歌が苦手でも上手くなる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 24 出典

この記事には:基本を学ぶ声のエクササイズをする自信をつける

歌が下手だから、と歌うことを諦めていませんか?大丈夫、ちょっとしたコツとエクササイズを学べば、堂々と歌が歌えるようになります。

1
基本を学ぶ

  1. 1
    姿勢を正しましょう。上手に歌うには、正しい姿勢が大切です。立って歌う時も、座って歌う時も、背筋をピンと伸ばしましょう。体の重心が左右どちらかに偏っていないか、頭の位置が前後に傾いていないかも気をつけましょう。[1]
  2. 2
    横隔膜呼吸法を学びましょう。歌う時には、正しい呼吸法がとても大事になります。息を吸うときは胸部ではなく、横隔膜から吸い上げるようにしましょう。横隔膜を使って息を吸うと、胸ではなく腹部が膨らむはずです。音階を上げる時には横隔膜を押しつぶし、下げる時には押しつぶされた横隔膜を解放するようなイメージです。[2]歌う時には、横隔膜で声を支えるのがポイントです。
    • 手を腹部に当てて、鼻から息を吸う練習してみましょう。息を吸いながら、お腹を突き出すように膨らませましょう。その時、胸部を引き上げたり、動かしたりしないようにしましょう。息を吐く時には、お腹を凹ませて、腹筋トレーニングをする時のように、キュッとお腹の筋肉に力を入れます。歌いながら、自然にこの呼吸法ができるようになるまで繰り返し練習してみましょう。
  3. 3
    母音発声練習をしましょう。母音の発声練習は、手早く歌が上達する方法のひとつです。この方法は喉を開く訓練として知られています。まず始めに「あ」や「う」から発声していきましょう。発声しながら、口を縦に開きます。その際、口を横に開かないよう気をつけましょう。舌が上顎につかないようにします。歌っている時も、その状態を保ちましょう。舌は下顎に対して反り返った状態です。この口の動きができるようになると、声の質がよくなります。[3]
    • あ・え・い・お・うと発声してみましょう。その際、口を閉じないようにします。どうしても口が閉じてしまう場合は、下顎を指で掴むと良いでしょう。口を開けたまま、発声できるようになるまで繰り返し練習してみましょう。
    • 母音で歌ってみましょう。発声練習と同じく、口を開けたまま歌いましょう。その後、同じ要領で母音の時は口を開けるようにして、1フレーズ歌ってみましょう。
    • 慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、この訓練を繰り返していくうちに、歌唱力が上がります。[4]
    • この訓練を行うと、声の通りや質が良くなってきます。[5]
  4. 4
    顎を引きましょう。高音をパワフルに歌いたい時は、顎を引きます。高音を出すとき、つい顔を上げたくなりますが、顔を上げて発声すると声帯を痛めてしまいます。顎を引くことを意識すると、歌声が力強くなり、コントロールしやすくなります。[6]
  5. 5
    声域を広げましょう。最初に自分の声域を探してみましょう。その後、声域を広げていきましょう。この訓練は正しいテクニックで行いましょう。声域を広げる前に、母音をしっかり発声できる(空気が抜けるような、喉が締まるような発音では不可)、声を響かせられることが必須です。[7]
    • 声域を広げるには、半音または全音ずつ上げていきましょう。まずは狭い声域で試し、新しい声域でも安定して歌えるようになってから、さらに上げたり下げたりしていきましょう。
    • ボーカルコーチをつけてレッスンをしてもらうと、一番安全かつ効果的に声域が広がります。
  6. 6
    声区の切り替えを学びましょう。声には3つの声区があります。この声区によって、歌声の振動形態(声帯のふるえ方)が変わってきます。声区の使い分けが上手にできるようになると、歌がもっと上手くなります。
    • 声には3つの声区、チェストボイス(胸声)、ヘッドボイス(頭声)、ミドルボイスがあります。声区とは、それぞれの体の部位を使って出す特定の声域のことです。
    • ヘッドボイスは高音域の歌声を指します。高音を出すと、歌声が頭の中で響く感覚です。高音を出す時に、頭頂部に手を置いてバイブレーションを感じてみましょう。チェストボイスは、低音域での歌声を指します。低音域の歌声を出すと、胸部が振動します。ミドルボイス(または、ミックスボイス)は、チェストボイスとヘッドボイスの間の声域です。ミドルボイスは胸から頭の間にかけて移行していく声域です。[8]
    • 高音から低音に音を下げる場合は、ヘッドボイスからチェストボイスに移行しつつ音を下げていきます。歌いながら、声の振動が頭から胸に下がっていくのを感じましょう。音を上げる、または下げているのに、声の振動が胸か頭1箇所に留まっていないかどうか気をつけましょう。[9]
  7. 7
    水を飲みましょう。水を飲むと、声帯がしっとりと潤うので、開いたり閉じたりしやすくなります。無糖、カフェインフリー、ノンアルコールの飲み物であれば、水でなくても同じ効果が得られます。1日に最低でもグラス1杯の水は飲むようにしましょう。[10]
    • 喉には生温かい飲み物が一番です。白湯や蜂蜜入りのお茶など、温かい(熱くない)飲み物を飲みましょう。筋肉が締まってしまうので、アイスクリームや炭酸飲料など冷たいものはとらないようにしましょう。[11]

