裕福な人々の多くが株式取引をしている事実は偶然ではありません。財産は築く事も失ってしまう事もありますが、株式への投資は経済的な安定や自立、そして世代に渡る財産を築く最良の方法の一つです。貯蓄を始めたばかりでも、既に定年後の貯えがあっても、自分の財産は築いた時と同様に、こつこつと効果的に運用されるべきです。株式の運用で成功するには株式市場投資の仕組みを確実に理解する事から始める事が大切です。この記事では株式投資の判断のプロセスから投資家として成功するまでの正しい道のりをご案内します。この記事では株式投資の方法に重点を置いて説明します。

パート 1 の 3:
自分の目標と見通しを立てる

  1. 1
    自分の人生でしたい事をリストにします。目標を立てるにあたり、人生でお金が必要となる物事は何かを考える必要があります。例えば定年後にどんなライフスタイルを望むでしょうか。旅行を楽しんだり、立派な車に乗ったり、高級料理を楽しんだりする。それとも控えめに必要最小限の生活を望みますか。このリストを次のステップで目標を立てる際に役立てましょう。[1]
    • リストの作成は自分の子供の将来のために貯蓄する事にも役立ちます。例えば子供を私立校や大学に通わせたい。子供に自動車を購入したい。学校は公立校に通わせ、余剰金はむしろ他の費用に充てたいなどです。価値をどこに置くかに対して明確な意見を持つ事は、預金や投資をする目標を立てる際に役立ちます。
  2. 2
    ファイナンシャルゴールを設定しましょう。投資計画を立てる為に、なぜ投資するかを理解する必要があります。言い換えれば、何を経済的にして、いくら投資する必要があるかを理解しなければいけません。目標をできるだけ具体的に立てる事でファイナンシャルゴールの達成に何をすべきか最良の案が浮かびます。 [2]
    • 一般的なファイナンシャルゴールは住宅購入、子供の教育資金、万が一の時の貯え、定年後への貯蓄などです。「一軒家を持ちたい」といった抽象的な目標ではなく、「住宅価格4千万円の家の、頭金8百万円を貯金する」(多くの住宅ローンは手頃な金利で融資する為に購入価格の20%から25%の頭金を要求)などの具体的な目標を設定します。 [3]
    • 大抵の投資アドバイザーは定年後に向けて最低でもピーク時の給料8倍の額面を貯蓄する事を勧めます。これで定年前の年収の85%で老後を迎える事ができます。 [4]例えば年収950万円で定年する場合、定年の初期段階で年間最低でも800万円の収入でやり繰りしなければなりません。
    • 大学進学資金の計算機能を使って収入と純資産を元に、子供の大学に必要な費用、両親の予想負担額、進学にかかる様々な学資援助のために貯蓄すべき金額を決めます。進学費用は場所や学校(公立・私立他)により大きく異なるので注意しましょう。大学進学資金は授業料だけではなく、手数料、寮費、交通費、教科書・文具代が含まれるので注意しましょう。[5][6]
    • 目標の設定には時間も組み込みましょう。退職基金などの長期計画は特に時間が影響します。例:ジョンは20歳からIRA(個人退職勘定)で、8%のリターンで積立を始めるとします。ジョンは次の10年間で年間あたり36万円積立ててから積み立てをやめ、IRAの市場投資を継続させます。ジョンが65歳を迎える時点の積立は7740万円になります。 [7]
    • 多くのウェブサイトでは貯蓄計算機能が提供されており、一定期間に特定の金利で投資額がどの位増えるかを示してくれます。サイトの計算機能は専門家のアドバイスの代わりにはなりませんが、投資の手始めに良いでしょう。 [8]
    • 目標を設定したところで、現在値と目標値の差分から目標額の達成に必要なリターンの割合を算出できます。
  3. 3
