適切な肥料を与えるなどして、植物の生長を早める方法はたくさんあります。生長の早い植物は、収穫までの期間が短く、ブーケなどのギフトを手軽に作るのにも最適です。適切な方法で肥料を与え、育てる植物を選ぶことで、栽培期間を短くすることが可能です。

方法 1 の 3:
肥料を施す

  1. 1
    土壌検査を行う 適切な肥料を選ぶために、土壌の成分を知る必要があります。土壌検査キットは、ホームセンター、ガーデンセンター、インターネットで販売されています。検査の結果から、植物の生長に最適な栄養バランスを知ることができます。[1]
  2. 2
    有機肥料または化学肥料を使う 有機肥料か化学肥料のどちらかの肥料を選びましょう。化学肥料を使う場合は、土壌に必要な栄養素がバランス良く配合された肥料を選びましょう。有機肥料の成分は一様ではないため、成分の割合を把握するのは難しいでしょう。また、有機肥料は、土中で無機物に分解されてから植物に吸収されるため、効果が現れるまで時間がかかります。
    • 化学肥料は即効性があり、植物が早く生長します。有機肥料は土壌に浸透するまで時間がかかりますが、健康な土壌を長期間保つことができます。すでに植えてある植物の生長を早めるには、化学肥料を使うとよいでしょう。また、長期的な庭や花壇作りを計画している場合は、有機肥料がより効果的です。
  3. 3
    顆粒肥料または液体肥料を使う 小さな粒状の顆粒肥料は、有機肥料と同様に花壇などの長期的に施肥が必要な場所に適しています。顆粒肥料は樹脂で覆われているため、ゆっくりと溶けて土壌に浸透します。液体肥料はより即効性がありますが、顆粒肥料より頻繁に施肥をする必要があります。一般的に、液体肥料は数週間おきに与えます。また、液体肥料は顆粒肥料に比べて高価です。
    • 施肥の必要性に応じて肥料を選びましょう。植物の生長を将来的に促進したい場合は、効果が長期間続く顆粒肥料を使うとよいでしょう。また、即効的な効果を期待するのであれば、液体肥料を選びましょう。
    • 液体肥料を使う場合は、容器に記載されている使用方法を確認しましょう。肥料をやりすぎると、植物が枯れる場合があります。
  4. 4
    肥料の成分を調べる 植物が健康に生育するには、16種類の栄養素が必要です。肥料の三大要素である窒素、リン酸、カリウムは、多量養素とも呼ばれています。二次要素として、硫黄、カルシウム、マグネシウムが必要です。また、ホウ素、コバルト、銅、鉄、マンガン、モリブデン、亜鉛などの微量栄養素も欠かせません。[3]
    • 微量栄養素が欠乏していると、植物の生長に支障をきたします。
    • 肥料のなかには、特別な栄養素が加えられているものもあります。特定の品種を栽培するには効果的ですが、一度に何種類もの植物を育てる場合は、一般的な肥料を使うほうがよいでしょう。
  5. 5
    肥料の袋に記載されている、成分の割合を調べる 肥料によって、含まれる栄養素の割合が異なります。例えば、6-12-6の割合の肥料であれば、窒素6%、リン酸12%、カリウム6%で配合されています。土壌検査の結果をもとに、土壌を改善するための最適な肥料を選びましょう。
    • バランスの良い土壌であれば、10-10-10 の多目的肥料を使いましょう。一般的に土壌中に最も不足しがちな栄養素は窒素であるため、このタイプの肥料には窒素が多く含まれています。また、リン酸とマグネシウムが含まれている場合もあります。[4]
  6. 6
    植物に肥料を施す 肥料の効果を最大限に引き出すには、土壌に均等に散布することが大切です。顆粒肥料を使う場合は、肥料散布機を使うといでしょう。[5]
    • 屋外で肥料を散布する際は、道路や歩道に飛び散った肥料を掃除し、下水に肥料が混入するのを防ぎましょう。
  7. 7
    肥料を頻繁に与える 植物は肥料の栄養素を素早く吸収します。植物に必要な頻度で肥料を与え、常に栄養を供給しましょう。適切な施肥の頻度は、植物の品種と肥料の種類によって異なります。肥料に記載されている使用方法に従いましょう。[6]
    • 鉢植えの植物を購入した場合は、ラベルを参照して土の種類を調べ、適切な頻度で肥料を与えましょう。[7]
    広告