2
声のエクササイズをする

  1. 1
    声のエクササイズは毎日行いましょう。歌が上手くなりたければ、訓練するしかありません。そのためには忍耐と努力が必要です。声のエクササイズは、週や月に2、3度しても意味がないので、必ず毎日行いましょう。毎日訓練することで、筋肉が育ち、声の質や幅が向上します。[12]
    • 声のエクササイズを行う前に、必ず準備運動をしましょう。
  2. 2
    ハミングの練習をしましょう。「ンムムム」もしくは、よく理解できない、信じられない!と表現するときに使う「むぅん?」と口に出してみましょう。この2つの音を、異なる高さで出してみましょう。ハミングで音階の練習をする時には、鼻、目、頭の周り、また胸部にズズズズという振動を感じるようにしましょう。
    • ドミソまで音階を上げて、ミドと下げながらハミングしてみましょう。その時、それぞれの音(ピッチ)を正確に発声するようにしましょう。[13]
  3. 3
    トリルの練習をしましょう。リップトリルとは、唇からブウっと息を吐き出すときに、唇をブルブルと振動させることです。寒いときに唇を震わせるような「ブヴヴヴ」という音がします。唇が固い人は、息を吐き出しても、唇がブルブルと振動しません。唇をリラックスさせて試してみるか、口角を指で押さえ、鼻の方に押し上げながらやってみましょう。[14]
    • タングトリル(巻き舌)に挑戦してみましょう。タングトリルは、声帯の周りの筋肉をリラックスさせる効果があるので、力まずに歌えるようになります。[15]
  4. 4
    喉頭を下げましょう。高音を出す時には、喉頭を上げるのではなくて下げるようにしましょう。喉頭を下げると、高音でも音をコントロールしやすくなり、喉を締め上げずにすみます。喉頭を下げる練習には、ひたすら「マママママ」と発声しましょう。リラックスしながらこの言葉が言えるまで練習しましょう。[16]
    • 顎の下に軽く親指を当てましょう。その状態で唾を飲み込みます。唾を飲み込む筋肉を感じましょう。今感じた喉の筋肉がリラックスした状態で歌いましょう。口を閉じて「ムムム」と言いながら、音階を歌ってみましょう。その時、喉の筋肉はリラックスした状態です。
    • 頭の上の方から高音を出す時に、変な顔になってしまうかもしれませんが、大丈夫です。顔を大げさに動かしたり、音を強めに発声する方が歌いやすい時はそのようにしましょう。この訓練で大事なことは、音階が上がっても、唾を飲み込む筋肉が常にリラックスしていることです。[17]