    リスク許容度を決めましょう。利益を得る事は自分の必要性に反する行動が要求されるリスクです。リスク許容度には2つの変数の働きがあります。リスクを負える能力、そしてリスクを負える意思です。 [9] この段階では自問すべき重要な質問がいくつかあります。[10]
    • 自分は人生のどの段階にいるのか。つまり低収入に近い段階か、それとも収入獲得できる絶頂期に近づいている段階か。
    • より多くの収益を得る為に、更なるリスクを負う意思があるか。
    • 投資目標の対象期間はどの位か。
    • 短期目標と適切な現金資源を維持する為に、どのくらいの流動資産(現金に簡単に換金できる資産)を必要とするか。失業した場合の緊急予備資金として、預金口座に最低6ヶ月から12ヶ月分の生活費を貯蓄できるまでは株式に投資してはいけません。株式を1年も保有しないうちに売却しなければならないのでは、投資ではなく単なる投機をしているにすぎません。
    • 潜在的投資のリスク特性が自分の許容範囲に合わない場合、それは実行できる選択肢ではないので処分しましょう。
    • 資産配分は自分の人生の段階に応じて変動させるべきです。例えば若い時は投資ポートフォリオの株式の割合をより高くするなど。安定した高収入の職業もまた、仕事が債券のようなもので安定した長期収入を期待できます。これらの条件はポートフォリオの株式の割り当てを更に増やす事が出来ます。逆に言うと、投資仲介人や株売買人などの「株式のような」予測できない収入であれば株式の割合を少なくして、安定性のある債券の割合を増やすべきです。株式でポートフォリオの資産増加をより早められますが、更なるリスクを伴います。年齢が上がるにつれて債券のような、より安定性のある投資に移行出来ます。 [11]
  4. 4
    市場について学びましょう。できるだけ多くの時間を費やして株式市場や巨視的な経済について学習しましょう。経済状況や、どのタイプの銘柄が実績を上げているかを把握するセンスを養う為に、専門家の洞察や予測に耳を傾けましょう。学習の手始めに適した一般的な投資関連の本がいくつかあります。
    • ベンジャミン・グレアム著「賢明なる投資家」や「証券分析」は、初心者向けの素晴らしい投資テキストです。
    • ベンジャミン・グレアム、スペンサー・B・メレディス共著「賢明なる投資家(財務諸表編)」は、財務表に関する短く簡潔な論文です。
    • アルフレッド・ラパポート、マイケル・J・モーブッシン共著「市場の期待を株価で読み解く エクスぺクテーション投資入門」は、セキュリティー分析について新しい見解を述べた非常に読みやすい本で、グレアムの本の補完に適した一冊です。
    • フィリップ・フィッシャー著「フィッシャーの超 成長株投資」フォーレン・バフェットは、かつて自分は85%がグレアムで、15%がフィッシャーだと言いました。それは彼の投資スタイルを形成する上で、恐らくフィッシャーの影響を控えめに評価しているからでしょう。
    • ウォーレン・バッフェット自身が経営する会社の株主に綴った年間の手紙をまとめた「バフェットからの手紙」。バフェットは自分の全財産を投資に使いました。彼を見習いたい人に多くの有益なアドバイスが説明された1冊です。この著作はオンラインでも無料提供されています。 www.berkshirehathaway.com/letters/letters.html.
    • ジョン・バー・ウィリアムズ著「投資価値理論」は株式の評価に関する最高の一冊です。
    • 金融で大成功を収めたマネージャー、ピーター・リンチの「株で勝つ」と「株の法則」は、読みやすく得るところの多い面白い本です。
    • チャールズ・マッケイ著「狂気とバブル」、ウィリアム・ルフェーブル著「欲望と幻想の市場-伝説の投機王リバモア」は株式市場における感情の過剰反応と欲望の危険性について、実例を挙げて説明しています。
