買いだ!売りだ!買いだ!売りだ!映画やニュースで、証券取引所の立会場(東京証券取引所では1999年4月30日に閉場)を奔走する証券マンの姿を見たことがあるでしょう。かつての株式市場は、最新情報を追いかけることに必死でしたが、最近ではパソコンで簡単に、冷静に投資を監視・管理できるようになりました。株式のパフォーマンスを評価する最良の方法の1つは、日次リターンを計算することです。基本的には、1日の間にどれだけ株価が変動したかを知ることができます。この情報をもとに、その企業にもっと投資するのか、それとも別のところに投資してみるのかを判断できます。また、株式の日次リターンを調べるのは非常に簡単で、自由に使えるツールも複数あります。 

方法 1
方法 1 の 4:
株価を調べる

  1. 1
    株価を掲載している金融サイトにアクセスする ブラウザを開き、株式情報を掲載している株式サイトや金融サイトを検索します。そのウェブサイトをクリックし、検索フィールドを探しましょう。企業を調べるのに使えます。[1]
    • 使える金融サイトはたくさんあります。Yahoo!ファイナンス、株マップ.com、フィスコ、会社四季報オンラインなどがその一例です。
    • どの金融サイトも株式市場から情報を取得しているため、同じ情報を掲載しているはずです。
  2. 2
    企業名または証券コードで企業を検索する 証券コードは、取引目的で企業に割り当てられた固有の4桁の番号です。株式市場に上場しているすべての企業が、この証券コードを持っています。証券コードまたは企業名を企業検索フィールドに入力して、その企業の株式情報を調べましょう。[2]
    • 例えば、アパレルブランドのユニクロ(ファーストリテイリング)の証券コードは「9983」、アニメーションスタジオの東映アニメーションは「4816」です。
  3. 3
    データに調整後終値が含まれていることを確認する データを取得するときは、必ずその情報に目を通して、どのような情報が含まれているかを確認します。「調整後終値」というデータを探しましょう。日次リターンを計算するのに役立ちます。[3]
    • ウェブサイトによっては、調整後終値が含まれていない場合や、推定終値が掲載されている場合もあります。調整後終値(完全に正確な値に調整されているもの)が含まれていない場合は、他の金融サイトでその企業を調べてみましょう。
  4. 4
    参考のため、気になる期間の情報をダウンロードする 日次株式リターンを手動で計算し、記録する場合は、データをダウンロードするオプションを選択しましょう。データをパソコンに保存しておけば、必要な情報を参照したり取得したりできます。[4]
    • ただし、データに調整後終値が含まれていることを確認しましょう。
    • 一定期間にわたって株価を記録する場合は、情報をダウンロードしておくと役に立つかもしれません。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
日次株式リターンを計算する

  1. 1
    株式データの中で、過去の株価の項目を探す インターネットまたはダウンロードしたデータの中から、株式情報を取得します。フィールドから検索し、過去の株価という項目を探しましょう。これらを使ってリターンを計算します。[5]
    • インターネットで情報を検索していて、ウェブサイトに過去の価格が掲載されていない場合は、他の金融サイトで調べてみましょう。
  2. 2
    2日間の株価の終値を探す データの中から終値を探します。次に、過去(直近)2日間、または株式のパフォーマンスを検証・評価する場合は過去のある2日間の終値を探しましょう。[6]
  3. 3
    終値から始値を引く 株価の始値と終値を探します。2つの価格の差を求めて、価格変動を計算します。これを使って日次リターンを調べます。[7]
    • 例えば、株価が1株1,000円で始まり、1株1,200円で終わったとしたら、純変動は200円です。
  4. 4
    その差額に保有株数を掛けて、日次トータルリターンを求める 保有しているその企業の株式の総数を調べましょう。始値と終値の差に保有株数を掛けると、その日の株価がいくら値上がり(または値下がり)したかが正確に分かります。[8]
    • 同じ例で、株式の純変動が200円で、その企業の株式を100株保有しているとしたら、日次トータルリターンは20,000円です。
  5. 5
    日次リターンを株価で割り、100を掛けて割合を求める 株式の日次リターンを知りたい場合は、日次リターンを現在の株価で割ります。そして、その値に100を掛けて、リターンの割合を求めます。[9]
    • 企業の株式の終値が1株20,000円で、日次リターンが1株200円だとすると、200円を20,000円で割って0.01という値を得ることになります。その値に100を掛けると、株式の日次リターンが1%増加したことになります。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
オンライン株式計算ツールを使う