3
自信をつける

  1. 1
    1人の時に自信をつけましょう。人前で緊張しないよう、まず家で練習しましょう。家で練習する時は、いつもより情緒豊かに練習してみましょう。例えば、大きな声で明瞭に歌ったり、動きをつけたり、役者のように大げさに感情を表現したりしてみましょう。人前で試す前に、1人で練習して自信をつけましょう。[18]
    • ビデオや鏡で練習する時に、感情や情熱をどのように表現したら良いか考えましょう。最初のうちは、ステージの上で、観客に見られながら、情緒豊かに歌い上げるのに戸惑うかもしれません。ですが、プロの歌手は、ステージでも堂々と立ち振る舞い、素直に、感情を込めて歌い上げているものです。[19]
  2. 2
    自分の殻を破ってみましょう。自信をつける方法として、居心地のいいところから飛び出し、進んで自分の殻を破ってみるとよいでしょう。例えば、観客の前で歌う、音域を広げる、違うジャンルの歌を歌うなど、できることはたくさんあります。ボイストレーニングをする、新しいことを試す、たくさんのことを学ぶ、これら全てが自信に繋がります。[20]
  3. 3
    友達や家族の前で歌ってみましょう。歌う技術を覚えて練習を重ねたら、人前で歌ってみましょう。はじめは家族や信頼できる友達の前で歌ってみましょう。1人ずつから始め、ゆっくり自信をつけていきましょう。そのうち、人前で歌うことに慣れてきます。[21]
    • 友達や家族に評価してもらいましょう。改善点を指摘してもらえると、より上達します。
  4. 4
    街や地域のイベントで歌ってみましょう。地域のイベントで歌うと自信が育ちます。コンサートや大きなイベントよりも、気軽に参加でき、そこまで緊張せずに歌えるかもしれません。老人ホームや小児病院などをあたってみるとよいでしょう。
    • 街の劇場や演劇クラスのオーディションを受けてみましょう。歌わなくても、人前でステージに立つと自信がつくでしょう。その後、歌ってみるとよいでしょう。
  5. 5
    カラオケにいきましょう。コンサートのような本格的な環境ではありませんが、友達とカラオケで歌うことでも自信が増すようになるでしょう。カラオケで歌の技術が向上するわけではありませんが、緊張せずにたくさんの人の前で歌えるようになるでしょう。[22]
  6. 6
    最初の数回のステージでは、歌い慣れた歌を選びましょう。歌い慣れた歌だと、最初から堂々と歌えるでしょう。声域に合った、自分の歌声を引き立てるような歌を選び、歌に色付けしようとせず、原曲通り歌いましょう。この段階で大事なのは、お客さんのいるステージに立つことに慣れることです。
    • 自信がついてきたら、自分で作曲したり、個性を出したり、変化をつけたりしてみましょう。[23]
  7. 7
    緊張しているそぶりを見せないようにしましょう。緊張で震えている時は、動き回ってごまかしましょう。お尻を動かしたり、少し歩いてみると、自信があるように見え、なおかつ心を緊張とは別の方向に向けることができます。
    • ガチガチに緊張している時は、観客の上の方の一点に焦点を合わせてみましょう。観客を見ないようにして、後ろの壁のどこか1点に焦点を合わせましょう。[24]

