汗臭い汚れた服を洗う必要があるのに、洗濯機が家にない人もいるかもしれません。また、生地がデリケートで洗濯機を使えないので、手洗いしなければならないこともあるでしょう。そんな場合はまず、生地に優しい洗剤を選びます。それから水と洗剤で優しく洗い、正しい干し方をすれば、服を傷めずにきれいに洗いあげられます。

パート 1 の 3:
適切な洗剤を選ぶ

  1. 1
    デリケートな服には、おしゃれ着用洗剤を使用する おしゃれ着用洗剤は傷みやすい生地(絹、レース、極細の繊維で編まれたファインニットなど)を除くほとんどの衣類に使用できます。「おしゃれ着用」と表記のある液体洗剤を購入しましょう。「エマール」、「エコベール デリケートウォッシュ」などの製品があります。[1]
    • いざとなれば「アタック」、「アリエール」といった普通の洗剤でも、レース、絹、ウール以外の衣類であれば使用できます。
    • ベビーシャンプーや刺激の少ない液体石鹸も使用可能です。
  2. 2
    絹やレースには、すすぎのいらない洗剤を使用する 絹やレースといったデリケートな素材の服は、浸けおき後にすすぎが不要な洗剤を使用します。この方法だとすすぎによる生地の傷みを防ぎ、絹やレースを簡単に洗えます。[2]
    • すすぎのいらない洗剤はオンラインで入手可能です。「ソーク ウォッシュ」、「ユーカラン」といった製品が人気です。
  3. 3
    ウールやファインニットには、ラノリン入り洗剤を使用する ラノリンは羊から精製する天然の油で、羊毛の表面を防水する働きがあります。また、ラノリンはウールやファインニットをふんわりと仕上げます。ラノリン入りの洗剤はあらゆるウール、ファインニットの衣類を柔らかく保ち、洗濯による傷みを防ぎます。[3]
    • ラノリン入り洗剤はオンラインで入手できます。
    広告

パート 2 の 3:
服を手洗いする

  1. 1
    白物と色柄物を分けて洗濯する 白物から最初に洗います。色の濃い服は後にします。色移りを防ぐため、服は一度に一枚ずつ洗います。[4]
    • 色落ちする可能性のある新しい服は別の洗い桶、またはシンクで分けて洗い、他の服に色が移るのを防ぎましょう。
  2. 2
    ふたつの洗い桶に水をはる 少なくとも服1枚が完全に浸かる大きさの洗い桶を使用します。シンクを洗い桶代わりに使用しても問題ありません。両方の容器に30度のお湯、または触って温かいと感じる程度のお湯を3/4まで満たします。温度が高すぎると色落ちすることがあり、低すぎると汚れを十分に落とせません。[5]
    • 服の縮みが心配であれば、どちらの容器も水を使用するとお湯による縮みを防げます。
    • 白物だけ、または濃い色の服だけを分ければ、似た色の衣類は同じ容器で洗えます。
  3. 3
    片方の容器に洗剤を入れる 服一枚につき小さじ1杯の洗剤を入れます。洗剤を水とよく混ぜます。[6]
  4. 4
    服を中で洗う 洗剤を入れたぬるま湯の中に服を入れて沈ませます。手で優しく服を動かしながら汚れを落とします。ぬるま湯に沈めた状態で振り洗いをします。2~3分、または服の汚れが落ちるまで振り洗いを続けます。
    • 水の中で服をこすったり、ねじったり、生地同士をこすり合わせたりしてはいけません。生地が傷みます。
    • 4~5分以上水に浸けておくと服が縮む恐れがあるので気を付けましょう。
    専門家情報
    Susan Stocker
    Susan Stocker
    自然派ハウスクリーニング専門家

    服を手洗いする時は、強くこすり過ぎないよう気を付けましょう。強くこすると生地が傷んだり、破れたり、伸びて擦り切れた状態になってしまう恐れがあります。また、脇の部分には細心の注意を払い、汚れや油のシミがしっかりと落ちるよう生地を十分な時間水に浸けておきましょう。

  5. 5
    もう片方の容器ですすぐ 服を洗い終えたら水から引きあげ、もう片方の容器のきれいな水の中にそっと入れます。服を上下に水から出したり入れたりするように動かして、2~3分すすぎます。こうすると、服に残っている洗剤を落とせます。[7]
    • 服に洗剤が残っていないか、汚れが落ちているかを確認します。洗剤が残っている場合は容器の汚れた水を捨てて、もう一度きれいな水ですすぎます。
    • すすぎのいらない洗剤を使用している場合は、ここの手順をとばします。
    広告

パート 3 の 3:
服を乾かす

  1. 1
    服をしぼらない 服を乾かそうとして、ねじったりしぼったりしてはいけません。型崩れや生地が傷む原因となります。水から服を引き上げて、余分な水が容器にしたたり落ちるようにします。[8]
  2. 2
    服を平干しにする カウンターの上やテーブルなどの平らな所に濡れた服を広げます。平らな状態で服を元の形に整えます。[9]
    • 服を垂直に吊るさずに平らに置けるのであれば、室内用の物干しラックも使用できます。吊るし干しをすると形が崩れる恐れがあります。
  3. 3
    服をひっくり返して完全に乾かす 服の片面が乾くまで2~4時間待ちます。乾いたらひっくり返して裏面も乾かします。一晩干して、翌朝、両面とも完全に乾いているか確認します。
    広告

必要なもの

  • おしゃれ着用洗剤、またはすすぎのいらない洗剤
  • 大きな洗い桶、または洗面器を2個
  • 服を平干しするきれいな台

関連記事

How to

絞り染めTシャツを作る

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

ジーンズを伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

ジーンズの股にあいた穴を補修する

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

皮膚に付いた食品着色料を落とす

How to

色あせた服を復活させる

How to

衣服が股に食い込むのを防ぐ

How to

色褪せた黒の衣類を復活させる

How to

服に付いた塗料を落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,403回アクセスされました。
カテゴリ: 衣服
このページは 1,403 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告