方法 2 の 3:
適切な植物を選ぶ

  1. 1
    育てたい植物を選ぶ 植物によって生長する早さは異なります。さまざまな品種の特徴を調べ、栽培する品種を選びましょう。例えば、一般的なトマトは収穫まで平均70~90日かかりますが、グレーシアトマトは50日ほどで収穫できます。
  2. 2
    緑野菜の栽培を検討する 緑野菜のなかには生長が非常に早いものもあります。マイクログリーンであれば、発芽して14日程度で収穫できます。また、アルグラは21日、レタスは28日ほどで生長します。特にサラダに使う緑野菜には、生長の早いものがたくさんあります。
  3. 3
    野菜を選ぶ 野菜を栽培する場合は、生長の早い品種を選びましょう。早く生長する野菜には、インゲンマメ、ビーツ、ブロッコリ、万能ねぎ、ラディッシュ、スクワッシュ、キュウリ、オクラ、エンドウ豆などがあります。
  4. 4
    生長の早い花を選ぶ 生長の早い花は、ギフトにしたり、庭に彩りを添えたりするのに重宝します。ポットマリゴールド、コスモス、キショウブ(イエローフラッグ)などは、見た目も美しく生長が早い植物です。他にも、ヒマワリ、スイートピー、ニゲラなども検討してみましょう。
    広告

方法 3 の 3:
植物の生長を促す

  1. 1
    室内で種を蒔く 屋外で植物を栽培するには春まで待つ必要がある場合、まず室内で種を蒔くとよいでしょう。種が発芽するまで、4~12週間かかる場合があります。室内で種を発芽させてから庭に移植すると、庭に直接種を蒔くより4~6週間早く生育します。[8]
    • 水抜き穴がある5~10cmの深さの鉢を数個用意します。
    • 肥料は使わずに、ピートモスとバーミキュライトを混ぜて鉢に入れます。
    • 発芽した苗を庭に植え替える前に、毎日鉢を屋外に数時間おきます。植え替える最低2週間前から始め、苗を直射日光に慣れさせましょう。
    • 植え替えに強い植物は、トマト、ピーマン、パプリカ、トウガラシ類、ナス、メロンなどです。移植に向かない植物もあり、ズッキーニ、豆類、ビーツ、トウモロコシ、ホウレンソウ、ターニップ、エンドウ豆などがその例です。
  2. 2
    植物に話しかける 植物に歌いかけると敏感に反応するという研究結果があります。植物に肥料を与える際、話しかけたり歌いかけたりしてみましょう。ラジオやテープレコーダーで声を録音して、留守の間聴かせてもよいでしょう。こうすると、植物の生長が促されます。[9] .
  3. 3
    光を当てる 室内で植物を栽培する場合は、グローライトを使いましょう。グローライトにはHIDランプ(高輝度放電ランプ)が最適です。HIDランプには、主にメタルハライドランプ(MH)と、高圧ナトリウムランプ(HPS)の2種類があります。メタルハライドランプは青い波長の強力な光を放ち、コンパクトな葉の生長を促します。高圧ナトリウムランプはメタルハライドランプより寿命が長く、赤およびオレンジ系の光を放ちます。高圧ナトリウムランプは、植物の開花を促します。[10]
  4. 4
    コーヒーかすを使う コーヒーかすに含まれるカフェインが、植物の生長を促します。コーヒーを飲む際に捨てずに植物に散布しましょう。コーヒーかすには、植物の必須栄養素である窒素が豊富に含まれています。また、カフェインは植物の生長を早めるという研究結果があります。[11]
    広告

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

ヘアピンでドアの鍵を開ける

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ガラスの傷を取る

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

木に防水加工をする

How to

ヒューズをチェックする

How to

毛羽立ちや毛玉を除去する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

バラを種から育てる
広告

出典

  1. Matt Bowman. 園芸家、Tradition Market & Garden経営者. 専門家インタビュー. 2020年4月21日.
  2. Matt Bowman. 園芸家、Tradition Market & Garden経営者. 専門家インタビュー. 2020年4月21日.
  3. http://westcoastgardens.ca/products/fertilizers
  4. Matt Bowman. 園芸家、Tradition Market & Garden経営者. 専門家インタビュー. 2020年4月21日.
  5. http://acmg.ucanr.edu/Growing_Your_Own_Food/Adding_Fertilizer_to_the_Soil/
  6. http://www.basicsofgardening.com/choosing-the-right-fertilizer.html
  7. http://www.nytimes.com/1991/02/03/nyregion/gardening-choosing-fertilizer-for-indoor-plants.html
  8. http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2014/05/03/growing-vegetables-guide.aspx
  9. http://news.psu.edu/story/141343/2008/08/25/research/probing-question-does-talking-plants-help-them-grow

このwikiHow記事について

Matt Bowman
共著者 ::
園芸家、Tradition Market & Garden経営者
この記事の共著者 : Matt Bowman. マット・ボーマンはジョージア州のアトランタ市にて「Tradition Market & Garden」を経営する園芸家です。同社では2006年より洗車、芝生ケア、施設管理、高圧洗浄クリーニング、メイドサービス、そしてクリスマスツリーと薪の宅配サービスを提供しています。園芸家として20年以上の経験があり、オーガニック野菜栽培やガーデニング全般に関する知識に精通しています。ジョージア大学にてジャーナリズム学の学士号を修得。
このページは 186 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告