植物を健やかに育てる方法

共同執筆者 Andrew Carberry

この記事には:適切な環境作り水と肥料を与える植物を健康に育てるコツ出典

香り豊かな花を付けないシダのような品種でも、植物を育てることはとてもやりがいのある作業です。このwikiHowでは、植物を健康に育てるためのポイントをいくつかご紹介します。

パート 1
適切な環境作り

  1. 1
    植物の性質を知りましょう。どれほど注意を払い、丁寧に育てたとしても、その植物に適した方法で栽培しなければうまく育ちません。これは、室内栽培の植物、屋外の野菜、花壇の花でも同様です。どのような気候にも順応できる植物もあれば、管理された環境が必要な植物、あるいは特定の地域でしか育たない植物もあります。
    • 庭に花を植えたり、鉢植えのコレクションに新しい品種を加える前に、インターネットで検索したり、園芸店のスタッフに問い合わせて、その品種の栽培条件を確認しましょう。
    • 購入する品種がどの地域に適しているかを調べましょう。お住いの地域の自生種ではなくても栽培できる品種はありますが、通常は栽培する地域の気候条件、気温、土壌などに合った植物であれば、容易に栽培することができます。
    • 室内で栽培する場合は、できるだけ室温を一定に保ちましょう。室内で寒いと感じたら、植物にとっても室温が低すぎるでしょう。隙間風が入る場所に植物を置いてはいけません。植物も人間と同様に寒さを感じます。
  2. 2
    植え付ける容器や鉢が、十分な大きさであるかを確認しましょう。植物が生長するための十分な余裕が必要です。根が混み合って起こる根詰まりは、植物が枯れる大きな原因のひとつです。庭に直接植える場合は、植物同士の間隔を十分に空けましょう。
    • 鉢植えで栽培する場合、年に一度、鉢の根詰まりをチェックしましょう。根が混み合っていたら、根をほぐして大きな鉢に植え替えましょう。こうすると、植物の生長が促されます。[1]
    • 大きな鉢を使いたくない場合は、根を切り戻して元の鉢に植えてもよいでしょう。
  3. 3
    適切な日射量で栽培しましょう。植物によって、日向、半日向(間接光やカーテン越しの光)、半日陰(1日に数時間日が当たる場所)など、日射量の好みが違います。この単純な違いが、植物の生長を大きく左右します。
    • 植物を購入する前に、庭を見てみましょう。庭の各区画の日光の当たり方を確認してから、植える植物を決めましょう。
    • 庭作りを計画している場合は、日向になる区画と日陰になる区画を作ると、様々な品種の植物を植えることができます。
    • 大抵の室内栽培用の植物は、半日向で健やかに生長します。通常室内では、常に日光が当たる場所はないため、これは好都合な条件です。1日に何時間も直射日光が当たる場所に鉢を置くと、日射量が多すぎて株を傷める場合があるため、注意が必要です。
    • 植物の茎が細く日光に向かって伸びている場合は、日射量を増やす必要があります。

パート 2
水と肥料を与える

  1. 1
    必要に応じて水やりをしましょう。どれほど丁寧に世話をしても、水やりの方法を間違うと、植物は枯れてしまいます。与える水の量は多すぎても少なすぎてもいけません。園芸の初心者や鉢植えの栽培者は、水は多いほど健康に育つと信じ、必要以上に水を与えてしまいがちです。水をたくさん必要とする植物もありますが、それ以外の多くの植物は、水のやりすぎによって枯れてしまいます。
    • 栽培する植物に適切な水の量を調べる必要はありますが、次の方法で、水やりの時期と量を判断できます。土の中に2.5 cmほど指を挿し込みます。大抵の場合、土が少し乾いていたら、水やりが必要です。鉢の底の水抜き穴から、少量の水が流れ出る程度の水を与えましょう。土を水浸しにしないように注意しましょう。
    • 鉢の水はけが良いかを確認しましょう。土が常に水浸しの状態では、根腐れを起こしてしまいます。
    • 多肉植物などの乾燥地帯に順応した植物は、一般的に多雨地域に生息する植物ほど水を必要としません。土が完全に乾燥したら、水やりをしましょう。
    • 新芽は一般的に、生長した植物よりも多量の水が必要です。土の表面から十数センチ生長するまで、土を常に湿った状態に保ちましょう。
    • ランのように繊細な品種は、水道水に含まれる薬品に敏感なため、上質な水を与えましょう。蒸留水や天然水が適しています。
  2. 2
    肥料を与えましょう。熱心な園芸愛好者の大半は、何らかの肥料を使っていますが、肥料はお好みで与えて構いません。肥料を与える場合は、お近くの園芸店で肥料の種類と量について問い合わせましょう。
    • 栽培する品種に最適な土を調べましょう。庭に植物を植え付ける前に、土壌検査を行います。土壌サンプルを農業試験場に持ち込み、検査を依頼しましょう。
    • コンポストを使う手もあります。果物や野菜で作ったコンポストを使うと、大抵の植物に適した栄養豊富な土を作ることができます。ワイルドフラワーの多くの品種のように、痩せた土壌を好む植物もあるため、コンポストを使う前に適切な土の条件を調べる必要があります。血粉、鶏糞堆肥、魚粕などを肥料として使ってもよいでしょう。

