々な製品があり、塗料によって使う溶剤が異なります。
    • 塗料の容器に記載されている、推奨の溶剤を確認しましょう。
    • 特殊な塗料を使用して作業をしている場合は、適切な溶剤を販売店で探しましょう。[3]
    • 推奨の溶剤を探して買いに行く時間がない、そもそも、どの溶剤が適切なのかが分からない、といいう場合には、テレピン油やベンジンを使うとほとんどの油性塗料に効果があります。蒸留されたテレピン油はホームセンターや画材店で購入できます。
    • しかし、テレピン油はアセテート、トリアセテート、レーヨンを含む生地には使用できないので、使用前に必ず服の表示を確認しましょう。[4]
  4. 4
    油性塗料溶剤を服に使う 染みの付いた服を裏返しにして、不要な白い布、もしくは数枚重ねたペーパータオルの上に置きます。他の白い布、またはペーパータオルに溶剤を浸み込ませ、染みを拭く、または吸い取るようにして汚れを落とします。[5]
    • 下に敷いた布やペーパータオルは濡れたら交換します。こうすることで、溶けだした塗料を確実に吸収します。
    • 生地の変色、退色に気を付けましょう。服の色が落ちてきたら溶剤の使用を中止します。その服に付いた塗料の染みを落とすのはおそらく無理です。
  5. 5
    服をお湯に浸ける 服を少なくとも1時間、できればさらに長くお湯に浸けます。染みの付いた部分を何度か手で揉み洗いして、浸み込んでいる溶剤を落とします。
    • お湯に浸ける前に、質の良い洗濯洗剤を汚れている部分に揉みこみます。
    • 洗濯洗剤がなければ、お湯に食器用洗剤を混ぜて、塗料と溶剤に含まれる油分を分解します。
  6. 6
    浸け置きがすんだら直ちに洗濯をする 服をお湯から出し、汚れの部分を最後にもう一度揉み洗いしてから、洗濯表示に従って洗濯をします。
    広告

方法 3 の 3:
デリケートな生地に付いた塗料を落とす

  1. 1
    ドライクリーニング専用のデリケートな生地か確認をする ドライクリーニング専用かどうか分からなければ、服についている洗濯表示と品質を確認しましょう。ドライクリーニング専用の生地には、アセテート、絹、ウール、ビロードなどがあります。たとえ、これらの素材を含んでいなくても、洗濯表示に「ドライ」と書かれている服は、ラテックス塗料や油性塗料の染みを次の手順に従って落としましょう。[6]
  2. 2
    バターナイフやスプーンで余分な塗料を取り除く 塗料が乾かないうちに対処することが肝心です。汚れが付いたことに気付いたら、できるだけ多くの塗料を急いで取り除きましょう。
    • デリケートな生地は硬いブラシなどで強く擦ると傷む恐れがあります。したがって、スプーンなどを使用する際は、先の鋭くない部分で塗料を擦り落とします。
  3. 3
    ドライクリーニング用洗剤で染みを拭き取る スポンジにドライアップのようなドライクリーニング用の洗剤を含ませて、優しく染みを拭き取ります。染みが広がるのを防ぐために、汚れの外側から中心に向けて拭きます。
  4. 4
    ドライスポッターで染みを拭く ドライスポッター(ドライクリーニング用の染み抜き剤)には汚れの油分を吸収するドライクリーニング溶剤が含まれているので、油性塗料を落とすのに特に効果的です。
    • ドライスポッターは、ココナッツオイルと液体のドライクリーニング用洗剤を混ぜて作ることができます。[7]
  5. 5
    ドライスポッターで汚れを拭き、ドライスポッターを浸み込ませた布を染みの上に乗せる こうすると、服に付着した塗料が剥がれ落ちます。染みが完全に消えるまで、ドライスポッターを含ませた布を染みにあてます。
    • 染みが広がったり滲んだりしないように、布はこまめに取り換えましょう。
    • 塗料と布をドライスポッターで湿らせておきます。乾いていると塗料は取れず、また乾いてしまうと後で落とすのが難しくなります。
  6. 6
    ドライクリーニング用洗剤で洗う 塗料が完全に取れたら、汚れた部分をドライクリーニング用洗剤でもう一度洗います。こうすることで、ドライスポッターに含まれる油分の残りを取り除けます。洗い終えたら、普段通りに乾かします。
    広告

必要なもの

  • バターナイフ、または類似の先の鋭くないもの
  • 界面活性剤の多い洗剤(ウルトラアタックネオなど、または手作り洗剤)
  • 洗濯洗剤
  • 油性塗料溶剤、またはテレピン油
  • ドライクリーニング用洗剤
  • ドライスポッター

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

お酒の臭いを消す

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

全身をマッサージする

How to

爪を噛むのをやめる

How to

ペニスを洗う

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

えくぼを自然に作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は20,481回アクセスされました。
このページは 20,481 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告