朝食ソーセージを調理する方法

朝食ソーセージは鎖状につながったもの、パティ、ソーセージロール(ランチミートのようなスライスして使う太いソーセージ)として売られていて、様々な方法で調理できます。形状に関わらず、調理工程は同じですが、正確な加熱時間は僅かに異なることがあります。

材料

4~6人前

  • 鎖状ソーセージ12本 または ソーセージパティ6枚 または スライスした朝食ソーセージロール450g
  • 水60 ml(茹でる方法のみ)

方法 1 の 5:
フライパンで焼く

  1. 1
    フッ素樹脂加工のフライパンを温める 中型のフッ素樹脂加工が施されたフライパンをコンロに乗せ中火で温めます。1~2分熱しましょう。
    • フライパンに余計な油脂類を入れてはいけません。調理していると、炒める工程で必要な油がソーセージから出てきます。
    • フライパンの温度がチェックできる場合は、ソーセージを入れる前に180℃に達しているのが理想です。
  2. 2
    ソーセージを入れる 温まったフライパンに鎖状のソーセージまたはパティを並べます。ソーセージが重ならないように気を付けましょう。
    • この方法で鎖状のものとパティ両方調理できます。加熱時間は少々違いますが、他の工程は同じです。
    • 朝食ソーセージロールも事前に1.25cmにスライスしておけばこの方法で調理できます。[1]こうして炒めたパティは、形成済のパティとして扱いましょう。
  3. 3
    しっかりと火が通るまでフライパンで炒める 鎖状ソーセージは12~16分[2]、ソーセージパティは10~12分加熱しましょう。[3]
    • ソーセージの形状に関わらず、頻繁に裏返しながら火を通して、全体に均一な焦げ目が付くようにしましょう。
    • 解凍されたものではなく、冷凍ソーセージを使用している場合は、加熱時間を2分長くしましょう。
    • ソーセージはしっかりときつね色に焦げ目が付き、内部の温度は70℃以上になるようにしましょう。
  4. 4
    油を切って提供する 熱いフライパンからソーセージ取り出し、ペーパータオルを敷いた皿に移します。1~2分余分な油を切って、熱いうちに出しましょう。
    • 余ったソーセージは冷蔵庫で1~2日保存します。もしくは、冷凍すると30日保存できます。
    広告

方法 2 の 5:
茹でて炒める

  1. 1
    水とソーセージを入れる 鎖状ソーセージを深めの中型フライパンに入れ、水60 mlを注ぎ入れます。[4]
    • 水の量は、ソーセージが完全に隠れない程度にしましょう。
    • この方法では、どんなタイプの朝食ソーセージでも調理することができますが、皮なしや生ソーセージに一番向いていて、鎖状ソーセージや皮つき、ソーセージパティは効果的に調理できません。
  2. 2
    水を沸騰させる フライパンをコンロに乗せ中火で加熱します。ソーセージを6~7分もしくは、水分が蒸発するまで煮ます。
    • 水が自然に蒸発するまで加熱します。水を捨ててはいけません。同様に、予想より早く蒸発しても水を足してはいけません。
    • フライパンに蓋をしてはいけません。水分の蒸発が遅くなったり蒸気が逃げにくくなり、全体の調理工程に時間がかかります。
  3. 3
    ソーセージを6~7分炒める 火を中くらいの弱火にして、蓋をせずにもう6~7分炒めて、完全に火を通します。
    • 加熱しながらトングを使って定期的にソーセージを裏返し、全体に均一の焦げ目が付くようにしましょう。
    • この工程の炒めるパートでは、余計な油脂類を足してはいけません。ソーセージから出てくる油で十分です。
    • ソーセージ全体に焦げ目が付き、透明の肉汁が出てくるようなら、火が通っている証拠です。内部の温度を測ると、一番太い部分の真ん中が70℃以上になっていれば大丈夫です。
  4. 4
    油を切って提供する フライパンからソーセージを取り出し、数枚重ねたペーパータオルの上に置いて油を切ります。1~2分したら、皿に盛って食べましょう。
    • 調理してすぐ使わないソーセージは冷蔵庫で1~2日保存するか、冷凍して30日しましょう。
    広告

方法 3 の 5:
オーブンで焼く

  1. 1
    オーブンを200℃に予熱する その間に浅い焼き型や天板にクッキングシートを敷いて準備します。[5]
    • クッキングシートを敷くと焼いている間にソーセージがくっつくのを防ぎ、出てきた余分な油を吸い取ってくれます。
    • クッキングシートが使えない場合は、天板の上にメタルクーラーや焼き網を置きましょう。焼き網を使うと加熱中余分な油が下に落ち、ソーセージ油まみれになるのを防ぎます。
  2. 2
    天板にソーセージを並べる 天板にソーセージを重ならないように2.5 cmずつ間隔を空けて並べます。
    • この方法で、鎖状朝食ソーセージとパティが調理可能です。正確な加熱時間は異なりますが、全体の工程は両方のタイプに同様に使えます。
    • 朝食ソーセージロールも事前に1.25cmにスライスしておけばこの方法で調理できます。こうして炒めたパティは、形成済のパティとして扱いましょう。
  3. 3
    完全に火が通るまで焼く 予熱したオーブンにソーセージを入れます。ソーセージパティは15~16分、鎖状ソーセージは20~25分焼きましょう。
    • 鎖状ソーセージとパティ両タイプは、加熱途中で1度裏返して、両面均一に焦げ目が付くようにしましょう。
    • ソーセージ全体に焦げ目が付き、透明の肉汁が出てくるようなら、火が通っている証拠です。内部の温度を測ると、各部の真ん中が70℃以上になっていれば大丈夫です。
  4. 4
    温かいうちに提供する ソーセージをオーブンから取り出し、皿に盛ります。熱いうちに食べましょう。
    • オーブンから取り出したときに、油っぽ過ぎると感じたら、清潔なペーパータオルで余分な油をふき取ると良いでしょう。
    • 使わなかったソーセージは冷蔵庫で1~2日、冷凍庫で最長1ヶ月保存可能です。
    広告