パート 3
植物を健康に育てるコツ

  1. 1
    植物を頻繁にチェックしましょう。室内栽培の植物は週に1度、屋外の植物は最低でも1日おきに、植物の状態を確認しましょう。こうすると、手遅れになる前に問題を見つけることができます。植物の状況確認を日課にしましょう。
    • 例えば、毎週土曜日の朝に室内の植物をチェックしたり、毎日または1日おきの出勤前に、庭を散歩しながら植物の状態を確認しましょう。
  2. 2
    バラの株の下にバナナの皮を埋めましょう。バナナには、バラが多量に必要とするカリウムが豊富に含まれています。バラの根の下にバナナの皮を埋めましょう。生長期の間、カリウムの働きでバラが健康に生育します。
  3. 3
    砕いた卵の殻を与えましょう。卵の殻から豊富な栄養分が土に浸透し、繁茂期にトマトなどの植物の生長を助けます。数個の殻を砕いて植え付ける穴に撒くか、室内栽培の鉢の底に敷きましょう。
    • 砕いた卵の殻は、ピーマン、トウガラシ、トマトなどの栄養源になり、香りと風味が豊かな実を付けます。
    • また、卵の殻はナメクジなどの害虫から植物を守る、天然の防虫剤としても利用できます。[2]
  4. 4
    有害生物の被害を石鹸で防ぎましょう。屋外の植物は、ウサギやリスなどによる食害を受けます。石鹸を削って庭にばら撒き、有害生物を追い払いましょう。人の毛髪や天敵の尿を使って、有害生物を追い払う園芸愛好者もいます。
  5. 5
    硬貨を使ってナメクジの被害を予防しましょう。庭でのナメクジの被害が深刻な場合は、10円硬貨を撒きましょう。ナメクジは銅を嫌って近づかなくなります。

ポイント

  • 水やりの量や頻度が不確かな場合は、土壌水分計を購入しましょう。土壌水分計は比較的安価で、ホームセンターの園芸コーナーで購入できます。土壌水分計は金属製の探針で、植物を栽培している土に挿し込むと、測定値により土の乾燥・湿り具合を知ることができます。
  • お近くの園芸店で既に健康な植物を購入すると、あとは日光に当て、水と栄養を与えて楽しむことができます。
  • 植物の栽培が苦手な場合は、造花を飾りましょう。大小様々な種類があり、本物と見分けがつかないでしょう!
  • 水やりと日当たりには常に注意を払いましょう。
  • 植物を植える容器を替えてみましょう。大きく鮮やかな色彩の容器を使いましょう。水やりの道具を持ち合わせていない場合は、ペットボトルの上部に穴を空けて使うこともできます。それでも、最初は植木鉢か植物専用の容器に植えるのが賢明です。
  • 他の植物より栽培が難しい品種もあります。気難しい植物の栽培に自信がない場合は、事前にリサーチをして、栽培が可能であるかを見極めましょう。難しい植物の栽培に挑んでみたい場合は、適切な栽培方法を調べて、その方法に従いましょう。

記事の情報

この記事はAndrew Carberryが共著しています。 アンドリュー・カーベリーは2008年より、学校の菜園や農場、そしてそれらに関する教育プログラムに携わってきました。現在は非営利団体、「Winrock International」において、地域社会に基づくフードシステム計画の開発に取り組んでいます。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング | 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

Español: cultivar plantas sanas, Português: Cultivar Plantas Sadias, Русский: вырастить здоровые растения, 中文: 才能把植物养好, Bahasa Indonesia: Menanam Tanaman yang Sehat, Nederlands: Gezonde planten kweken, العربية: زراعة نباتات صحية, Tiếng Việt: Chăm sóc cho cây luôn tươi tốt

このページは 619 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?