本当の自分を生きる方法

この記事には:本当の自分と繋がる偽りなく誠実に振る舞うありのままの自分で他人に接する

偽りなく本当の自分であるということは、感じていることを純粋に表し振る舞うことを意味します。対面する人によって異なる顔を見せたり、状況に応じて人格が変わることもありません。あなたの核となる信念や本性が日常に反映されたものが、本当の自分です。[1]偽りのない本当の自分でいるためには、自分が自分であることを受け入れ、敬意をもって他人に接することが必要です。本当の自分でいる人は、一貫した価値観を示すことができるので、会話によって態度が変わることもありません。

パート 1
本当の自分と繋がる

  1. 1
    ありのままの自分を受け入れる 自分を受け入れるには、多くの場合心の持ち方を変えることが必要になります。自分を責めたり、他人と比較して自分を劣っていると見なすのは避けましょう。かけがえのない個人としての自分を受け入れ、称賛することに意識を向けましょう。そうすれば、あなたの本性に矛盾しない真の振る舞いができるようになるでしょう。[2]
    • それには、欠点を受け入れることも含まれます。自分自身に満足するには、不完全な自分を受け入れることが必要です。つまり、自らの奇癖や風変りな部分をも受け入れるということです。
    • 例えば、あなたが、友人らとは違う趣味や興味を持っていても何ら問題ありません。興味をそそるものを探求していれば、そのうち、同じ情熱を持つ人たちに出会うことがあるでしょう。
  2. 2
    自尊心を保つ 誰にでも正当な考えや思想があり、それぞれが独自の才能と知性を持ち合わせています。自分を疑っていたり自信がないと、本性のままに振る舞うことは困難です。[3]自尊心を欠いた人は、自信満々に見える人の真似をしたり、自信過剰であるかのように振る舞ったりすることがあります。これらは自分を偽っている人の特徴です。
    • 例えば、自尊心が低い人は、好感度の高い人の真似をして同じような服装を着たり、同じような音楽を聴いたりするでしょう。そうではなく、他人も同じものに興味があるかどうかはさておき、自分自身が興味のあるものを追求しましょう。
    • 感情的な重荷を抱えているのならば、そのことについてじっくり考える時間を設けましょう。そして、可能ならばそこから前進しましょう。必要に応じて、セラピストやカウンセラーに相談しても良いでしょう。
  3. 3
    個人的な信念や価値観に基づいて行動する 本当の自分を生きる人は、独自の倫理基準や個人的な信念体系と通じています。それには、宗教的な信仰、道徳的な信条、その他の信念が含まれます。そしてこうした信念は、日々の行いの中にはっきりと表出しているものです。多くの人は、パートナー、親、友達等の持つ信念を、それが自分にも相応しいかどうか見極めることなく、知らず知らずのうちに取り入れていることがあります。[4]
    • 例えば、あなたが、全ての人が平等に扱われるべきだと主張していても、特定のタイプの人達をあからさまに軽蔑する態度をとっていたら、偽りのない人として認識されることはないでしょう。
    • あなたの友人が、お酒を飲んでいたり道徳に反すると思う類の食べ物を食べていたら、やめてほしいと伝えるかその場から離れるようにしましょう。
    • 何があなたを幸せにするか、どんな時に最も自分を誇らしく思うかを認識して、あなたの価値観を見つけましょう。どんな時に満足感が得られるでしょうか。
  4. 4
    個人として成長するための時間を設ける あなたが一個人として成長しようとする時、そして自らを満たす興味を追求する時、本当の自分を発見することができます。そのためには、何かのボランティアに参加したり、授業を受けてみたり、趣味を持つことです。[5]
    • 反対に、本当の自分からかけ離れている人は、社会が自分に求めていると思うものや、巷で人気があると思われるものを追いかけてしまう傾向があります。そのため、自分が興味をそそられるものを軽視してしまうことがよくあります。

