PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

様々な汚れの中でもインク汚れは最も落とすのが困難で、特に汚れが定着している場合はなおさらです。インク汚れが木製の製品に付着するケースは残念ながらよくあることで、苛立ちも倍増するでしょう。特にアンティーク品などの高級な木製家具の価格を考慮すると、まさにイライラする状況ですが、まずは深呼吸をして落ち着きましょう。インク汚れを落とすのは困難な作業ですが、対処法を知っていれば汚れを落とすのは不可能なことではありません。

方法 1 の 4:
食器用洗剤を使用する

  1. 1
    食器用洗剤を用いて洗浄剤を作る 新しいインク汚れには、この方法が最も効き目があります。食器用洗剤には油汚れに強い特性があるため、効果的です。洗剤により汚れが浮き、木材に浸透するのを防ぎます。液体状の食器用洗剤小さじ1/2杯と湯80mLを小さいボウルに入れて混ぜ合わせます。溶液をかき混ぜて泡をたくさん出しましょう。[1]
  2. 2
    溶液を家具などの表面仕上げに塗布して確認する 洗剤の種類にかかわらず家具などの表面仕上げに塗布し、反応を確認してから木材に洗剤を使用するようにします。綿球を洗剤の泡に浸し、家具の狭い範囲にこすりつけます。目立たない場所で試しましょう。洗剤により表面仕上げが破損した場合は、使用を中止します。表面仕上げに損傷がなければ、次の工程に進みましょう。[2]
  3. 3
    柔らかい布で洗剤の泡を集める 布は泡だけに浸し、溶液には触れないようにします。次に、泡をつけた布でインク汚れを優しく拭きます。その後は、湿らせた清潔な布で拭き取り、きれいなタオルで汚れ周辺を拭いて乾かしましょう。
    • まだ汚れが目立つようであれば、液体ワックスに浸した超極細のスチールウール(#0000)を使用します。汚れている箇所にスチールウールを軽くこすりつけます。スチールウールにより、表面の薄い層だけが剥がれます。木材を削りすぎないように、優しくこすることが重要です。その後は清潔な布で削り屑を拭き取りましょう。
    広告

方法 2 の 4:
重曹を使用する

  1. 1
    重曹ペーストを作る 重炭酸ナトリウムとしても知られている重曹は、水と混ぜ合わせると軽い研磨剤になるため、掃除で使用するのに適しています。重曹は低刺激かつ効果的なため、木材に使用しても安全です。重曹ペーストを作るには、水約120mLに重曹を加えます。1度に重曹を少量ずつ入れ、混合物に粘り気が出るまで追加しましょう。[3]
  2. 2
    インク汚れの上にペーストを塗り広げる 指で汚れをこすり、完全に汚れをペーストで覆うようにします。こする必要はなく、重曹を作用させましょう。強くこすりすぎると木材の表面が傷つく恐れがあります。10~15分そのままま放置します。[4]
  3. 3
    きれいに拭き取る 水で湿らせた柔らかい布でペーストを拭き取ります。インクが完全に消えるまで作業を繰り返します。広範囲の汚れには、作業を何度か繰り返す必要があるかもしれません。掃除の仕上がりに満足したら、別の柔らかい布で表面を拭いて乾かしましょう。
    広告

方法 3 の 4:
 ミネラルスピリットを使用する 

  1. 1
    ミネラルスピリットをテストする ミネラルスピリットは、ホームセンターで購入可能です。テレビン油の代用品としても知られています。綿球をミネラルスピリットに軽く浸し、家具の目立たない箇所に塗布します。家具の表面仕上げの一部が剥がれて綿球についた場合は、それ以上作業を先に進めないようにしましょう。[5]
  2. 2
    布をミネラルスピリットで湿らせる 布で汚れている箇所を軽くこすります。次に、湿らせた布で拭き取ります。汚れが残っている場合は、次の工程に進みましょう。
  3. 3
    超極細のスチールウール(#0000)を使用する ミネラルスピリットで湿らせたスチールウールで汚れている箇所をこすります。木目に沿って軽くこするようにします。必要最低限の表面仕上げだけをこすり取りましょう。剥がす表面仕上げが少ないほど、後の工程で家具の再仕上げをするのが楽になります。
  4. 4
    表面をきれいにする ミネラルスピリットとスチールウールの使用により出た削り屑を、新しい布で拭き取ります。この時点で汚れが完全に消えているはずです。必要に応じて家具などの再仕上げを行います。再仕上げをしない場合は、できる限り早めにワックスを塗布するか、つや出しをして家具を保護しましょう。
    広告