    • 投資の基礎や初心者向けコースは、オンラインでも学習可能です。モーニングスター(株)やTDアメリトレードなどの金融会社は、このようなコースを無料提供しています。 [12][13]スタンフォード大学を含むいくつかの大学では、オンラインの投資コースを設けています。 [14]
    • コミュニティーセンターや成人学校もまた、財務コースを開設している事があります。コース料の多くは低く設定されているか無料で、投資の概要を確実に学習できます。お住まいの地域にこのようなコースがあるか探してみましょう。
    • 「株の練習用ゲーム」や「バーチャル株取引」で株式投資を演習しましょう。毎日の引け値を使って株式を仮に売買します。紙に書いてシミュレーションできますが、How the Market Worksなどのオンラインの無料口座を開設して取引を演習する事も可能です。株取引を演習する事で現金をリスクに晒さずに株式投資の戦略に磨きをかけたり、知識を身に付けることができます。 [15]
  5. 5
    株式市場に対する期待値を勘案しましょう。これは専門家でも初心者でも難しいステップです。それはこのステップが技術であると同時に科学でもあるからです。市場の業績について膨大な量の財務データを収集する能力を養う必要があります。それらのデータがどう株式市場に影響するかしないかを判断する感覚も養わなければいけません。
    • このような理由で多くの投資家は自分達に馴染みがあったり、知っている製品の株式を買います。 [16] リビングから冷蔵庫の中身まで、家の中のあらゆる製品について考えてみましょう。それらの製品には自分の経験から直接得た知識があり、直感で素早く競合会社の製品と比べ性能を評価できます。
    • それらの家庭用品を買わなくなったり、商品のグレードを上げ下げするであろう経済状況を想定してみましょう。
    • ご自分が熟知している商品を消費者が購入する経済状況は、投資するのに確実ではないでしょうか。
  6. 6
    ご自分の判断に集中しましょう。市場に対する一般的な期待や、現在または予測される経済状況を踏まえながら、今後成長すると思われる企業を検討する力を養いながら、幾つかの特殊分野で予測を立てる事が大切です。
    • 金利とインフレの動向、またそれらが定収入と株式購入にどのように影響するか。 [17]低金利では、より多くの消費者や企業が資金を調達します。消費者は購買する事でより多くのお金を消費します。よって企業収益が上がり、企業は事業拡大に投資できます。従って低金利は株価の上昇を招きます。これとは対照的に高金利は株価を下げます。高金利ではお金を借りる事がより難しく、金額も高くなります。消費者の購買意欲は減少して企業の投資資金も減少します。経済成長は失速したり低迷します。 [18]
    • 広範なマクロ経済の観点で見た経済のビジネスサイクル。 [19] インフレは一定期間の全体の価格上昇です。妥当かつ管理されたインフレは、通常は経済と株式市場に良い事と捉えられています。適度なインフレの低金利は、通常は市場にプラスの効果を与えます。高金利とデフレは通常、株価の下落を引き起こします。 [20]
    • 的を絞ったミクロ経済の観点で見た経済の特定部門内の良好な状態。 [21]自動車産業、建設業、航空会社などの特定業界は通常、経済成長期には業績が上がると考えられています。経済が好調であれば消費者は将来に自信を持ち、より多くのお金を使い購買意欲も高くなります。これらの産業や企業は市況産業と呼ばれます。 [22]
    • その他の産業は不景気でも経済不況でも業績が上がります。通常これらの産業や企業は経済動向に影響されません。例として公共事業と保険会社は消費者動向にさほど影響を受けません。光熱費などの公共料金や健康保険などは消費者が常に払わなければならない料金だからです。これらの産業や企業は「守備的」または「反循環的」として知られています。 [23]
    広告