パート 2
偽りなく誠実に振る舞う

  1. 1
    どんな状況でも現在にしっかりと意識を合わせる 今という時点に意識を合わせると、より純度の高い自分に近づくことができます。それは、あなたが今という瞬間に味わっている経験、人との会話や交流に完全に意識を集中することができるからです。あなたと関わっている人は、あなたの意識が今の瞬間に向いていることが分かると、偽りなく誠実な証として捉えるでしょう。[6]
    • 一方、自分を偽っている人は、人と交流する際、心が上の空になりがちです。対人関係においてこの態度は、不誠実、無作法だと受け取られかねません。
  2. 2
    直観に基づいて振る舞い、人間関係を確立する 直観とは、意思決定をサポートし言動を方向付ける内なる声、本能的な反応のことです。倫理的な判断をするときは、直観によりあなたの中に「倫理基準」が形成され、個人としての意思決定を導く助けとなります。[7]
    • 直観に従うと、一貫性のある意思決定をすることができ、安定した行動をとることができます。世間で一般的だと思う考え方や社会的な期待に基づいて意思決定することはありません。
  3. 3
    考えや気持ちを表す 自分にとって重要なことには意見を述べましょう。自分を偽らない人は、問題を抱えていたり何かに感謝の念が湧いた時、その思いを口にしたり誰かに伝えることを厭わないものです。[8]自分の思いをしゃべることが苦手だったり、周囲の人が聞きたそうなことしか話さないということがよくあるなら、自分を偽って振る舞っている可能性があります。
    • 例えば、周りの人達に感謝の気持ちを表しましょう。「お父さん、お母さん。先月は、車の修理代を援助してもらってありがとう。お金に余裕のない中、金銭的な援助をしてくれたおかげで、とても助かりました。」等、伝えるようにしましょう。
  4. 4
    必要な時は助けを求める 自分を偽らず正直な人は、自分は完璧ではないことを受け入れているので、必要な時は助けを求めることができます。また、自分に正直でいることは、完璧であることとは異なります。他人に助けを求めるのは、謙虚で自分に正直な証です。さらに、あなたの周囲の人たちが持つスキルや才能に対し、尊敬の念を示すことでもあります。
    • 例えば、あなたが精神面の病気に悩まされていて、あなたの友人がプロのカウンセラーだとしたら、カウンセリングやセラピーをお願いできる同僚を推薦してくれないか尋ねてみましょう。
    • あるいは、車のトラブルが絶えないなら、車に詳しい同僚に頼んで修理をお願いしましょう。
  5. 5
    自分をさらけ出す 他人に信頼をおけるようになったら、あなたの個人的な情報を共有し欠点も隠さずオープンにしましょう。必要でなければ、全てをさらけ出さなくても良いでしょう。本当の自分を隠したままだと、真の人間関係を築くことも難しくなります。[9]

パート 3
ありのままの自分で他人に接する

  1. 1
    社交的な場で別の顔を見せたり人格を偽らない 偽りのない本当の自分でいるために必要なのは、どんな社会的場面でも対人関係においても、ただ自分らしくあることです。人は、自分は他人にこう求められていると思い込んで、その通りに振る舞ってしまいがちです。あるいは、初めて知り合った人に自分のことを印象付けたいがために、気取ったりエゴが増長されたかのような傲慢な言動をしてしまうこともあります。しかし、こうした振る舞いはありのままの自分に基づくものではなく、すぐに他人に見透かされてしまいます。[10]
    • もちろん、特定の人達の間で振る舞いや言葉遣いを多少変えるのは、ごく自然なことです。上司とパートナーや配偶者とでは、話し方が異なります。
  2. 2
    どうしても必要な時以外は嘘をつかない 正直でいることは、本当の自分であるための重要な要素です。嘘をつくことが日常茶飯事になっていると、遅かれ早かれあなたの友人や周囲の人たちはそれに気付きます。そして、そうしたあなたの嘘を、酷く不誠実なあり方としてとらえるでしょう。[11]
    • 状況に応じて一つや二つの嘘をついても、本当の自分であり続けることはできます。例えば、夕食パーティに参加したけれど食事がまずかった場合、「あまりお腹が空いていないのでサラダだけ食べます。」と言うのは、何ら問題ありません。
  3. 3
    長期的な人間関係を築く 他人に敬意を払い信頼関係を築きましょう。自分を偽らず正直に生きていることを示す重要なサインは、長期的な友人関係、恋愛関係、仕事上の人間関係を築き、それを保持できることです。長期的な人間関係は一夜にして作られるもののではありません。多くの実りをもたらし自己肯定につながるものです。[12]
    • 自分を偽っている人は、たいがい長期的な人間関係を保つことができません。気取ったり、嘘をついたり、個人的価値観に一貫性がない等、本当の自分からかけ離れた言動をしていると、長続きする人間関係を築けなくなってしまいます。
    • 拒絶されても大丈夫だと学びましょう。拒絶されることを恐れなければ、人間関係を維持するのがもっと楽になります。

ポイント

  • 偽りなく本当の自分であるためには、健全なコミュニケーションが重要な鍵となります。心地良く人とコミュニケーションできないならば、そのスキルを身につけることに注力しましょう。周囲の人と話してみたり、クラスに通ったり、オープン・コミュニケーションを奨励するグループに参加する等してみましょう。

記事の情報

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Be Authentic, Italiano: Essere Fedeli a Se Stessi, Português: Ser Uma Pessoa Autêntica, Deutsch: Authentisch sein, Español: llegar a ser auténtico, Français: être une personne authentique, Русский: быть аутентичным, Bahasa Indonesia: Menjadi Autentik, Nederlands: Authentiek zijn, العربية: أن تكون جديرا بالتصديق, 한국어: 진실되게 행동하기, ไทย: เป็นตัวตนที่แท้จริง

このページは 64 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?