服装を選ぶ方法

この記事には:見栄えのよい服を選ぶ着回しの利くワードローブを揃えるその他のヒント出典

格好良く見えるように、あるいは特定の場面にふさわしく見えるように服を選ぶのは、非常に難しいことです。あなたがどんな体形であれ、スーパーモデルのように見える服の選び方を、wikiHowがパーソナルショッパーとして説明します。この記事では、あなたの体に合うデザインや色の選び方と、最低限の予算で季節を問わず着回せるワードローブの揃え方をご紹介します。

パート 1
見栄えのよい服を選ぶ

  1. 1
    トップスを選びましょう。上半身に着るものには、タンクトップであれボタンダウンブラウスであれ、あなたの姿を一番よく見せるための特定のルールがあります。どんなアイテムでも同じですが、最も重要なのは体に合うものを着ることです。
    • 首を引き立てる服を着ましょう。首が短い人は、タートルネックや首が隠れる服は避けます。代わりに、首元が広く開いたトップスや、目線が下に行くようなアイテムがついたトップスを着るようにしましょう(男性の場合はネクタイをつける、またはボタンダウンシャツを選ぶなど)。
    • 肩を格好良く見せる服を着ましょう。肩幅が狭い人は、肩幅を広く見せるような服を着るようにします。肩の部分に少しふくらみがあるシャツや、肩にかけて少し余裕のある作りになっているシャツを選ぶとよいでしょう。肩幅を狭く見せたい場合は、これらのシャツは避けましょう。
    • ストライプ柄を利用しましょう。ストライプ柄を利用して、背を高く見せたり、痩せて見せたり、あるいは肩幅を広く、または狭く見せることができます。太いストライプ柄を着ると肩幅が広く見え、反対に細いストライプは肩幅が狭く見えます。同様に、細いストライプ柄は背が高く痩せて見え、太いストライプ柄や横のストライプ柄は背が低く太って見えます。
    • ウエストを細く見せる服を着ましょう。一般的には、ウエストに沿うような服を着るとよいでしょう。だぶだぶの服でお腹を隠すと、女性であれば妊娠しているように見えてしまいます。男性もそこまでではありませんが太って見えます。ベルトを使ってウエストを細く見せましょう。お腹に贅肉が付いている場合は、大きなプリント柄の服は実際より体重があるように見せてしまうため、男女共に避けましょう。
    • 腰部を格好良く見せる服を着ましょう。男性でお尻の肉付きがよい人は、サイドベンツのコートやスーツのジャケットを選ばないようにします。[1]細い腰部をふっくらと見せたい場合は、腰部で開いているようなデザインを選びましょう。腰部が非常に太い人は、ボトムスに暗い色を、トップスにははっきりした柄の明るい色を着ましょう。
  2. 2
    ボトムスを選びましょう。下半身に着るものにも、スカートであれスラックスであれ、あなたの姿を一番よく見せるための特定のルールがあります。どんなアイテムでも同じですが、最も重要なのは体に合うものを着ることです。
    • お尻を引き立てましょう。お尻の大きさに関わらず、一番大事なルールはフィットするパンツを履くことです。お尻を格好良く見せたいと思っていて、あなたが女性らしいタイプあれば、ゆったりしたシャツを選びましょう(短くても長くてもかまいません)。男女共に、立体的な厚みのあるポケットが付いたジーンズを履くと、体形の錯覚を生むことができます。お尻がとても大きい人は、暗い色のパンツを選びましょう。腰部を格好良く見せる際にも、同様のルールがほぼ適用できます。[2]
    • 背の高さに合う服を着ましょう。細いストライプ柄を着ると背が高く見えるため、すでに友人たちより背が高いなら、細いストライプ柄は避けましょう。しかし、太いストライプ、または横のストライプは背が低く、太って見えます。自分が望むように見えるよう、適切なストライプ柄を選びましょう。
  3. 3
    カラーパレットを使いましょう。身に着ける色によって見栄えは大きく変わります。似合わない色を着ると、疲れてしんどそうに見えたり、肌のシミに目が行ったりすることがあります。反対に似合う色を着ると、あなたのチャームポイントを目立たせ、元気で生き生きと見えるようになります。似合う色と似合わない色は様々な要因によって決まりますが、一般的な大まかなルールとしては、高コントラストを意識するとよいでしょう。
    • 肌が暖色系(ゴールドを身に着けると血色がよく見えます)の人は、赤、黄、オリーブグリーンなどの色を着ましょう。
    • 肌が寒色系(シルバーを身に着けると血色がよく見えます)の人は、紫、青、青緑などの色を着ましょう。
    • チャームポイントを強調するようにしましょう。目が青や緑などの明るい色をしているなら、その色を引き立てるために似通った色の服を着ましょう。
    • 隠したい特徴を目立たせないようにしましょう。肌が青白い色をしているなら、パステル系などの薄い色を避けましょう。シミがある、あるいは赤ら顔であれば、それらを強調してしまう赤やピンクの服を着ないようにします。