パート 2 の 3:
株式に投資する

  1. 1
    資産配分を決めましょう。これはどのタイプの投資にどの程度の資金を投資するかを決める事です。
    • 株式、債券、より積極的な金融商品にどの程度の資金を投資し、現金と現金等価物(定期預金証書、短期国債など)をどの程度保有するかを決めます。 [24]
    • ここでの目標は、ご自分の市場期待値とリスク許容度に基づき出発点を決める事です。 [25]
  2. 2
    投資を選択しましょう。あなたの「リスクとリターン」目標は膨大なオプションの数の一部を削除します。投資家としてアップル社やマクドナルドなど、個々の企業から株式を購入する事を選択できます。これは最も基本的なタイプの投資です。ボトムアップ・アプローチは自分の予測した将来の株価や配当金をもとに個別銘柄を売買します。株式直接に投資すればオープン型投資信託の手数料を払わずに済みますが、多様性を充分に確保するためにはより労力を要します。
    • 自分の投資ニーズに最も合った銘柄を選びましょう。高所得税に区分されており、短期ないし中期の所得の必要性がありリスク許容度が高い場合は、配当が少ない、または無配当でも予想成長率が平均以上の成長銘柄を主に選びます。
    • 低コストのインデックスファンドはアクティブ型投資信託に比べて手数料が大抵は低く設定されています。 [26]低コストインデックスはより安全な投資で定着した評判の良い投資を模範に作られています。例えばインデックスファンドはS&P500種株価指数の中の銘柄からなる業績基準を選べます。国債は同じ資産の殆ど、もしくは全てを買い入れして株価指数の業績と等しくさせます(超過しない)。これは比較的安全であると見なされていますが刺激的な投資ではありません。優良銘柄を選ぶ支持者は、このような投資を鼻であしらうでしょう。 [27]インデックスファンドは投資初心者にとって実際は非常に良い投資の「第一歩」になります。[28] 「負荷無し」の低費用のインデックスファンドを買って保有し、ドル・コスト平均法の戦略を使うと、長期的には多くのアクティブ型投資信託よりも効率が良い事が示されています。経費率と年間取引高が最も低いインデックスファンドを選びましょう。投資額が1200万円未満の投資家にとってインデックスファンドは長期間で見た場合、他には負けない投資です。投資額が1200万円以上の場合は投資信託よりも株式投資が好ましいでしょう。それは全てのファンドは資産額に比例した手数料を請求するからです。年間経費率が0.05%のコストが大変安い投資信託でも時間の経過と共にかなりの金額になります。年間平均株価のリターンを10%として初期1億2千万円の投資費用で0.05%経費率が30年以上で2850万円(30年後の38億円の投資残高に比較)になります。
    • 上場投資信託(ETF)は株式取引に類似しているインデックスファンドの一種です。ETFは運用管理されないポートフォリオで(株式は積極的に運用されるファンドのように継続的に売買されない)、多くの場合は手数料無料で取引できます。特定のインデックスまたは特定の業界や金のような特定商品に基づいてETFを購入できます。 [29] ETFは初心者に向いている他の良い選択肢と言えます。
    • アクティブ型投資信託に投資する事できます。このファンドは多くの投資家が資金を共同出資して主に株式や債券で運用します。個人投資家はポートフォリオの銘柄を購入します。 [30] ファンド・マネージャーは通常、長期成長など特定の目標を考慮してポートフォリオを構築します。しかしながら、このファンドは積極的に運用されて(ファンド・マネージャーはファンドの目標達成の為に常に株式売買する)、手数料が高くなる事があります。投資信託の経費率がリターン率をマイナスにして資産成長を妨げる場合があります。 [31]
    • 一部の企業では定年退職した投資家向けに特別なポートフォリオを提供しています。これらは「資産分配」や「ターゲット・デート型」ファンドで、自分の年齢を基準に自動的に保有資産を調整します。例えば若い年代のポートフォリオは割合をより普通株に置き、年齢が上がるにつれて自動的に確定利付証券に移行させる商品です。つまり年齢の上昇と共に、ご自分がすべき事を自動的に調節してくれる商品です。 [32] これらのファンドは単純なインデックス・ファンドやETFには無いサービスを提供していますが、概して費用が高額なので注意しましょう。
    • 投資を選択する上で、取引費用や手数料を考慮する事が大切です。費用や手数料はリターンをむしばみ利益を減らします。株式の購入、保有、売却時にどのような費用の支払い義務を負うかを理解する事は不可欠です。株式売買や保有にかかる手数料、取引の際の一般的な手数料、価格スプレッド、スリッページ、米国証券取引委員会セクション31手数料、[33]資本利得税を含む、一般的な取引費用などがあります。信託にかかる費用は管理費、営業手数料、償還手数料、交換手数料、口座手数料、12b-1手数料、運用経費などです。 [34]