方法 4 の 4:
漂白剤を使う

  1. 1
    木材の表面を準備する 清潔で柔らかい布に変性アルコールを塗布し、表面を拭いて汚れやその他の不純物を取り除きます。木材の表面に仕上げが施されている場合は、剥がす必要があります。大変な作業ですが紙やすりで磨くか、塗料剥離剤なども使用可能です。[6]
    • 塗料剥離剤などを使用して表面仕上げを剥がす場合は、換気のよい場所で作業を行いましょう。剥離剤には塩化メチレンなどの刺激が強い化学物質が含まれているため、目、肺、皮膚に深刻な損傷を与える可能性があります。
    • セラックニス(昆虫由来の環境配慮型ニス)やラッカーは、変性アルコールだけで取り除くことができます。
  2. 2
    使用する漂白剤の種類を選ぶ 一般的な家庭用漂白剤には塩素が含まれており、染料のシミに効果的で、定着しているインク汚れの除去にも効果がある可能性があります。他にも、シュウ酸が含まれる木材漂白剤も使用可能です。シュウ酸は、一部のインクに含まれている鉄由来のインクに効果的です。さらに別の選択肢として、2液型の木材漂白剤があります(オンラインショップなどで入手可能な場合)。最初に使用する液には水酸化ナトリウムが含まれており、次に使用する液には過酸化水素が含まれています。水酸化ナトリウムの液により木材の気孔が開き、過酸化水素がそれに反応します。どちらの種類の木材漂白剤もホームセンターやオンラインショップで購入可能です。[7]
    • 他の刺激が強い化学物質と同じく、作業場には必ず十分な空気が流れるようにします。手袋を着用して皮膚を保護し、マスクを着用して肺を守りましょう。
    • 2液型の漂白剤を使用する際は、2種類の化学物質が互いに反応しないように各液に別々の布を使用するようにしましょう。
  3. 3
    漂白剤を塗布する 周囲の木材に漂白剤が付着しないように注意しながら、清潔な布で汚れている箇所に漂白剤を塗布します。表面に漂白剤を10分間放置します。必要に応じて工程を繰り返しましょう。
  4. 4
    きれいに拭き取る 水で湿らせた布で慎重に漂白剤を拭き取ります。周囲の木材に触れないようにしましょう。湿らせた別の布で再度拭き取り、そのまま表面全体を拭きます。次にタオルで拭いて乾かします。最低24時間置いてから再仕上げをしましょう。
    広告

注意事項

  • 木製家具にアンモニアを塗布すると木材が変色する可能性があるため、使用してはいけません。
  • 漂白剤をその他の家庭用洗浄剤と混ぜ合わせると有毒ガスが発生する恐れがあるため、混ぜてはいけません。
広告

必要なもの

  • 柔らかい布
  • 布、またはキッチンタオル
  • 小さいボウル
  • 液体の食器用洗剤
  • スチールウール(#0000)
  • 液体ワックス
  • ワックスまたは床磨き
  • 木材洗浄剤
  • 変性アルコール
  • ミネラルスピリット
  • 家庭用塩素系漂白剤

関連記事

プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
リベットを外すリベットを外す
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
バラを種から育てるバラを種から育てる
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
衣服に付いたロウを落とす衣服に付いたロウを落とす
ヒューズをチェックするヒューズをチェックする
木の高さを測る木の高さを測る
てんとう虫を駆除するてんとう虫を駆除する
木に防水加工をする木に防水加工をする
ツタを取り除くツタを取り除く
ドライバーを使わずにネジを外す
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告