初めてのメールアカウントを設定しようとしている時、どのようなメールアドレスにすべきか悩む人も少なくないでしょう。これまで使っていたメールアドレスに飽き飽きしていて、より格好いいメールアドレスに変更したいと考えている人もいるかもしれません。とにかく「格好いい」メールアドレスの定義は人によって異なるので、どのような印象を与えたいのかという点を考えながら決めていきましょう。

方法 1 の 3:
アイデアを出す

  1. 1
    様々な種類の「格好いい」メールアドレスを検討する 変わっていて個性的だから格好いいという場合もあれば、シンプルかつ洗練されていて、仕事用メールとしても相応しいので格好いいということもあります。また、それ以外の自分らしい面白い方法で、自分がどのようなことに興味を持っているのかということを示す人もいます。つまり、メールアドレスを通してどのような印象を与えたいのかということを考えることが大切です。
    • 変わっているメールアドレスを目指しているのであれば、自分の趣味や関心事、好きなものなどに関する単語が含まれているものを考えてみましょう。例えば、 「kangaroogirl@example.com(カンガルーガール)」や 「caffeine.friend.17@example.com(カフェインフレンド)」さらに "green_eggs_and_bacon@example.com(レシピの名前)」といったアドレスが挙げられます。
    • 自分の性格を示す単語を用いて、興味や価値観を表現することもできます。例えば、「mellow.cello@example.com(穏やか、チェロ)」や「because.its.there@example.com(そこに山があるからだ)」といった内容が考えられます。 大切なのは、目にした人の顔が思わずほころぶようなメールアドレスで、あなたの個性を伝えるということです。
    • より仕事向けのアドレスが必要なのであれば、自分の氏名や事業名を上手に用いるのも良いでしょう。Billy Bonesさんであれば、「bbones@example.com」というアドレスを作ることができます。Catherineさんであれば、「cath.arsis@example.com」といった組み合わせも可能です。仕事用のメールアドレスは、個人用アドレスのように創造的にならずに、名前か事業名を用いるべきでしょう。
  2. 2
    関心事の後ろに自分の名前を加える 自分の趣味や関心事(さらに、他人に知ってもらいたい自分の趣味や関心事)について考え、それらをメールアドレスに取り入れることができないか試してみましょう。ギターを弾くことが好きなのであれば「guitar」という単語を入れてみると良いでしょう。同様に、イチゴが好きな人は「strawberry.girl(ストロベリーガール)」といった表現を入れてみても良いかもしれません。
    • さらに、関心事を伝える単語の前または後ろに加える単語についても考え、組み合わせてみましょう。ギターという単語だけでなく、ギターをこよなく愛しているということも含めようとしているのであれば、「guitardude97(ギター野郎97)」や「guitarjams(ギターセッション)」といったアドレス名にしてみても良いでしょう。
    • ただし、趣味や関心事は変わっていくこともあるという点を忘れないようにしましょう。1週間で飽きそうなものでなく、ある程度の期間続くようなものを選ぶようにしましょう。
  3. 3
    自分の名前を含むべきか考える イニシャルでも、苗字でも、名前でも、該当する人はミドルネームでも良いでしょう。もちろんフルネームも可能です。「格好いい」アドレスを作ることが目的なので、名前にさらに何らかの表現(趣味や関心事など)を付け加えましょう。
    広告

方法 2 の 3:
さらにひと味添える

  1. 1
    2つの単語を組み合わせて1つの単語にする 例えば「crocodile(クロコダイル)」と「rocket(ロケット)」という単語を組み合わせて「crocker」という単語を作り、名前も添えて「BettyCrocker」というアドレスにすることができます。始まりと音節が同じで、末尾も似ている単語動詞を組み合わせてみましょう。その他に、自分の好きな単語(例えば「lazer(レーザー)」や「turbo(ターボ)」)を選び、その単語で別の単語について説明するという組み合わせも考えられます。「lazerboulder(レーザー岩)」や「turbocandy(ターボキャンディ)」としてみましょう。組み合わせは、かなりでたらめなものでも構いません。
    • また、組み合わせた単語それぞれの先頭文字を大文字にすると(「LaserBoulder」や「TurboCandy」)、別の単語が組み合わされているということが強調できます。
  2. 2
    ありきたりなアドレスやでたらめなアドレスは作らないようにする 無名数や誕生年は多くのアドレスで用いられていて独創性に欠けるので避けたほうが良いでしょう。繰り返しになりますが、このアドレスをゆくゆくは仕事用としても使用する予定があるのであれば、こうした一般的な名づけ方をしても良いかもしれません。
    • 「james.madison.98@example.com」や「joeksmith@example.com」などは一般的なアドレスの作り方であるものの、単純で分かりやすいという利点もあります。つまり自分が求める「格好いい」を定義することが大切です。
    • 「AKDJFIADJF@example.com」や「shabalaba810@example.com」は、より「でたらめ」な印象が際立ちます。格好いいアドレスだと考えることもできますが、あなたについて何の情報も伝わりません。
  3. 3
    ピリオドや数字を添える これだ、と思うアドレスがあったものの、すでにメールアドレスとして存在しているということもあります。こうした時は、ピリオドや数字を挿入することを検討しましょう。何かの意味を成していても、特に何の意味も成さなくても問題はありません。例えば次のような使い方が考えられます。
    • dragon.finding.warrior@example.com
    • redinkedbooks2015@example.com
    • chocolate.adventures5@example.com
  4. 4
    あえて誤ったスペルを用いる この方法も、より個性的なメールアドレスを考える時に役に立ちます。また、元々考えていたアドレスが既に別の人によって取得されていたという時も、大きくな変更をせずに案を維持することができるかもしれません。スペルを変更する際は、元の単語に似ているスペルを考えましょう。つまり、少し間違っているものの、何の単語なのかが分かることが大切です。
    • 「lovinpandaz@example.com」や「pizzas.and.pizzazz@example.com」といった要領で元々は「s」であるものを「z」に置き換えてみましょう。
    • 「the.sox.rox@example.com」や「madd.haxx@example.com」は、「ks」というスペルを「x」で置き換えています。
    広告

