果物とヨーグルトでスムージーを作る方法

4 方法:ストロベリーバナナトリプルベリートロピカルシナモンスパイス

果物とヨーグルトで作ったスムージーは健康的な朝ごはん、あるいは午後のおやつにピッタリです。ヨーグルトと果物の割合さえ覚えてしまえば、他の果物や甘味料に変えて、色々試してみることができます。この記事ではストロベリーバナナ、トリプルベリー、トロピカル、シナモンスパイスの4種類のスムージーの作り方をご紹介します。

1
ストロベリーバナナ

  1. 1
    果物をきざみます。このスムージーを作るには、1カップの果物が必要です。バナナのスライスと刻んだイチゴを合わせて1カップ分用意して下さい。
    • わずかにイチゴの風味がする、バナナ味の濃いスムージーがお好みの場合はバナナを多めに使いましょう。またバナナの風味が強すぎない、軽めのスムージーを作りたい場合は、イチゴを多めに使って下さい。[1]
    • 事前に冷凍したバナナとイチゴを使うと、氷のように冷たいスムージーに仕上がります。
  2. 2
    甘味料を選びましょう。イチゴとバナナだけでも十分な甘さはありますが、中にはもう少し甘みを加えたい人もいるかもしれません。小匙1杯の砂糖、ハチミツ、アガベネクターなどを加えてより美味しく仕上げましょう。
  3. 3
    どのタイプのヨーグルトを使うか決めましょう。お好みに合わせて、プレーン、バニラ味、フルーツ入りのヨーグルトを使って下さい。全乳、あるいは無脂肪のヨーグルトを使用することができます。ヨーグルトに脂肪分が多ければ多いほど、濃厚でコクのあるスムージーに仕上がります。
  4. 4
    食材をブレンドします。ヨーグルト、果物、甘味料をブレンダー、あるいはフードプロセッサーに入れて下さい。果物の大きな塊がなくなって滑らかになるまでよく混ぜて下さい。
    • スームージーの濃さをチェックしましょう。薄めたい場合は大匙数杯の牛乳を入れて、再び混ぜて下さい。
    • 氷を加えるとスムージーが冷えて、シャーベットのような食感が楽しめます。
  5. 5
    スムージーを注ぎましょう。グラスに入れて、きれいなピンクのスムージーをお楽しみください。なるべく早目にお召し上がり下さい。

2
トリプルベリー

  1. 1
    ベリーを用意します。合わせて1カップのベリーが必要です。ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、イチゴなど、お好みの組み合わせで作ることができます。よくベリーをチェックして、傷んでいる部分や柔らかい部分は取り除きましょう。しっかり洗って、果柄を切り落としましょう。[2]
    • 生のベリーの代わりに、冷凍ベリーを使うこともできます。
    • ラズベリーとブラックベリーは味はとても美味しいのですが、小さな種を沢山含んでいます。どのベリーを使うか決める際に、この点も考慮して決めて下さい。
    • 固い皮ではなく、柔らかい皮のブルーベリーを選びましょう。皮が固いと中々滑らかにブレンドしません。
  2. 2
    ヨーグルトと牛乳を混ぜます。ベリースムージーはとても濃く、もったりとした仕上がりになりがちです。ヨーグルトだけで作るよりも、牛乳を少し混ぜた方が飲みやすくなります。ヨーグルト1/2カップと全乳あるいは無脂肪の牛乳1/2 カップを使って下さい。牛乳やヨーグルトの脂肪が多ければ多いほど、コクのあるスムージーに仕上がります。
  3. 3
    甘味料を選びましょう。あっさりとしたスムージーがお好みの場合は、ステビアやアガベネクターを小匙1杯加えて下さい。砂糖を控えたいときは、良く熟したバナナを数切れ入れても良いでしょう。
  4. 4
    食材をブレンドします。ベリー、ヨーグルトと牛乳を混ぜたもの、そして甘味料をブレンダーに入れます。塊が見えなくなるまでよく混ぜましょう。濃さをチェックして、必要に応じて牛乳、ヨーグルト、氷を加えて下さい。
  5. 5
    スムージーを注ぎましょう。この健康的なスムージーはグラスに入れてご自宅でも、あるいは持ち運び可能なカップに入れて外出先で楽しむこともできます。

