桃を熟させる方法

この記事には:紙袋を使うリネンの布を使う出典

熟して果汁のあふれる美味しい桃もあれば、石のように硬い桃にかじりついてがっかりすることもあるでしょう。残念ながら熟していない桃にあたることが多くても、あきらめる必要はありません。すぐに食べたり料理に使ったりすることができるように、桃を素早く熟させることができます。

1
紙袋を使う

  1. 1
    紙袋を用意しましょう。紙袋は桃を熟させるのに適しています。薄い紙は湿気を逃がしますが、果物が自然に放出するエチレンガスを閉じ込められます。一方でビニール袋は早急に桃を熟させるため、腐らせてしまいます。
  2. 2
    果物を袋に入れましょう。硬い桃を袋に入れます。熟させる効果を増すために、桃を入れた袋にバナナかリンゴを一緒に入れましょう。これらの果物はエチレンガスを多く出すため、より早く桃を熟させることができます。
  3. 3
    桃が熟すのを待ちましょう。袋は、室温で乾燥した場所に24時間放置します。桃の個数と初めの熟れ具合によって、完全に熟すまでの時間は異なるでしょう。
  4. 4
    桃の状態を確認しましょう。24時間経ったら、どのくらい熟しているかチェックします。かすかに香りがあり触れてみて少し柔らかければ、熟れて食べごろの状態です。熟れていなければ袋に戻し、さらに24時間待ちましょう。熟すまでこの作業をくり返しましょう。
    • 熟していなければ、さらに12~24時間置きましょう。
  5. 5
    桃を楽しみましょう。桃が熟したら、食べごろです。数日間は室温で保存できますが、冷蔵庫に入れればより長持ちするでしょう。[1]

2
リネンの布を使う

  1. 1
    リネンのナプキンを広げます。清潔で乾いた場所(キッチンカウンターの上など)でリネンか綿のナプキンを広げます。平らな面を十分に確保しましょう。
  2. 2
    桃を置きます。果柄があった部分を下にしてリネンの布の上に並べます。(どんなに桃が多くても)桃同士が触れないように均等な距離で広げて置きましょう。
  3. 3
    桃を覆います。並べた桃の上に、綿の布をかけます。できれば布の端を織り込んで外の空気に触れないようにして、完全に覆います。
  4. 4
    桃が熟すのを待ちましょう。リネンの布を使って桃を熟させるのには数日間かかりますが、より果汁の多い状態にできるでしょう。2~3日後に桃を確認し、柔らかさと桃らしい香りが出ているかチェックしましょう。まだのようであれば、布を替えてさらに1日待ってから再度チェックしましょう。
  5. 5
    熟した桃を味わいましょう。触れてみて柔らかく、良い香りがあれば食べごろです。すぐに食べるか、長持ちさせたいときは冷蔵庫に入れて保存しましょう。[2]

ポイント

  • これらの方法はネクタリン、アプリコット、キウイ、マンゴー、梨、プラム、バナナ、アボカドにも効果があります。
  • 桃が傷むのを防ぐため、扱う際はきつく握らないように気を付けましょう。他の多くの果物とは異なり、傷が付くと果物全体に広がって1~2日のうちに腐ってしまいます。
  • 日光が当たる暑いところに残された桃はたいてい1日で熟すでしょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 野菜と果物

他言語版:

English: Ripen Peaches, Español: hacer madurar los duraznos, Italiano: Far Maturare le Pesche, Deutsch: Pfirsiche reifen lassen, Français: faire mûrir des pêches, 中文: 催熟桃子, Nederlands: Perziken laten narijpen, Русский: сделать, чтобы персики дозрели, Bahasa Indonesia: Mematangkan Buah Persik, Čeština: Jak nechat dozrát broskve, العربية: إنضاج الخوخ, ไทย: บ่มลูกพีชให้สุก, Tiếng Việt: Làm chín quả đào, 한국어: 복숭아 익히는 방법

このページは 173 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?