  3. 3
    興味のある個別銘柄の本質的価値と適正価格を決めましょう。本質的価値とは現在価値とは異なるであろう理論株価の事を指します。適正価格は一般的に安全域(MOS)の余地がある本質的価値の一部です。安全域は本質的価値の見積りの不確実性の程度により範囲は20%~60%になります。理論株価の算出方法はいろいろあります。
    • 配当割引モデル:理論株価はその将来の全配当の現在価値。従って理論株価=割引率と配当成長率の差で割った一株当たりの配当。 [35]例:A会社が年間7%の成長予測で、1株当たり120円の年間配当金を支払うとします。資本(割引率)の個人的経費が12%の場合、A会社の株の価値は120円÷(0.12-0.07) = 1株当たり2400円となります。
    • 割引キャッシュフロー(DCF)モデル:理論株価はその将来の全キャッシュフローの現在株価。従って、DCF=CF1/(1+r)^1 + CF2/(1+r)^2 + ... + CFn/(1+r)^n。CF=キャッシュフロー、CFn=一定期間 nのキャッシュフロー、r=利子率。典型的なDCFの算出方法は、年間フリーキャッシュフロー(資本支出より営業キャッシュフローが少ない)の10年間の成長率を推定して、終価を算出するために成長値を計算してから期間成長率を見積もり、両方を合計して株のDCF値を求めます。例:A会社の現在のFCFが一株当たり240円、FCF成長予測が10年間で7%で、その後4%。12%の割引率で、株の成長価値は1900円、終価は1990円で、1株の価値は3876円となります。
    • 比較法:この方法では利益(P/E)、簿価(P/B)、売上(P/S)、またはキャッシュフロー(P/CF)の相対価値に基づいて株の価値を評価します。この方法はいくらで株式を売却すべきか判断する為に、株の現在価値率を適切なベンチマークと株の過去平均割合と比較します。
  4. 4
    株式を購入しましょう。銘柄か決まったら株式を購入しましょう。自分のニーズに合った証券会社を探して株の買注文を入れます。
    • 買いたい銘柄の買注文だけを入れる格安の仲介人を選択できます。手数料がもっとかかりますがフルサービスの証券会社も選択可能で、株式情報やアドバイスを提供してくれます。仲介業者のウェブサイトを見て自分なりに適正評価したり、オンラインのレビューを見て、ご自分に最も都合の良い仲介業者を探します。ここで考慮すべき最も大事な点は、委託料がどの程度かかり、他にはどんな料金が含まれるかを検討する事です。いくつかの仲介業者ではポートフォリオが一定の最低価値(例:メリル・エッジのプリファード・リワード)を満たした場合に取引が無料になったり、選択された銘柄リストにある株式に投資すれば、その企業が取引手数料を支払うなど(例:Loyal3)があります。
    • いくつかの企業では仲介業者を介さずに株式を直接購入できるプラン(DSPP)を提供しています。株式を購入して保有したり、ドルコスト平均法を検討しているならば、このプランは最も良い選択肢でしょう。ご自分が買いたいと思っている銘柄の企業をオンラインで検索したり電話やメールでそのようなプランが提供されているか問い合わせましょう。 [36]料金体系に注意を払い手数料が無料または最小限のプランを選びましょう。
  5. 5
    資産の多様化に5から20の銘柄を含むポートフォリオを構築しましょう。様々な分野、業種、国、企業サイズ、スタイル(「成長」対「価値」)でポートフォリオを多様化させます。
  6. 6
    株式を5年から10年間、できれば更に長期に渡って保有しましょう。株式市場が弱気の日、月、年に株式を売却したくなる誘惑を避けて下さい。株式市場は長期的には常に上昇方向です。その一方で保有している株価が50%、もしくはそれ以上の上昇率であっても利益を確定(売却)する誘惑を避けましょう。企業のファンダメンタルズが健全であり続ける限りは株式の売却を(どうしても現金が必要な場合を除き)してはいけません。株価が本来の価値以上に評価された時や(この項目のステップ3を参照)、株式購入後に、企業のファンダメンタルズが劇的に変わり、その企業がもはや有益でなくなりそうな場合に売却する事は理にかなっています。
  7. 7
    投資は定期的かつ体系的に運用しましょう。ドルコスト平均は安値で買い、高値で売る方法でシンプルで健全な戦略です。給料時には何パーセントかを株式購入の為に確保しましょう。
    • 弱気市場の時は買い時である事を覚えておきましょう。株式市場が少なくとも20%下落したら資金を株式に変えます。市場が50%下落した時は裁量可能な全資金と債券を株式に移行します。恐ろしいと思われるかもしれませんが株式市場は常に株価を取り戻します。1929年から1932年の間に起きたウォール街大暴落からも市場は立ち直りました。成功している多くの投資家は株式を「大特価」の時に買っています。
    広告