ポイント

  • 歌友達を作って、音程を比べてみましょう。一緒に声のエクササイズを行ってもよいでしょう。
  • 批判を受け入れましょう。
  • 合唱団、学校の合唱クラブ、歌唱グループに参加して、周りの歌い手達から学びましょう。
  • 好きな曲を自分のモノにするまで歌いこなしましょう。
  • 息が続かない時は、横隔膜呼吸と肺呼吸のエクササイズを行いましょう。エクササイズをすると、横隔膜と肺が鍛えられ、息継ぎなしでも歌えるようになります。
  • 緊張する時は、目を閉じて、1人で歌っている(周りに誰もいない)と思いましょう。
  • 歌っていて喉が痛くなってきたら、1時間休み、水を飲んで喉を休めてから再開しましょう。
  • 自分の歌を録音すると、上達具合がすぐにわかります。
  • 音がしっかり出ない時は、その1つ下の音域で試して、声帯を鍛えましょう。
  • 音が合っていないなと感じる時は、音の高さを調整しましょう。音が外れたままでも歌えてしまうので、音の高さを変えてみて初めて、音が合っていなかったことに気づくこともあります。
  • 誰も聞いていないと思って歌いましょう。
  • 人前で歌うことに抵抗がある場合は、最初は歌いこなせるようになるまで1人で練習しましょう。その次に、信頼できる友達や家族の前で歌い、評価(建設的な批判と肯定的な意見の両方)をしてもらいましょう。
  • 完璧に音を取れるようになったら、歌手のように家族や友達の前で歌ってみましょう。
  • 誰もいない、聴いていないイメージで、自分のために歌っているふりをしましょう。目隠しをして人の評価が耳に入らないようにするのもよいでしょう。
  • 声域を広げるには、ソルフェージュ音階(ドレミファソラティド)で歌ってみましょう。始めは低い音から始めて、少しずつ高くしていきましょう。逆に高い音から低い音へ下がる練習もしましょう。(声域を広げるエクササイズとしては、ソルフェージュ音階で音を下げていくほうが効果的です。)このエクササイズをする前に水を飲み、正しい呼吸法、正しい姿勢で行いましょう!
  • 歌う前に、声のエクササイズをしてウォームアップをしましょう。
  • あなたの歌を悪く言う人は、ただ嫌味なだけかもしれません。もっと練習しましょう!信頼できる人がいなければ、自分の歌を録音しましょう。自分の声を聞くのは変な感じがするかもしれませんが、周りの人にどう聞こえているか知ることができます。

注意事項

  • 頻繁にシャウトしないようにしましょう。
  • 熱い飲み物は声帯を傷つけてしまうので飲まないようにしましょう。

出典

  1. https://www.youtube.com/watch?v=6eQ9kz6vOjk&feature=player_detailpage#t=2
  2. https://www.youtube.com/watch?v=6eQ9kz6vOjk&feature=player_detailpage#t=31
  3. http://www.singwise.com/cgi-bin/main.pl?section=articles&doc=VocalTractShaping
  4. http://blog.discmakers.com/2013/05/singing-tips-sing-better-right-now/
  5. https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=MengvWW7lgw#t=87
  6. http://blog.discmakers.com/2013/05/singing-tips-sing-better-right-now/
  7. http://www.singwise.com/cgi-bin/main.pl?section=vocalfaqs&doc=IncreaseRange
  8. http://www.dummies.com/how-to/content/vocal-register-the-parts-of-your-singing-voice.html
  9. http://www.dummies.com/how-to/content/transitioning-in-and-out-of-head-voice-while-singi.html
続きを 表示する… (15)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 音楽

他言語版:

English: Sing Better if You Think You Are Bad, Español: cantar mejor si piensas que eres malo, Português: Cantar Melhor Se Você Acha Que Canta Mal, Italiano: Cantare Meglio se Pensi di non Essere Bravo, Русский: лучше петь, если вы думаете, что поете плохо, Deutsch: Besser singen wenn du glaubst dass du schlecht bist, Français: chanter mieux même quand on pense ne pas être doué, العربية: الغناء بشكل أفضل إن كنت تعتقد أنك سيء, Bahasa Indonesia: Bernyanyi Lebih Merdu Jika Merasa Kurang Bagus, Nederlands: Beter zingen, 한국어: 노래 실력 키우는 방법, 中文: 唱好歌(如果先天声音条件不好), Türkçe: Şarkı Daha İyi Nasıl Söylenir, हिन्दी: बेहतर गाएँ अगर आपको लगता है आप बेसुरे हैं, Tiếng Việt: Hát hay hơn nếu bạn nghĩ mình hát dở

このページは 858 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?