  1. 1
    オンライン株式計算ツールを調べる ブラウザを立ち上げ、検索エンジンにアクセスします。「株式計算ツール(stock calculator)」などのキーワードを入力し、検索を実行しましょう。検索結果に目を通し、オンライン株式計算ツールを選択します。[10]
  2. 2
    証券コードまたは企業名を入力し、リターンを計算する 検索フィールドを探し、その企業の証券コードを入力します。ウェブサイトによっては、企業名で検索できる場合もあります。検索を実行すると、株式のリターンを取得できます。[11]
  3. 3
    日次リターンに保有株数を掛けて、収益を求める 自分がその企業で保有している株数を正確に調べましょう。そして、その企業の株式の日次リターンを取得し、その値を掛けて収益を求めます。[12]
    • 例えば、ある企業の株式を30株保有していて、日次リターンが1株あたり150円の増加だった場合、リターンは4,500円になります。
  4. 4
    今後の分析のためにスプレッドシートに日次リターンを記録する ExcelやGoogleスプレッドシートなどのプログラムでスプレッドシートを立ち上げます。企業名、日次リターンをチェックした日付、その日の日次リターンを入力しましょう。そして、フィールドを追加して、収益(日次リターンに保有株数を掛けたもの)を記録します。日次リターンをチェックするたびにスプレッドシートに情報を入力して、株式のパフォーマンスを監視・評価できるようにしましょう。[13]
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
株式の全体的なパフォーマンスを検証する

  1. 1
    日次平均リターンを求めて株式を評価する 1年間や6か月間など期間を決めて株式のパフォーマンスを評価しましょう。日次リターンの値を合計し、期間内の日数で割ると、平均して1日にどれくらい株価が動くかが分かります。[14]
    • 例えば、3週間にわたって株式を評価する場合は、日次リターンの値を合計して、21で割ると、その株式の平均的なパフォーマンスが分かります。
    • 株式を評価するのに役立つ方法して、ボラティリティを計算して株価がどの程度変動しているかを知るという方法もあります。株式のボラティリティとは、特定の株式の価格がどの程度変動しているかを数値で表したものです。
    • ただし、ある株式が時間の経過とともにどうなるかを予測する方法はありません。実際に評価できるのは、現在のパフォーマンスのみです。
  2. 2
    市場が好調だった日や不調だった日の後に、日次リターンをチェックする いったん資金を投資すれば、一般に市場が株式で不労所得を生み出すのを待つ以外、何もする必要はありません。しかし、市場が本当に好調だった日や本当に不調だった日の後は、日次リターンをチェックして、自分の株式がどのような影響を受けているかを把握するようにしましょう。[15]
    • 例えば、市場が記録的な一日となったという話を聞いたら、日次リターンをチェックして、自分の株式がどの程度好調だったかを確認しましょう。
  3. 3
    相関係数を計算して、ともにパフォーマンスの良い株式に投資する 複数の企業の株式を保有している場合は、それらの企業の業績が良く、相関関係がありそうかどうかを調べましょう。その相関値から、どの株式にもっと投資して、どの株式の売却を考え始めるかを判断できます。[16]
    • 例えば、5社に投資しているとして、そのうち2社の株価がともに上昇している場合は、その2社への投資を増やし、他の3社への投資を減らすという方法が考えられます。
    • 資金を守るためには、いろいろな株式に投資するのが理想的です。そうすれば、1つの株式のパフォーマンスが悪くても、投資した分をすべて失うことはありません。
    広告

ポイント

  • 投資した企業の日次リターンが掲載されている有価証券報告書をチェックすれば、すぐに参照できます。
  • また、金融庁が運営するEDINET(エディネット)のウェブサイト(https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)で、その企業の決算報告書を検索するのも手です。決算報告書には、一定期間の日次リターンに関する情報が記載されています。
広告

関連記事

USBメモリーに音楽を入れるUSBメモリーに音楽を入れる
Spotifyの再生時間を確認するSpotifyの再生時間を確認する
Windows PCでコマンドプロンプトからexeを実行するWindows PCでコマンドプロンプトからexeを実行する
HPでスクリーンショットを撮るHPでスクリーンショットを撮る
充電器なしでノートパソコンのバッテリーを充電する充電器を忘れたときに代用してノートパソコンを充電する方法4選
マウスの代わりにキーボードでクリックするマウスの代わりにキーボードでクリックする
Webページの画面をコピーするWebページの画面をコピーする
ゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させるゼロになったノートパソコンのバッテリーを復活させる
2台のモニターを設定する2台のモニターを設定する
iPhoneでApple IDの主電話番号を変更するiPhoneでApple IDの主電話番号を変更する
パソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧するパソコン上で開いているすべてのウィンドウを一覧する
7 Zipでファイルを高圧縮する7 Zipでファイルを高圧縮する
2台のパソコンを接続する2台のパソコンを接続する
Nintendo SwitchをDiscordに配信するNintendo SwitchをDiscordに配信する
広告

このwikiHow記事について

Benjamin Packard
共著者 ::
ファイナンシャルアドバイザー
この記事の共著者 : Benjamin Packard. ベンジャミン・パッカードはカリフォルニア州オークランド市にある財務コンサルティング会社「Lula Financial 」の設立者です。財務計画を苦手とするクライアントを対象に借金返済や住居購入、そして定年後の生活プランを立てるサービスを提供しています。2005年にカリフォルニア大学サンタクルーズ校にて法学の学士号を、2010年にカリフォルニア州立大学ノースリッジ校経営学部にて経営学の修士号を取得。 この記事は1,995回アクセスされました。
このページは 1,995 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告