パート 3 の 3:
ポートフォリオの監視と維持

  1. 1
    ベンチマークを確立しましょう。ご自分の期待値と比べて運用成果を測る為の適切なベンチマークを確立する事が大切です。投資を保有する価値があるかを検討する為、特定の個別投資に要求する伸び率の標準値を決めましょう。 [37]
    • これらのベンチマークは一般的に様々な市場インデックスの運用実績に基づいており、少なくとも市場全体と同様に自分の投資が運用出来ているか判断できます。 [38]
    • 直感でわかるものではありませんが、株価が上昇しているからと言って良い投資であるとは限りません。特に、類似銘柄と比較して株価の上昇が遅い場合にはこれが当てはまります。逆に言えば目減りしている投資が負けの投資とも限りません(類似する投資の実績の方が悪い場合)。
  2. 2
    期待値と運用実績を比べましょう。価値を決める為には、個々の投資の運用実績を立てた期待値と比べなければなりません。これは他の資産配分の決定を評価する場合も同様です。
    • 設定した期待値を直ぐに満たせると思える妥当な理由がない限り、期待値を満たさない投資は売却すべきです。そうすれば他の投資に資金をまわす事ができます。
    • 投資は良い実績が出るまで待ちましょう。長期投資家にとって1年、3年の実績ですら意味がありません。株式市場とは短期的には自動の投票機のようなもので、長期的には重量計のようなものです。
  3. 3
    油断せずに自分の期待値を新たに設定しましょう。株式を購入すると定期的に投資の運用実績を監視しなければなりません。 [39]
    • 投資状況や見解は変化します。これは投資の一部です。重要なのは新しい株式情報は全て適切に評価、処理をして、前のステップで設定したガイドラインを基に変更を実行に移す事です。
    • 市場への期待を正しくしていたか考察しましょう。そうでなかった場合はその理由を考えます。自分の期待値と投資ポートフォリオを最新にする為に洞察しましょう。
    • ポートフォリオが許容リスクの範囲内で機能しているか検討しましょう。投資実績が良くても、自分の期待と比べてその投資は不安定で危険かもしれません。そのリスクを負う自信がなければ投資を変更すべき時期かもしれません。
    • 設定目標を達成できるか検討しましょう。投資は許容リスク範囲内で成長している場合でも成長速度が目標の達成にかかりすぎている事があるでしょう。そのような場合は新しい投資を検討する時期です。
  4. 4
    取引を過剰にしたくなる誘惑を抑えましょう。それは、ご自分が投機家ではなく投資家だからです。その上、利益が出る度に資本利得税が課されるだけでなく取引の度に仲介手数料もかかります。
    • 株式情報を避けましょう。リサーチは自分で行い、株式情報を探し求めたり、たとえ内部の情報であっても気を留めてはいけません。ウォーレン・バフェットは株式の勧誘で送られる郵送物をすべて破棄するそうです。彼曰く、セールスマン達の良い謳い文句で会社が資金稼ぎできるように、お金が支払われているからだそうです。
    • 株式市場関連のメディアの報道に気を取られ過ぎてはいけません。長期投資する事に注力し(少なくとも20年)、短期的な価格の乱高下に気を取られてはいけません。
  5. 5
    必要に応じて評判の良い株式仲介人、銀行員、投資アドバイザーに相談しましょう。常に学び続け、自分が興味を持っている種類の市場投資に成功している専門家の文献を出来るだけ多く読みましょう。株式市場での投資の浮き沈みの対応に役立つであろう、投資の感情と心理的側面について書かれた文献を勧めます。大切なのは株式投資での最も賢い選択法を理解する事と、賢明な決定をした場合であっても、損失が発生した時の対処法を準備する事です。
    広告