パート 2
着回しの利くワードローブを揃える

  1. 1
    ベーシックなデザインを選びましょう。流行と関係のない服で基本のワードローブを揃えましょう。こうすると、いつでも見栄えよくいられます(20年後に自分の子どもと昔の写真を見ても恥ずかしい思いをしません)。また、お金を節約し、服の無駄が出ないようになります。流行のアイテムを織り交ぜ、ブームが過ぎればまた新しいアイテムと入れ替えましょう。しかし、メインとする服はいつもベーシックなものにしておきましょう。
  2. 2
    カラーパレットを使いましょう。上述の説明を参考にしながらカラーパレットを使って、ワードローブを揃えるのに役立てましょう。暖色系でも寒色系でも、必要最低限の服を同系色で揃えることで、どの服も他のほとんどの服と合わせられ、無数のスタイルに着回しができます。
  3. 3
    トップスを数枚揃えましょう。ベーシックなトップスが数枚あれば、どんな季節や場所にも合わせて着回すことができます。またほとんどのフォーマルな場面で使えます。すなわち、数枚のトップスがあれば、どんな状況にでもほぼ対応できるということです。
    • ベーシックなTシャツとタンクトップを数枚揃えましょう。あなたに合うTシャツとタンクトップ(または、暖かい気候向けのその他のトップス)を揃えます。中間色と派手な色がどちらも何枚かあるとよいでしょう。
    • おしゃれなトップスを揃えましょう。ベーシックなものが揃ったら、次は少しおしゃれなトップスを何枚か買いましょう。バーやちょっとしたパーティーに着ていくようなトップスです。官能的、あるいは暗い色のものを選びます。
    • ベーシックなボタンダウンシャツを揃えましょう。ベーシックなボタンダウンシャツは複数枚持ちましょう。住んでいる地域の気候によって、短い袖、長い袖、あるいは両方を揃えます。ほとんどは白い色にして、色付きや黒色のシャツは少なめにしましょう。
    • セーターを揃えましょう。最後にセーターも数枚必要です。どのくらいの頻度で着るか、何枚揃えるかは、住んでいる地域の気候によって異なります。カーディガンとゆったりしたセーターを、少なくとも1枚ずつ持つようにしましょう。さらに、それぞれ1枚以上持ち、中間色と明るい色のものを揃えるとよいでしょう。
  4. 4
    ボトムスを数枚揃えましょう。トップスと同様、ボトムスも数枚あれば着回すことができ、ほとんどの場面で使えます。
    • ジーンズを数枚揃えましょう。体にフィットするジーンズを複数枚購入します。最低3枚あるとよいですが、毎日のようにジーンズを履く場合はそれ以上揃えます。縫い目が同じような暗い色の、暗めのブルージーンズを選びましょう。このタイプのジーンズは流行り廃りがあまりなく、またほとんどの人の体形を細く見せます。ショートパンツを履きたくなるほど暑くなる場所に住んでいるなら、短い丈のジーンズも1枚は持っておきましょう。
    • スラックスを持ちましょう。次に、スラックスを1~2枚揃えます。1枚は黒色(すらっと背が高く見せたいなら、ピンストライプ柄を)、2枚目はグレーまたは茶色(ワードローブの色による)を持つとよいでしょう。
    • カーキ色のボトムスを持ちましょう。カーキ色のボトムスも揃えておきましょう。カーキ色は、結婚式や春夏のイベントの際に便利です。また、場合によっては面接にも着ていくことができます。カーキ色は、おしゃれにでもカジュアルにでも使いやすいため、1枚持っていると非常に役に立ちます。
  5. 5
    正装を揃えましょう。男性であれば、体によく合うスーツを1着揃えましょう。女性の場合は、場面に合あわせたワンピースが数枚あるとよいでしょう。
    • フォーマルなワンピースを持ちましょう。黒のカクテルドレスのようなフォーマルなワンピースが1着あれば、セミフォーマルな場面に使えます。アクセサリーとワンピースを正しく合わせれば、場合にもよりますが、よりフォーマルな場面でも着ることができるでしょう。
    • カジュアルなワンピースを持ちましょう。カジュアルだけれどもおしゃれなワンピースを購入しましょう。夏の時期だけでなく、結婚式やパーティーなどのイベントにも使えます。
    • ショート丈のワンピースを持ちましょう。お好みで丈の短いワンピースを買いましょう。外出時の装いとして、ジーンズやレギンスと合わせて着ることができます。あるいは、クラブなどへ行く時に1枚で着ることもできます。
  6. 6
    小物を揃えましょう。小物は自分の個性を出すのに使えるアイテムです。サングラス、スカーフ、帽子、ハンドバッグ、時計など、あなたの人柄を表すものを揃えましょう。
    • 女性はアクセサリーも忘れず揃えましょう。おしゃれなアクセサリーを追加すると、カジュアルな装いをぐっとドレスアップさせるのに役立ちます。
  7. 7
    靴を揃えましょう。靴を何足か揃えて、どんな場面にも対応できるようにしておきましょう。また、色のある靴には気をつけましょう。色のある靴は、格好良く見えることもあれば、ダサくもなります。服装と合うようにしなければなりません。
    • カジュアルな靴を2足揃えましょう。使用しているカラーパレットによって、茶色、あるいは黒や白の靴を買いましょう。色付きの靴でもよいですが、服とよりうまく合わせる必要があることに注意します。
    • フォーマルな靴を2足揃えましょう。使用しているカラーパレットによって、1足目は茶色か黒を買いましょう。2足目は色が付いているもの、あるいは茶色か黒をもう1足揃えます。
  8. 8
    組み合わせましょう。いろいろなアイテムが揃ったら、様々な場面に合わせていろいろなスタイルに組合せます。もちろん運動やリラックスタイムのための服も追加で揃える必要がありますが、ここまでに揃えたアイテムを使えば、外出時のほとんどの場面に対応できるはずです。
    • 例えば、春の時期やセミフォーマルな装いには、女性はカジュアルなワンピース、おしゃれな靴、カーディガン(必要に応じて)、アクセサリーを組み合わせることができます。男性は、おしゃれな靴、カーキ色のボトムス、Tシャツまたはタンクトップにカーディガンを羽織るとよいでしょう。
    • また、夏の時期やカジュアルな装いには、男性はジーンズ、タンクトップまたはTシャツ、カジュアルな靴を合わせるとよいでしょう。女性は、ショートパンツの上にショート丈のワンピースを着て、カジュアルな靴を合わすことができます。
    • 女性はスラックス、おしゃれなトップス、それにカーディガンを羽織るとよいでしょう。男性はボトムダウンシャツにスラックスを着ましょう。男女共に、フォーマルな靴と小物を合わせるとよいでしょう。