方法 4 の 5:
直火で焼く

  1. 1
    肉焼き器を予熱する 肉焼き器の電源を入れ、3~5分温めておきます。
    • ほとんどの肉焼き器には「オン」と「オフ」のスイッチしかありませんが、「高温」「低温」の設定ができるものもあります。できる場合、「低温」で予熱しましょう。
  2. 2
    熱源の近くにソーセージを置く 焼き皿にソーセージを重ならないように並べ、予熱した肉焼き器の中の上部の発熱体から10~15cm離して焼き皿をセットします。[6]
    • 焼き皿がない場合は、メタルクーラーや焼き網を天板の縁に乗せて使いましょう。ソーセージを加熱しながら油を切れるものを使用した方がよいため、平らな天板をそのまま使用するのは避けましょう。
    • この方法で.鎖状ソーセージとパティを調理できます。鎖状ソーセージは焼き網を発熱体から10~12.5cm離して、パティは15cm離してセットしましょう。
    • ソーセージロールは1.25cmの厚みにスライスして、1つ1つを形成済のパティとして扱いましょう。
  3. 3
    6分直火焼する ソーセージを3分焼いて裏返し、また3分焼くか、透明の肉汁が流れ出して真ん中がピンク色ではなくなるまで焼きましょう。
    • 鎖状ソーセージとパティ両方6分で焼けますが、、鎖状ソーセージは頻繁に焼く方が良いかもしれません。また、場合によってはパティよりも早く火が通るでしょう。
    • 鎖状ソーセージとパティの内部の温度は肉焼き器から取り出す前の時点で、70℃以上になっていれば大丈夫です。
  4. 4
    温かいうちに提供する ソーセージを肉焼き器から取り出し、皿に盛ります。熱いうちに食べましょう。
    • ソーセージをすぐに食べない場合は、冷蔵庫で1~2日、もしくは冷凍庫で最長1ヶ月保存可能です。
    広告

方法 5 の 5:
温めなおす

  1. 1
    調理したソーセージを電子レンジで温めなおす 調理済みのソーセージを温めなおすには、電子レンジの高出力で1本当たり10~15秒加熱しましょう。
    • この方法は家庭で焼いたソーセージと調理済みパックのソーセージ、また鎖状ソーセージとパティ両方に使えます。
    • 電子レンジ対応の皿にペーパータオルを敷いてソーセージを重ならないように並べ、上からもペーパータオルを油跳ねを防ぎましょう。
    • 解凍した鎖状ソーセージまたはパティは1つ当たり10秒、冷凍ソーセージは15秒電子レンジで加熱します。正確な加熱時間は電子レンジの出力により異なります。
  2. 2
    コンロで調理済みソーセージを温めなおす 中火で8~10分温めましょう。
    • 電子レンジを使用した方法は、鎖状ソーセージ、パティ、家庭で焼いたもの、調理済みパック、解凍済み、冷凍とどのタイプの調理済みソーセージにも使うことができます。
    • フッ素樹脂加工のフライパンに鎖状ソーセージもしくはパティを重ならないように並べます。蓋をしてコンロの中火で加熱しましょう。
    • 事前に解凍しているなら8分、冷凍のものは10分再加熱します。温めなおしの場合は、ソーセージを裏返す必要はありません。全体が温まったら完了です。
  3. 3
    完成 
    広告

ポイント

  • 火が通っていないソーセージは一般的に冷蔵庫で3日保存できます。3日のうちに使用できない場合は、冷凍保存し30日以内に使いましょう。
  • 調理方法に関わらず、均一に火を通すためには、調理を始める前に解凍するのが一番です。
  • ソーセージロールからパティを作る場合は、1つ450gのロールで6人前と考えましょう。ソーセージロールは10~15分冷凍庫に入れてから厚さ1.25cm、57gのパティにスライスし、形成済のパティとして調理しましょう。

広告

注意事項

  • 鎖状ソーセージとパティは内部の温度が70℃以上になるように火を通しましょう。
広告

必要なもの

フライパンで焼く

  • 中型フッ素樹脂加工フライパン
  • トング
  • ペーパータオル
  • 食肉用温度計(任意)

茹でて炒める

  • 中型の深めのフライパン
  • トング
  • ペーパータオル
  • 食肉用温度計(任意)

オーブンで焼く

  • 天板
  • クッキングシートまたは メタルラック
  • トング
  • ペーパータオル
  • 食肉用温度計(任意)

直火で焼く

  • 焼き皿
  • トング
  • 食肉用温度計(任意)

温めなおす(電子レンジ)

  • 電子レンジ対応の皿
  • ペーパータオル

温めなおす(コンロ)

  • 蓋つき中型フライパン
  • トング

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 朝食
このページは 112 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告