方法 3 の 3:
メールアカウントを作成する

  1. 1
    誰かの助けを借りる アカウント名を考えることが得意そうな人を知っているのであれば、アイデアを求めてみましょう。友達、親戚、あるいは両親にこうした人物がいるかもしれません。出された案が気にいならなければ、あまり気にせずに自分で作ってみましょう。
    • 誰も適した人物が思い浮かばない場合はユーザーネームジェネレータを使ってみると良いかもしれません。インターネットで「ユーザーネームジェネレータ(あるいは、ユーザー名自動作成ツール)」を検索してみましょう。自分の用途や好みに合ったアドレスが出来上がるかもしれません。
  2. 2
    ドメインホストを選ぶ ドメインとはメールアドレスの「@example.com」にあたる部分を指します。標準的なメールクライアントであれば問題なく使えるはずですが、中には若干時代遅れな印象をあたえるもの(AOLやhotmailなど)もあります。また、自分でドメインを選ぶことができるサービスもあります。こうしたサービスを利用する際は、ドメイン名が長くなり過ぎないよう注意しましょう。長いドメインを打ち込むことを好まない人もいます。その一方で「@gmail.com」や「@yahoo.com」などは短く人気もあるだけでなく、覚えやすいという利点があります。
  3. 3
    メールアカウントにサインアップする 準備が整ったら、メールクライアントのウェブサイトにアクセスし、「アカウントを作成する」といった文言をクリックし自分だけの格好いいメールアドレスを作成しましょう。考えたアドレス名を「ユーザー名」あるいは「ログイン名」の欄に入力します。
    広告

ポイント

  • 名前の最後に番号を添えましょう。同じアドレス名が既に存在している時は、自分にとって意味のある番号を添えることで違いを加えることができます。例えば、誕生日、年齢、西暦、あるいは単純に好きな番号などが候補として考えられます。
  • 古いアドレスにメールが届き続けてしまわないよう、新しいアドレスを周知しましょう。
  • 覚えやすいメールアドレスが良いでしょう。自分で忘れてしまうことを防ぎ、自分以外の人にも覚えていてもらえるようなものが理想的です。

広告

注意事項

  • あまりに個人的な情報はアドレスに含めないよう注意しましょう。ウェブサイトに登録する際や、面識のない人に、このアドレスを提示することもあるでしょう。従って、住所、頻繁に用いるパスワード、マイナンバーカードの番号など、悪い人の手に渡った時に問題になるような情報は含めないことが得策です。
  • おかしなメールアドレスを使って仕事に応募すると、採用側のひんしゅくを買う可能性もあります。仕事用のアドレスには、より標準的なものを用意して使いましょう。
  • 長々とした意味の分からないアドレスは避けましょう。次の2つの理由でひんしゅくを買います。まず、他人になかなか覚えてもらえないでしょう。さらに、初めてメールを送る相手の場合、このようなメールアドレスを目にしても、あなたの人となりや身元が分からず困惑するかもしれません。
広告

必要なもの

  • 創造性
  • ネット接続のできるパソコン

関連記事

How to

Googleに問い合わせをする

How to

画像検索で簡単に人物を特定する

How to

トレントのダウンロード速度を上げる

How to

Outlookで投票ボタンを使う

How to

画像のURLを取得する

How to

Internet Explorerの閲覧履歴を確認する

How to

ダウンロード速度を上げる

How to

2台のルーターを接続する

How to

Googleドキュメントを保存する

How to

ページリダイレクトをブロックする

How to

YouTubeでチャンネル登録者を削除する

How to

YouTube動画の年齢制限を回避する

How to

ウェブサイトから無料で動画をダウンロードする

How to

Firefoxでウェブサイトをブロックする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む48人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: インターネット
このページは 129 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告