パート 3
その他のヒント

  1. 1
    セミフォーマルを考えましょう。今日では、一般的にセミフォーマルはフォーマルを意味しているため、セミフォーマルな装いと言われると困惑することがあります。基本的に、フォーマルと言えばロングドレスなどの最もフォーマルなドレスやタキシード(カフスボタン付き)だと考えることができます。そこでセミフォーマルは、カクテルドレスや、色付きのボタンダウンシャツとスーツ(任意でネクタイも)に相当すると考えましょう。
  2. 2
    ビジネスカジュアルを考えましょうビジネス向けであってカジュアルとは、大きな矛盾があるように思えます。しかし、言葉の響きほど難しいものではありません。一般的には、装いの半分をカジュアルに、残りの半分をビジネス向けにすればよいのです。
    • 例えば、ジーンズ、フォーマルな靴、ボタンダウンシャツ(ネクタイなし)、スーツのジャケットを組み合わせます。
    • また、フォーマルなパンツと靴、それにパーティー向けのブラウス(露出度が高くないもの)を組み合わせてもよいでしょう。
  3. 3
    パーティーの装いを選びましょう。パーティーの装いを考えるのは少し難しく、パーティーの種類によって大きく変わります。仮装パーティーなのかどうかを事前に調べておきましょう。また、いつもフォーマル過ぎるくらいの装いを選びます。他の人が着てくるだろうと予想した装いよりも、さらにおしゃれにして行きましょう。おしゃれ過ぎた場合でも、着飾る機会なんてめったにないから思い切りおしゃれしたかった、と言うことができます。
  4. 4
    結婚式の装いを学びましょう。新郎の付添人としてタキシードを着るのではない限り、結婚式に黒ずくめで出席するのよくないと推測できるはずです。しかし、それ以上のマナーとなると難しくもあります。無難なのは、パステル系やきれいな色のセミフォーマルな服装を選ぶことです。女性は派手な色を避け、白は決して選ばないようにします。白の服を着ると、花嫁より目立とうとしていると思われるためです。
  5. 5
    面接の服装を考えましょう。面接にプロフェッショナルな装いを選ぶことは、仕事を得るための重要なポイントの1つです。しかし、どの程度適切な服装を選ぶとよいのでしょうか。パーティーの時と同じように、求められているよりもう少しだけしっかり正装すると間違いないでしょう。応募したポジションには少しフォーマル過ぎるくらいにしますが、管理職のポジションの面接を受ける場合は、むしろ思う通りの服装を選ぶようにします。

ポイント

  • よい店にはいくつか特徴があります。格好の良い服を、幅広いサイズで取り揃えています。店内が照明で明るくなっています。また、人によっては不満もあるかもしれませんが、手が出る価格帯で販売しています。
  • また、自分が買いたいと思うような服を扱う店を訪れることも必要です。どの店がよいかはっきりしない場合は、店内の買い物客を見てみましょう。その人たちの服装はあなたの好きなスタイルですか?人からああ見られたいと思うような感じの人たちですか?そうでない場合は、正しい店に来ていないのかもしれません。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む28人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 衣服

他言語版:

English: Dress, Français: bien vous habiller, Русский: одеваться, Español: vestirte bien, Deutsch: Sich kleiden, Português: Se Vestir Adequadamente, Italiano: Vestirsi, Bahasa Indonesia: Berpakaian dengan Tepat

このページは 150 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?