ポイント

  • 競合会社が無い、または少ない企業の株式を購入しましょう。航空会社、小売業、自動車メーカーなどの産業は競争が激しいので一般的に長期投資に不向きです。その理由が会社の損益計算書の利益率の低さに反映されています。少数の企業を除き、一般的にユーティリティ-や航空会社等の小売業や規制産業など、季節的産業や流行産業は避け、長期間に渡って一貫した利益や収益の伸び率が示されていない限りはこれらの銘柄に手を出してはいけません。
  • 一時的に価値が下落している質の良い銘柄を買うチャンスを探します。これが価値ある投資の真髄です。
  • ファイナンシャルアドバイザーや仲介業者は、あなたを顧客として繋ぎ、儲ける事を目的としています。顧客に対して資産を分散させるよう助言し、ダウ平均株価やS&P総合500種株価指数に従わせます。こうすれば株価が下落しても常に自分達を正当化できるからです。仲介業者やアドバイザーは概して商取引の基本的な経済学の知識はありません。ウォーレン・バフェットは「リスクとは、自分達が何をしているかわからない人の為にある。」と言っています。
  • ご自分の偏見を意識し、決定するのに感情に左右されてはいけません。自分を信じ、プロセスを信じれば投資家として成功への道を歩むでしょう。
  • 米国金融市場の焦点は短期的です。これは将来、特に先将来の収益を予測する事が困難だからです。多くのアナリストは最大10年までの収益を見積もり、目標価格の設定は割引キャッシュフローを使います。株式市場では株式を何年も保有する事でしか勝てません。
  • 株式情報は株式と債券市場の投資の成功には欠かせません。大切なのは自分のリサーチを自制しながら行い、監視や調整をしながら運用実績を評価する事です。
  • 資産価値を1ヶ月に一度以上見てはいけません。米国金融市場の感情に巻き込まれると、長期投資に優良な銘柄を売却したくなるだけだからです。株式を購入する前に自問しましょう。「株価が下落したら、売却したくなるなるだろうか、それとも買い増ししたくなるだろうか。」と。前者を選ぶようあれば株式を購入してはいけません。
  • 価値が変動する紙切れを取引する訳ではない事を肝に銘じましょう。自分はビジネスとしての株式を買うのです。商取引の健全性や採算性と自分が支払う対価の2つの要因だけが意思決定に影響を与えるべきです。
  • ブランド名が好調な企業の株式を選ぶのは良い選択です。コカ・コーラ、ジョンソン&ジョンソン、プロクター&ギャンブル、3M、エクソンなどが良い例です。
  • 優良株への投資がなぜ良いのか理解しましょう。優良株の質は一貫した利益と増益の履歴が基にあります。そのような企業の銘柄を大衆が飛びつくより前に特定できれば、より多くの利益が得られます。「上昇型」の投資家になる事を学びましょう。
  • 株主重視の企業に投資しましょう。多くの企業は株主に配当金を支払うよりも、最高経営責任者の為の自家用ジェット機に利益を費やすでしょう。長期的な焦点の役員報酬、自社株費用の計上額、賢明な資本投資、健全な配当政策、一株当たり利益(EPS)の成長、一株当たりの簿価は全て株主を重視する企業の証明です。
  • ロスIRA(利子に税金がかからない個人退職口座)や企業年金制度401kを検討しましょう。長期に渡れば税金を大幅に節約する事ができます。
  • 株式を購入する前に暫くは仮想取引を行うと良いでしょう。仮想で株式取引をシミュレーションします。株価の動向を見たり実際の取引のように売り買い注文の決定を記録します。自分の投資決定で利益が出ているか確認しましょう。取引運用が上手になって市場がどう機能するかに馴染んだら実際の株式取引を行いましょう。 [40]



広告

注意事項

  • お金の事になると人間はプライドを守るために嘘をつきます。誰かが最新情報を教えてくれたとしても、それは単なる意見と捉えましょう。情報源をよく考えましょう。
  • 失っても構わないお金だけで投資しましょう。株価は短期に大幅下落するので、賢明と思える取引でさえうまく行かなくなる事があります。
  • 株価が逆方向に動く時期を推測して株式市場の頃合いを測ろうとしないで下さい。嘘つき以外の誰も市場の頃合いを測る事はできません。
  • 株価が逆方向に動く時が来る事を推測して、株式市場の頃合いを測ろうとしないで下さい。嘘つき以外の誰も市場の頃合いを測る事はできません。
  • 投資家向けではないトレーダー向けテクニカル分析に頼ってはいけません。投資ツールとしてのテクニカル分析の生存率は以前から声高に議論されています。
  • 短期利益を得る為にデイトレードやスウィングトレードを行なってはいけません。取引を頻繁にすればその分の手数料も負担しなければならず、出ている利益を減らす事になります。短期で得た利益の税率は長期(1年以上)よりも高くなります。超短期のトレードを避けた方がよい最大の理由は、株取引の分野で成功する為には運のツキがある事は言うまでもなく、それなりの腕前、知識、度胸が要求される為、経験の浅い人向けではないからです。
  • 証拠金で株を買ってはいけません。株価は突然大幅に変動するので借入金で投資すると大失敗します。証拠金で株式を買ってから株価が50%急落し、利益が帳消しになった直後に株価が跳ね上がるような事は望まないはずです。証拠金で株式を買う事は投資ではなく投機行為です。
  • 株式投資の一点に絞り、投資ではない投機のオプションとデリバティブを避けましょう。株式投資の方が実績を出せる可能性が高く、オプションやデリバティブの方がはるかに損失が出る可能性があります。
  • 他人の投資アドバイスー特にあなたの取引で儲かる人達の助言を盲目的に信じてはいけません。同様の事が株式仲買人、アドバイザー、アナリストに対しても言えます。
  • 「勢いの投資」を避けて下さい。直近で大当たりした注目株を買う行為は株式への投資ではなく投機行為そのものであり、一貫性がありません。1990年代に注目されたテクノロジー関連株に投機した人達に話を聞くといいでしょう。
  • インサイダー取引に関与してはいけません。株式の情報公開前に内部情報を利用して株取引をすると重罪の起訴に直面する可能性があります。どんな大金を得る可能性があったとしても、法的トラブルに巻き込まれる事と比べれば、そんな事は重要ではありません。[41]


