白色の染料はありませんが、とても簡単に服を白くすることができます。カラーリムーバーと湯を使って染料を落とし、服の色を白に変えましょう。また、塩素系漂白剤と湯に浸けて、漂白する方法もあります。真っ白にならない生地もあるかもしれませんが、元の色が落ちて十分白くなるでしょう。

方法 1 の 2:
服の染料を落とす

  1. 1
    大きな容器に15リットルの湯を入れましょう。蛇口から出した湯ができるだけ熱くなるまで待って、容器に溜めます。もしくは、大きな鍋に水を15リットル入れ、強火で加熱しても良いでしょう。沸騰したら火を止めて5分おき、少し冷まします。[1]
    • 火傷をする恐れがあるので、作業を始める前に湯が熱すぎないことを確認しましょう。
  2. 2
    粉末のカラーリムーバー(脱色剤)30gを湯に加えます。粉末のカラーリムーバーは1回分ずつ小袋に分けられているものが多いので、湯に1袋加えてしっかり混ぜましょう。小分けにされていないカラーリムーバーを使う場合は、計量して30g加え、よく混ぜます。[2]
    • 粉末のカラーリムーバーの中には、カラーランリムーバー(色移り落とし)として販売されている製品もあります。
    • カラーリムーバーはオンラインショップで購入できます。
    • 一般的なカラーリムーバーは、RitカラーリムーバーやDYLONカラーランリムーバーなどです。
  3. 3
    服を溶液に浸けましょう。カラーリムーバーを加えた湯に白くしたい服を入れ、木べらや調理器具などで押して水中に沈めます。服全体を浸けましょう。カラーリムーバーがまんべんなく服に浸み込むようにかき混ぜます。[3]
    • 木べらなどで服を動かし、隅々までカラーリムーバーを浸み込ませましょう。
  4. 4
    そのまま30分浸けます。浸けたまま放っておくとカラーリムーバーが作用して、服の染料が染み出してきます。動かしたりかき混ぜたり触ったりせずに、少なくとも30分浸けておきましょう。[4]
    • 携帯電話や腕時計のタイマー機能やクッキングタイマーを使いましょう。
  5. 5
    すべての染料が落ちたら、服を取り出します。30分経ったら、木べらや調理器具で服を持ち上げて色を確認しましょう。まだ染料が多く残っているようなら、水中に戻します。10分浸けてからもう1度確認しましょう。好みの具合に白くなるまで服を浸けておきます。[5]
    • 2時間浸けておくと可能な限りの染料が落ちるので、この時点で服を取り出しましょう。

    ポイント: 染料が少し残っていたり色がまだらになっていたりしたら、この手順を繰り返してすべての染料を落としましょう。容器に湯を溜めて新しい粉末カラーリムーバーを加え、その中に服を浸けます。

  6. 6
    ほかの洗濯物とは別にして服を洗い、カラーリムーバーを取り除きます。濡れた服を洗濯機に入れ、ほかの洗濯物は入れずに普段通りに洗濯します。洗濯が終わったら、通常の設定で乾燥機にかけましょう。[6]
    • 服が乾いたら着ることができます。
    • 服に浸み込んでいたカラーリムーバーは洗濯と乾燥によってきれいに落ちたので、次からはほかの洗濯物と一緒に洗っても問題ありません。
    広告

方法 2 の 2:
漂白剤で白くする

  1. 1
    塩素系漂白剤と湯を1対4の割合で混ぜましょう。シンクに栓をして蛇口から出した湯を溜めるか、バケツに湯を入れます。漂白剤の蓋を開け、計量カップにゆっくり注ぎましょう。漂白剤がはねないように注意しながら、そっと湯に加えてかき混ぜます。[7]
    • たとえば、湯1リットルには塩素系漂白剤250mlを加えます。
    • 酸素系や還元系の漂白剤では均等に漂白できない可能性があるので、服を白くするには塩素系漂白剤を使いましょう。
    • 塩素系漂白剤はスーパーやドラッグストアで販売されています。

    注意:塩素系漂白剤からは、吸い込むと危険な気体が発生します。必要に応じてマスクをつけ、換気の良い場所で作業しましょう。

  2. 2
    服を浸けてかき混ぜます。漂白剤と水の溶液に服を入れ、木べらのような調理器具で押して水中に沈めます。服全体を浸けましょう。漂白剤が繊維の隅々まで浸み込むように、水中で服を動かします。[8]
    • 漂白剤が飛び散らないようにそっとかき混ぜましょう。
    • 漂白剤が皮膚に付いたら、直ちに流水で洗い流しましょう。
  3. 3
    10分浸けて、白くなったか確認します。10分間触らずに放っておき、漂白剤が作用するのを待ちます。10分経ったら、木べらなどで服を持ち上げて色を確認しましょう。白くなっていなければ水中に戻し、さらに5分浸けてもう1度確認します。[9]
    • 好みの白さになるまで、5分ごとに確認しましょう。
  4. 4
    服を流水ですすぎ、漂白剤を落とします。清潔なシンクやバケツに服を入れ、流水ですすぎましょう。服の繊維に浸み込んだ漂白剤をきれいに洗い流したら、安心して服を着ることができます。[10]
    • 漂白剤をしっかり洗い流しておけば、この服が触れても別の服まで漂白される心配がありません。
  5. 5
    服を洗濯して乾かします。普段通りに洗濯機で服を洗濯して、漂白剤をしっかり落としましょう。洗濯が終わったら、普段通りの設定で乾燥機にかけます。[11]
    • 服の洗濯表示を確認して、適した方法で乾かしましょう。
    広告

注意事項

  • 塩素系漂白剤から発生する気体は、吸い込むと健康を害する恐れあります。必要に応じてマスクをつけ、換気の良い場所で作業しましょう。
広告

関連記事

How to

噛んだファスナーを直す

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

ジーンズを伸ばす

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

ジーンズの股にあいた穴を補修する

How to

防犯タグを外す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

色あせた服を復活させる

How to

皮膚に付いた食品着色料を落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

スウェットシャツを縮ませる

How to

ラルフローレンの偽物を見分ける

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

衣類のゴムを伸ばす
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 117 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告