3
トロピカル

  1. 1
    南国産のフルーツを用意します。ピニャコラーダ風のとても美味しい夏のドリンクが出来上がります。合わせて1カップ分の南国産フルーツを使用します。生、あるいは冷凍フルーツを買って、約1㎝角に切りましょう。以下のフルーツは特におすすめです。
    • パイナップル
    • マンゴ
    • パパイヤ
    • グアバ
    • パッションフルーツ
    • キウイ
  2. 2
    ギリシャヨーグルトを使ってみましょう。ギリシャヨーグルトはの食感は普通のヨーグルトより濃厚なので、果汁を多く含む南国フルーツとのバランスは絶妙です。また酸味の強い風味がフルーツのはじけるような甘さととてもよく合います。全脂肪、あるいは低脂肪のギリシャヨーグルト、どちらでも使用できます。1カップ分準備して下さい。
  3. 3
    果汁を甘味料として使いましょう。1/4カップのオレンジジュース、パイナップルジュース、ライムジュース、マンゴジュース等で甘味を足しましょう。
  4. 4
    食材をブレンドします。果物、ヨーグルト、ジュースをブレンダーに入れて下さい。完全に滑らかになるまで混ぜましょう。スムージーを薄めたいときはジュースを、濃くしたいときはヨーグルトを加えて調節して下さい。
  5. 5
    スムージーを注ぎます。グラスに入れて、なるべく早めにお召し上がり下さい。このスムージーをデザートグラスに入れて、お洒落なストローを添えれば爽やかな夏にピッタリなおやつの出来上がりです。

4
シナモンスパイス

  1. 1
    秋の果物を準備しましょう。リンゴとナシを切って、秋のスムージーを作ります。皮を剥いて、ブレンドしにくい固い皮の部分を取り除きましょう。
  2. 2
    濃厚なヨーグルトを1カップ用意します。この健康的なスムージーは濃厚でコクの豊かな食感のヨーグルトを使うと最もおいしく仕上がります。一般のものより濃厚な全乳のヨーグルトを1カップ使って下さい。
  3. 3
    香辛料と甘味料を加えます。小匙1/2杯のシナモンとナツメグを少々入れて、秋らしい風味を加えましょう。大さじ1杯のメープルシロップで甘味を付けて下さい。
  4. 4
    食材をブレンドします。リンゴ、ヨーグルト、香辛料、メープルシロップをブレンダーに入れます。滑らかなクリーム状になるまで混ぜて下さい。少し薄めたい場合は牛乳を足しましょう。
  5. 5
    スムージーを注ぎましょう。グラスに入れて、飾り付けにシナモンを少々ふりかけてからお召し上がり下さい。
  6. 6
    出来上がりです。

ポイント

  • 2人分以上のスムージーを作る場合は、1度に全部作らずに数回に分けて作った方が良いでしょう。レシピの材料を倍量にすると、ブレンダーに入りきらないかもしれません。
  • ピーナッツバターやアーモンドバターを加えると、よりコクのあるスムージに仕上がります。

記事の情報

カテゴリ: 料理・イベント

他言語版:

English: Make a Fruit and Yogurt Smoothie, Español: hacer un licuado de frutas con yogur, Italiano: Preparare uno Smoothie con Frutta e Yogurt, Deutsch: Ein Frucht und Joghurt Smoothie herstellen, Français: faire un smoothie aux fruits et au yaourt, Português: Fazer um Smoothie de Frutas e Iogurte, 中文: 制作水果酸奶奶昔, Русский: приготовить фруктово–йогуртовый смузи, Bahasa Indonesia: Membuat Smoothie Buah dan Yogurt, Nederlands: Een vruchtenyoghurt smoothie maken, ไทย: ทำสมูทตี้ผลไม้และโยเกิร์ต, Čeština: Jak připravit smoothie z ovoce a jogurtu, العربية: تحضير سموذي الزبادي والفواكه, हिन्दी: फल और दही की स्मूदी बनाएँ

このページは 4,480 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?