広告

関連記事

How to

経費の計算

How to

ビットコインを購入する

How to

株価収益率を計算する

How to

デイトレードで失敗しない

How to

節約して生きる

How to

為替取引を始める

How to

利息を計算する

How to

蓄財する

How to

ビットコインを使用する

How to

億万長者になる

How to

ビットコインをペーパーウォレットに保管する

How to

お金を賢明に用いる

How to

ビットコインを受け取る

How to

ビットコインで投資をする
広告
  1. http://www.investopedia.com/articles/pf/07/risk_tolerance.asp
  2. http://money.cnn.com/retirement/guide/investing_basics.moneymag/index7.htm
  3. http://www.morningstar.com/cover/Classroom.html
  4. https://www.tdameritrade.com/educationoffer.html
  5. http://online.stanford.edu/course/rauh-finance
  6. http://www.howthemarketworks.com/trading/
  7. http://www.investopedia.com/financial-edge/1010/how-to-invest-in-everyday-products.aspx
  8. http://www.investopedia.com/articles/stocks/09/how-interest-rates-affect-markets.asp
  9. http://www.forbes.com/sites/mikepatton/2014/05/27/how-rising-interest-rates-could-affect-your-portfolio/
  10. http://www.colorado.edu/economics/courses/econ2020/section7/section7-main.html
  11. http://www.pimco.com/en/education/pages/inflationprimer.aspx
  12. http://www.investopedia.com/articles/economics/08/understanding-microeconomics.asp
  13. http://marketrealist.com/2014/02/investors-guide-cyclical-counter-cyclical-industries/
  14. http://marketrealist.com/2014/02/investors-guide-cyclical-counter-cyclical-industries/
  15. http://www.sec.gov/investor/pubs/assetallocation.htm
  16. http://www.sec.gov/investor/pubs/assetallocation.htm
  17. http://www.forbes.com/sites/thebogleheadsview/2013/05/23/index-funds-low-fees-arent-the-only-advantage/
  18. http://www.forbes.com/sites/mitchelltuchman/2013/07/12/what-is-an-index-fund-investing-basics/
  19. https://investor.vanguard.com/mutual-funds/index-funds
  20. http://www.forbes.com/sites/feeonlyplanner/2013/07/18/whats-the-difference-mutual-funds-and-exchange-traded-funds-explained/
  21. http://investor.gov/investing-basics/investment-products/mutual-funds
  22. http://www.sec.gov/answers/mffees.htm
  23. https://www.fidelity.com/mutual-funds/asset-allocation-funds/overview
  24. http://www.sec.gov/answers/sec31.htm
  25. http://www.sec.gov/answers/mffees.htm
  26. http://www.investopedia.com/terms/d/ddm.asp
  27. http://www.forbes.com/sites/moneybuilder/2012/06/20/how-to-invest-using-direct-stock-purchase-plans/
  28. http://www.pimco.com/EN/Education/Pages/BenchmarksBasics.aspx
  29. http://www.pimco.com/EN/Education/Pages/BenchmarksBasics.aspx
  30. http://www.nd.gov/ndpers/forms-and-publications/publications/monitor-investment-performance.pdf
  31. http://www.investopedia.com/terms/p/papertrade.asp
  32. http://www.sec.gov/answers/insider.htm

このwikiHow記事について

Ara Oghoorian, CFA, CFP®, CPA
共著者
ファイナンシャルプランナー、会計士
この記事の共著者 Ara Oghoorian, CFA, CFP®, CPA. アラ・オゴーリアンは、カリフォルニア州ロサンゼルスにて資産管理を専門とする総合会計事務所「ACap Advisors & Accountants」を経営しています。以前はサンフランシスコ連邦準備銀行、アメリカ合衆国財務省、アルメニア共和国財務省に勤務。26年以上に及ぶ金融業界での経験をもとに2009年に同事務所を設立しました。連邦準備制度理事より銀行検査官に、CFA協会よりCFA協会認定証券アナリストに任命されました。認定ファイナンシャルプランナー(CFP)、認定公認会計士(CPA)、認定財務会計士(CFA)、認定投資アドバイザー(通称Series 65 license)、税理士の資格を保有。サンフランシスコ州立大学にて会計学と財政学の学士号を取得しました。 この記事は1,911回アクセスされました。
カテゴリ: 資金管理
このページは 1,911 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告